車両輸送者向け注意事項

ホイールを接地させた状態で輸送しないでください

Model Sに搭載されるフロントモーターはホイールが回転すると発電します。Model S を輸送する時は必ず 4 本のタイヤすべてを地面から離してください。輸送中はタイヤが回転しないことを確認してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
タイヤが回転してしまうような状態では絶対に車両の輸送を行なわないでください。重大な損傷または過熱につながる恐れがあります。まれにではありますが、極度に加熱すると周りのコンポーネントに引火する恐れがあります。
フロントホイールを接地し、リアホイールをけん引トラックで持ち上げられてけん引されているときのModel Sで、赤色の「X」は実行すべきではない項目を示します。
RV車の後ろで全4輪を接地して移送されているModel Sで、赤色の「X」は実行すべきではない項目を示します。

Teslaが指定している以外の方法でModel Sの輸送を行わないでください以下のセクションに示す指示に従い、記載されるすべての警告および注意事項を厳守してください。誤った方法で輸送中に発生した車両の損傷は保証対象にはなりません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Teslaでは、Teslaロードサイドアシスタンスによる出動ではないサービスの料金を返済する義務や責任を負いません。

認定された輸送方法

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両を輸送するために平ボディトラックにウィンチを使って積載する際、または駐車位置から車両を移動させる必要がある場合は、低速(時速5 km以下)でごく短距離(10メートル)であれば輸送モードを有効にしている限り(輸送モードの有効化参照)タイヤを回転させることができます。これに従わないと、車両に保証の対象とならない重大な損傷および過熱を与える恐れがあります。

Model Sの輸送に推奨されるのは、平ボディトラックまたは同等の輸送車両です。平ボディトラックを使用時は、前後どちらの方向で載せても構いません。

平ボディトラックに積載された車両。

平ボディトラックを使用しないでModel Sを輸送する必要がある場合は、タイヤスケートを使用してタイヤを地面から離してから輸送を開始してください。この方法は時速55 km以下で行い、絶対にタイヤスケートの製造元が指定する制限速度を超えてはなりません。この方法を使用する場合は、フロントタイヤを浮かせて、リヤタイヤにタイヤスケートを履かせて車両を前向きすることをTeslaは推奨します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
フロントホイールをタイヤスケートに載せてModel Sを輸送することは推奨されませんが、ホイールロックなどを使用してフロントタイヤを固定しタイヤが回転しないよう細心の注意を払って実施できる場合はこれに限りません。フロントタイヤが回転する恐れがある状況では絶対に車両の輸送を行わないでください。
フロントホイールをけん引トラックに持ち上げられ、リアホイールをドーリーに載せてけん引されている車両
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
平ボディトラックにModel Sウィンチで載せる前に輸送モード(輸送モードの有効化参照)を有効にしてください(平ボディトラックに引き上げて積載する - けん引用アイボルト使用参照)。輸送モードが使用できない、またはタッチスクリーンが利用できない場合は、必ずセルフローディングドーリーまたはタイヤスケートを使用して、認定された輸送位置に車両を積載してください。Teslaは、セルフローディングドリーまたはタイヤスケートを使用したModel Sの輸送が原因となる、個人財産の損害などのいかなる損害についても責任を負いません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
Model S には、衝突により損傷する可能性のある高電圧コンポーネントが取り付けられています高電圧コンポーネント参照)Model Sを輸送する前に、必ずコンポーネントが通電されている前提で作業することが重要です。緊急対応する専門業者が車両の安全を確認しすべての高電圧システムに電圧がかかっていないことを正確に確認するまで、必ず高電圧安全注意事項(個人保護具の着用など)に従ってください。これらを怠ると重大な事故につながる恐れがあります。

セルフレベリング エアサスペンションシステムの無効化

Model Sにエアサスペンションシステムが搭載されている場合、電源がオフのときでも自動的にセルフレベリングします。損傷を防止するため、ジャッキモードにしてセルフレベリングを無効にする必要があります。

  1. タッチスクリーンで「コントロール」 > 「車高」の順にタッチします。
  2. ブレーキ ペダルを踏み、「非常に高い」 にタッチして高さを最大にします。
  3. 「コントロール」 > 「サービス」 > 「ジャッキ モード」の順にタッチします。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
走行速度が時速7 kmを超えた場合、ジャッキ モードはキャンセルされます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
エアサスペンションシステムが搭載された車両の場合、ジャッキモードを有効にしないと輸送中に車両が緩む可能性があり、重大な損傷を引き起こす危険があります。

