Storm Watchモード

悪天候が停電の主な原因です。Storm Watchは、電力系統が停電した場合に備え、家庭に電力を供給するのに十分なエネルギーをPowerwallに確実に蓄えます。Storm Watch を使用すると、自家消費モードまたは時間帯別制御モードでバックアップのための充電率を低く設定することで節約効果を最大化できます。さらに、悪天候時にはPowerwallが自動的に反応することでお客様を守ります。

現在、Storm Watchは、アメリカ、イギリス、タイ、日本、台湾、オーストラリア、ニュージーランドでご利用いただけます。

仕組みについて

Storm Watchモードは、悪天候により電気の送電網の損傷や停電の可能性が高いと判断した場合にのみ作動します。 Storm Watchモードは、天候が悪化した際に有効になり、お住いの地域で次のいずれかの監視または警告が発行されている場合に適用されます。

Storm Watch を有効にすると、プッシュ通知が届きます。Powerwall は最大容量まで充電するので、停電から自動的に守ります。これは、気象イベントが終了するまで有効です。その後、システムは通常の動作に戻ります。 Storm Watchが有効になっていない場合に停電が発生することが予想される場合には、より多くの電力を確保して備えるために、地域の気象状況を確認しながら、 バックアップのための蓄電率を高く設定してください。

注記:毎日の気象現象やその他の電力系統の問題に備えて、電力会社の ウェブサイトにアクセスして最新情報を入手してください。

使用方法

Storm Watchの設定

手動でStorm Watchを起動にしたり、その動作を調整したりすることはできませんが、Storm Watchを有効または無効にすることはできます。開始するには、 Tesla アプリを開いて次の手順を実行してください。

  1. ホーム画面で、「設定」>「Storm Watch」の順にタップします。
  2. 「Storm Watch」の横にある切り替えを有効にします。Storm Watchを無効にしたり、再度有効にすることはいつでも可能です。


注記:システムを有効にすると、システムは通常どおりに動作し、Powerwallはご家庭に影響を与えるような悪天候にならないかを監視します。

Storm Watchが紐づいている場所を更新するには

Storm Watchは、ご自宅の位置情報を使用して、天候がご自宅に影響するかどうかを判断します。Tesla アプリで自宅の位置情報を確認および更新する方法は次のとおりです。

  1. ホーム画面で、「設定」>「マイホーム情報」の順にタップします。
  2. 「マイ アドレス」の情報を確認し、地図上に記載されている住所とピンが正しいことを確認します。変更したい場合は、「編集」をタップし、アプリの画面に従って住所を変更してください。

特定の嵐からのオプトアウトするには

悪天候時には、Tesla アプリで次の手順に従って、Storm Watchをオプトアウトすることもできます。

  1. ホーム画面にある「Storm Watch」のバナーをタップします。
  2. 「この嵐をオプトアウトする」をタップします。気象イベントが終了すると、Storm Watchモードは無効になり、システムは気象イベント前に選択したモードに戻ります。


注記:システムを有効にすると、システムは通常どおりに動作し、Powerwallはご家庭に影響を与えるような悪天候にならないかを監視します。