衝突回避アシスト

Model Sにオートパイロット コンポーネント(カメラを参照)が装備されている場合は、次の衝突回避機能が乗員の安全性を高めるように設計されています。

以下の衝突回避機能は乗員の安全性を高めることを目的とするものです。

  • 正面衝突警告は、Model Sが正面衝突の危険が高い状況を検出した場合、視覚、聴覚、による警告を発します(正面衝突警告を参照)。
  • 自動緊急ブレーキは、正面衝突の衝撃を緩和するために自動的にブレーキをかけます(自動緊急ブレーキを参照)。
  • 障害物検知走行モード - Model S がその直進経路内に物体を検出した場合に加速を減少させます (障害物検知走行モード を参照)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
Ensure all cameras are clean and free of obstructions before each drive and before using Autopilot features (see カメラのクリーニング). Dirty cameras and sensors (if equipped), as well as environmental conditions such as rain and faded lane markings, can affect Autopilot performance. If a camera is obstructed or blinded, Model S displays a message on the インストゥルメントクラスター and Autopilot features may not be available. For more information on specific alerts, see トラブルシューティングのアラート.
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
正面衝突警告は運転補助の目的のみに作られており、注意深い運転や適切な判断に代わるものではありません。走行中は常に道路に注意を払い、正面衝突警告に頼らずに衝突を回避するように心がけてください。性能はさまざまな要因によって低下するか妨げられ、不必要または不正確な警告を行う、あるいは警告を行わない可能性があります 。衝突危険性の探知を正面衝突警告のみに頼ることで、重大な事故や死亡事故が発生する恐れがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
自動緊急ブレーキは、衝突を完全に防止するように設計されたものではありません。状況によっては、走行速度を落とすことにより衝突の衝撃を最小限にくいとめることができます。衝突回避を自動緊急ブレーキに任せきりにすると、重大な事故や死亡事故につながるおそれがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
障害物検知走行モードは、衝突を防止するように設計されたものではありません。状況によって、衝突時の衝撃を最小限に抑えるよう働きます。衝突回避を障害物検知走行モードに任せきりにすると、重大な事故や死亡事故につながるおそれがあります。

正面衝突警告

Model S 前方に、車両、オートバイ、自転車または歩行者といった障害物が存在しているかを監視します。ドライバーがすばやい是正行動をとらない限り、衝突すると思われる場合、正面衝突警告によってチャイムが鳴り、インストゥルメントパネルに前方の車両が赤色で強調表示されます。これが表示されたら、直ちに是正措置を取ってください。

Tesla車の前方に検知した車両のスクリーンショット(赤色で強調表示)

視覚および聴覚による警告は衝突の危険性が低くなったときに自動的に停止します(例えばModel Sを減速または停止させた場合や、車両前方の物体が走行経路から外れた場合など)。

Model Sが正面衝突警告を出したとき、衝突を回避する操作が即座に行われずに衝突の可能性が非常に高くなった場合は、自動緊急ブレーキ(有効になっている場合)がかかる場合があります(自動緊急ブレーキを参照)。

初期設定では正面衝突警告はオンになっています。オフにする、または感度を調整するには、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「正面衝突警告」の順にタッチします。標準設定の「中間」のほか、警告を「OFF」「遅め」または 「早め」に設定することができます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
選択した設定は、手動で変更されるまで維持されます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
正面衝突警告に関係するカメラやセンサー(装備されていれば)は、走行ルート上およそ525 フィート(160 m)の範囲を監視するよう設計されています。正面衝突警告システムは道路や気象条件によって悪影響を受ける場合があります。運転時には適切な注意を払ってください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
正面衝突警告は視覚的および音声的な警告を行うためだけに設計されています。ブレーキを作動させたり、Model S を減速させるものではありません。警告の表示や音声通知があった場合は、ただちに是正措置をとるのはドライバーの責任です。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
正面衝突警告システムは、衝突の危険性がないにも関わらず誤って警告することがあります。常に警戒を怠らず、Model Sの前方に注意を払い、何らかのアクションの必要がないか予測してください。

正面衝突警告は、3 mph(5 km/h)~124 mph(200 km/h)で運転している場合にのみ作動します。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
正面衝突警告は、ドライバーがすでにブレーキを踏んでいる時警告を出しません。

自動緊急ブレーキ

Model S 検出した物体までの距離を判定するように設計されています。自動緊急ブレーキは、衝突が不可避と見なされたときにブレーキをかけ、減速して衝突の衝撃を和らげるように設計されています。減速の程度は、巡航速度や環境など多数の要因に左右されます。

自動緊急ブレーキがかかると、インストゥルメントパネルに警告が表示され、チャイムが鳴ります。ブレーキ ペダルが急に押し下げられることにも気がつくでしょう。ブレーキ ライトも点灯し、他の道路ユーザーに減速中であることを知らせます。

円の中に入った緑色の「A」の文字
緊急ブレーキが作動中です

自動緊急ブレーキは、時速 5 km(3 mph)と時速 200 km(124 mph)の間で運転している場合にのみ作動します。

自動緊急ブレーキは以下の状況ではブレーキをかけない場合や、作動させていたブレーキを解除する場合があります。

  • ハンドルを急に回転させた場合。
  • 自動緊急ブレーキがブレーキをかけている間、ブレーキ ペダルを踏んで放した場合。
  • 自動緊急ブレーキがブレーキを作動させている際に運転手が加速した場合。
  • 車両の前方または後方に、車両、オートバイ、自転車、および歩行者が検出されなくなった場合。