輸送モードの有効化

輸送モードは、Model Sを平ボディトラックにウィンチで巻き上げる際に、パーキングブレーキを解除します。輸送モードが有効になっている時は、車両のサイドブレーキが無効になっていることを知らせるメッセージが表示されます。輸送モードを有効にするには以下が必要です。

  • 低電圧 電源が必要です。Model Sに電源が供給されていないと、タッチスクリーンが使用できないため輸送モードを有効にすることはできません。
  • Model S はキーフォブを検出しなければなりません。輸送モードはキーフォブが検出されている時のみ有効となります。

輸送モードを有効にする:

  1. 車両がパーキングになっていることを確認します。
  2. タイヤに輪留めをかける、またはModel Sが固定されていることを確認してください。
  3. ブレーキ ペダルを踏み込んだまま、タッチスクリーンで 「コントロール」 > 「サービス」 > 「けん引」の順にタッチします。タッチスクリーンには、Model Sの正しい輸送方法を促すメッセージが表示されます。
  4. 青色に変わるまで輸送モードボタンを押し続けます。 Model S はブレーキが解除され、押して動かす(歩行する速度以下)またはウィンチで引き上げることができます。

けん引モードをキャンセルするには、Model Sをパーキングに入れてください。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
輸送モードを有効にした後でModel S低電圧電源が失われると、輸送モードはキャンセルされます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
電気系統が故障している場合、タッチスクリーンを使用して輸送モードを有効にすることができないため、セルフローディング ドリーまたはタイヤスケートを使用します。車両をドーリーに積載する前に、必ずドーリーの製造元による仕様および推奨積載重量を確認してください。

平ボディトラックに引き上げて積載する - けん引用アイボルト使用

  1. けん引用アイボルトを見つけます。
  2. 牽引用アイボルト カバーの上部にあるスロットに小さなマイナスドライバーを差し込み、ゆっくりと引いて上部の留め具からカバーを外します。
    車両のけん引ボルト カバーを指し示す矢印。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    牽引用アイ カバーは牽引が終わって再度取り付けるまで大切に保管してください。
  3. 牽引用アイボルトをしっかりと挿入し、確実に固定されるまで反時計回りに回します。
    けん引ボルトを取り付けた状態(反時計回りに回すことを示す矢印を含む)。
  4. けん引ボルトにウィンチ ケーブルを取り付けます。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    注意
    引く前に、けん引用アイボルトがしっかりと締まっていることを確認します。
  5. 輸送モードを有効にするは、「コントロール」 > 「サービス」 > 「けん引」の順にタッチしてください。
  6. Model Sをゆっくりと平ボディトラックの上に乗せてください。

平ボディトラックに引き上げて積載する - けん引用アイボルトがない場合

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
損傷を避けるために、車両を平ボディ トラックに引き上げるときは、適切に取り付けられたけん引アイを使用してください。シャーシ、フレーム、またはサスペンション コンポーネントを使用して引っ張ると、車両を損傷する恐れがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
けん引ボルトを使わずに車両を平ボディトラックに引き上げる場合、車両を再び走行させる前に、すべてのサスペンションのファスナーが適正なトルクで締め付けられているか点検し、すべてのコンポーネントに損傷がないか目視点検してください。ファスナーが緩んでいた場合、または損傷が見つかった場合は、影響のあるコンポーネントを交換してください。

前章で説明された通り、ウィンチを車両に接続する際はけん引用アイボルトを使用することが強く推奨されます。しかし、けん引用アイボルトが使用できない場合(損傷、喪失など)、次の説明通りにけん引用ストラップを取り付けてください。

  1. 車両前部の下、それぞれのロアー サスペンション アームのけん引用ストラップを取り付けます。
    車両のフロント下側の図(下側サスペンションを青色で示す)。
  2. アンダーボディを損傷しないよう保護できるもの(木材など)を牽引用ストラップとアンダーボディの間に設置してください。
  3. 輸送モードを有効にするは、「コントロール」 > 「サービス」 > 「けん引」の順にタッチしてください。
  4. Model Sをゆっくりと平ボディトラックの上に乗せてください。

タイヤの固定

8 点留めタイダウン法で車両を固定する必要があります。

  • 固定用ストラップの金属部品が、車輪の塗装面または面に接触しないようにしてください。
  • ボディパネル上または車輪内に固定用ストラップを置かないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
固定用ストラップを車両ボディのシャーシ、サスペンション、その他の部品に取り付けると、車に損傷を与える可能性があります。
固定用ストラップを取り付けた状態のリアホイールの図。