ホイールとタイヤ

ホイール仕様 (工場出荷時)

ホイール径 ロケーション サイズ オフセット(mm)
18" フロント/リア 18X8.5J 38
19 インチ フロント/リア 19X8.5J 38
20"

フロント
リア

20X9.0J
20X10.0J

34
45

ラグナット トルク 129lb ft (175Nm)
ラグナット ソケット サイズ 21 mm
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model 3 をジャッキアップする方法については、ジャッキ アップと引き上げ を参照してください。

タイヤ仕様 (工場出荷時)

タイヤ サイズ ロケーション サイズ
18" フロント/リア 235/45R18
19 インチ

フロント/リア

235/40R19

20"

フロント
リア

235/35R20
275/30R20

適切なタイヤ空気圧は、装備されているタイヤの種類によって異なります。「タイヤと積載荷重情報」ラベルに印刷されたタイヤ空気圧を参照してください。このラベルは中央のドア ピラー上にあり、運転席の 側ドアを開けると確認することができます (タイヤ空気圧の保守を参照)。
冬用タイヤは、Teslaサービスセンターで購入できますが、Teslaウェブサイトで購入できる場合もあります。

*地域によってはご利用になれません

タイヤのマーキングについて

タイヤ メーカーは、標準化された情報をタイヤのサイドウォールに記載することを法律で義務付けられています。これらは、タイヤの特性を含むさまざまな情報を表示します。また、安全標準の認定やリコールの場合のために、タイヤ識別番号 (TIN) も提供されます。

タイヤ ウォール上のデータ位置
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Tesla認定タイヤはタイヤのサイドウォールにある「Tマーク」規格(T0、T1、T2など)で識別できます。Tesla認定タイヤは所有されている車両に使用すると、パフォーマンス、安全性、信頼性、および耐久性が最適になるように設計されています。Tesla認定交換タイヤに関する詳細については、サービスマニュアルを参照してください。
  1. タイヤの分類: Pは乗用車用のタイヤであることを示しています。
  2. タイヤ幅: この3桁の数字は、タイヤのサイドウォールの端から端までの幅をミリ単位で表した値です。
  3. アスペクト比: この2桁の数字は、トレッド幅に対するサイドウォールの高さの比をパーセントで表示したものです。したがって、トレッド幅が205 mmでアスペクト比が50であれば、サイドウォールの高さは102 mmです。
  4. タイヤの構造: Rはタイヤの構造がラジアル プライであることを示しています。
  5. ホイール径: この2桁の数字はホイール リム径をインチ単位で示したものです。
  6. 荷重指数: この 2 桁または 3 桁の数字は、タイヤ 1 本で支えることのできる重量です。この数字は記載されていないことがあります。
  7. 速度記号: 記載されている場合は、タイヤを長期にわたって使用できる最高速度 (マイル毎時) を示します。Q=99 mph (160 km/h)、R=106 mph (170 km/h)、S=112 mph (180 km/h)、T=118 mph (190 km/h)、U=124 mph (200 km/h)、H=130 mph (210 km/h)、V=149 mph (240 km/h)、W=168 mph (270 km/h)、Y=186 mph (300 km/h)、(Y)=車両の最高速度(「Y」の定格を上回る)。
  8. タイヤの構成と材質: トレッド エリアとサイドウォール エリアの両方のプライ数は、タイヤを構成するゴム被覆材料の層の数を示しています。使用されている材料の種類に関する情報も表示されています。
  9. 最大タイヤ荷重: タイヤで運搬できる最大荷重。
  10. 最大許容タイヤ空気圧: 通常の運転でこの空気圧を使用しないでください。
  11. 米国運輸省タイヤ識別番号 (TIN) 。先頭の文字「DOT」は、タイヤがすべての米連邦基準に適合していることを示します。それに続く2桁の文字はタイヤが製造された工場を表す記号であり、末尾の4桁は製造された週と年を表しています。たとえば、1712は2012年の第17週を表しています。その他の番号は、メーカーが任意に決めている販売記号です。タイヤの欠陥に伴うリコールを行う際には、この情報を利用して消費者に連絡することができます。
  12. トレッド磨耗等級: この数字はタイヤの摩耗等級を示します。グレードが高いほど耐磨耗性に優れていることを示します。たとえば、等級 400 のタイヤは、等級 200 のタイヤの 2 倍の耐摩耗性があります。
  13. トラクション等級: タイヤが濡れた路面で停止する能力を示します。タイヤのグレードが高いほど、車を停止するまでの距離が短くなります。トラクションのグレードは、高い順に AA、A、B、C です。
  14. 温度等級: タイヤの熱に対する耐性が A、B、C に等級分けされており、A が最も高い耐性を示します。この等級分けは、速度および荷重の限度内で正しい空気圧のタイヤを使用することを前提としています。

