モバイルアプリの概要

Tesla アプリを使えば、ご利用のTesla製品をどこからでも管理することができます。ご自宅の電力のエコシステムが包括的に表示されるTesla アプリで、日々の電力消費をモニタリングし、ご家庭での電力の流れを把握することができます。始めるにはまずTeslaアプリをダウンロードし、Tesla アカウントにサインインしてください。

電力消費のモニタリング

Tesla アプリのホーム画面には、Powerwall、電力系統への接続、ならびに太陽光発電システムが連携してご家庭に電力を供給する流れがリアルタイムで表示されます。

「エネルギー」画面では、システムの発電と消費の履歴データを分析できます。太陽光発電システムが毎日発電を開始する時刻を確認したり、毎月のエネルギー使用量を確認したり、詳細なシステムデータをエクスポートしてさらに分析することができます。

「インパクト」画面には、自家消費、太陽光発電と消費量のオフセット量、前回停電が発生した時期など、ご家庭での消費電力に関する一般的な質問を反映させ、パーソナライズされた電力消費傾向が表示されます。

Powerwallのカスタマイズと制御

電力消費傾向に合わせてPowerwallをカスタマイズできます。「設定」メニューでは、さまざまな制御モードを設定して、Powerwallの充電と放電方法を変更することができます。

制御モード 説明
自家消費 二酸化炭素排出量を最小限に抑え、エネルギー消費量を削減します(太陽光発電システムと組み合わせた場合にのみ利用可能)
時間帯別制御

電気料金が1日を通して変動する場合でも、電気料金を抑えて節約を最大化します

停電時における車両の充電 PowerwallとTeslaの車両を使用して、停電時の充電と電力需要のバランスをとります

停電時のためのバックアップ用予備電源

バックアップ用予備電源モードでは、Powerwallは停電時に使用する電力を確保します。予備電源の割合を調整するには、「設定」画面に移動し、画面上にあるスライダーを調整します。左側のパーセント表示は、停電時に備えて備蓄する電力量を表しています。自家消費または時間帯別制御モードが選択されている場合、右側のパーセント表示はPowerwallに割り当てられます。

予備電源の割合は20%を推奨していますが、ご自身の経済的なニーズと電力確保の見通しをご考慮の上、バックアップ用残量値を設定してください。停電が発生した場合でも、Powerwallはバックアップ用として設定された電力量だけでなく、利用可能なすべての電力を使ってバックアップします。

注記:バックアップ用残量値を100%に設定すると、選択したPowerwallの制御モードに電力が割り当てられなくなり、Powerwallは停電時にのみ電力を供給します。ご希望の電力使用量に基づき、制御モードはいつでも変更可能です。