イーロン マスクは、Tesla、SpaceX、Neuralink、The Boring Companyを共同設立し、事業を牽引しています。

Teslaの共同創業者兼CEOであるイーロン マスクは、電気自動車、バッテリー関連製品や、ソーラーエネルギーの製品設計等、エンジニアリングおよびグローバル製造のすべてをリードしています。

2003年の創業以来、Teslaが掲げているミッションは、世界を持続可能なエネルギーへの移行を加速することです。2008年に発売されたスポーツカー、Tesla Roadsterを皮切りに、2012年にはセダンのModel S、2015年にはSUVのModel Xを発売しました。Model Sはコンシューマレポート誌の「Best Overall Car (総合最優秀車)」、そしてモータートレンド誌の「The Ultimate Car of the Year」に選ばれました。一方Model Xは、米国運輸省道路交通安全局のテストで、すべてのカテゴリーとサブカテゴリで最高の5つ星安全性評価を獲得した最初のSUVとなりました。 2017年、320マイル以上の航続距離を誇る量産型電気自動車、 Model 3の納車を開始し、さらに100万マイル走行分の燃料費だけで少なくとも200,000米ドルを節約できるように設計されたTesla Semiを発表しました。2019年には、従来のトラックよりも実用性が高くスポーツカーよりも優れたパフォーマンスを誇るCybertruck 、そして2020年初めよりコンパクトSUV、Model Yの納車を開始しました。

またTeslaはPowerwallホームバッテリーとPowerpack産業用バッテリー、および電力系統用のMegapackの3種類の蓄電システムも生産しています。2016 年にはアメリカの大手太陽光発電システムプロバイダーである SolarCityを買収し、Teslaは世界初の垂直統合型の持続可能なエネルギー会社となりました。2017 年には美しく手頃な価格のソーラーパネル、Solar Roofを発売しました。

SpaceXのリードデザイナーとして、イーロン マスクは地球軌道そして最終的には他の惑星でミッションを行うロケットや宇宙船の開発を監督しています。 2008年、SpaceX Falcon 1は、民間で開発された最初の液体燃料ロケットであり、2017年にはFalcon 9ロケットとDragon宇宙船を初めて再飛行させることで、SpaceXはさらなる歴史を刻みました。その後まもなく2018年、世界一で従来の2倍以上もパワフルなロケットFalcon Heavyが初飛行を成功させました。2019年、SpaceXの有人宇宙船であるDragonが最初のデモンストレーション飛行を成功させ、2020年にはNASAの宇宙飛行士を乗せ、国際宇宙ステーションに向けて打ち上げる予定です。これらの成果をもとに、SpaceX社は月、火星、さらにはそれ以遠の惑星に乗組員と貨物を運ぶ再利用可能な輸送システムであるStarship、およびインターネットが不安定や高価、あるいは利用できない地域に高速ブロードバンドインターネットを提供するStarlinkを開発中です。再利用可能なロケットのパイオニアであるSpaceXは、火星に自立型都市を作り、人類を複数の惑星に居住させるという長期的目標を掲げています。

また、イーロン マスクは人間の脳をコンピューターに接続する超高帯域ブレイン マシンインターフェースを開発するNeuralinkのCEOでもあります。

さらに、短期かつ手頃な費用で構築可能なトンネル施工技術とオール電化の公共交通システムを組み合わせることで、精神的ダメージをもたらす都市の渋滞を緩和し、高速長距離移動を可能にするThe Boring Companyを立ち上げました。The Boring CompanyはHawthorneに1.15マイルの研究開発用トンネルを建設し、現在ラスベガスのコンベンションセンターでの公共交通機関としてVegas Loopを建設中です。

イーロン マスクはこれまでに、世界大手のインターネット決済システムであるPayPalと、インターネットで地図やルート検索などのコンテンツを世界で初めて提供したサービスの一つであるZip2を共同で創業し、売却しています。

プレス

お問い合わせ