統一タイヤ品質等級基準

次の情報は、国家道路交通安全局 (NHTSA) によって開発されたタイヤ等級基準に関係するもので、トレッドの摩耗、トラクション、温度性能によってタイヤを等級付けするものです。深いトレッドをもつタイヤやスタッドレス タイヤに関しては、これらの情報の表記は義務づけられていません。

必要に応じて、品質等級基準はタイヤのトレッド ショルダーと最大セクション幅の間のサイドウォール部に表示されています。例:

  • TREADWEAR 180
  • TRACTION AA
  • TEMPERATURE A

次に品質等級基準について説明します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
この表記要求に加えて、乗用車用タイヤは国家安全要件に従う必要があります。

トレッド磨耗

トレッド磨耗等級は、管理された状態で政府指定のテストコースでテストされた時点のタイヤの摩耗率に基づいた比較尺度です。

たとえば、等級 150 のタイヤは、政府テストコースで等級 100 のタイヤよりも 1.5 倍ほど摩耗性が良好だということになります。タイヤの相対的性能は、その実際の使用状況によりますが、運転習慣や整備状況、路面特性、天候などの変動によって基準から大きく離れます。

トラクション

トラクションの等級は高い順にAA、A、B、C となります。この等級は、アスファルトとコンクリートのテスト路面において管理された条件下で測定される、濡れた舗装道路でのタイヤの停止性能です。評価 C のタイヤはトラクション性能が低い可能性があります。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
不具合のあるタイヤは危険です。タイヤが損傷している、摩耗しすぎている、またはタイヤの空気圧が不適切な場合は、運転しないでください。車両および乗員の安全を損なうことがあります。タイヤの摩耗を定期的に点検し、切り込み、膨らみ、またはプライ/コード構造の露出がないことを確認してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
タイヤにつけられるトラクション等級は、直線路でのブレーキ テストに基づき、加速やコーナリング、ハイドロプレーニングやピーク トラクション特性を含んでいません。

温度

温度等級は、A (最高)、B、C に分かれ、タイヤの発熱に対する耐性と熱の拡散能力を、室内研究所内の特定の試験用ホイールによる管理された環境下で評価したものです。高温が継続すると、タイヤが変性して寿命を短くし、過度な高温は突然のタイヤ損傷につながります。

等級 C は、国家自動車安全標準 No. 109 で乗用車が必ず満たさなければならない最低レベルの性能です。等級 B と A は、研究所内の試験用ホイールでの性能レベルが最低条件を上回っていることを表します。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
タイヤの温度等級は、空気圧が適切で、過負荷状態でないタイヤに対して定められます。過度な速度、空気圧不足、過大な荷重などのいずれかあるいは複数の組み合わせにより、熱が蓄積されてタイヤ損傷の可能性が高まります。

タイヤと荷重載情報に使用される専門用語

一般的にホイールおよびタイヤに使用される用語

アクセサリー重量 工場で取り付けられる機器として用意されているものの合計重量 (交換されたものより多い)。
ビード タイヤ内部の縁のことで、この部分がリムに密着し、気密性のあるシールを形成する。ビードはプライ コードで包まれて補強された鋼線で構成される。
冷間時タイヤ空気圧 3 時間を超える停車かまたは 1.6 km 未満の走行後のタイヤ空気圧。
車両重量 標準の車両重量で、装着されているオプション機器や適正レベルの液体を含む。
車両総重量 運転者、乗員、負荷、荷物、装備を含む車両の最大許容重量。
kPa (キロ パスカル) 圧力を測るメートル系単位。1 キロ パスカルは約 0.145 psi。
最大空気圧 タイヤに入れられる空気の最大圧力。この圧力は、タイヤのサイドウォールに psi 単位で示されています (lbf/in2)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
タイヤに刻印されているこの圧力は、タイヤ メーカーが認めている最大値です。Tesla が Model 3 に推奨している圧力ではない。
最大負荷時車両重量 車両重量、アクセサリー重量、車両の積載容量、製造オプション重量の総和。
製造オプション重量 取り付けられたオプションのうち交換された標準品よりも1.4 kg(3ポンド)重いものと、車両重量やアクセサリー重量に含まれていないものの合計。
PSI (lbf/in2) Pounds per square inch (平方インチ当たりのポンド、タイヤ空気圧の測定単位)。
推奨タイヤ空気圧 テスラが定めたタイヤ空気圧で、工場で車両に取り付けられたタイヤの種類に基づく。この情報は、ドアピラーの「タイヤと積載荷重情報」ラベルにあります。
リム タイヤあるいはタイヤとチューブを支持する金属で、これにタイヤのビードが密着する。
車両の積載容量 シート数に68 kg(150ポンド)をかけた値に、荷重/荷物の規定量を加えたもの。

