報道資料:テスラモーターズ 自動運転機能を日本国内で実用化。モデルS に、自動運転機能を含むソフトウエアの配信を開始。

テスラモーターズ 広報, 2016年1月15日

テスラモーターズ (本社:米国カリフォルニア州、会長兼CEO:イーロン マスク、日本法人:東京都港区、日本法人代表取締役社長:ニコラ ヴィレジェ)は、2016年1月15日、同社が販売する電気自動車4ドアセダン「テスラ モデルS」に、日本国内で自動運転を段階的に実現するソフトウエアの提供を開始しました。
 

今回の配信で提供されるのは、主に高速道路と自動車専用道路で自動運転が可能な「オートステアリング」、ウインカーを出せば自動的に車線を変更する「オートレーンチェンジ」、縦列と直角の駐車が可能な「オートパーク」の3つの機能です。

いずれも日本で初めて国土交通省の承認を受けて、公道での利用が可能となるもので、日本の自動運転社会が現実として幕を開けました。
今回承認された自動運転機能は、米国道路交通安全局(NHTSA)および日本の国土交通省が定義する自動運転のレベル2に相当し、ドライバーが運転の監視操作のもと、運転中に潜む最も退屈で危険な瞬間をカバーします。完全にドライバーが不要となるクルマの出現はまだ先のことですが、私たちは安全性をさらに向上し、ドライバーがより自信を持って運転できるよう、また、高速道路の運転がより楽しくなるように自動運転を開発しています。自動運転機能が有効になっていてもドライバーはクルマを完全に制御することができ、その責任はドライバーが負います。
 
モデルSの現行モデルは、前後に6つずつ、合計12個の超音波センサー、前方に車間距離などを計測するレーダー、フロントガラス上部に配置されたカメラ、合計3つを搭載しています。これらによって、クルマの周囲を計測して、自動運転を行なうことになります。

主な機能の要点:

  • • オートステアリング

車間距離や速度を事前に設定します。運転席から見えるメーターパネルには車線が表示されます。車線または前方の車両、またはその両方を認識すると、レバーを2回を押すことで、レベル2の自動運転モードに変わります。
o 自動運転中もハンドルを握ることが前提ですが、ステアリングマークが表示されるとステアリングから手を離しても走行します。
o ブレーキを踏んだり、ステアリングを少し左右のどちらかに切ったりすると、オートパイロット機能が解除されます。

  • • オートレーンチェンジ

o オートパイロットの実行時に、ウインカーを出すと、自動車の周囲360°の状況をセンサーで確認。自動的に車線を変更します。
o 米国ではウインカーを出すだけで車線変更しますが、日本を含むその他の国では、ウインカーを出すときにハンドルを握っている必要があります。ハンドル内にセンサーが内蔵されていて、ドライバーがハンドルを握っていることが確認できれば、周囲の状況を確認して、ウインカーを出した方向の車線に移動します。

  • • オートパーク

o 停止している自動車と自動車の間に、駐車可能なスペースを見つけ、可能だと判断すると、メーターパネルに「P」と表示されます。その後、ディスプレイ上に表示される開始ボタンをタップすると、自動的に駐車を開始します。

その他:

  • • 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA) の自動運転基準および日本の国土交通省が定義する自動運転のレベル2に相当します。
  • • テスラの自動運転機能は、安全性をさらに向上し、ドライバーがより自信を持って運転できるよう、また、高速道路などの長距離運転がより快適にするためのものです。
  • • 自動運転が有効になっていてもドライバーはクルマを完全に制御することができ、その責任はドライバーが負います。
  • • 交通規則を守るのはドライバー自身です。