Model S ステアリングアシスト モーターボルトに関するリコール

2018年3月29日公開
2020年2月5日修正

Teslaは、お客様の安全を最優先に考え、2016年4月以前に製造されたすべてのModel Sのパワーステアリングの部品を前もって交換いたします。なお、10億マイル以上におよぶ累計走行距離にもかかわらず、現在、この不具合に起因した事故や怪我などは報告されていません。

Teslaではパワーステアリングに取り付けるボルトに過度の腐食が確認されています。この腐食は、塩化ナトリウム (食塩)ではなく、カルシウムやマグネシウムが含まれた路面凍結防止剤が頻繁に使用される寒冷地でのみ確認されています。しかし、寒冷で腐食性の高い環境下で使用される可能性を考慮して世界中のあらゆる気候下で使用されているすべてのModel S初期モデルのパワーステアリングボルトを交換します。

ボルトに問題が生じたとしても、通常通り運転をすることは可能ですが、アシスト力が減少するため、ステアリング操作により力が必要となります。特に低速域や縦列駐車等のハンドル操作に影響を及ぼしますが、高速域での運転には大きな影響はありません。

この自主的リコールの対象となるModel Sを所有している場合でも、現時点で即座に対応いただく必要はなく、車を運転し続けることが可能です。 Teslaでは、お客様の地域でパーツの用意ができた場合にご予約を承ります。通常、修理には約1時間ほどいただきます。

本件により、ご迷惑とご心配をお掛けしておりますこと、お詫び申し上げます。ご質問等がございましたら、Teslaまでお問合せください。

シェアする