スーパーチャージャー プログラムへのアップデート

2012年、テスラは長距離ドライブをより便利にするため、世界最速の充電ソリューションとも言えるテスラ スーパーチャージャー ネットワークの展開を開始しました。現在、アメリカ、ヨーロッパ、日本や中国を含む世界各地にある4,600基を超えるスーパーチャージャーを、16万人以上のテスラオーナーが活用しています。スーパーチャージャーを使ってテスラで世界一周ドライブを達成したオーナーもいる程です。

スーパーチャージャーは本来、長距離ドライブを可能にすることを目的としており、外出時にも便利でシームレスに無料で充電ができるようそのネットワークをデザインしています。すべてのオーナーにさらに素晴らしいスーパーチャージング エクスペリエンスを提供するため、2017年1月1日より、従来の無料提供に加えて、課金プログラムを開始し、テスラがネットワークに再投資できるようになることでその成長を促進します。

今後もすべての車両に、スーパーチャージャーをご利用いただくために必要なハードウェアは引き続き標準装備されます。そして新しいプログラムとして、2017年1月1日以降に注文されたテスラ車には、毎年400 kWh (約1,600 km) 分のスーパーチャージャー利用クレジットが標準で含まれ、それ以上ご利用いただく場合に、少額の費用が課金されるようになります。料金は、時期や地域の電気料金によって異なりますが、同クラスのガソリン車の給油に掛かる費用よりも安く設定されます。詳細は年内に発表します。

既にテスラ車を所有しているオーナーや、すでにご注文いただいている方、今後2016年12月31日までの注文にいただいた場合には、このプログラムは適用されません。

Model 3の生産開始を来年に控え、また日本でもModel Xの納車が間もなく始まるなど、テスラオーナーが急増しようとしている今、新しくテスラのオーナーになられる皆さまにも電気自動車オーナーにとって理想的なユーザーエクスペリエンスを提供できるよう、スーパーチャージャー ネットワークを拡張し、充電環境を整えてまいります。

シェアする