荷室容量と電気系統

センター コンソール

センター コンソールにはキー フォブとキー カードを読み取るRFIDトランスミッター以外に(キーカードを参照)、カップ ホルダー、2つの収納コンパートメント、、またはワイヤレス電話充電器(利用できるかは製造日により異なる)があります。

メインの収納コンパートメントを開くには、そのカバーを上方に引きます。カバーを前方にスライドさせて、フロント収納コンパートメントを開きます。

センター コンソールの収納コンパートメントの開け方を示す矢印を含む画像。

2列目コンソール

Model 3 には2列目シートバック中央に統合されているリア コンソールがあります。コンソールを引き下げると、リア カップ ホルダーにアクセスできます。これはアームレストとしても使用できます。

リア コンソールを押し下げ方を示す矢印を含む画像。

グローブボックス

グローブボックスを開けるには、「コントロール」 > 「グローブボックス」にタッチします。グローブボックスが自動的に開き、ライトが点灯します。

グローブボックスの開き方を示す矢印を含む画像。

グローブボックスを閉じるには、カチッという音がして閉じる位置に達するまで上方に押します。

グローブボックスのセキュリティを強化するには、「コントロール」 > 「安全」 > 「グローブボックスPIN」にタッチして4桁のPINを設定します(グローブボックスPIN参照)。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
グローブボックスを開いたままにすると、しばらくするとそのライトは消えます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
グローブボックスは、閉じられているときや、Model 3 をモバイル アプリ、キーカードを使用してロックしたとき、Model 3 から電話キーを持って離れるとき(降車後オートロックがオンの場合)またはバレーモードが有効となっているときは常にロックされています(バレーモードを参照)。タッチスクリーンのロック アイコンをタッチすることによってModel 3 がロックされているときは、グローブボックスはロックされません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
走行時はグローブボックスを閉め、衝突発生時や急停車時に乗員が負傷しないようにしてください。

ワイヤレス電話充電器

ワイヤレス電話充電器はフロント コンソールに統合されており、Qi対応の電話を最大15Wの電力で充電できます。電話を充電器に置くだけで、充電を開始できます。充電中のスマートフォンは暖かく感じることがありますが、これはインダクティブ方式充電で通常起きる現象です。

車両の電源が入っているとき(タッチスクリーンが有効で車内にいるとき)にお使いのスマートフォンをワイヤレス充電器に置くと、電話が充電されます。降車後は、電話の充電は行われません。ただし、セントリーモードなどの機能が有効になっていると、USBポートに電力が供給されます(セントリーモードを使用するを参照)Model 3 車両のバッテリーが放電している場合には、電話は充電されません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
電話ケースが大きすぎる場合や金属製の場合、ワイヤレス電話充電器は動作しません。電話をケースから取り出し、充電器の上に置いてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
電話はワイヤレス充電器と直接接続する必要があります。電話と充電器の間に障害物(クレジット カード、キー カード、コイン、キー、貴金属品など)を置かないでください。

低電圧 電源ソケット

お使いの Model 3 には、センター コンソールのリア コンパートメントに電源ソケットが搭載されています。

センター コンソール内の電源ソケットの場所を示す拡大図。

電源ソケットは 12 A までの連続通電 (最大 16A) が必要なアクセサリーに適合します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
2021年11月頃以降に製造された車両の場合、低電圧電源ソケットに接続されたパワーインバーターを機能させるには16VDC入力に対応している必要があります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両が起動した状態であれば電源が供給されています。車両が起動した状態となる理由にはいくつかあります。たとえば、サモンなどの機能の使用時や、「プレコンディショニング」、「キャビン過熱保護」、「エアコンをONのままにする」、「ドッグ モード」、「セントリーモード」などの機能が有効なときです。低電圧バッテリーが充電されているか使用中の時、HV充電中、車両がモバイルアプリと通信中の時にも、車両が起動状態になります。アクセサリープラグを差し込んだままにしても低電圧バッテリーは放電しません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
電源ソケットやアクセサリー端子は熱くなることがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
車両の電気系統に対する過剰な干渉を回避するために、パワーインバーターを含む、テスラの純正品以外のアクセサリを低電圧電源ソケットに接続しないようにすることをお勧めします。ただし、テスラの純正品以外のアクセサリを使用した場合に、インジケーターのライトが点灯したり、警告メッセージが表示されたりアクセサリが極端に熱くなったりするなどの誤動作や予期しない動作に遭遇した場合は、アクセサリを低電圧電源ソケットから直ちに取り外してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
低電圧電源ソケットを使用してModel 3のジャンプ スタートを試みないでください。故障の原因となることがあります。