自動緊急ブレーキは、Model Sを始動すると常に有効になります。現在の運転でこれを一時的に無効にするときは、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「自動緊急ブレーキ」の順にタッチします。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
自動緊急ブレーキは、正面衝突および後進時の衝突の衝撃を緩和するように設計されていますが、リバースにシフトしているときは機能に制限があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
自動緊急ブレーキは無効にしないことを強く推奨します。無効にすると、Model S は衝突不可避と見られる状況でも自動的にブレーキをかけません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
自動緊急ブレーキは衝撃を緩和するように設計されています。衝突を回避するようには設計されていません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
車両の一部が走行経路内にあるときや道路の破損があるときなど、自動緊急ブレーキの性能に影響を及ぼすいくつかの要因により、制動しない場合や、不適切またはタイミングの悪いブレーキをかける場合があります。どのような場合にも、安全運転と車両の制御維持はドライバーの責任です。決して自動緊急ブレーキに頼って衝突の衝撃を回避または緩和しようとしないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
自動緊急ブレーキは、前方の車両との安全な車間距離を維持する代わりになるものではありません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
自動ブレーキが作動すると、ブレーキ ペダルが急に下がります。ブレーキ ペダルは常に自由に動くようにしておいてください。運転席フロアマット(追加のマットも含む)の下にも上にも物を置かないようにして、常に運転席のフロアマットは正しく固定されているようにしてください。これを怠ると、ブレーキ ペダルの自由な動きが妨げられることがあります。

障害物検知走行モード

障害物検知走行モードは、Model S が走行経路に物体を検出すると、モーターのトルクを下げることによって、衝突の衝撃を緩和するように設計されています。ブレーキが自動適用されると、インストゥルメントパネルに、警告が表示され、チャイム音が鳴動します。例えば、Model S がドライブにシフトされた状態で閉じたガレージドアの前で駐車しているときに、アクセルペダルが強く踏まれたことを検出します。Model S は加速してガレージドアに衝突してしまいますが、トルクを下げたため損傷が軽減されることが期待できます。

障害物検知走行モードは、以下の条件が同時にすべて満たされると作動します:

  • ドライブまたはリバースにシフトされている。
  • Model S 停止しているか、または10 mph(16 km/h)未満で走行している。
  • Model S 進路方向にある直近の物体を検出している。

障害物検知走行モードを無効にするには、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「自動緊急ブレーキ」の順にタッチします。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
障害物検知走行モードは衝撃を緩和するように設計されています。衝突を回避するようには設計されていません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
障害物検知走行モードはあらゆる状況でトルクを制限するものではありません(例: 駐車スペースへの小回り旋回を実施している場合)。環境条件、障害物からの距離、およびドライバーの反応などの要因により、障害物検知走行モードは動作が制限、遅延、または抑制される場合があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
障害物検知走行モードを利用して加速を制御したり、重大な衝突の回避を試みるなど、障害物検知走行モードを試さないでください。これを行うと、重大な損害やけが、死亡事故につながる恐れがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
いくつか要因が障害物検知走行モードの性能に影響して、モーター トルクの不適切な、またはタイミングのずれた減少が生じたり、あるいは意図しないブレーキ効果が生じたりすることがあります。どのような場合にも、安全運転と Model S のコントロール維持はドライバーの責任です。

制限事項および不正確性

衝突回避機能はすべての物体、車両、自転車または歩行者を確実に検知できるものではなく、特に以下の場合を含むさまざまな理由から不必要、不正確な警告あるいは見逃しが起こる場合があります。

  • 道が鋭くカーブしている場合。
  • 視界が悪い場合 (激しい雨、雪、霧など)。
  • 明るい光(対向車のヘッドライトや直射日光)がカメラの視野を妨げている。
  • カメラまたはセンサーがさえぎられている(汚れている、覆われている、曇っている、ステッカーなどでふさがれている)。
  • 1つ以上のセンサー(装備されていれば)が損傷を受けたり、汚れたり(泥、氷、雪、車両のブラ、過剰なペンキ、またはラップ、ステッカー、ゴムコーティングなど接着製品により)、遮られたりした時。
  • 気象条件(豪雨、降雪、霧、または極端な高温や低温)が、センサーの動作を妨げている場合。
  • センサー(装備されていれば)が超音波を発する他の電子機器の影響を受けている場合。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
衝突回避アシスト機能が故障した場合は、Model S に警告が表示されます。Teslaサービスにお問い合わせください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
トラック モードがオンの場合、ドライビングアシスト機能は自動的に無効になります。どのような場合にも(サーキット走行時を含みます)、安全運転と車両の制御維持はドライバーの責任です。トラック モードをオフにすると、ドライビングアシスト機能が自動的に再有効化されます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
前述の制限事項は衝突回避アシスト機能の正常な動作を妨げる可能性のある状況をすべて網羅したものではありません。これらの機能はその他の多くの理由でも当初の機能を発揮しない場合があります。ドライバーは、衝突を回避するために常に周囲に注意を払い、素早く回避行動が取れるようにする責任があります。