環境への影響

私たちは持続可能なエネルギー エコノミーに貢献します

私たちは持続可能なエネルギー エコノミーに貢献します

マスタープラン パート3 

私たちは持続可能な世界への移行を加速することに重点を置いていますが、この移行を実現するにはTeslaだけの努力では達成することができません。マスタープラン パート3では、私たちが持続可能な世界への移行を飛躍的に向上させることができると確信する5つの主要分野を紹介しています。

While we are uniquely focused on accelerating the world’s transition to sustainability, a full transition will require efforts far beyond Tesla. In Master Plan Part 3, we highlight five key areas that we believe can most dramatically help advance the shift to sustainability.
While we are uniquely focused on accelerating the world’s transition to sustainability, a full transition will require efforts far beyond Tesla. In Master Plan Part 3, we highlight five key areas that we believe can most dramatically help advance the shift to sustainability.
マスタープラン パート3

持続可能な未来への道のり

この計画を達成するためには、世界の太陽光発電と風力発電の年間導入数とバッテリーの年間生産量は、劇的に成長し続ける必要があります。この成長率は、私たちにとって達成可能であると考えています。

この計画を達成するためには、世界の太陽光発電と風力発電の年間導入数とバッテリーの年間生産量は、劇的に成長し続ける必要があります。この成長率は、私たちにとって達成可能であると考えています。

代替化石燃料の廃止
Teslaが販売するすべてのプロダクトは、排出ガス低減にオーナー様自信も貢献します。マイルあたりの排出量は、ガソリン車よりも大幅に削減されました。
Teslaが販売するすべてのプロダクトは、排出ガス低減にオーナー様自信も貢献します。マイルあたりの排出量は、ガソリン車よりも大幅に削減されました。
エネルギー効率

Model Y AWDは1kWhあたり4.0 EPAマイルを達成し、これまでで最も効率の良い電動SUVとなりました。

スケールは重要です。2022年、Teslaは世界で130万台以上のEVを生産し、納車しました。すべての自動車メーカーが年間数十万台のEVを生産し、業界全体がサステイナブルな輸送手段へのシフトに参加することを望んでいます。
スケールは重要です。2022年、Teslaは世界で130万台以上のEVを生産し、納車しました。すべての自動車メーカーが年間数十万台のEVを生産し、業界全体がサステイナブルな輸送手段へのシフトに参加することを望んでいます。
130万台以上の電気自動車

サステナブルなデザイン

Teslaは、廃棄物、水使用量、エネルギー消費量を抑えるために自社工場を建設しています。このギガファクトリーによって、よりサスティナブルに製品を生産します。

Teslaは、廃棄物、水使用量、エネルギー消費量を抑えるために自社工場を建設しています。このギガファクトリーによって、よりサスティナブルに製品を生産します。 

より持続可能な工場をゼロから建設する

ギガファクトリー テキサスでは、建物の冷暖房需要を削減するために、高効率で低放射率の窓ガラスを選択しました。

太陽光発電システムでルーフスペースをカバー

2022年末、テスラの工場には32,400 kWの太陽光発電システムが設置され、ギガファクトリー テキサスでは最大の設置台数をとなっています。スペースと経済的に可能な場合、今後もキャパシティを増加し続けます。

AIを活用してエネルギー使用効率を向上

2022年、ギガファクトリー テキサスにてAl Controlを発表。ギガファクトリー ネバダで使用する暖房、換気、空調インフラ全体の34%までその使用を拡張しました。

水使用量の低減
Teslaでは、車両製造一台あたりの平均使用水量がほぼすべてのICE自動車メーカーを下回っています。Teslaの目標は、電池の自社生産を模索し、業界をリードするレベルまで一台あたりの使用水量を削減することにあります。
Teslaでは、車両製造一台あたりの平均使用水量がほぼすべてのICE自動車メーカーを下回っています。Teslaの目標は、電池の自社生産を模索し、業界をリードするレベルまで一台あたりの使用水量を削減することにあります。

次へ:製品への影響

  

2022年度インパクト レポート