エアバッグ

エアバッグの位置

エアバッグは以下のように適切な位置に設置されています。エアバッグについての注意事項は、サンバイザーに表示されています。

Model 3 は、前席の両座席にエアバッグと肩および腰ベルトを装備しています。エアバッグは、これらの座先位置での補助拘束装置です。事故が起きたときの大けがや死亡のリスクを最小限に減らすため、座席にエアバッグが装備されているかどうかに関わらず、ドライバーを始めすべての乗員は、必ずシートベルトを着用してください。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
右ハンドル車では、助手席と運転席のエアバッグの位置が逆になります。
各エアバッグを引き出し線で示した車両
  1. 米国のみ: ニー エアバッグ
  2. フロント エアバッグ
  3. シート搭載サイドエアバッグ
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    車両には、運転席の内側にシート搭載エアバッグも装備されています。
  4. カーテン エアバッグ

エアバッグの動作

エアバッグはセンサーが衝撃を検知して展開開始値を超えると膨張します。これらの展開開始値により、エアバッグが乗員を保護するタイミングで開けるよう衝撃の重大度を予想します。エアバッグは、大きな力で瞬時に展開し、大きな音を立てます。展開したエアバッグは、シートベルトとともに乗員の体の動きを制限し、けがのリスクを低減させます。

通常、フロント エアバッグは追突、横転、側面衝突、急ブレーキ、悪路の走行では展開しないように設計されています。同様に、フロントエアバッグは軽度の正面衝突、乗り上げ衝突、細い物体(ポールや樹木など)への軽度の衝突など、すべての正面衝突で展開するわけではありません。車体の外見が大きく変形してもエアバッグが展開しないことがあったり、逆に構造的な損傷の場合には比較的軽微な破損でもエアバッグが展開することがあります。したがって、衝突後の車両の外観から、フロント エアバッグが膨らんだかどうかを判断することはできません。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
障害者に対応するために、エアバッグ システムに影響が及ぶ可能性があるように車両を改造する場合、事前にモバイル アプリを使用してサービス予約してください。

エアバッグの種類

Model 3 は、次のような種類のエアバッグを装備しています。

  • フロントエアバッグ: フロントエアバッグは、助手席に乗車した大きなお子さまや大人を最大限に保護できるように設計されています。すべての注意事項や指示に従って、助手席にお子さまを乗せてください(地域で許可されている場合)。チャイルドシートを参照してください。
  • ニー エアバッグニー エアバッグおよびヘッド エアバッグは同時に動作します。ニー エアバッグは足の動きを規制して、前席乗員の前方への動きを制限することで、ヘッド エアバッグがより効果的に働くように乗員の姿勢を整えます。
  • シート搭載式サイドエアバッグ前席に取り付けられたシート搭載式サイド エアバックは、骨盤と胴体の胸部を保護するのに役立ちます。また、運転席の内部に取り付けられたシート搭載式ファー サイド エアバッグは、ドライバーの頭部や胴体を保護するのに役立ちます。車両の衝突側と非衝突側の両方のシートに取り付けられたサイドエアバッグは、重度の側面衝突または重大なオフセット正面衝突の場合に膨らみます。
  • カーテン エアバッグ: カーテンエアバッグは頭部を保護します。車両の衝突側と非衝突側の両方に取り付けられているカーテン エアバッグは、重度の側面衝突を受けた場合、または車両が横転した場合のみに膨らみます。