USBポート

Model 3 センターコンソール正面のコンパートメントには2つのUSBポートがあります。これらのポートは以下の目的で使用できます。

  • USB機器を接続し充電する。
  • 電話やUSB機器に保存されているオーディオファイルを再生する(デバイスからメディアを再生を参照)。
  • セントリーモードとダッシュカム動画映像の保存には、グローブ ボックスにあるUSBポートを使用します。これにより、セキュリティが向上し、電力消費を最小限に抑えられます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
およそ2021年11月1日以降に製造された車両の一部では、センター コンソールUSBポートが充電サービスしかサポートしていない可能性があります。その他のすべての機能については、グローブボックス内のUSBポートを使用してください。

両方のポートがUSB-Cに対応しています。

センター コンソール正面のコンパートメントを開きます。フロントUSBポートは、コンパートメント リア側の壁に位置します。

センター コンソール内のUSBポートの場所を示す拡大図。

USBポートは、グローブボックスの背面にもあります。USB-Aポートは、事前にフォーマットされたフラッシュドライブが備わっており、セントリーモードやダッシュカムなどの機能を使用時に、動画を保存できます。メインの目的ではありませんが、このポートは車両との通信およびUSB接続機器の充電に使用できます。

グローブボックス内のUSBポートの場所を示す画像。

追加の2つのUSBポートがセンター コンソールのリア側に位置します(2020年6月以降に製造された車両については、両方のポートともUSB-C対応です)。これらのポートはUSB接続機器を充電しますが、車両と通信しません。

センター コンソール後部のUSBポートの場所を示す拡大図。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両が起動した状態であれば電源が供給されています。車両が起動した状態となる理由にはいくつかあります。たとえば、サモンなどの機能の使用時や、「プレコンディショニング」、「エアコンをONのままにする」、「ドッグ モード」「キャンプ モード」、「セントリー モード」などが有効なときです。低電圧バッテリーが充電されているか使用中の時、HV充電中、車両がモバイルアプリと通信中の時にも、車両が起動状態になります。アクセサリープラグを差し込んだままにしても低電圧バッテリーは放電しません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
USB 3.0互換ケーブルを使用して、デバイスをUSBポートに接続します。非準拠ケーブルを使用すると充電に時間がかかり、接続上の問題や、パフォーマンスの低下が生じるおそれがあります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
USB ハブを使用して複数の機器を接続しないでください。複数の機器を接続すると、接続されている機器が充電されなかったり、メディアプレイヤー、セントリーモード、ダッシュカムなどに認識されないことがあります。

ビデオ録画のためのUSBドライブの要件

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
セントリーモードとダッシュカム動画映像の保存には、グローブボックスにあるUSBポートの使用をおすすめします。これにより、セキュリティが向上し、電力消費を最小限に抑えられます。

Model 3の1つ以上の機能(ダッシュカム、セントリーモードおよびトラック モード(装備されていれば)など)では、以下の要件に適合するフラッシュ ドライブの使用が必要です。

  • 最小ストレージ容量64 GB。できるだけ保存領域が多いフラッシュドライブを使用してください。動画は大量の保存領域を占有することがあります。
  • 4 MB/s以上の持続書き込み速度であること。持続書き込み速度はピーク書き込み速度とは異なることに注意してください。
  • USB 2.0互換であること。USB 3.0のフラッシュ ドライブを使用する場合、USB 2.0もサポートしている必要があります。
  • 適切にフォーマットされていること(以下に説明するとおり)。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
一部の販売地域では、http://www.tesla.comの推奨USBドライブを購入することができます。

USBフラッシュ ドライブのフォーマット

Model 3では、映像を保存して検索できるよう、USBフラッシュ ドライブをexFAT、MS-DOS FAT(Mac)、ext3、またはext4にフォーマットすることが必要になります(NTFSは現在ではサポートしていません)。ダッシュカムおよびセントリーモードで使用するためには、フラッシュ ドライブにTeslaCamという名前のベース レベル フォルダが含まれる必要があり、トラック モード(装備されていれば)で使用するためには、TeslaTrackModeという名前のベース レベル フォルダが含まれている必要があります

