車内の電子装備品

収納コンパートメントやカップ ホルダー(車内の収納を参照)に加えて、Model Yの車内にはキーフォブやキーカードを読み取るためのRFID送信機(キーを参照)、USBポート、ワイヤレス電話充電器、および12 V電源ソケットといったさまざまな電子装備品があります。

USBポート

Model Y センターコンソール正面のコンパートメントには2つのUSBポートがあります。これらのポートは以下の目的で使用できます。

  • USB機器を接続し充電する。
  • 電話やUSB機器に保存されているオーディオファイルを再生する(デバイスからメディアを再生を参照)。
  • セントリーモードやダッシュカムなどの機能を使用するときに、動画を保存する(ダッシュカムおよびセントリーモードを参照)。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    セントリー モードやダッシュカムの動画の保存場所としては、グローブ ボックスにあるUSBポートをおすすめします。このUSBポートを使用すれば、セキュリティを強化でき、電力消費も最小限ですみます。

USBポートは最大で約15 Wの電力を出力できます(車両の製造日によって異なる可能性があります)。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
2021年11月1日ごろ以降に製造された車両の一部では、センター コンソールUSBポートが充電サービスしかサポートしていない可能性があります。その他のすべての機能については、グローブボックス内のUSBポートを使用してください。

両方のポートがUSB-Cに対応しています。

USBフラッシュドライブのフォーマットについては、ビデオ録画のためのUSBドライブの要件を参照してください。

センター コンソール正面のコンパートメントを開きます。フロントUSBポートは、コンパートメント リア側の壁に位置します。

センター コンソール内のUSBポートの場所を示す拡大図。

製造日によっては、グローブボックス内部にUSBポートが搭載された車両もあります。USB-Aポートは、事前にフォーマットされたフラッシュドライブが備わっており、セントリーモードやダッシュカムなどの機能を使用時に、動画を保存できます。メインの目的ではありませんが、このポートは車両との通信およびUSB接続機器の充電に使用できます。

グローブボックス内のUSBポートの場所を示す画像。

追加の2つのUSBポートがセンター コンソールのリア側に位置します(2020年6月以降に製造された車両については、両方のポートともUSB-C対応です)。これらのポートはUSB接続機器を充電しますが、車両と通信しません。

センター コンソール後部のUSBポートの場所を示す拡大図。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両が起動した状態であれば電源が供給されています。車両が起動した状態となる理由にはいくつかあります。たとえば、サモンなどの機能の使用時や、「プレコンディショニング」、「エアコンをONのままにする」、「ドッグ モード」「キャンプ モード」、「セントリー モード」などが有効なときです。低電圧バッテリーが充電されているか使用中の時、HV充電中、車両がモバイルアプリと通信中の時にも、車両が起動状態になります。アクセサリープラグを差し込んだままにしても低電圧バッテリーは放電しません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
USB 3.0互換ケーブルを使用して、デバイスをUSBポートに接続します。非準拠ケーブルを使用すると充電に時間がかかり、接続上の問題や、パフォーマンスの低下が生じるおそれがあります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
USB ハブを使用して複数の機器を接続しないでください。複数の機器を接続すると、接続されている機器が充電されなかったり、メディアプレイヤー、セントリーモード、ダッシュカムなどに認識されないことがあります。

ワイヤレス電話充電器

ワイヤレス電話充電器(装備されていれば)はフロント コンソールと一体になっており、Qi対応の電話を最大15Wの電力で充電できます。電話を充電器に置くだけで、充電を開始できます。充電中のスマートフォンは暖かく感じることがありますが、これはインダクティブ方式充電で通常起きる現象です。

車両の電源が入っているとき(タッチスクリーンが有効で車内にいるとき)に電話をワイヤレス充電器に置くと、充電が開始されます。降車後は、電話の充電は行われません。(セントリーモードなどの機能が有効になっていない場合、およびUSBポートに電力が供給されない場合)Model Y 車両のバッテリーが放電している場合には、電話は充電されません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
電話ケースが大きすぎる場合や金属製の場合、ワイヤレス電話充電器は動作しません。電話をケースから取り出し、充電器の上に置いてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
電話はワイヤレス充電器と直接接続する必要があります。電話と充電器の間に障害物(クレジット カード、キー カード、コイン、キー、貴金属品など)を置かないでください。

低電圧 電源ソケット

お使いの Model Y には、センター コンソールのリア コンパートメントに電源ソケットが搭載されています。

センター コンソール内の電源ソケットの場所を示す拡大図。

電源ソケットは12A までの連続通電(最大16A)が必要なアクセサリーに適合します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
2021年11月頃以降に製造された車両の場合、低電圧電源ソケットに接続されたパワーインバーターを機能させるには16VDC入力に対応している必要があります。

追加の低電圧電源ソケットはリア トランクの左側にあります。

リア トランクの左側にある低電圧電源ソケットを指し示す矢印。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両が起動した状態であれば電源が供給されています。車両が起動した状態となる理由にはいくつかあります。たとえば、サモンなどの機能の使用時や、「プレコンディショニング」、「キャビン過熱保護」、「エアコンをONのままにする」、「ドッグ モード」、「セントリーモード」などの機能が有効なときです。低電圧バッテリーが充電されているか使用中の時、HV充電中、車両がモバイルアプリと通信中の時にも、車両が起動状態になります。アクセサリープラグを差し込んだままにしても低電圧バッテリーは放電しません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
電源ソケットやアクセサリー端子は熱くなることがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
車両の電気系統に対する過剰な干渉を回避するために、パワーインバーターを含む、Teslaの純正品以外のアクセサリーを低電圧電源ソケットに接続しないようにすることをお勧めします。ただし、テスラの純正品以外のアクセサリを使用した場合に、インジケーターのライトが点灯したり、警告メッセージが表示されたりアクセサリが極端に熱くなったりするなどの誤動作や予期しない動作に遭遇した場合は、アクセサリを低電圧電源ソケットから直ちに取り外してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
低電圧電源ソケットを使用してModel Yのジャンプ スタートを試みないでください。故障の原因となることがあります。