エアバッグ ステータス インジケーター

助手席フロントエアバッグの状態は、タッチスクリーン上部に表示されます。

助手席エアバッグ オプション アイコン
お子さまを助手席に乗せて運転する前に(地域で法的に許可されている場合)、助手席フロントエアバッグのステータスがOFFになっていることを必ず慎重に確認してください。助手席側のフロントエアバッグがOFFの場合、衝突が起きてもエアバッグは展開しません。このインジケーターは、座席に乗員がいないときでも表示されます。
助手席エアバッグ オプション アイコン
助手席に大人が座る場合は、必ず助手席フロントエアバッグを有効にしてください。助手席フロントエアバッグがONの場合、衝突が起きるとエアバッグが展開します。
エアバッグを示す赤色の丸とシートベルトを着用した乗員のアイコン
各ドライブの開始時にエアバッグ インジケーターがタッチスクリーンに数秒間表示され、該当する場合に次の機能がチェックされます。
  • エアバッグ
  • プリテンショナーおよびロード リミッター付きシートベルト
  • 衝突センサー
  • 乗員センサー
  • シートベルト センサー
  • パッシブ セーフティ コンポーネント配線ハーネス
  • 車載拘束制御コンポーネント(例、加速度計およびその他パッシブ セーフティ コンポーネント)

このチェックの後、エアバッグ インジケータはオフになります。エアバッグ システムが前述のコンポーネントのいずれかに障害を検出した場合、エアバッグ警告インジケータは点灯したままになります。この場合はTeslaサービスにお問い合わせくださいエアバッグ システムがTeslaによって点検されるまで、車両を運転しないでください。

助手席乗員感知

Model 3 は、助手席に乗員センサーを備え、フロントエアバッグのステータスをコントロールしています。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
乗員識別システム(OCS)は、規制要件FMVSS208を満たすもので、必要のない、または危険となり得る助手席のエアバッグ展開を自動的に検出します。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
エアバッグが作動するシートには、後ろ向きのチャイルドシートで乳幼児を座らせないでください。エアバッグが展開したときに、重傷や死亡につながる可能性があります。
対象の識別 OCSの助手席エアバッグステータス* インジケーターステータス 注記
表示しない OFF 助手席エアバッグOFF
対象 OFFまたはON 助手席エアバッグ「OFF」または助手席エアバッグ「ON」 使用材/内容により異なります。
1歳までのお子様向け設計の後ろ向きのチャイルドシート OFF 助手席エアバッグOFF 22ポンド(10 kg)以下
前向きのチャイルドシート OFFまたはON 助手席エアバッグ「OFF」または助手席エアバッグ「ON」 22~35ポンド(10~16 kg)
ブースター シートに座るお子さま OFFまたはON 助手席エアバッグ「OFF」または助手席エアバッグ「ON」 51ポンド(23 kg)未満
大きなお子さま OFFまたはON 助手席エアバッグ「OFF」または助手席エアバッグ「ON」 51~103ポンド(23~47 kg)
体重において最軽量のうちの5パーセントタイル以上に該当する女性 ON 助手席エアバッグON 103ポンド(47 kg)以上
*助手席エアバッグのステータスインジケーターが状況と合致しない場合、該当の座席に人を乗せないでください。乗員を別の座席に乗せてください。モバイル アプリを使用してサービス予約をする。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model 3の電源を入れてから乗員識別システム(OCS)が助手席エアバッグの正確なステータスを報告するのに約6秒かかります。そのため、Model 3を最初に起動させたとき、エアバッグがOFFになっていたとしても(乗員の重量が20ポンド(9 kg)以下の場合)、タッチスクリーンが「助手席エアバッグOFF」の状態を表示するまでに約6秒かかります。そうならない場合はモバイル アプリを使用してサービス予約をとり、お子さまを助手席に乗せないようにしてください。

感知システムが乗員の状態を正しく検出できるよう、次のことは行わないでください。

  • シート下に物を置くこと。
  • シートに重い物(書類鞄や大きなハンドバッグ)を乗せること。
  • シート背もたれとシートクッションの間に物をはさむこと。
  • 積み荷がシートに干渉すること。
  • カバー、マット、毛布等に限らず、シートと乗員の間に市販品を取り付ける、または置くこと。

