ギアシフト

シフト方法

Model 3 がパーキングにシフトしている場合、シフト変更するにはブレーキ ペダルを踏む必要があります。

シフトレバーを上下に動かすと、違うドライブ モードにシフトします。

矢印、線、上下動を示す矢印のあるドライブ ストーク

現在の走行速度では禁止されているシフトを試みると、チャイムが鳴り、ドライブ モードは変更されません。

リバース

レバーを一番上まで押し上げて、離します。リバースへのシフトは Model 3 が停止状態かまたは走行速度が時速 8 km/h未満の場合にのみ行うことができます。

ニュートラル

ブレーキを踏んでいないときにニュートラルにシフトすると、Model 3は自由に動ける状態になります。

  • パーキングにシフトしている場合、ドライブ レバーを上または下に短く押して最初の位置にすると、ニュートラルにシフトします。
  • ドライブにシフトしている場合、ドライブ レバーを上に短く押して最初の位置にすると、ニュートラルにシフトします。オートステアリングやトラフィックアウェア クルーズ コントロール(装備されている場合)が起動している場合、シフト レバーを上に押して最初のポジションにシフトして、そこで1秒を超えて保持します。これで、オートステアリングまたはトラフィックアウェア クルーズ コントロールが無効になります。
  • リバースにシフトしている場合、ドライブ レバーを下に短く押して最初の位置にすると、ニュートラルにシフトします。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
8 km/h前後より低速で走行中にニュートラル ポジションからシフトするには、ブレーキ ペダルを踏みます。

Model 3 運転席シートを離れると、自動的にギアがパーキングに切り替わります。ニュートラルのままにしておくには、タッチスクリーンで輸送モードにします(車両輸送者向け注意事項を参照)。

ドライブ

レバーを一番下まで押して、離します。ドライブへのシフトはModel 3が停止状態かまたはリバースに入った状態で、走行速度が時速8 km/h未満の場合にのみ行うことができます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ドライブ レンジにあるときに、シフト レバーを目いっぱい押し下げ、離してクルーズ コントロールを有効化しトラフィックアウェア クルーズコントロールを参照)、レバーをすばやく続けて2回押し込んでオートステアリングを有効にします(オートステアリングを参照)

駐車

Model 3の停車中にドライブ ストーク先端を押します。

ドライブ ストーク先端のボタンを示す矢印

Model 3 おおよそ時速2 km以下で走行中に、充電ケーブルを接続したとき、または以下の状況のうち2つ以上に同時に該当する場合、自動的にパーキングに切り替わります。

  • 運転席のシートベルトが外された場合。
  • 運転席の乗員センサーが乗員を検知していない場合。
  • 運転席側のドアが開いている場合。

車両に乗車しやすくするために、シフトレバーをパーキングに入れてから「P」ボタンを再度押し、全てのドアをロック解除こともできます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
パーキング ブレーキを解除するにはブレーキ ペダルを踏みます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
上記の条件は、 Model 3が自動的にパーキングに切り替わる、または切り替わらない原因をすべて網羅したものではありません。特定の想定状況においては、上記条件1つにでも該当する場合、車両がパーキングに切り替わる可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
緊急時にブレーキが正常に動作しない場合、ドライブ ストークのパーキング ボタンを長押しして車両を停車させてください。必要時以外は、この方法で車両を停車させないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ドライバーは自分で責任を持って、降車する前に必ず車両をパーキングに切り替えてください。ドライバーの代わりにModel 3が自動的にパーキングに切り替えるといってもそれに任せきりにしないでください。すべての状況に対応するものではありません(例: 徐行や傾斜が原因で、車両が約時速2 km以上で走行する場合があります)。