オートパイロットについて

オートパイロットは、運転をより安全でストレスの少ないものにすることを目的とした高度なドライバーアシスタンス機能を組み合わせたものです。これらの機能のどれも、Model Sを完全に自律的にはしませんし、ドライバーとしてのあなたに取って代わることもありません。オートパイロット機能は、すべての新型Tesla車両に標準装備されています。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域、車両構成、購入したオプション、ソフトウェア バージョンによっては、以下の機能が装備されていない場合や、その機能が記述通りには作動しない場合があります。

基本型オートパイロットには、トラフィックアウェア クルーズコントロールとオートステアリングが含まれています。

  • トラフィックアウェア クルーズコントロール: 車速を維持し、先行車両がある場合、先行車両との車間距離を調整して維持します。(トラフィックアウェア クルーズコントロールを参照)。
  • オートステアリング: 車速と先行車両との車間距離を維持しながら、インテリジェントにModel Sが車線を維持するようにします(Autosteerを参照)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
基本型オートパイロットはハンズフリー機能ではありません。常にハンドルの上に手を置き、道路状況、周囲の交通状況、その他の道路利用者(歩行者や自転車など)に注意を払ってください。即座に対応できるように準備してください。これらの指示に従わない場合、損傷、重傷、または死亡の原因となる可能性があります。

強化型オートパイロットには追加機能が含まれています。強化型オートパイロット機能は、ドライバーの作業負荷をさらに軽減し、車線変更や駐車などの一般的なアクションをより簡単にするように設計されています。

  • 自動車線変更: オートステアリングが有効なときにウィンカーを操作すると、Model Sは隣接する車線に移動します(Auto Lane Changeを参照)。
  • ナビゲート オン オートパイロット: 車線変更、インターチェンジのナビゲーション、ウィンカーの自動操作、正しい出口の選択といった、高速道路への進入から退出まで、Model Sを能動的にガイドします(オートパイロット ナビ走行を参照)。
  • オートパーキング: Model Sの縦列駐車または車庫入れ駐車を実行します(オートパーキングを参照)。
  • サモン: ドライバーが車外にいるときでも、Model Sを前方または後方に移動します。これは、狭い駐車場での駐車に役立ちます(サモンを参照)。
  • スマート サモン: Model Sを駐車スペースから出し、より複雑な周囲環境を通過し、障害物や他の車両の周囲を移動して、ドライバーのいるところまたは事前設定した目標に到達させます(スマート サモンを参照)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
強化型オートパイロットはハンズフリー機能ではありません。常に手でハンドルを握り、道路状況、周囲の交通状況、その他の道路利用者(歩行者や自転車など)に注意を払ってください。即座に対応できるように準備してください。これらの指示に従わない場合、損傷、重傷、または死亡の原因となる可能性があります。
フルセルフドライビングに含まれる機能:
  • 信号機/一時停止標識コントロール: 車速を維持し、車間距離を保ち、車線をはみ出すことなくModel Sを走行させながら、信号機や停止標識に合わせて減速や停止を行います(信号機と一時停止のコントロールを参照)。
  • 市街地でのオートステアリング(フルセルフドライビング(監視付き): 道路の曲りに沿って目的地までドライブを行います。交差点、停止標識、ロータリーで停止し、通り抜けます。左右に曲がります。高速道路への進入/退出を行います(を参照)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
フルセルフドライビング機能は、ハンズフリー機能ではありません。常に手でハンドルを握り、道路状況、周囲の交通状況、その他の道路利用者(歩行者や自転車など)に注意を払ってください。常に道路に注意を払い、ただちに対処できるように備えてください。これらの指示に従わない場合、損傷、重傷、または死亡の原因となる可能性があります。

オートパイロットは、Model Sのカメラを使用して、周囲を監視し、他の車両、歩行者、道路標識、障害物(障壁や縁石など)を検知します。Model Sの前面、背面、左側および右側にカメラが取り付けられています(「カメラ」を参照)。

Model S には、ドライバーの注意力を監視するキャビン カメラがリア ビュー ミラーに搭載されている場合があります。ご自身の責任において、常にハンドルの上に手を置き、道路に注意を払い、直ちに対処できるように備えてください。

