トラフィックアウェア クルーズコントロール

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域、車両構成、購入したオプション、ソフトウェア バージョンによっては、車両にトラフィックアウェア クルーズコントロールが装備されていない場合や、その機能が記述通りには作動しない場合があります。車両にトラフィックアウェア クルーズコントロール機能がない場合、車両のタッチスクリーンでオーナーズ マニュアルを表示してクルーズコントロールの使用方法を確認してください。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
トラフィックアウェア クルーズコントロールはベータ版の機能です。

トラフィックアウェア クルーズコントロールは同じ車線上の前方に車両があるかを判断します。Model S の前方を車両が走行していない場合、トラフィックアウェア クルーズコントロールは設定されている走行速度を維持します。車両が検出された場合、トラフィックアウェア クルーズコントロールは、前方車両との間に時間に基づいて設定された車間距離が保たれるように、設定速度を上限として、必要に応じて Model S を減速させるように設計されています。トラフィックアウェア クルーズコントロールを使用していても、ドライバーは道路の進行方向に常に注意を払い、状況に応じて自らブレーキを踏む必要があります。

トラフィックアウェア クルーズコントロールは高速道路など、乾燥した直線道路の走行を想定して設計されています。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
運転の前に、カメラ、センサー類(装備されている場合)すべてに汚れがないことを確認してください。汚れたカメラやセンサーは、雨天や消えかかった車線マークなどの環境条件と同様にオートパイロットのパフォーマンスに影響をもたらします。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
トラフィックアウェア クルーズコントロールは、運転の快適性と利便性を高めることを目的に設計されたものであって、衝突警告システムや衝突回避システムではありません。常に路上に注意を払い、安全運転を心がけ、車両を制御することはドライバーの責任です。Model S を適切に減速させる操作をトラフィックアウェア クルーズコントロールに依存してはいけません。常に道路の前方に注意を払い、修正行動をとれるように準備してください。これらを怠ると重大な事故や死亡事故につながる恐れがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
トラフィックアウェア クルーズコントロールは歩行者や自転車を認識することが可能ですが、Model S の速度を減速するのに決してトラフィックアウェア クルーズコントロールだけに頼らないでください。常に道路の前方に注意を払い、修正行動をとれるように準備してください。これらを怠ると重大な事故や死亡事故につながる恐れがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
急カーブが続く曲がりくねった道路、表面が凍結していたり滑りやすくなっている道路、または一定速度での運転が不適切な悪天候(豪雨、雪、霧など)の中でトラフィックアウェア クルーズコントロールを使用しないでください。トラフィックアウェア クルーズコントロールは道路や運転の状況に応じて運転速度を調整しません。

