2023年度インパクトレポート

持続可能な未来が、すぐ目の前に

持続可能な未来が、すぐ目の前に

2000万トンものCO 2e排出量を削減
持続可能なエネルギーへ世界の移行を加速するというTeslaのミッションを達成するために、私たちは地球上で空気汚染の最大の原因を置き換えるための製品を設計しています。Teslaが販売するすべての製品で、所有する消費者の方一人ひとりが排出ガス低減に貢献することになります。2023年では、Tesla製品を使用されるお客様が削減した量は二酸化炭素相当量(CO2e)で換算すると2000万トン以上に及びます。
持続可能なエネルギーへ世界の移行を加速するというTeslaのミッションを達成するために、私たちは地球上で空気汚染の最大の原因を置き換えるための製品を設計しています。Teslaが販売するすべての製品で、所有する消費者の方一人ひとりが排出ガス低減に貢献することになります。2023年では、Tesla製品を使用されるお客様が削減した量は二酸化炭素相当量(CO2e)で換算すると2000万トン以上に及びます。

気候変動対策

Teslaは、供給される電力のすべてが再生可能エネルギーで賄われる世界を夢見ています。Teslaでは、排ガス排出量に最も大きな影響を与える問題の解決に専念するチームを置いています。

エコシステムの提供

私たちは、エネルギーと輸送のために完全に統合されたエコシステムを設計およぼ製造しています。Tesla製品は、生みだされるその相乗効果によりインパクトを最大限引き出します。

電気自動車と持続可能なエネルギー製品が環境に与える影響は、化石燃料を使用する製品よりもはるかに少なくなります。これには、原材料の採掘から製品の使用および廃棄までのライフサイクルが含まれます。
電気自動車と持続可能なエネルギー製品が環境に与える影響は、化石燃料を使用する製品よりもはるかに少なくなります。これには、原材料の採掘から製品の使用および廃棄までのライフサイクルが含まれます。
環境への負担の最小限に抑える
Model 3(カリフォルニア州フリーモント)
Model 3(ギガファクトリー上海)
ICE車両とは異なり、、EVは製造から製品寿命まで完全に脱炭素化することが可能です。私たちの目標は、すべてのTesla工場がカーボン ニュートラルを達成することです。そのために、私たちは新しい工場を建設するごとに以前に建てられたTesla工場よりもさらに持続可能な工場となるよう建設しています。
ICE車両とは異なり、、EVは製造から製品寿命まで完全に脱炭素化することが可能です。私たちの目標は、すべてのTesla工場がカーボン ニュートラルを達成することです。そのために、私たちは新しい工場を建設するごとに以前に建てられたTesla工場よりもさらに持続可能な工場となるよう建設しています。
製造過程から出る排出ガスを軽減

35%

以下(フリーモントと比較した上海で生産される車両あたりのエネルギー使用量)。

100%

ギガファクトリー ベルリンの電力は、2023年に再生可能エネルギーで賄われました。

49%

ギガファクトリー ネバダにあるHVACシステム合計から流動的に制御されている割合。

35%

以下(フリーモントと比較した上海で生産される車両あたりのエネルギー使用量)。

100%

ギガファクトリー ベルリンの電力は、2023年に再生可能エネルギーで賄われました。

49%

ギガファクトリー ネバダにあるHVACシステム合計から流動的に制御されている割合。

EVへの移行は自然の成り行き

多くの人は、EVの充電がクルマの使いやすさや実用性における障害となるのではないかと心配しています。充電するのに最も便利な方法は自宅で一晩充電することですが、私たちの超高速で信頼性の高いスーパーチャージャー ネットワークにより、ルートで充電を計画する時間を短縮し、より多くの時間をドライブに費やすことができます。

思ったよりも手頃な価格

思ったよりも
手頃な価格

Model Yは、平均的な購入金額をはるかに上回る高級車両に匹敵する運転性能を発揮するプレミアム機能が標準装備されています。補助金制度、燃料費節約、最小限のメンテナンスを考慮すると、Model Yを購入する際にかかるコストは、一般的に市場で見られる高級車両よりも大衆車両のものとほとんど変わりません。

Model 3とModel Yの価格は、プレミアムなICE車両と同等の価格設定を採用(米国における平均的な新車販売価格以下)していますが、補助金制度、燃料費節約、最小限のメンテナンスを考慮すると、Model 3とModel Yの購入金額は量産型のICE車両の購入金額とほぼ変わりません。

Teslaのスーパーチャージャー ネットワークは世界最大級の急速充電ネットワークです。グローバル ネットワークの稼働時間は99.97%で、2023年には再生可能エネルギーの現地調達と年間再生可能エネルギー電力調達マッチングの組み合わせにより、再生可能エネルギー100%を達成しました。
Teslaのスーパーチャージャー ネットワークは世界最大級の急速充電ネットワークです。グローバル ネットワークの稼働時間は99.97%で、2023年には再生可能エネルギーの現地調達と年間再生可能エネルギー電力調達マッチングの組み合わせにより、再生可能エネルギー100%を達成しました。
再生可能エネルギーで走行

Tesla、そしてその先へ

持続可能なエネルギーへ完全な移行を実現するには、Teslaだけの努力では達成することができません。マスタープラン パート3では、私たちが持続可能な世界への移行を飛躍的に向上させることができると確信する5つの主要分野を紹介しています。Teslaは最初の2つのステップを完了するために積極的に取り組んでいますが、最後の3つのステップを加速させるためには業界の他のリーダーの助けが必要です。この移行に関してより多くの方からサポートしていただければ幸いです。

イノベーターであることは、持続可能なエネルギーの未来に貢献するスキルを人々に提供することを意味します。当社の人材育成プログラムには、好奇心を育むように設計されたSTEM ベースのプログラムやイベントを通じて若者にインスピレーションを与える実践的なアプローチを中心とした教育支援が含まれています。
イノベーターであることは、持続可能なエネルギーの未来に貢献するスキルを人々に提供することを意味します。当社の人材育成プログラムには、好奇心を育むように設計されたSTEM ベースのプログラムやイベントを通じて若者にインスピレーションを与える実践的なアプローチを中心とした教育支援が含まれています。
持続可能な未来に向けてワークフォースを育てる

インパクトレポート

Teslaが与えるインパクトについてご覧ください。

¹ スーパーチャージャー サイトの稼働時間は、その年の 1 日あたりの機能容量の50%以上を備えた世界中のサイトの平均割合を反映しています。