9月

テスラ パワーパックでエネルギー需要のピーク対策

昨年10月、アライソ渓谷の天然ガス貯蔵施設で発生した最悪のガス漏れ事故により、カリフォルニア州の住民8,000人以上が避難を余儀なくされ、7万トンを超えるメタンガスが大気中に放出されました。現在、アライソ渓谷ガス漏れ事故はアメリカ史上最悪のガス漏れ事故と考えられており、温室効果ガスの合計排出量は2010年のメキシコ湾原油流出事故を凌ぐと言われています。

0件のコメント

「Tesla Model X」を発表

テスラモーターズジャパン(東京都港区、以下テスラ)は、2016年9月12日、第3車種目となるSUV 「Tesla Model X」(テスラ モデルX)を国内にて初公開しました。9月16日より直営店「テスラ青山」(東京都港区)、17日より「テスラ心斎橋」(大阪市中央区)にて展示を開始し、オンラインでも販売します。国内外に盛り上がるSUV市場において、Model Xは、日本で販売される市販車として初めての100%電気自動車SUV “E-SUV”です。

0件のコメント

8月

新しいModel S − 航続距離613km**、0-100km/h 2.7 秒*のEVセダンを、テスラ ストアとオンラインで販売開始。

本日より、Model Sの新しいバッテリーサイズ、100kWhの販売を開始しました。推定航続距離は613 km (EUサイクル)となり、電気自動車の市販車として初めて600kmを超える圧倒的な航続距離を誇ります。この「Model S P100D」は1480万円〜(消費税込み) で、 100%電気自動車、AWD(四輪駆動) 、4ドア、大人5名+子ども2名が乗れるだけでなく、広大なラゲッジスペースを持ちます。

0件のコメント

テスラジャパン お問い合わせ先追加変更のお知らせ

本日より各テスラストア、並びにサービスプラスセンターにおいて、お客さまの利便
性と応対品質の向上のため、直通番号を開設しました。

ご試乗やご購入、サービスに関してのお問い合わせにぜひご利用ください。

電話番号一覧(2016年8月1日より)

テスラ青山 (東京)
03-6890-7701(直通)
03-6890-7700(自動音声)

テスラ心斎橋 (大阪)
06-7711-5171(直通)
06-7711-5170(自動音声)
06-7711-5182(アフターサービス直通)

テスラ横浜 サービスプラスセンター
0120-982-428(ご試乗・ご購入/ 自動音声)
0120-975-214(テクニカルサポート/ 自動音声)
045-810-1852 (アフターサービス直通)

テクニカルサポート&エマージェンシーサービス
0120-975-214(オーナー専用:モデルS / ロードスター)

0件のコメント

テスラとソーラーシティがひとつに

1ヶ月少し前にテスラはSolarCityに買収の提案をしました。本日は、両社が合併することに合意し、世界で唯一の垂直統合された持続可能エネルギー企業が成立したことを発表します。

ソーラーとストレージは組み合わされることで真価を発揮します。ひとつの企業として、テスラ(ストレージ)とソーラーシティ(ソーラー)は、エネルギーの発電、貯蔵、利用方法を向上する、完全に統合された住宅向け、企業向け、そしてグリッドスケールの製品を作ることができます。

0件のコメント

7月

スーパーチャージャーステーション、国内11箇所になりました。

長野ICからわずか2分、信州松代ロイヤルホテルの駐車場に、本日スーパーチャージャー
ステーションをオープンしました。

0件のコメント

マスタープラン パート2

私が10年前に書いた最初のマスタープランは最終段階に入りました。最初のマスタープランはあまり複雑なものではなく、次のステップで構成されていました。

0件のコメント

テスラスーパーチャージャーステーション、国内10箇所めを開設しました。

長野ICからわずか2分、信州松代ロイヤルホテルの駐車場に、本日スーパーチャージャー
ステーションをオープンしました。

0件のコメント

Misfortune

Fortune's article is fundamentally incorrect.

0件のコメント

6月

A Tragic Loss

We learned yesterday evening that NHTSA is opening a preliminary evaluation into the performance of Autopilot during a recent fatal crash that occurred in a Model S. This is the first known fatality in just over 130 million miles where Autopilot was activated. Among all vehicles in the US, there is a fatality every 94 million miles. Worldwide, there is a fatality approximately every 60 million miles. It is important to emphasize that the NHTSA action is simply a preliminary evaluation to determine whether the system worked according to expectations.

0件のコメント
Model SModel Xスーパーチャージャーストア安全性 についてさらに読む