Hero Image

運転の未来

テスラの新車は、現在のオートパイロット機能や将来利用可能となる完全自動運転 対応機能を提供できる先進のハードウェアを標準装備。ソフトウェアアップデートを通して継続的に機能が向上するよう設計されています。

* 上記映像は将来の完全自動運転対応機能の実証実験映像です。

最先端のセンサー能力

8台のサラウンドカメラは、360度の視界と、最長250mまで先を視認します。アップデートされた12個の超音波センサーは以前のバージョンの約2倍の距離までの物体を高い精度で検知し、カメラの視界を補完します。最先端のプロセッシング技術が採用されたフォワード フェーシング レーダーはさらなる情報を認識し、豪雨、霧、塵や前方を走るクルマをも見通すことが可能です。

ナロー フォワードカメラ

最長視認距離 250 m

メイン フォワードカメラ

最長視認距離 150 m

ワイド フォワードカメラ

最長視認距離 60 m

レーダー

最長視認距離 160 m

フォワードフェーシング サイドカメラ

最長視認距離 80 m

カメラビュー、レーダー、超音波 イメージ オーバーレイ

超音波

最長視認距離 8 m

リアビュー カメラ

最長視認距離 50 m

リアフェーシング サイドカメラ

最長視認距離 100 m

カメラビュー、レーダー、超音波について詳しく見る

トライクロプス カメラ

3つのフォワードカメラ

フロントガラスの上部に設置された3台のカメラは、前方広範囲の視界を確保すると同時に遠くにある物体を検知して焦点を合わせます。

ワイド

120度の視野角を持つ魚眼レンズは信号機や、割り込み車両、そして近距離にある物体を捉えます。都心部での低速運転時に特に役立ちます。

メイン

様々な状況に対応します。

ナロー

遠くの物体に焦点を合わせた長距離の視界を提供します。高速運転時に役立ちます。

サイド フロントカメラ

フォワードフェーシング サイドカメラ

90度の視野角を持つフロントフェーシング サイドカメラは、高速道路を走行中に予期せぬ形で進入してくる車両を監視し、視界の悪い交差点を通過する際にさらなる安全を提供します。

サイド リアカメラ

リアフェーシング サイドカメラ

カメラはクルマの両サイドの死角をモニターし、車線変更や高速道路での合流の際に役立ちます。

リアカメラ

リアビュー カメラ

これまでは後方の安全確認にだけ使われていたリアビューカメラの光学性能が向上し、自動運転ハードウェアの構成に加わりました。リアビューカメラは複雑なパーキング操作を行う際に役立ちます。

レーダー

レーダー

霧、塵、雨、雪、そして前方車両の下を通ることのできる波長を採用したレーダーは、前方の物体を探知し、前方の動作に対応する際に重要な役割を果たします。

超音波

超音波センサー

感度が向上し、検知範囲が約2倍となったセンサーは、独自に暗号化された信号を使用します。これらのセンサーは周辺車両や、特に走行中の車線に入ってくる車両を検知するのに役立ち、駐車する際のガイダンスも行います。

40倍の処理能力

これらのハードウェアから得られるすべてのデータを解析するために、前世代の40倍以上の処理能力を持つ新型車載コンピューターが、テスラの開発した視覚、センサー、そしてレーダー プロセッシング ソフトウェア用のニューラルネットを管理します。これらすべてを組み合わせることで、このシステムは全方向を同時に監視し、人間の感覚だけでは感知し得ない情報を取得し、ドライバー以上の視界から世界を捉えます。

自動運転 センサー

テスラ ビジョン

新しいハードウェアにはテスラが開発した強力なビジョン プロセッシング ツールが採用され、カメラやレーダー等、様々な装置が効果的に機能します。ディープ ニューラル ネットワーク上に築かれたテスラ ビジョンは、従来のビジョン プロセッシング技術以上の高いレベルの信頼性を持ち、車両の周辺環境を巧みに分析します。

オートパイロット

オートパイロットの高度な安全性と便利な機能は、車の運転で最も負担の掛かる部分をアシストするよう設計されています。オートパイロットは新機能を導入し、既存の機能を改善しながら、お客様のテスラの安全性と性能を向上し続けます。

オートパイロットは、同じ車線内でハンドル操作、加速、そしてブレーキを自動的に行います。

現在の機能はドライバー自身が車を監視する必要や責任があり、完全自動運転ではありません。

エンハンスト オートパイロット

ナビゲート オン オートパイロット

ナビゲート オン オートパイロットは、車線変更を提案し、速度の遅い車やトラックの後ろにとどまらないよう調整することで目的地までのルートを最適化します。機能が有効になっていると、設定した目的地に応じて高速道路のインターチェンジの通過や乗り降りなどのステアリング操作を行います。

自動運転 オートステアリング

オートステアリング+

テスラ ビジョン カメラとセンサーが新しくなり、処理能力が向上したことで、テスラ車はより狭く、複雑な道路も通行できるようになりました。

自動運転 サモン

エンハンスト サモン

エンハンスト サモンを使えば、テスラは周囲や駐車スペースがより複雑な状況下でも操縦することができ、障害物を避けて駐車場にいるドライバーを見つけ出します。

完全自動運転 対応機能

すべての新しいTesla車両には、ほとんどあらゆる状況でのセルフドライビングに対応するために将来必要となるハードウェアが搭載されています。このシステムは、運転席に座っている人によるアクションを一切必要とせずに近距離および長距離移動を行えるように設計されています。

テスラに乗り込んで行き先を伝えれば、後は何もする必要はありません。何も言わなければ、カレンダーを確認して想定される目的地へ向かいます。カレンダーに何も予定がなければご自宅へ向かいます。テスラ車は最適なルートを計算し、都心部 (車線がない場所でも) を通り、信号のある複雑な交差点や一時停止、そして他の車が高速で走行する混雑した高速道路を通過します。目的地に到着して玄関や入口で車を降りるとパークシーク モードに入り、自動で駐車スペースを見つけて駐車します。スマートフォンのタップひとつでサモン機能を起動すれば、自分のもとへ呼び戻せます。

ドライバーの監視を必要としない機能を実現するには、何百万マイルにもおよぶ経験で裏打ちされた人間のドライバーを超える信頼性を習得する必要があります。同時に規制当局による認可も必要で、国や地域によっては長い時間がかかることが予測されます。このように自動運転機能が進化していくにつれて、ワイヤレスによるソフトウェアアップデートを通じて、お客様の車両は将来も継続的にアップグレードされていきます。

自動運転 ナビゲーション

ご自宅から

テスラに乗り込んで行き先を伝えれば、後は何もする必要はありません。何も言わなければ、カレンダーを確認して想定される目的地へ向かいます。最適なルートを計算し、都心部や複雑な交差点、高速道路を通行します。

自動運転 駐車スペース

目的地まで

目的地に到着して玄関や入口で車を降りるとパークシーク モードに入り、自動で駐車スペースを見つけて駐車します。スマートフォンのタップひとつでサモン機能を起動すれば、自分のもとへ呼び戻せます。

標準安全機能

衝突回避と自動緊急ブレーキ システムを含むアクティブ セーフティ テクノロジーの、ワイヤレス アップデートによる配信が始まりました

自動緊急ブレーキ

  1. 車が衝突する可能性がある障害物を検知し、ブレーキを作動させます。

側方衝突警告

  1. 車の横からの衝突に対する警告

正面衝突警報

  1. 低速もしくは停止している車への衝突の可能性を警告

オート ハイビーム

  1. 必要に応じてロー/ハイビームの切り替え
自動運転 センサー