こういった状態の場合、乗員センサーと干渉することがあります。上記の可能性を排除してもなお、エアバッグの状態が不正であれば、乗員にはリア シートに座ってもらい、モバイル アプリを使用してサービス予約をしてください。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
助手席の乗員センサーは、助手席のフロントエアバッグの動作にのみ関与しています。サイドエアバッグは影響を受けません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
助手席側エアバッグが前述の重量しきい値に基づいて予測される通りにON/OFF動作しない場合は、モバイル アプリを使用してただちにサービス予約をしてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまを助手席に座らせることが地域で法的に許可されている場合、ドライバーが責任を持って、助手席フロントエアバッグがOFFになっていることを確認してください。エアバッグを有効にしているときに、決して後ろ向きのチャイルドシートを使用してお子さまを助手席に座らせないでください。お子さまが重傷を負ったり死亡事故につながる危険性があります。米運輸省高速道路交通安全局による推奨では、12歳以下の乗員は全員後部座席に乗せなければなりません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
Model 3 にシートカバーを使用しないでください。使用すると衝突発生時にシート搭載サイドエアバッグの膨張が制限される可能性があります。乗員識別システムが装備されている場合は、その精度が低下する可能性もあります。

正確な乗員感知を確認する

正確に助手席の乗員を識別するために、乗員は次のことを行う必要があります:

  • シートベルトを着用する。
  • シートクッション中央に真っすぐに座り、背もたれに肩を付け、正面のフロアに足を快適に伸ばします。
  • シートクッションの座位置を維持し、体重をシートから浮かせるようなことはしません(例:フロアを足で押したり、センターコンソールやアームレストを押して持ち上げたりすること)。
  • 厚く湿った衣類やかさばる衣類(スキーウエアやパッド入りの衣類)を着用しないでください。

上記事項に加えて、以下のような状況では乗員識別システムの精度に悪影響を及ぼす可能性があります:

  • 助手席にラジオ送信器(例:狩猟用ラジオまたはトランシーバー)を置くこと。
  • 助手席のクッションにAC/DCインバータまたはインバータから電源を取るデバイス(例:携帯電話、タブレット、パソコン)を置くこと。
  • チャイルドシートを取り付けているときに座席に液体(ペットボトル飲料など)や食品の容器を置くこと。
  • 不適切にチャイルドシートを取り付け、チャイルドシートの下の部分全体がシートクッションにきちんと乗っていない状態になること。
  • シート下に格納されている物、または背もたれとクッションの間に挟まっている物。
  • シートに重い物 (書類鞄や大きなハンドバッグ) を乗せること。
  • 積み荷がシートに干渉すること。
  • カバー、マット、毛布など、シートと乗員の間に取り付けられている、または置かれている市販品。

こういった状態の場合、乗員センサーと干渉することがあります。上記の可能性を排除してもなお、エアバッグの状態が不正であれば、乗員にはリア シートに座ってもらい、モバイル アプリを使用してサービス予約をしてください。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Teslaでは12歳以下の乗員は全員後部座席に乗せるという、NHTSA(米運輸省高速道路交通安全局)の推奨に従っています。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
助手席の乗員センサーは、助手席のフロントエアバッグの動作にのみ関与しています。サイドエアバッグは影響を受けません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
指示に従わないと、乗員識別システム(OCS)に悪影響を及ぼし、重傷や死亡を招く可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
助手席のエアバッグが思うようにオン/オフに変わらない場合、助手席に人を乗せないでください。モバイル アプリを使用してサービス予約をする。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
乗員識別システム(OSC)の精度を確保するため、助手席を改造しないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
Model 3 にシートカバーを使用しないでください。使用すると衝突発生時にシート搭載サイドエアバッグの膨張が制限される可能性があります。また、乗員感知システムの精度が低下する可能性もあります。

適切な座位置と不適切な座位置の例

適切な座位置:

フロアに足を着けて着座している人と緑色のチェックマーク

不適切な座位置 - 乗員の足がフロアに着いていなければならない:

ダッシュボードに足を置いて着座している人と赤色のX印

不適切な座位置 - 乗員はシートクッションで前のめりになってはならない:

シートの端に着座している人と赤色のX印

不適切な座位置 - 車両が動いているときに乗員は背もたれを寝そべる位置まで後方に倒してはならない:

自動車走行中にシートにもたれかかる人物と赤色のX印

エアバッグ展開の影響

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
エアバッグが展開するときは微粉末が放出されます。この粉末には皮膚に刺激を与える成分が含まれるため、目、切り傷や擦り傷に付着した際は、流水で完全に洗い流すようにしてください。

