プロダクト インパクト

私たちは、人に愛されるプロダクトをデザインして製造しています

私たちは、人に愛されるプロダクトをデザインして製造しています

さらに、統合されたエコシステムを設計して、最大限の効果を発揮するプロダクトを生み出し、環境への貢献を最大化しています。
さらに、統合されたエコシステムを設計して、最大限の効果を発揮するプロダクトを生み出し、環境への貢献を最大化しています。
完全垂直統合
Teslaは街を走っている実車リアルデータを活用し、定期的な無線ソフトウェアアップデート(OTA)を行っています。これにより多様な走行シーンにおける車両の安全性を日々向上させています。
Teslaは街を走っている実車リアルデータを活用し、定期的な無線ソフトウェアアップデート(OTA)を行っています。これにより多様な走行シーンにおける車両の安全性を日々向上させています。
安全に関する新しいアプローチ

99.95%の稼働率、
100%の再生可能エネルギー

99.95%の稼働率、
100%の再生可能エネルギー

Teslaは45,000基を超えるスーパーチャージャーを備える世界最大級の急速充電ネットワークを所有、運営しています。グローバルネットワークの稼働時間は99.95%で、2022年には再生可能エネルギーの現地調達と年間再生可能エネルギー電力調達マッチングの組み合わせにより、再生可能エネルギー100%を達成しました。

Teslaは45,000基を超えるスーパーチャージャーを備える世界最大級の急速充電ネットワークを所有、運営しています。グローバルネットワークの稼働時間は99.95%で、2022年には再生可能エネルギーの現地調達と年間再生可能エネルギー電力調達マッチングの組み合わせにより、再生可能エネルギー100%を達成しました。

ケース スタディ:Model S

2012年の発売以来、Model SデュアルモーターAWDの航続距離は50%以上向上し、ロングレンジモデルの航続距離は265マイルから405マイルになりました。データによると、航続距離が長くなるほど、スーパーチャージャーの使用頻度は低減します。

ファクト:短い休憩

一般的にドライバーは高速道路で走行する際、約300マイル、4時間程度運転したら休憩を取ります。当社の最新のスーパーチャージャーは、わずか15分の充電で最大200マイルの航続距離分を充電できます。
製品のアクセシビリティは、Teslaミッションの基本です。電気自動車の製品寿命の間にかかる維持費は、メンテナンスがほとんどなく、ガソリンより安価な電気代、および高い中古販売価格によって、ICE車両の維持費よりも低くなります。Model 3を所有する際にかかるコストは、平均的な走行を5年以上すると、BMW 3シリーズよりもトヨタ カムリでかかるコストに近くなります。
製品のアクセシビリティは、Teslaミッションの基本です。電気自動車の製品寿命の間にかかる維持費は、メンテナンスがほとんどなく、ガソリンより安価な電気代、および高い中古販売価格によって、ICE車両の維持費よりも低くなります。Model 3を所有する際にかかるコストは、平均的な走行を5年以上すると、BMW 3シリーズよりもトヨタ カムリでかかるコストに近くなります。
1マイル当り最安のコスト

安全性の向上
オートパイロット

2022年、ドライバーがオートパイロットを使用して走行した100万マイルごとに0.18回の衝突を記録し(ほとんどがオートステアリングとアクティブセーフティ機能を使用した高速道路走行)、ドライバーがFSDを使用して走行した100万マイルごとに0.31回の衝突を記録し、オートパイロットを使用していない(オートステアリングやアクティブセーフティ機能を使用しない)ドライバーの場合、走行距離100万マイルあたりの事故は0.77件でした。一方、NHTSAの最新データによると、アメリカ国内では100万マイル*あたり1.53回の割合で衝突事故が発生しています。 

*NHTSAの最新の衝突データに基づく

エネルギーを蓄電貯蔵することは、送電網の電力を完全に再生エネルギーに変える未来を可能にします。MegapackとPowerwallは、太陽光発電、風力、その他のカーボンフリー発電からの余剰再生可能エネルギーを蓄電し、必要な時にグリッドをサポートするように使用されます。
エネルギーを蓄電貯蔵することは、送電網の電力を完全に再生エネルギーに変える未来を可能にします。MegapackとPowerwallは、太陽光発電、風力、その他のカーボンフリー発電からの余剰再生可能エネルギーを蓄電し、必要な時にグリッドをサポートするように使用されます。
大型蓄電システム
2022年は世界の50 GWh市場の13%以上を売電しました。*

*出典:S&P Global

2022年は世界の50 GWh市場の13%以上を売電しました。*

*出典:S&P Global

売電量6.5 GWh
Megapack XLは約4,000 kWh相当のバッテリー蓄電容量を備え、その拡張性によって、1,000,000 kWh以上のプロジェクトを可能にします。
Megapack XLは約4,000 kWh相当のバッテリー蓄電容量を備え、その拡張性によって、1,000,000 kWh以上のプロジェクトを可能にします。
MWhあたりのコストを削減
安全は私たちの最優先事項であり、業界の標準を超えるべく私たちの安全要件と手順を見直し、テストを重ねて更新していきます。創業以来、Teslaのすべてのエネルギー製品を考慮に入れれば、故障率は0.001%未満です。
安全は私たちの最優先事項であり、業界の標準を超えるべく私たちの安全要件と手順を見直し、テストを重ねて更新していきます。創業以来、Teslaのすべてのエネルギー製品を考慮に入れれば、故障率は0.001%未満です。
故障率0.001%未満

次へ:ピープル & カルチャー

  

2022年度インパクト レポート