テスラのミッションは、より低価格の電気自動車とエネルギー関連製品を通して、世界の持続可能エネルギーへのシフトを加速することです。年間500,000台の生産体制を築くためには、テスラだけで現在全世界で生産されているリチウムイオン電池のすべてを必要とします。その必要性に迫られて生まれたのがテスラ ギガファクトリーです。予測される電気自動車需要の増加に応じてバッテリーを供給することができます。現在、ギガファクトリーでは、Model 3のドライブトレインおよびバッテリーパック、テスラのエネルギーストレージ製品PowerwallおよびPowerpackが製造されています。

建設中のギガファクトリー、2014年11月4日
建設中のギガファクトリー、2014年11月4日

テスラは2014年6月に、ネバダ州スパークス郊外にてギガファクトリーの建設に着工しました。ギガファクトリーの名称は、「10億」を表す単位である「ギガ」に由来します。ギガファクトリーの建設は段階的に行われ、完成した生産ラインから順次稼働を開始し増設を繰り返していきます。現在すでにギガファクトリーの床面積は17.6万平方メートルを超え、生産可能な床面積の合計は45.5万平方メートルに及んでいます。しかし、これは工場全体が完成した際の30%弱に過ぎません。完成すると世界最大の建造物になると言われるギガファクトリーでは、電力が完全に再生可能エネルギーでまかなわれることになります。建設が完了すると、電力はほとんどソーラーで供給され、ネットゼロ エネルギー ファクトリーとなるよう設計されています。ソーラーの取り付け作業はすでに開始されています。

2018 年半ば、ギガファクトリー1におけるバッテリー生産は年間でおおよそ20GWhに達し、世界最大のバッテリー生産工場となりました。kWhベースで換算すると、現在テスラはすべての自動車メーカーが生産する総電力量よりも多くのバッテリーを製造しています。ギガファクトリーでの生産量が増えると、バッテリーセルの生産コストは、スケールメリット、革新的な製造方法、無駄の削減、そして生産プロセスのほとんどを1か所にまとめるなど最適化を図ることで大幅に削減することができるようになります。バッテリーのコストを下げることで、より幅広いお客様にテスラの製品を提供できるようになります。それにより、テスラは世界の持続可能エネルギーへのシフトをさらに加速することが可能になります。

ネバダ州カールソン シティにおけるギガファクトリーの発表、2014年9月4日