補助金制度

現在テスラで販売されている車は、平成29年度エコカー減税の対象車です。エコカー減税は国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした、環境性能に優れた車種に対する税の優遇制度です。Model SまたはModel Xを新車で購入した場合にかかる「自動車取得税」と、適用期間中の新車新規検査の際に納付する「自動車重量税」は免税となり、自動車グリーン税制により、翌年度の「自動車税」も減税されます。また、Model SとModel Xを自家用に新車で購入した場合、平成29年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象ともなります。補助金を受給するには対象車両を4年間保有する義務があります。さらに各地方自治体独自に補助金を設定している場合がありますので、各自治体のホームページもご確認ください。

各自治体や企業により、電気自動車に対して、補助金以外の優遇制度があります。東京都や神奈川県は都や県で運営している駐車場料金を電気自動車に対して優遇しています。また、山梨県の富士河口湖町から富士山五合目付近に至る有料道路である「富士山有料道路 富士スバルライン」では、電気自動車はマイカー規制の対象外です。
平成29年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金は、登録後1ヶ月以内(消印有効)に補助金交付申請書を次世代自動車振興センターへの提出が必要です。本補助金制度は予算がなくなり次第終了となります。

奨励制度は政府機関により提供、実施されています。制度の対象となるかどうかをテスラで決定することはできません。多くの制度には支給総額の上限や有効期限が設けられています。制度の有無および対象となるための条件に関する情報については、該当する自治体のウェブサイトからご確認ください。

タグ: 

シェアする