モデルS、デザインを刷新。スマートフォンによるリモート駐車機能も日本向けに。

本日より日本においてスマートフォンによるリモート駐車機能「サモン」の無料配信を開始しました。



この機能は米国でモデルSに2016年1月より提供を開始しているもので、日本でも2016年4月15日に国土交通省の承認を得て、本日より提供します。すでに納車済みの自動運転対応のモデルSには、無料で順次ソフトウエアアップデートにより、また今後納車の車両についてはインストールした状態で納車し、いずれも本日より利用可能です。

「サモン」は、狭い駐車スペースやガレージに駐車する際に便利な機能で、スマートフォンを使って車外よりモデルSに駐車を指示します。駐車するときは、駐車スペースからおおよそ12メートル以内にモデルSを一度停め、モデルSのシフトがパーキングに入っている状態で車外に出て、モバイルアプリを起動して操作し、まっすぐ前進または後進させます。前進駐車のみならず、日本の駐車シーンで一般的な後進駐車にも対応します。

センサーが障害物を検知すると止まります。スマートフォンに表示されるボタンをタップすれば、途中で止めることもできます。

サモンには最新のOS(現状 iOS (v2.7.2) またはAndroid(v2.7.3)) にテスラモバイルアプリをダウンロードすることが必要です。

また、このたび、モデルSのデザインを刷新し、日本での納車を開始します。
モデルSは元来マラソンランナーのパフォーマンスと効率を体現するタイムレスな美しさを目指してデザインされています。今回の刷新では、黒いノーズコーンを外し、特徴のある美しいテスラ「T」エンブレムを強調したフロントデザインを採用しました。ボディカラーのサイドロッカーパネルは、パフォーマンスを重視したクルマの美しさを際立たせ、スマートになったリアディフューザーのデザインはパフォーマンスと効率を向上します。

さらにヘッドランプはフルLEDとなり、オプションでアダプティブにすることも可能です。新しいデザインには、夜間の視界を向上する14LED 3ポジション ダイナミック ターニングライトが採用され、特徴的な拡散型LEDシグネチャーライトブレードとインテグレートターンシグナルによりさらにスタイリッシュになりました。

インテリアには、モデルXで提供しているテスラHEPAフィルターをモデルSのオプショ ンで選べるようになりました。テスラのHEPAエアフィルトレーションシステムは、自社テストによると他の高級自動車用フィルターの2倍も効果的です。車内の空気から少なくとも99.97%の微粒子状汚染ガスと、アレルギー源、バクテリアや他の汚染物質を事実上完全に排除します。

また、モデルSに標準装備される充電器が40アンペアから48アンペアにアップグレード され、高アンペアの充電源に接続した際、より高速な充電が可能になります。

新しいデザインのモデルSは、5月21日よりテスラ青山 で展示を 開始します。

モデルSには平均で週20程の改善がなされます。そのほとんどは、あまり目立たない小さなものですが、過去のソフトウェアアップデートでモデルSはより速く、スマートになり、さらには安全機能や便利機能を拡充してきました。テスラではクルマを改良し続け、電気自動車の普及とオーナーシップ エクスペリエンスを向上させ、石油依存の社会から再生可能エネルギー主導への移行を加速していきます。

タグ: 

シェアする