よりよい未来のスーパーチャージャーネットワークの構築のために



テスラスーパーチャージャーネットワークは、楽しくシームレスな長距離ドライブのために作られました。クルマは行きたい場所へいつでも、どこへでも行くことのできる自由と独立の象徴です。この自由を実現し、電気自動車を普及させるためには、速く、便利な長距離ドライブを可能にする充電ネットワークの構築が不可欠です。テスラにおける今年の最優先事項の1つは、スーパーチャージャーネットワークのキャパシティを大幅に向上することです。

昨年11月、すべてのテスラオーナーに素晴らしいスーパーチャージングエクスペリエンスを提供するため、スーパーチャージャーネットワークへの再投資と、拡張と混雑解消のための変更について発表しました。新しい制度では2017年1月16日以降にご注文のModel SとModel Xには、年間400 kWh (約1,600 km) 分のスーパーチャージャー無料利用クレジットが含まれ、クレジットは毎年、納車日ごとに更新されます。テスラでは現在のスーパーチャージャーの利用状況を分析し、年間400 kWhあれば大多数のオーナーの長距離ドライブのニーズに応えることができると判断しました。これにより、ほとんどのオーナーは追加料金なしで、これまで通り長距離ドライブをお楽しみいただけると考えています。

スーパーチャージャーをその年間クレジット分以上ご利用いただいた場合は、少額の料金が発生します。この価格は北米では州ごとに、北米以外では国ごとに設定されています。多くの国と地域では充電したエネルギー分のみのお支払いとなるよう、kWh毎の料金が設定されています。しかしながら、日本を含む一部の国と地域では規制により、利用時間1分毎の料金設定となります。これについては、今後変更できるよう関連当局に働きかけていきます。

いずれにしても、スーパーチャージャーはこれまで通り簡単に、シームレスに利用でき、ガソリンよりもずっと安く同じ距離を移動することができます。仮に課金されたとしても、サンフランシスコからロサンゼルスまでは約15ドル、ロサンゼルスからニューヨークまでは約120ドル、パリからローマまでは約60ユーロ、東京から大阪まで(約500km) は約3000円です。

この変更により、テスラはコストの一部を回収し、すべてのオーナーにとってフェアなシステムを作り上げることに活用します。これによりテスラが利益を得ることはありません。オーナーはMyTeslaアカウントにログインすることで、いつでもスーパーチャージャーの利用履歴を確認することができます。

テスラは、世界最速、最先端の充電ネットワークを目指して拡大を続けていきます。

シェアする