暑熱環境におけるベストプラクティス

暑熱環境においてModel 3でのユーザー体験を最大限に向上させるには、次のベスト プラクティスを実施します。

運転の前に

以下に示すいくつかの方法でドライブのために車両を準備して、既に熱くなっている車両に乗り込まなくても済むようにすることができます。

  • 通気口からの気流の向きを動かしてキャビンをプレコンディショニングし、シートヒーターをオンまたはオフにします。モバイルアプリで、「空調」に移動し、車内冷房温度を調整できます。
  • 充電画面と空調画面の両方にある「スケジュール」をタッチして、車両の運転準備を完了させる時刻を設定します(予約充電および出発予定時刻を参照)。
  • 暑い時にキャビンが熱くなりすぎないようにするためのキャビン過熱保護を有効にします。キャビン温度が105°F(40℃)または選択した温度(利用可能な場合)を越えた場合にエアコンを作動させるかファンだけを作動させるかを選択することができます。
  • モバイル アプリで「コントロール」に移動して、ウィンドウを換気します。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
空調は、少なくとも出発の30~45分前に作動させておくことをTeslaは推奨しています(空調を操作するを参照)。プレコンディション開始時間は外気温およびその他の条件により異なります。モバイル アプリは、車両が希望するプレコンディショニング温度に達したことを知らせます。

運転後

使用しないとき、特にプレコンディショニングまたはキャビン過熱保護を使用している場合は、Model 3にプラグを挿入したままにしてください。これにより、バッテリーの代わりに充電システムを使用して、快適温度を維持します(高電圧バッテリーに関する情報を参照)。さらに、以下に示すいくつかの方法で、キャビン温度の上昇を最小限に抑えることができます。

  • 車両から離れる(ちょっと用足しするなどの)前に、ドッグ モードを使用して、ペットや生鮮食料のためにキャビンを涼しく保ちます。詳細情報については、エアコンをオンに保つ、ドッグ、およびキャンプを参照してください。
  • Teslaでは、車両の下に水たまりが発生するのをできる限り抑えるため、空調を30秒間オフにしてからパーキングにシフトすることを推奨しています。
  • 日陰に駐車することは、電力消費の削減およびキャビン温度を低く維持するために役立ちます。
  • 日の当たる屋外に駐車しなければならない場合は、サン シェード(Teslaショップで購入可能)を使用してください。
  • 駐車する際はModel 3にプラグを挿入し、充電をスケジュールします。車両が充電を開始する適切なタイミングを判断し、オフピーク時間帯に充電を完了します。キャビンおよびバッテリーも設定した出発時刻までに準備されます。詳細な情報については、予約充電および出発予定時刻を参照してください。

充電

トリップ プランナーを使用している場合またはスーパーチャージャー ステーションに移動している場合、最も効率的な充電をするために、車両が自動的にバッテリーの準備をします。酷暑の場合、スーパーチャージャーへの移動の際に車両がバッテリーのプレコンディショニングをしているメッセージが表示されないことがありますが、それでも車両はバッテリーの準備をしています。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Teslaでは、充電ポイントに到着する前の少なくとも30分から45分間、トリップ プランナーを使用して充電ポイントへ移動することで、最適なバッテリー温度と充電条件を整えることをおすすめしています。充電ポイント到着までの走行時間が30分から45分よりも短い場合、運転前にバッテリーをプレコンディショニングしておくことを検討してください(運転の前にを参照)。

可能であれば、温暖な天候であっても、使用していないときは、とりわけプレコンディショニングやキャビン過熱保護を使用している場合、車両に充電器のプラグを差し込んだままにしてください。

車両の保管

Model 3を長期間駐車する場合は、充電ケーブルを挿入しておけば、正常な走行可能距離の短縮を防ぐことができ、さらにバッテリーを適切な温度に保つことができます。車両に充電ケーブルを挿したまま長期間放置しても安全です。

使用していないとき、Model 3は自動的にスリープモードに入ってエネルギーを節約します。モバイル アプリで車両の状態をチェックする回数を減らしてください。チェックするたびに車両は自動的に起動し通常の電力を消費します。