AIと オートパイロット

私たちは自動車やロボットなどの分野において大規模な自動運転を開発しています。私たちはビジョンとプランニングのための高度なAIに基づくアプローチが、推論ハードウェアの効率的な使用の元となり、フルセルフドライビングとその先の一般的なソリューションを実現する唯一の方法であると信じています。

FSDチップ

FSDチップ

1ワットあたりのシリコン性能を最大化しつつ、あらゆる小型アーキテクチャおよびマイクロ アーキテクチャの改善を考慮しながら、AI自動推論チップを構築して当社の完全自動運転ソフトウェアを実行します。デザインのフロアプラン、タイミング、消費電力解析を行います。機能とパフォーマンスを検証するための堅牢なテストとスコアボードを作成します。パフォーマンスの最適化と冗長性に重点を置いて、チップをプログラムし通信するためのドライバーを実装します。最後に、シリコンチップを検証し、それを当社の車両で量産に投入します。

Dojoチップ

Dojoチップ

Dojoシステムを強化するAIトレーニング チップを構築します。最小のトレーニングノードからマルチダイ トレーニング タイルまで、最先端のテクノロジーを実装します。すべての粒度で最大のパフォーマンス、スループット、帯域幅を実現する設計と設計を行います。物理的方法論、フロアプラン、およびチップの他の物理的側面指で指示を与えます。機能の正確性を確保するためのプレシリコン検証およびポストシリコン検証の手法を開発します。Dojoシステム全体でニューラル ネットワークの出力とパフォーマンスを最適化するためのコンパイラーとドライバーを作成します。Dojoの算術演算の形式と方法について詳しくは、最新のホワイトペーパーをダウンロードしてください。

Dojoシステム

Dojoシステム

シリコン ファームウェア インターフェースからDojoシステムを制御する高レベル ソフトウェアAPIまで、Dojoシステムを設計および構築します。高出力と冷却のための最先端技術で困難な問題を解決し、制御ループとスケーリングするモニタリング ソフトウェアを作成します。Teslaのデータセンターで使用できる次世代の機械学習コンピューティングを作成するために、機械、熱、および電気工学チームの力を最大限に活かし、システム設計のあらゆる側面に取り組みます。Teslaのフリート ラーニングと協力して、大規模なデータセットを使用してトレーニング ワークロードをデプロイし、Dojoを一般に公開する公開APIを設計します。

ニューラル ネットワーク

ニューラル ネットワーク

最先端の研究を応用して、認識から制御までディープ ニューラル ネットワークを学習させます。Teslaのカメラごとのネットワークは、生の画像を解析してセマンティック セグメンテーション、物体検出、単眼深度推定を行います。Teslaの鳥瞰図ネットワークは、すべてのカメラからビデオを取得し、道路レイアウト、静的インフラストラクチャ、および3Dオブジェクトをトップダウンビューで直接出力します。私たちのネットワークは、世界で最も複雑で多様なシナリオを元に、リアルタイムで約百万台の車両から繰り返し学習しています。オートパイロット ニューラル ネットワークを完全に構築するには48のネットワークが必要となり、70,000 GPUの時間が掛かります🔥。これらは合わせて、タイムステップごとに1,000種類のテンソル(予測値)を出力します。

オートノミーアルゴリズム

オートノミーアルゴリズム

捉えた空間を忠実に再現し、その空間内で車の走行軌跡をプランニングすることで、車を運転するコア アルゴリズムを開発。ニューラル ネットワークを訓練してそれを予測するには、車のセンサーからの情報を時空間で組み合わせることで、正確かつ大規模なグランドトゥルース データをアルゴリズムで作成します。最先端の技術を駆使して、不確定で複雑な現実の状況下で動作する強固なプランニングと意志決定システムを構築します。Tesla フリート全体規模で車両のアルゴリズムを評価します。

コードの基礎

コードの基礎

スループット、レイテンシ、正確性、決定論は、コードを最適化するための主要な指標です。カスタムハードウェアと緻密に統合された、オートパイロットソフトウェアの基礎をスタックの最下位レベルから構築します。ワイヤレス アップデートをサポートする信頼性の高いブートローダを実装し、カスタマイズされたLinuxカーネルを開発します。高速かつメモリ効率の良い低レベルコードを作成することで、センサーから高速大容量のデータをキャプチャし、複数のプロセスと共有する、同時に中央メモリへのアクセスレイテンシや重要な機能コードに影響しない。複数のシステムオンチップに分散された様々なハードウェア処理ユニットを最大限に利用し、パイプライン処理を実現します。

評価基盤

評価基盤

オープンループとクローズドループのハードウェアを組み合わせた評価ツールやインフラストラクチャを大規模に構築し、イノベーションを加速させ、パフォーマンスの向上を追跡することで後退することを防ぎます。Teslaフリートから匿名で送られてくるクリップを活用し、それらを大量に収集されたテストケースに統合します。実環境をシミュレートしたコードを書くことで、オートパイロットソフトウェアのリアルタイムでデバッグや自動テストを行うためにリアルなグラフィックスやセンサーデータを作成します。

Tesla Bot

Tesla Bot

危険な作業や繰り返し作業や、注意力が散漫となる退屈な作業を行うことができる汎用二足歩行型ヒューマノイド ロボットを含む、次世代の自動化を開発しています。Teslaでは、車両だけでなくAIの専門知識を活用できる機械、電気、制御、ソフトウェアエンジニアを募集しています。

必須

送信中...

お申込み頂きありがとうございました。こちらから改めてご連絡させて頂きます。

誠に申し訳ございませんが、現在お申込みを処理することができません。後ほどもう一度お試しください。