サポート

冬のドライブのアドバイス

もうすぐ冬も本番を迎えることから、季節に合わせた運転のアドバイスをご紹介します。冬の航続距離、保管方法、ウィンタータイヤの準備など、このページをお読みいただき、安全に冬のTeslaをお楽しみください。

ドライブと航続距離
気温が低くなる季節は、通常航続距離が短くなります。テスラは適切な動作温度にあるときに効率が最適になります。冬は気温が下がるため、最適な動作温度を保つためにより多くの電力が消費されますが、車の航続距離が短くなるのを極力抑えるために役立つ多くの機能が搭載されています。

出発前

  • テスラ アプリ「空調」をタップして、車両のプレコンディショニングを有効にするとパフォーマンスが向上します。車内はバッテリー残量が20%になるまで設定温度に保たれます。シートヒーター、または装備されている場合はハンドルヒーターのオン/オフまたは温度調節を行うことができます。

ドライブの途中に

  • 車両をプレコンディショニングした後、エアコンに使用される電力を制限するにはModel SまたはModel Xのレンジモードをオンにします。これにより1キロ走行当たりの消費電力が少なくなり、航続距離が維持されるようになります。
  • キャビン内でヒーターを使用する代わりに暖房シートを使用すれば効率的に熱を分配することができます。

駐車時

  • 一日の終わりには必ず車を充電しましょう。これにより、システムはバッテリーからではなく充電される電力で暖められます。

ストレージ
車は最適なバッテリー温度を維持するために電力を消費します。ある一定の期間、車を使うことがない場合は充電プラグを挿しておくことで航続距離が下がるのを防ぐことができます。こうすることで、次回の運転時に満充電で運転を開始することができます。充電プラグを長期間挿入したままにしておいても問題はありません。最新の診断機能により、車は充電プラグを挿入したままでも自動的に過充電からバッテリーを保護します。

車を充電したままにできない場合は、充電制限を100%にして車両を完全に充電してください。充電しないでおくと、Teslaは1日当たり数パーセントずつ航続距離が減少します。より詳細な情報は、オーナーズマニュアルにある「バッテリー情報」を参照するか、ロードサイドアシスタンス ポリシーをご参照ください。

テスラ車は、使用していないときには自動的にスリープ モードに入り、航続距離と電力を温存します。テスラ アプリから車を確認すると、車が起動し再度スリープモードに入るまで通常の電力消費になります。このため、アプリで車の状態を必要以上に確認すると車の電力を浪費してしまうので注意が必要です。

タグ: 

シェアする