Tesla Vision アップデート:
超音波センサーをTesla Visionへ

安全性は、私たちの設計とエンジニアリングの意志決定のコアとなるものです。2021年、Model 3とModel Yからレーダーを取り除き、Tesla Visionへの移行を開始しました。その後、2022年にはModel SとModel Xもこれに続きました。現在、世界中のほとんどの地域で、カメラベースのオートパイロットシステムであるTesla Visionに基づいた車両が使用されています。

Teslaは、Tesla Visionをリリースして以来、機能面と安全性の両面で段階的な改善を続けています。レーダーを装備した車両と比較すると、Tesla Visionを搭載しているModel 3とModel Yは、米国および欧州におけるアクティブセーフティ レーティングで同等またはそれ以上を記録し、歩行者用自動緊急ブレーキ(AEB)の介入も性能が向上しています。

本日、Tesla Visionが次のステップへ前進するにあたり、Model 3とModel Yは超音波センサー(USS)が非搭載となります。今後、数か月にわたりModel 3とModel Yをグローバルに先行して展開し、2023年を通してModel SとModel Xへ展開していきます。

USSの削減に伴い、USSが生成するインプットを置き換えるために、同時にフルセルフドライビング(FSD)ベータ版で使用されているビジョンベースのOccupancy networkを同時に立ち上げました。最新のソフトウェアとこのアプローチによって、オートパイロットの空間ポジショニングが高解像度となり、より遠くを見通せる視認性と物体識別、判別能力を得ることができます。Teslaの多くの機能と同様に、Occupancy networkは今後も急速に向上し続けます。

移行期間中、USSが装備されていないTesla Visionの車両は、以下にあるようないくつかの機能が一時的に制限されるか、無効となった状態で納車されます。

  • パーキングアシスト:時速8 km未満で周囲に物体があることを知らせます。
  • オートパーキング:駐車スペースに縦列駐車または車庫入れ駐車を自動で行います。
  • サモン:Tesla アプリを使って車両を前進または後進させます。
  • スマートサモン:Tesla アプリを使用して、車両を目的の場所までナビゲートします。

近い将来、これらの機能が現在の車と同等の性能になった時点で、順次、無線によるソフトウェアアップデートを行い、機能を復元していく予定です。その他のオートパイロット、エンハンスドオートパイロット、フルセルフドライブの機能は、注文構成に応じて、納車時に有効になる予定です。

Tesla Visionはすでに段階的な改善を重ね、今後のオートパイロットの進化と能力の方向性を考えたとき、Tesla Visionがオートパイロットの未来を切り開き、お客様の安全のために最善の戦略であると確信しています。

よくある質問
よくある質問 すべて表示 すべて非表示