荷重積載に関する定義

通常の乗員体重 荷重制限を計算するには、表の2列目に規定されている乗員数に68キログラム(150 lb)を掛けます(このオーナーズ マニュアルの車両荷重のトピックを参照してください)。
乗員の配置 車内に座る乗員の配置
旅客用車両タイヤ (Pまたはハード メトリック)10000ポンド(4536 kg)以下の車両総重量(GVWR)を有する旅客車両、多目的旅客車両、およびトラックに使用されるタイヤ。
ライト トラック タイヤ (LT)積載容量を追加する必要がある場合に使用するタイヤ。
リム直径 ビード シートの呼び径
指定リム サイズ リムの直径と幅。
指定リム タイプ スタイルまたはコードで製造者が指定するリム
リム幅 トリム フランジ間の公称距離
タイヤの車両最大積載量 各車軸に最大積載された車両の荷重を分配した数値を2で割ることによって算出される各タイヤの荷重。
タイヤの車両通常荷重 各車軸に整備荷重、アクセサリー重量、および通常乗員重量を分配した数値を 2 で割ることによって算出される各タイヤの荷重。

空気入りラジアルタイヤの定期

ビードの分割 ビード内のコンポーネント間にあるボンドの内訳。
バイアス タイヤ ビード部分から覆われるプライ コードが 90 度以下の角度で交互にトレッドの中心線で交差して付けられている空気入りタイヤ。
カーカス トレッド、サイドウォール部分を除いたタイヤの構造部分で膨らまされた時に荷重を支えます。
チャンキング トレッドまたはサイドウォールの部分的に剥がれ落ちること。
コード タイヤでパイルを形成する編み込み部分。
コード剥離 コードをゴム製コンポーネントから剥離する。
クラック タイヤのトレッド、サイドウォール、またはライナーでコード材質まで届く部分。
高空気圧対応タイヤ 同等の標準タイヤと比較して、高い荷重と高い空気圧で使用されるタイヤ。
グルーブ トレッド リブ間の隙間。
インナー ライナー タイヤ内に膨張媒体を含むチューブレスタイヤ内側を形成する層。
インナー ライナー剥離部分 カーカスのコード材料からインナー ライナーが剥離した部分。
定格荷重 ある空気圧で膨らませらたタイヤが支えられる最大荷重。
最大定格荷重 そのタイヤに許容される最大空気圧力におけるタイヤの定格荷重。
リムの測定 取り付けられるタイヤに必要なリムの実寸法
オープン スプライス コード材料と接合するトレッド、サイドウォール、またはインナー ライナーの張り合わせ部分の剥離
外径 新しいタイヤを膨らましたときの直径。
全幅 膨らました時のサイドウォールの外側までの直線距離で、ラベルによる高さ、装飾、または保護バンド、またはリブを含む。
プライ 平行に並ぶゴム被覆されたコードの層。
プライの剥離 プライ間のゴム コンパウンドの剥離。
空気入りタイヤ ゴム、化学薬品、繊維、および金属またはその他の素材から作られ、自動車のホイールに取り付けられた時にけん引力を伝達する機械的な装備で、荷重を支えるために気体、または液体が充填される。
ラジアル タイヤ ビード部分から覆われるプライ コードが 90 度の角度でトレッドの中心線で交差して付けられている空気入りタイヤ。
補強タイヤ 同等の標準タイヤと比較して、高い荷重と高い空気圧で使用されるタイヤ。
断面幅 膨らました時のサイドウォールの外側までの直線距離で、ラベルによる高さ、装飾、または保護バンドを除く。
サイドウォール タイヤのトレッドとビード間の部位。
サイドウォールの剥離 サイドウォールのコードからゴム コンパウンドが剥離した部分。
スノータイヤ ASTM F1805-00 に記載されているような雪上けん引試験を用いる場合(参照により統合、§571.5 を参照)、少なくとも1つのサイドウォールに S5.5(i)で指定された Alpine Symbol でマークされ、ASTM E1136-93(2003 年再承認、参照により統合、§571.5 を参照)標準タイヤ試験タイヤと比較して 110 以上のけん引インデックスを達成するタイヤ。
テスト用リム テストに使用されるタイヤを付けたリムで、そのタイヤでの使用に適切と認めらるすべてのリム。
トレッド タイヤで路面に接触する部分。
トレッド リブ タイヤ円周のトレッド部分。
トレッドの剥離 カーカスからトレッドが剥がれる状態。
トレッド摩耗インジケータ(TWI) 主要なグルーブ内に設けられた表示部分で、トレッドの摩耗具合を目視で確認できる。
ホイール固定具 テスト中、ホイールとタイヤ アッセンブリ―を固定する。