Model 3 USBフラッシュ ドライブをフォーマットできます。フラッシュ ドライブをフロントUSBポートに挿入し、「コントロール」 > 「安全」 > 「USBドライブのフォーマット」の順にタッチします。これで、ドライブがexFATとして自動的にフォーマットされ、TeslaCamフォルダおよびTeslaTrackModeフォルダ(該当する場合)が作成されます。以上で、USBフラッシュ ドライブでは、動画映像を記録して保存する準備が整いました。「USBドライブをフォーマット」は、USBフラッシュ ドライブ(1つ以下のパーティションを持つもの)をフロントUSBポートに差し込んでいる場合に限って利用可能です。「USBドライブをフォーマット」を選択すると、フラッシュ ドライブの既存のデータが消去されてしまいます。この機能を使用する前に、保存しておきたいデータを別のデバイスに移動しておく必要があります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
およそ2021年11月1日以降に製造された車両の一部では、センター コンソールUSBポートが充電サービスしかサポートしていない可能性があります。その他のすべての機能については、グローブボックス内のUSBポートを使用してください。

Model 3ではフラッシュ ドライブをフォーマットできない場合は、コンピューターを使用してフォーマットする必要があります。TeslaCamフォルダ、およびTeslaTrackModeフォルダ(装備されていれば)を忘れずに手作業で作成してください。

コンピュータでUSBフラッシュ ドライブをフォーマットして、ダッシュカム、セントリーモード、トラック モード(装備されていれば)およびオーディオ ファイル用のシングル フラッシュ ドライブに使用することもできます。exFATでフォーマットしたドライブに個別のパーティションを作成します。例えば、一つはダッシュカムおよびセントリーモード用(TeslaCamフォルダーを作成する必要があります)、一つはトラック モード用(TeslaTrackModeフォルダーを作成)、およびオーディオ用のパーティションです。

USBフラッシュ ドライブをフォーマットして、その中に必要なフォルダを作ったら、フロントUSBポート(または、装備されていればグローブボックスのUSBポート)にフラッシュ ドライブを差し込みます。リアUSBポートは、USBデバイスの充電専用なので、使用しないでください。フラッシュ ドライブを差し込んでから、Model 3が認識するまで最大15秒かかることがあります。認識されると、「コントロール」にタッチするとダッシュカムとセントリーモードのアイコンが利用できるようになり、車両は録画できるようになります。最初にセントリーモード(装備されている場合)を有効にする必要がある場合があります。「コントロール」 > 「セントリー」の順にタッチしてください。

録画映像を見る

Model 3がパーキングにシフトしているときに、タッチスクリーンで録画した映像を見ることができます。アプリ ランチャーのダッシュカム アイコンまたは「コントロール」画面のダッシュカム アイコンにタッチします。画面の上隅にあるメニューアイコンにタッチします。タブには、すべてのビデオクリップのリストが、場所やタイムスタンプで整理されて、表示されます。必要に応じて、動画映像を一時停止、巻き戻し、早送り、削除します。また「コントロール」 > 「安全」 > 「ダッシュカムのクリップを消去」の順に移動して、最新のクリップおよび保存済みクリップを含むすべてのダッシュカムおよびセントリーモードの映像を消去することができます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ビューアを起動すると、ダッシュカムの録画が一時停止します。

USBフラッシュ ドライブを抜いて、コンピューターに差し込み、TeslaCamフォzルダまたはTeslaTrackModeフォルダ(該当する場合)に入ってビデオクリップを見ることもできます。

TeslaCamフォルダーには、次の3つのサブフォルダーがあります。

  • 最新のクリップ: 録画の際、ダッシュカムは60分サイクルで映像を連続的に「最新のクリップ」に保存します。手作業で保存しなければ、映像は1時間ごとに上書きされます。各クリップには、各カメラ(フロント、リア、左および右)から4本の動画が録画されています。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    リア カメラでの録画は2018年2月ごろ以降に製造された車両のみ使用可能です。
  • 保存済みのクリップ: ダッシュカムを使用して保存したすべての記録が含まれます。
  • セントリー クリップ: アラート状態やアラーム状態のトリガーがかかったすべてのセントリーモード イベントの直前10分間の映像です。USBフラッシュ ドライブの記憶スペースが制限されると、もっとも古いセントリー クリップが削除されて、新しいクリップのためのスペースを提供します。一旦削除されたクリップを復元することはできません。

USBフラッシュ ドライブに空き容量がない場合、これ以上動画を保存することはできません。フラッシュドライブに空きがなくなることを防ぐため、保存されたビデオを定期的に別の装置に移動し、フラッシュドライブから削除してください。

コート ハンガー

Model 3 には、車両の2列目の両側にコート ハンガーが備わっています。コートハンガーを押すとリリースされます。再び押すと格納されます。

外向きを示す矢印のあるリア ウィンドウの上のコート ハンガー