トラフィックアウェア クルーズコントロールを使用するには

前方に車両が検出されていない状態でトラフィックアウェア クルーズコントロールを起動するには、18 mph (30 km/h)以上の速度で走行している必要があります。ただし、一定の車両条件と環境条件が満たされていれば、それより遅い速度でトラフィックアウェア クルーズコントロールを起動できます。前方に車両が検出されている場合、自分の車両がたとえ静止していても、Model S当該車両から少なくとも、5フィート(1.5 m)離れていて、一定の車両条件と環境条件が満たされていれば、トラフィックアウェア クルーズコントロールを任意の速度で使用することができます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
最大巡航速度は、時速90マイル(時速150km)です。常に道路状況や制限速度に応じた安全な速度で走行することはドライバーの責任となります。
設定速度を示すアイコン。
トラフィックアウェア クルーズコントロールが利用可能であっても有効となっていない場合、インストゥルメントパネルに灰色のクルーズ速度アイコンが表示されます。灰色で表示された数値は、トラフィックアウェア クルーズコントロールを有効にしたときに設定される巡航速度を表しています。
設定速度を示すアイコン。
トラフィックアウェア クルーズコントロールが有効で、設定された巡航速度で巡航している場合、アイコンは青色になり巡航速度を表示します。
  1. 利用できるときは、トラフィックアウェア クルーズコントロールを起動して、制限速度や現在の走行速度に合わせることができます。次の選択肢があります:
    • 現在の走行速度でトラフィックアウェア クルーズコントロールを起動するには、オートパイロット レバーを1回引き上げるか押し下げて、アクセル ペダルから足を離すと、トラフィックアウェア クルーズコントロールで巡航速度が維持されます。
      オートパイロット レバーの画像、上向き矢印および下向き矢印。
    • 現在検出されている制限速度でトラフィックアウェア クルーズコントロールを起動するには、オートパイロット レバーを手前に1回引いて、アクセル ペダルから足を離すと、トラフィックアウェア クルーズコントロールでクルージング速度が保たれます。
      オートパイロット レバーとドライバーの方向を示す矢印の画像
      Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
      Autopilot Activation 「一回引く」に設定されている場合、オートパイロット レバーを1回手前に動かすと、オートステアリングが作動します(Autosteerを参照)。 Controls > Autopilot > Autopilot Activation にタッチして「二回引く」を選択すると、オートステアリング レバーを手前に引いたときに、オートステアリングから独立してトラフィックアウェア クルーズコントロールを使用することができます。
      Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
      現在検出されている走行速度でトラフィックアウェア クルーズコントロールの起動を選択すると、オフセットを指定できます。「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「設定速度のオフセット」にタッチします。すべての道路で巡航速度が指定した数値のmph(km/h)に調整される「固定」オフセットと、現在走行している道路で検出した速度制限のパーセンテージとして調整される「パーセント」オフセットのいずれかを指定できます。オートパイロット レバーを手前に引くと、速度制限を超えて運転している場合、設定速度は、速度制限ではなく現在の走行速度に調整されます。速度制限で巡航中にオートパイロット レバーを上げ下げすると、設定速度が現在の走行速度に変更されます。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    警告
    速度制限をもとに巡航速度を調節する場合、速度制限を変更しても設定した巡航速度は変更されない場合があります。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    警告
    正確または適切な巡航速度を決定するために、トラフィックアウェア クルーズコントロールまたはスピードアシストに依存しないでください。常に道路状況や該当の速度制限に応じた安全な速度で走行することはドライバーの責任となります。
  2. トラフィックアウェア クルーズコントロールの使用時に速度を変更するには、右スクロール ホイールまたはオートパイロット レバーを使用します。詳細は巡航速度の変更を参照してください。
  3. トラフィックアウェア クルーズコントロールをキャンセルするには、レバーを前方に1回押すか、ブレーキ ペダルを踏みます。詳細情報については、キャンセルおよび再開を参照してください。

トラフィックアウェア クルーズコントロールのチャイム設定

トラフィックアウェア クルーズコントロールを有効または無効に切り替えた時にチャイムを鳴らしたい場合は、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「トラフィックアウェア クルーズコントロール チャイム」の順にタッチします。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model S パーキングの状態でなければなりません。

巡航速度の変更

トラフィックアウェア クルーズコントロールの使用中に設定巡航速度を変更するには、インストゥルメントパネルに希望の巡航速度が表示されるまで、オートパイロット レバーを上(加速)または下(減速)に動かします。

第1デテントと第2デテントへ上下するオートパイロット レバー示す矢印。

時速1マイル(1km)刻みで加減速するには、レバーを第1ポジションまで上げるか、下げて離します。現在の速度に最も近い時速5マイル(5km)の倍数まで加減速するには、レバーを第2ポジションまで上げるか、下げて離します。たとえば、時速57マイルで走行時にレバーを第2ポジションまで上げて離すと、速度は時速60マイルになります。レバーを一番上か一番下で抑えて、インストゥルメントパネルのアイコンに希望の巡航速度が表示されたときにレバーを離しても、加減速ができます。

オートパイロット レバーを手前に約0.5秒間引き続けても、検出された制限速度で巡航します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model Sは、設定速度より遅い速度で走行する車両の後方でModel Sが巡航していない場合、新しい巡航速度を決定するために数秒かかることがあります。

設定速度で巡航

Model S の前方に他の車両が検出されていない場合、トラフィックアウェア クルーズコントロールは設定巡航速度を維持します。検知した車両の後ろを走行すると、選択した車間距離(車間距離の調整参照)を維持するために必要に応じて、トラフィックアウェア クルーズコントロールが設定速度までModel Sを加減速します。

