ソフトウェアバージョン10.0を発表

ソフトウェアバージョン10.0が導入されました。これまでで、最も大規模なソフトウェアアップデートです。Teslaでは、車両の機能を高めつつ、より楽しい時間を過ごすことができるよう、新しいエンターテイメント、ゲーム、音楽、便利な機能を追加しました。

今週、世界中のTeslaオーナーがワイヤレスアップデートを通してバージョン10.0の機能の利用を開始できる予定です。ここでは、新しい機能をご紹介します。

Teslaシアター
Model S、Model X、Model 3のセンターディスプレイを最大限に活用して、Netflix、YouTube、HuluあるいはHulu + Live TVアカウントに接続して、お気に入りのショー、映画、コンテンツを駐車中に見ることができます。中国にお住まいのお客様向けにはiQiyiとTencent Video (テンセントビデオ) へのアクセスを開始され、ますます多くのグローバルストリーミングとエンターテイメントサービスが追加される予定です。さらに、すべてのお客様向けに、車両に関する詳細をTeslaのチュートリアルビデオにアクセスして確認することができるようになります。

スマート サモン
完全自動運転 対応機能またはエンハンストオートパイロット機能を購入されたお客様は、スマートサモンを使用することで、車が視界に入っている限り、車を駐車スペースにナビゲートしたり、目的の場所に来させることができます。買い物カゴが溢れている、子どもがぐずっている、あるいは雨の中を車まで歩きたくない場合には、これは最高の機能となるでしょう。スマートサモンを早い時期にお試しいただいたお客様からは、車での移動の利便性や移動の際に車が迎えに来てくれたという他では味わえない瞬間のお話をお聞きしました。スマートサモンをご使用の際は、車両に対する責任をもち、車両周囲の状態を監視してください。

カラオケ
私たちの新しい「Car-aoke」機能は、長距離ドライブで友人と共にあるいはご自身で熱唱できます。 Caraokeには音楽や歌詞のライブラリが多数収録されており、複数の言語をサポートしています。

レストランとデスティネーション
私たちの新しい「ラッキー」や「ハングリー」のナビゲーション機能は、近くのレストランや目的地までのちょっとした冒険をお手伝いします。テスト運用時には、ホール・イン・ザ・ウォールのレストランやグルメレストラン、国立公園、街のランドマークなどに連れて行ってくれました。

また、地図を改善し、目的地までの距離に基づいて検索結果を並べ替えています。所有者は、より大きな地図ビューで、ハイライトした興味のあるポイント、ビジネス、または検索結果をタップして、ビジネス評価を表示したり、電話をかけたり、その場所までのナビゲーションを開始することもできます。

音楽とポッドキャスト
音楽とオーディオプラットフォームを拡張し、サポートされているすべての市場でSpotify Premiumアカウントへのアクセスを可能にしています。これはTeslaオーナーの皆さまから最も多く要望されている機能の1つです。これは、Tesla車両で利用可能なSlacker RadioとTuneInに加えてご利用いただけます。また、中国のポッドキャストやオーディオブック向けの「Ximalaya」サービスを開始します。

Teslaアーケード
Studio MDHRの人気のランアンドガン型のアクションゲーム「Cuphead」がTeslaアーケードでプレイできるようになりました。奇妙な世界を横断し、新たな武器を手に入れ、スーパーモーションを学び、隠された秘密を見つけ、悪魔に負債を返済します。 USBヘッドコントローラーを使用すると、シングルプレイヤーモードとCo-OpモードでTeslaエディションのCupheadをプレイすることができます。これには、CupheadまたはMugmanとしてプレイするときのゲームの第一レベルがすべて含まれます。

セキュリティと利便性
ダッシュカムとセントリーモードでのUSBストレージをより簡単に管理できるよう、セントリーモードで車両を保護している間に撮影されたビデオクリップは、USBドライブの別のフォルダに保存されるようになりました。保存容量が少ない場合は、古いクリップも自動的に削除されます。

ドライバーが利用できるUIやオプションをいくつか変更しました。私たちのお気に入りのひとつである「Joe Mode」は、パーキングチャイムなど選択したアラートの車内での音量を下げ、後席に寝ている乗客がいる時などに最適です。さらに、最新のモバイルソフトウェアを使用してTeslaアプリからさらに多くのことを行うことができるようになりました。HomeLinkを使ってガレージドアを開閉したり、車内を最高温度で霜取りしたり、Model 3とModel Xのウィンドウをリモートコントロールすることも可能です。

すべてのModel 3でストリーミングメディアとブラウザーが利用可能に
ソフトウェアバージョン10.0の高度なメディア機能を活用するために、すべてのModel 3スタンダードレンジプラスおよびスタンダードレンジの車両でブラウザーアクセスが有効になっています。このアップデートでは、これらの車でWiFiが接続されている場合に、Spotify、TuneIn、Slackerへのストリーミングメディアへのアクセスが可能です。

バージョン10.0は過去最大規模のアップデートで、Teslaのオーナーシップが時間と共にどう進化するかを示すひとつの例です。お客様はそれらをアメリカのTeslaショールームで見ることができます。本アップデートの詳細については、Teslaのウェブサイトをご参照ください。

シェアする