イーロン マスクはテスラの共同創業者兼 CEO として、全製品のデザインとエンジニアリング、電気自動車、バッテリー関連製品及びソーラールーフの生産を監督しています。

2003 年の創業以来、テスラが掲げているミッションは持続可能エネルギーへのシフトを世界中で加速することです。2008年にデビューしたスポーツカー、Roadsterを筆頭に、2012年にはセダンのModel Sを、2015年にはSUVの Model Xを発売しました。Model Sはモータートレンド誌の2013年カー オブ ザ イヤーとコンシューマ レポート誌のを受賞し、Consumer Report 誌のBest Overall Car (総合最優秀車) に選ばれました。一方Model Xは、米国家道路交通安全局による安全性試験におけるすべてのカテゴリーとサブカテゴリーで5つ星の安全評価を獲得した最初のSUVとなりました。2017 年には航続距離 350km以上で35,000米ドル〜の量産型電気自動車、Model 3の納車を開始し、さらに 1600km以上の走行分の燃料費だけで少なくとも 200,000米ドルを節約できるように設計されたTesla Semiを発表しました。

また、テスラはPowerwallホームバッテリーとPowerpack業務用バッテリーの 2 種類の蓄電システムも生産しています。2016 年にはアメリカの大手太陽光発電システムプロバイダーである SolarCityを買収し、テスラは世界で最初の垂直統合型の持続可能なエネルギー会社となりました。2017 年には美しく手頃な価格のソーラーパネル、Solar Roofを発売しました。

イーロンはテスラの他にも Space Exploration Technologies (SpaceX) の共同創業者、CEO 兼リード デザイナーとして、火星に自立した都市を作ることを目標に掲げ、地球軌道内外でミッションを行う高性能ロケットと宇宙船の開発製造を指揮監督しています。また、人間の脳をコンピューターに接続する超高帯域ブレイン マシンインターフェースを開発するNeuralinkのCEO、さらに精神的ダメージをもたらす都市渋滞を緩和し、高速長距離移動を可能にするため、高速かつ手頃な価格のトンネル施工技術とオール電化の公共交通システムを統合するThe Boring Companyの創業者であり、CEO を務めています。

イーロンは以前、世界大手のインターネット決済システムとなったPayPalと、インターネットで地図やアクセス情報などのコンテンツを提供し、ニューヨーク タイムズやハーストといった大手出版社のオンライン化に貢献したZip2を共同創業し、売却しました。

プレス

お問い合わせ