トラフィックアウェア クルーズコントロールは、カーブに侵入または退出する際も走行速度を調整します。

設定速度で巡航するとき、いつでも手動で加速することができますが、アクセルを離せばトラフィックアウェア クルーズコントロールが再開します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
トラフィックアウェア クルーズコントロールが前方車両との車間距離を選択されている距離に保つために Model S を減速させているときは、ブレーキ ランプが点灯し、他のドライバーに自車が減速していることを知らせます。ブレーキ ペダルがわずかに動きます。ただし、トラフィックアウェア クルーズコントロールが Model S を加速しているときは、アクセルペダルは動きません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
トラフィックアウェア クルーズコントロールは、時折ブレーキが必要でないとき、または予期しないときに Model S にブレーキをかけることがあります。その原因は、先行車両との車間距離が短いことや(特にカーブで)隣の車線上の車両や物体を検出することなどです。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
車載GPS(グローバル ポジショニング システム)の限界により、特に高速道路出口付近でカーブが検出されたり、ナビを使って目的地に向かっている時に提示ルートに従わない時など、Model Sによって車両が減速することがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
トラフィックアウェア クルーズコントロールは、物体を検知できない場合があり、静止した車両や物体と衝突しないようにブレーキをかけたり減速したりできなくなることがあります。特に50 mph(80 km/h)以上で走行しているときに追尾していた車両がいなくなり、その代わりに静止した車両や速度の遅い車両、または物体が前方に現れると、この現象が起きやすくなります。常に前方の道路に注意を払い、ただちに対処できるように備えてください。衝突回避を トラフィックアウェア クルーズコントロールに任せきりにすると、重大な事故や死亡事故につながるおそれがあります。さらに、トラフィックアウェア クルーズコントロールが、走行車線上を走行していない車両や走行車線上に存在しない物体に反応し、Model S を不必要または不適切に減速させる場合もあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
制動能力が限定されている、坂道を走行しているなどの理由でトラフィックアウェア クルーズコントロールが適切な速度制御を行えないこともあります。トラフィックアウェア クルーズコントロールが先行車両との車間距離を誤判定することもあります。下り坂を走行すると、Model S の走行速度が上がり、設定速度(場合によっては制限速度を超過する恐れがある)を超えてしまうことがあります。衝突回避のためのModel Sの減速をトラフィックアウェア クルーズコントロールに依存しないようにしてください。常に道路に注意を払い、いつでも必要に応じて対応できるようにしてください。衝突回避のための走行速度の減速をトラフィックアウェア クルーズコントロールに依存すると、重大な事故や死亡事故につながるおそれがあります。

ホールド状態

前方に他の車両がある場合は、Model S が完全停車したとしても、トラフィックアウェア クルーズコントロールは有効となったままとなります。前方の車両が再び動き始めると、トラフィックアウェア クルーズコントロールは設定速度で走行を再開します。ただし、以下のような状況では、トラフィックアウェア クルーズコントロールが「ホールド」状態に入るため、巡航を再開するには、アクセル ペダルを軽く踏むか、オートパイロット レバーを手前に引く(キャンセルおよび再開を参照)必要があります。「ホールド」状態が有効な場合、インストゥルメントパネルには「ホールド」アイコンとメッセージが表示され、クルーズコントロールを再開する必要があることを示します。トラフィックアウェア クルーズコントロールがホールド状態に入るのは次の状況です。

  • Model S が、5 分間停車している場合。
  • Model S が歩行者を検出した場合(歩行者が検出されなくなるとホールド状態は解除されます)。
  • Model S の前方にいた車両が突然視界からいなくなった場合。
  • Model Sの前方に障害物を検出した場合。

高速道路出口またはその付近で巡航する

進入制限のある道路(高速道路や自動車専用道路など)の出口付近を巡航し、出口方向に向かって方向指示器を入れると、トラフィックアウェア クルーズコントロールはModel Sが出口から退出するものとみなし減速を開始します。出口に向かって走行しない場合は、トラフィックアウェア クルーズコントロールは設定速度で走行を再開します。右側通行の地域の場合は、最右車線を走行している時に出口の164フィート(50メートル)手前で右に方向指示器を出したときのみに行われます。同様に、左側通行の地域の場合は、最左車線を走行している時に出口の164フィート(50メートル)手前で左に方向指示器を出します。

進入制限のある道路(高速道路や自動車専用道路など)に進入するとき、トラフィックアウェア クルーズコントロールは、高速道路の速度制限にユーザーが指定したオフセットを反映した走行速度に自動的に調整します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車載グローバル ポジショニング システム(GPS)を使用して、走行している地域が右側通行か左側通行かを判断します。GPS データが利用できない状況(例えば、電波が弱い場合など)では、出口手前で方向指示器を出してもトラフィックアウェア クルーズコントロールは Model S を減速しません。

