タッチスクリーンの概要

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
運転する時は、常に道路と周囲の交通環境に注意を払ってください。ドライバーが注意散漫となることを最小限に抑え、同乗者や他の道路利用者の安全を確保するために、走行中はタッチスクリーンによる設定の調整を行わないでください。

従来の車ではたとえば、ヒーターや空調やヘッドライトなどの調節に多くの物理的ボタンを使用していましたが、タッチスクリーンだけで多数の機能を制御できます。タッチスクリーンからは、メディアとナビゲーションのコントロールやエンターテイメント機能の使用、選択設定によるModel Sのカスタマイズが利用できます。一般的なタッチスクリーン コントロールにハンズフリーでアクセスするためには、音声コマンドを使用します(音声コマンド参照)

タッチスクリーンが反応しない、または異常な動作を示す場合は、再起動してください(タッチスクリーンの再起動を参照)。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
各種イラストは、コンセプトの理解の促進のみを目的としています。車両オプション、ソフトウェア バージョン、販売地域、地域設定、言語設定によって、スクリーンの表示内容は異なります
  1. ステータスバー: タッチスクリーン上部のこのエリアには、時刻、外気温および以下に示すアイコンが表示されます。
    ロック解除
    タッチしてすべてのドアやトランクをロック/アンロックします。
    4:20 pm
    車両は自動で時刻を更新します。時刻が正しくない場合、車両が最新ソフトウェアによるインターネットおよびGPSへの接続性を持っていることを確認します。
    黄色の人物と「助手席エアバッグOFF」の文字があるエアバッグ
    助手席エアバッグのステータス(エアバッグを参照)。
    黄色の時計
    ソフトウェアアップデートは利用可能になると表示されます(ソフトウェア アップデート参照)。
    半円形とその上にあるより小さな丸印
    ドライバープロファイル(バレーモードおよびイージーエントリーなど)の追加、設定、簡単な切り替えを行います。ドライバープロフィールを参照してください。
    中に「!」のある赤色の丸印
    通知があるときに表示されます。タッチすると、通知に関する情報が表示されます。「サービス」 > 「通知」をタッチすると、最新の通知のリストを新しい順に表示することもできます。
    上向きのビームを持つ丸印
    Wi-Fiネットワークに接続しました。
    左から右に向かって高くなっていくライン
    携帯電話通信ネットワークに接続した際に表示されます。タッチしてWi-Fiに接続します(Wi-Fiへの接続参照)。
    Bluetooth記号
    Bluetoothデバイスに接続します(Bluetooth 対応の携帯電話の接続参照)。
  2. ナビゲーション: 地図の向きを変更し、目的地を検索またはナビゲーションし、ナビゲーション設定を変更します。(マップとナビゲーション参照)。
  3. コントロール: さまざまな機能を制御し、Model Sをカスタマイズしてあなたの好みに合わせます。コントロール画面が地図の上に表示されます。コントロール画面のオプションにタッチすると、選択したオプションに関連するさまざまな設定およびオプションが表示されます。スワイプすると閉じます。
    インフォメーション アイコン
    情報アイコンが特定の設定の隣に表示されているときに、それをタッチすると、関連する設定について役に立つ詳細情報を提供してくれるポップアップが表示されます。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    車両のコントロール、設定および好み(空調、メディア、ナビゲーションなど)は音声コマンドを使用してハンズフリーで調整することができます(音声コマンドを参照)。
  4. 空調(運転席): 左右の矢印を使用すると、キャビンの温度を調整できます。ポップアップの「スプリット」にタッチすると、運転席と助手 席で個別に操作できるコントロールが表示されます。温度アイコンにタッチすると空調設定をカスタマイズできます(温度調整参照)。
  5. マイ アプリ: よく使用するアプリやコントロールにワンタッチでアクセスするため、ここで表示内容を選択することができます。マイ アプリをカスタマイズを参照してください。
  6. アプリ ランチャー: アプリ ランチャーにタッチするとアプリ トレイが開きます。アプリをタッチして開きます。選択したアプリがマップの上部に表示されます。アプリを終了するには、下にドラッグします。
  7. 最近使用したアプリ: 最近使用したアプリを表示します。ここに表示される最近使用したアプリの数は、マイ アプリに追加したアプリの数によって変わります。マイ アプリに最大数のアプリを追加している場合、直近に使用したアプリだけが表示されます。
  8. 空調(助手席): 温度コントロールが「スプリット」のときは、運転席と助手席で個別に操作できるコントロールが提供されます。
  9. 音量調節: メディア プレイヤーと電話の音量を制御します(音量調節参照)。ナビゲーション指示の音量は別途制御されます(マップとナビゲーション参照)。