展開したエアバッグは収縮し、乗員にクッション効果を及ぼすと同時に、ドライバーの前方の視界が遮られないようにします。

エアバッグが膨張した場合、または車両が衝突した場合、電源を入れる前に車両のサービスを受ける必要があります。これに加え、エアバッグ、シートベルト プリテンショナーおよび関連するすべてのコンポーネントを必ず点検し、必要があれば交換してください。モバイル アプリを使用してただちにサービス予約をしてください。

衝突時には、エアバッグの膨張に加えて以下のようなことが起こります。

  • 米国のみ: 「コントロール」 > 「安全」 > 「自動警察通報」を有効にしている場合、車両は自動的に警察に緊急通報します。キャンセル指示とカウントダウン タイマーがタッチスクリーンに表示されます。
  • ドアのロックが解除されます。
  • ハザード警告灯が点灯します。
  • 室内灯が点灯します。
  • 高電圧系統がOFFになります。
  • 窓が換気位置になります。
  • 車両はブレーキがかかって停止します。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
かかった衝撃や力の具合によっては、衝突の際にドアがロック解除しなかったり、損傷によってドアが開かなかったりする可能性があります。こういった場合、車内側の手動リリースでドアを開いたり、その他の脱出方法(他のドアから脱出する、窓を破るなど)を用いる必要があります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
衝突によっては、エアバッグが膨張していなくても、車両が高電圧回路を遮断し電源が入らなくなり運転することができなくなります。モバイル アプリを使用してただちにサービス予約をしてください。

エアバッグについてのご注意

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
衝突時の大けがや死亡のリスクを最小限に減らすため、座席にエアバッグが装備されているかどうかに関わらず、ドライバーを始めすべての乗員は、必ずシートベルトを着用してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
フロントシートの乗員は、展開したエアバッグが破裂してけがをすることがありますので、エアバッグモジュールの上に腕を載せないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
Model 3 にシートカバーを使用しないでください。使用すると衝突発生時にシート搭載サイドエアバッグの膨張が制限される可能性があります。乗員識別システム(OCS)が装備されている場合、その精度が低下する可能性もあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
エアバッグはかなりの速度と力で展開し、それによってけがをすることがあります。けがを減らすため、乗員は必ずシートベルトを着用し、できるだけシートを後ろへ引いて正しく座るようにしてください。国家道路交通安全局(NHTSA)は、乗員の胸とエアバッグの間の推奨最小間隔を10 in(25 cm)としています。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
地域の法令で許可されていない限り、助手席にお子さまを乗せないでください。地域のすべての法令に従い、お子さまの体重、身長、年齢に適した方法でお子さまを座らせてください。後列座席に乳幼児や小さなお子さまを安全に座らせてください。エアバッグが作動するシートには、後ろ向きのチャイルドシートで乳幼児やお子さまを座らせないでください。エアバッグが展開したときに、重傷や死亡につながる可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
前方でエアバッグが作動するシートでは後ろ向きのチャイルドシートの使用を控えてください。エアバッグが展開したときに、けがや死亡事故につながる可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
サイドエアバッグが正しく展開するように、乗員の胴体と Model 3 の側面の間のすきまはふさがないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
助手席に座る人はドアや窓に頭をもたれかけないでください。カーテンエアバッグが展開したときに、けがをすることがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
乗員は、エアバッグの上または近くに足、ひざなど、体の一部を置いてエアバッグの作動を遮らないようにしてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ヘッドエアバッグの上または近く、フロントシートの横、車両側面のヘッドライナー、エアバッグカバーなどには、物を取り付けたり置いたりしないでください。エアバッグの展開が妨げられる可能性があります。これらには、ハンドル カバー、デカール、シート クッション、枕などが含まれます。車両がエアバッグが展開する原因となるほど激しく衝突をした場合、物体が重傷の原因となる可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
展開したエアバッグは部分的に熱くなっています。熱がさめるまで、手で触れないでください。