エコカー減税および補助金制度

エコカー減税制度

現在Teslaで販売されている車は、令和2年度エコカー減税の対象車です。エコカー減税は国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした、環境性能に優れた車種に対する税の優遇制度です。Model S、Model XまたはModel 3を新車で購入した場合にかかる「環境性能割」は非課税、新車新規検査および初回継続検査時に納付する「自動車重量税」は免税となります。グリーン化特例により、翌年度の「自動車税」も減税されます。

CEV補助金制度

Model S、Model XまたはModel 3を自家用に新車で購入した場合、「クリーンエネルギー自動車導入事業費 (CEV) 」補助金の対象となります。補助金を受給するには対象車両を4年間保有する義務があります。CEV補助金は、登録後1ヶ月以内(消印有効)に補助金交付申請書を次世代自動車振興センターへ提出することが必要です。本補助金制度は予算がなくなり次第終了となります。詳しくは次世代自動車振興センターのウェブサイトをご確認ください。

なお、各地方自治体独自に補助金を設定している場合がありますので、各自治体のウェブサイトをご確認ください。

サポカー補助金*

満65歳以上の方がサポカー補助金対象車を購入する際に、補助金を交付する制度です。補助金を受給するには対象者、または対象事業者が車両登録後に申請を行い、一定期間内に審査機関に申請が受理される必要があります。補助金は交付決定後申請者に直接交付されます。本補助金制度は予算がなくなり次第終了となります。詳しくはサポカー補助金のウェブサイトをご確認ください。

2020年12月18日以降に登録されたModel S※、Model X※、Model 3が対象車両となり、補助金額は登録車は10万円です。
※車両価格 税抜1,000万円以下が申請対象

*令和3年度サポカー補助金は、交付申請額が予算額に達したため、11月29日(月)到着分をもって申請受付を終了しました。

その他の優遇制度

各自治体や企業により、電気自動車に対して、補助金以外の優遇制度があります。東京都や神奈川県は都や県で運営している駐車場料金を電気自動車に対して優遇しています。

タグ: 

シェアする