マイ アプリをカスタマイズ

よく使用するアプリや設定にワンタッチでアクセスするため、タッチスクリーンの下部バーにあるマイ アプリエリアの表示内容をカスタマイズすることができます。

  1. マイ アプリエリアにあるアプリまたはコントロールを長押ししてカスタマイゼーション モードに入ります。このエリアが空白の場合、アプリ ランチャーにタッチします。
  2. 下部バーのマイ アプリエリアにあるアプリ トレイからアプリまたはコントロールをドラッグします。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    アプリ トレイで選択したシートヒーターが、マイ アプリ エリアではなく温度の隣に表示されます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
アプリを長押ししてカスタマイゼーション モードに入った場合に限って、アプリ トレイにコントロール(デフロスター、シートヒーターなど)が表示されます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
マイ アプリに最大数のアプリやコントロールを既に追加している場合、アプリを追加すると右端のアプリが削除されます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
アプリまたはコントロールを長押ししてから該当する「X」にタッチしてマイ アプリエリアから削除します。

タッチスクリーンの再起動

タッチスクリーンが応答しない場合や、異常な挙動を示す場合は、タッチスクリーンを再起動することができます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
乗員やその他の道路利用者の安全を確保するため、タッチスクリーンの再起動は車両をパーキングに入れてから行ってください。
  1. パーキングにシフトします。
  2. タッチスクリーンが暗くなるまで、ハンドルの両方のスクロール ボタンを長押しします。スクロール ボタンを押しながらブレーキ ペダルを踏む動作は、実行しても何も起こらず、要求されることもありません。
    左右のスクロール ボタンを上向き矢印のズームボックスのあるハンドル
  3. 数秒後にTeslaロゴが表示されます。タッチスクリーンが再起動するまで約30秒待ちます。数分経っても、タッチスクリーンが反応しなかったり、タッチスクリーンが通常とは異なる挙動が見られたりした場合は、(可能であれば)パワーサイクリングを試します。車両でパワーサイクリングを行うを参照してください。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
スクロールボタンを押しても、タッチスクリーンが再起動されるだけです。車両のその他のコンポーネントを再起動することはなく、Model Sの電源のオンオフも行いません。

ディスプレイおよびサウンド設定のカスタマイズ

表示設定を自分の好みに合わせるには、「コントロール」 > 「表示」の順にタッチします。

  • 表示モード: 表示として、「暗い」「明るい」のいずれかでカスタマイズします。「オート」に設定すると、周囲の照明状態に応じて明るさが自動的に変わります。
  • 明るさ: スライダーをドラッグして手動でスクリーンの明るさのレベルを制御します。「表示モード」「オート」に設定すると、周辺の照明状態と明るさの好みの両方に基づいて、タッチスクリーンが調整を行ないます。 Model S 選択した明るさの好みを記憶し、タッチスクリーンを適切に調整します。
  • 省エネモード: オンに切り替えると、Model Sは使用されていないときの消費電力量を減らします(新しい車両では、自動で対応しています)。航続距離を最大限に伸ばすを参照してください。
  • 画面クリーニングモード: 有効にすると、クリーニングしやすいように、タッチスクリーンは暗くなって一時的に停止状態になります。画面上の指示に従い、画面クリーニングモードを終了します。
  • タッチスクリーン言語: タッチスクリーンで使用する言語を選択します。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    Model S 言語設定を変更するには、ギアをパーキングに入れる必要があります。言語を変更する際、Model S がシャットダウンされて再起動するため、若干時間がかかります。
  • 音声認識言語: 音声コマンドに使用する言語を選びます。
  • 音声ナビ言語: ナビゲーション システムが使用する音声ガイダンスの言語を使用します。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    言語のダウンロードが必要な場合、ドロップダウン リストで言語を選択してダウンロードを開始します(Wi-Fi接続が必要です)。
  • 時間: 時間の表示フォーマットを12時間と24時間のいずれかから選択します。
  • エネルギー表示: 残りエネルギーを表示するには、充電単位としてバッテリー残量のパーセントまたは推定走行可能距離を選択します。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    充電の必要性が迫っている場合は、エネルギー予測を大まかなガイドラインとしてのみ利用してください。さまざまな要因がエネルギー消費に影響を与えます。電力消費量に影響する要因を参照してください。
  • 距離: 航続距離表示として、マイルかメートルのいずれかを選択します。
  • 温度: 温度表示として、華氏か摂氏のいずれかを選択します。
  • タイヤ空気圧: タイヤ空気圧表示として、BARかPSIのいずれかを選択します。

ディスプレイのカスタマイズの他に、Joe Modeを有効にして、重大な安全問題に関連しないすべてのチャイムの音量を低くすることができます。「コントロール」 > 「安全」 > 「Joe Mode」の順にタッチして有効にします。

個人情報の消去

すべての個人情報(保存した住所、お気に入りの音楽、など)が消去され、すべてのカスタム設定が工場出荷時の初期設定に戻ります。これは Model S の所有権を移す際に便利な機能です。「コントロール」 > 「サービス」 > 「工場出荷時リセット」の順にタッチします。消去を実行する前に、Model Sがドライバーの認証情報を確認するためTeslaアカウントのユーザー名とパスワードの入力が求められます。