オートパイロットが作動している場合、Model Sには段階的に強まる一連の警告が表示され、ハンドルを握ったまま道路に注意を払うように促します。対応しない場合、オートパイロットは解除され、残りのドライブでは使用できなくなります。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
オートパイロットは、運転の快適性と利便性を高めることを目的に設計されたものであって、衝突警告システムや衝突回避システムではありません。常に路上に注意を払い、安全運転を心がけ、車両を制御することはドライバーの責任です。オートパイロットに頼ってModel Sを十分に減速させようとしないでください。常に道路の前方に注意を払い、修正行動をとれるように準備してください。これらを怠ると重大な事故や死亡事故につながる恐れがあります。

オートパイロットの限界を理解し、常に自ら制御できるように準備することはドライバーの責任です。

オートパイロットの使用条件

それぞれのドライブを開始する前、またはオートパイロットの機能を使用する前に、すべてのカメラが汚れていないこと、および障害物がないことを確認します(カメラのクリーニングを参照)。カメラやセンサー(装備されていれば)の汚れは、周囲状況や消えかかった車線マーキングなどの周囲条件と同様に、オートパイロットのパフォーマンスに影響をもたらします。カメラが遮られている場合、または覆われている場合、Model Sインストゥルメントクラスターにメッセージが表示され、オートパイロット機能が使用できなくなる可能性があります。特定のアラートに関する詳細については、トラブルシューティングのアラートを参照してください。

オートパイロット機能を使用する前、および一部のサービスのための訪問の後は、カメラをキャリブレーションするために短い距離をドライブする必要があります。詳細な情報については、走行中のカメラキャリブレーションを参照してください。

また、以下の場合、これらの機能が意図したとおりに動作しないことがあります。

  • 道路に急カーブがある、または標高が大幅に変化している。
  • 道路標識や信号機が不明瞭、あいまい、または整備が不十分である。
  • 視認性が低い(激しい雨、雪、雹など、または夜間の道路照明が貧弱である)
  • トンネル内や、カメラの視界を妨げる分離帯の近くなどを走行している。
  • 明るい光(対向車のヘッドライトや直射日光)がカメラの視野を妨げている。

一覧はオートパイロット機能の正常な動作を妨げる可能性のある状況をすべて網羅したものではありません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域、車両構成、購入したオプション、ソフトウェア バージョンによっては、以下の機能が装備されていない場合や、その機能が記述通りには作動しない場合があります。
オートパイロット機能 使用可能な条件
トラフィックアウェア クルーズコントロール
  • 18 mph(30 km/h)から85 mph(140 km/h)で運転中
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    Model Sの前方5 ft(1.5 m)以上のところに車両が検出された場合、より低速でトラフィックアウェア クルーズコントロールを作動させることができます。
オートステアリング
  • 18 mph(30 km/h)から85 mph(140 km/h)で運転中
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    Model Sの前方5 ft(1.5 m)以上のところに車両が検出された場合、より低速でオートステアリングを作動させることができます。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    生活道路、センターラインのない道路、またはアクセス管理されていない道路では、最大許容巡航速度が制限され、インストゥルメントパネルにメッセージが表示されます。制限速度は、道路の制限速度に 10 km/h(5 マイル) プラスした値です。
  • ヘッドライトは「オン」または「自動」に設定されます。オートパイロットは昼間でも暗い場所(夕暮れ時や夜間)でも使用できますが、ヘッドライトが「オフ」に設定されていると、オートステアリングは中止されるか、使用できません。オートステアリングが作動すると、が自動的に有効になり(ハイビーム ヘッドライト を参照)、ワイパーが「自動」に設定されます。
ナビゲート オン オートパイロット
  • 18 mph(30 km/h)から85 mph(140 km/h)で運転中。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    Model Sの前方5 ft(1.5 m)以上のところに車両が検出された場合、より低速でナビゲート オン オートパイロットを作動させることができます。
  • アクセス管理された高速道路を走行しています。アクセス管理された高速道路を離れると、ナビゲート オン オートパイロットはオートステアリングに戻ります。
フルセルフドライビング(監視付き)
  • 85 mph(150 km/h)未満でドライブしている。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    フルセルフドライビング(監視付き)は、Model Sの前方に車両が検出されたかどうかに関わりなく、Model Sの停止時を含む、より低速で作動させることができます。
  • ヘッドライトは「オン」または「自動」に設定されます。フルセルフドライビング(監視付き)は昼間でも暗い場所(夕暮れ時や夜間)でも使用できますが、ヘッドライトが「オフ」に設定されていると停止するか、使用できません。フルセルフドライビング(監視付き)が作動すると、「オートハイビーム」が自動的に有効になり( を参照)、ワイパーが「自動」に設定されます。