Chris Lattnerがオートパイロット ソフトウェア部門の副社長に就任

テスラのオートパイロット ソフトウェア部門の副社長にChris Lattnerが就任することになりました。Chrisは世界的に知られたソフトウェア エンジニアで、彼が11年間在籍したアップルでは、彼自身が設計したプログラミング言語であるSwiftの責任者を務めていました。Swiftはアップルのアプリケーション開発に使われる言語で、Linuxで開発する際の言語としても急成長しています。アップル入社前、クリスは今や商業製品や学術研究に広く使われるようになったオープンソースのコンパイラ基盤であるLLVMの開発をリードしていました。

Chrisの入社に伴い、SpaceXのソフトウェア部門とテスラのオートパイロット ソフトウェア部門を一時的に副社長として兼任していたJinnah Hoseinは、SpaceXでの業務に専念することになります。2つの役職を兼任するために尽力してくれたJinnahとオートパイロット ビジョン部門の副社長であるDavid Nister、そしてオートパイロットの開発にあたり素晴らしい働きをしてくれたチームのメンバーに感謝します。

Chris がオートパイロット開発チームに加わり、自動運転社会の到来をがさらに近づくことを楽しみにしています。

シェアする

Teslaの最新ニュース、イベントや製品アップデートを誰よりも早く。