サポート

Model S 安全性に関するアップデート

業界全体に影響しているタカタ製エアバッグ用のリコール問題に関して、一部の2014〜2016年製のModel Sの助手席エアバッグがリコールの対象となり、Teslaではその交換を行います。米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) が決定した以前のスケジュールによると、2017年1月に始まった2012年製のModel Sに装備されている助手席エアバッグのリコールは、2018年1月に2013年製のModel Sにも適用対象が拡がり、2019年1月に2014〜2016年製のModel Sまで対象となりました。このリコールでは、Roadster、Model X、Model 3および後期型Model Sは対象となりません。また、日本では2012年モデルのModel Sは輸入されておらず、リコールの対象となる車両はありません。

NHTSAが発表した通り、正式なリコール通知を受け取っていなければお客様の車に装着されているリコール対象のエアバッグについてご心配いただく必要はありません。今回のリコール交換スケジュールはエアバッグ インフレーターが劣化する使用年数など様々な要因を考慮した上で、安全に関わるリスクとなる前にエアバッグ交換できるよう予定されています。

TeslaがNHTSAのスケジュールを適用して2012〜2013年製のModel Sを世界の全市場でリコールすることを決定したことで、規制当局がリコールを要求していない国でも、対象となっている2014〜2016年製のすべてのエアバッグの交換を行います。Teslaの車両でこれまでエアバッグの破裂やそれに関連する事故は発生していませんが、お客様の安全を第一に考え、このように対応することを決定しました。

Teslaはこのリコールの対象となるお客様に連絡を取り続けていきます。2012〜2013年製Model Sを所有されているお客様でまだエアバッグの交換がお済みでない方は、Tesla Account からサービスを予約するか、 Tesla Serviceまでご連絡ください。2014〜2016年製 Model Sの交換部品は2019年春頃にはご用意できる予定です。交換部品の準備が出来次第、Teslaからご連絡させていただきます。

現在2012〜2016年製Model Sに乗っています。助手席に人を乗せて運転しても大丈夫ですか?
NHTSAが発表したように、リコール通知を受け取るまでは、タカタ製インフレーターについてご心配いただく必要はありません。また、リコール対象となるインフレーターは使用年数など様々な要素により問題が発生するため、安全性に関わるリスクが発生する前にエアバッグが交換できるようリコールのスケジュールは組まれています。

現在2012〜2016年製のModel Sに乗っています。自分の車のすべてのエアバッグがこのリコールの対象となるのですか?
いいえ。対象となるのは助手席側のエアバッグに限られます。

タカタ製エアバッグのリコール対象となってしまった場合、どのくらい早く交換してくれますか?
Teslaは、タカタのリコールを受けた自動車会社の中でも、最も早く部品交換完了する企業の一つです。メーカー別部品交換完了に関する詳細は、NHTSAのスポットライトをご覧ください。

現在2012〜2016年製のModel Sに乗っています。エアバッグはいつ交換されますか?
Teslaはリコールが発表されてから1年足らずで対象となった2012〜2013年製のModel S全車両のうち90%の交換を行いました。これからも対象となる2014〜2016年製Model Sのリコールを積極的に行い、継続して高い交換率を目指してきます。

Teslaはこのエアバッグ交換作業が完了するまで、対象となるお客様に連絡を取り続けていきます。2012〜2013年製のModel Sを所有されているお客様でまだエアバッグの交換がお済みでない方は、Tesla Account からサービスを予約するか、 Tesla Serviceまでご連絡ください。2014〜2016年製のModel Sをお持ちの方は、交換部品は2019年春ごろからご利用いただけます。交換部品が届きましたらTeslaからご連絡させていただきます。

2012年~2016年製のModel Sを所有しています。エアバッグの交換でTesla サービスセンターまで車を持ち込む必要がありますか?
いいえ。多くの地域でご利用になれるモバイル サービスなら、自宅や職場または任意の場所などお客様のご都合がよい場所でエアバッグを交換することができます。

現在2012〜2013年製のModel Sに乗っていますが、昨年助手席のエアバッグの交換をしませんでした。Teslaで2014〜2016年製の車両の交換が始まった今でもエアバッグの交換をすることは可能ですか?
はい。2012〜2013年製Model S車両のリコールは継続中です。Tesla AccountまたはTesla Serviceに連絡してサービスを予約してください。

Roadster、Model XやModel 3はリコールの対象ですか?2017、2018、2019年製のModel Sは対象車両ですか?
いいえ。2016年12月中旬以降に製造されたModel S車両、Roadster、Model XおよびModel 3はリコールの対象となっていません。これらの車両にはリコール対象となるタイプのエアバッグ インフレーターは使用されていません。現在製造されている車両はこのリコールの対象となりません。

ヨーロッパ/アジアに住んでいます。私の2012〜2016年製Model Sはリコール対象ですか?
お客様の車両は米国におけるタカタ リコールの対象外ですが、Teslaでは米国におけるModel Sのエアバッグ交換作業と同じスケジュールで、全世界のModel Sの助手席用エアバッグの交換を実施してきます。Teslaの車両ではこれまでエアバッグの破裂やそれに関連する事故は発生していませんが、お客様の安全を第一に考え、このように対応することを決定しました。

シェアする