における高速道路のインターチェンジや出口でトラフィックアウェア クルーズコントロールを有効にすると、設定した速度は時速 5 マイル(5 km)刻みで 時速 25 マイル(40 km)まで減速し、その場所を走行した他のTesla車両から報告された速度に合わせるよう試みます。これを無効にして設定速度での巡航を継続するにはアクセル ペダルをタップするかオートパイロット レバーを動かします。インターチェンジまたはオフランプを走行するときは、新しい設定速度が保たれます(別な設定にするかトラフィックアウェア クルーズコントロールをキャンセルしない限り)。インターチェンジまたはオフランプを通過した後、設定速度は元の速度に戻るか、そのロケーションの必要性に応じて変更されます。例えば、他の高速道路に合流する場合、設定した巡航速度はインターチェンジに差し掛かる前の設定速度に戻ります。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
場合によっては(データが不足している場合など)、トラフィックアウェア クルーズコントロールは高速道路のインターチェンジまたはオフランプの走行時に設定された速度を自動的に減速しない場合があります。適切な走行速度を決定するために、トラフィックアウェア クルーズコントロールのみに頼らないでください。道路状況に合った速度で、制限速度以内で安全に走行することが推奨されます。

車間距離の調整

Model Sと先行車両の間で維持したい車間距離を調節するには、オートパイロット レバーを回します。各設定は、Model S が現在の位置から前方車両のリアバンパーの位置に到達するまでにかかる時間に基づいた距離に相当します。設定は、手動で変更するまで保持されます。

最も短い追従距離は2です。

オートパイロット レバーを回転させている画像。

オートパイロット レバーの回転に応じて、インストゥルメントパネルに現在の設定値が表示されます。目的の設定値が表示されたら、レバーを離します。

2台の車とその間に測定値および数値「4」のあるスクリーンショット。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
充分な車間距離を取って安全に運転することはドライバーの責任となります。適切な車間距離を維持するために、トラフィックアウェア クルーズコントロールのみに頼らないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
衝突を避けるために、Model S を適切に減速させる操作をトラフィックアウェア クルーズコントロールに依存してはいけません。常に前方の道路に注意を払い、適切な行動をすばやく取れるようにしてください。

追い越し加速

トラフィックアウェア クルーズコントロールが作動している状態で前方車両を追尾している場合、方向指示器をオンにすると(追い越し車線へ移動することを示すと)、Model Sは前方車両がいる方向へ短時間加速します。方向指示器レバーを一瞬上げたままにするか、下げたままにしておくと、アクセル ペダルを踏まなくても、設定速度まで素速く加速できます。方向指示器の操作による加速は、以下の条件がすべて満たされている場合に限られます。

  • トラフィックアウェア クルーズコントロールが作動中で前方に車両を検出している場合。
  • 追い越し車線上に障害物または車両が検出されていない場合。
  • Model S が、設定速度未満であるが時速 72 km(45 マイル)を超える速度で走行している。

追い越し加速は前方車両を追い越す際の補助を目的としています。方向指示器が出されると、トラフィックアウェア クルーズコントロールは引き続き前方車両との車間距離を保ちますが、設定距離よりも若干短い車間距離で運転することができるようになります。

以下のうち 1 つの条件が満たされたときに加速がキャンセルされます。

  • 設定した巡航速度に到達した場合。
  • 車線変更に時間がかかる場合。
  • Model S と前方車両との距離が近すぎる。

    または

  • 方向指示器を取り消した場合。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ウィンカーを完全に作動させる場合、追い越し加速が発生します。方向指示器から手を放すと、Model Sは(アクセル ペダルを放した場合と同様に)加速を中止し、設定速度での走行を再開します。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
追い越し加速は、上記の状況(たとえば GPS データの欠落)以外にも、予測不可能な理由によってキャンセルされることがあります。走行中は常に注意を払い、車両の加速を追い越し加速機能にのみ依存しないようにしてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
追い越し加速では、該当するウィンカーを出すと車速が増し、Model Sは加速して先行車両に近づきます。トラフィックアウェア クルーズコントロールは前方車両との車間距離を保ち続けますが、特に前方車両を追い越すつもりがない場合は、追い越し加速が作動すると選択されている車間距離が短くなる点に注意することが重要です。

キャンセルおよび再開

トラフィックアウェア クルーズコントロールを手動でキャンセルするには、ブレーキ ペダルを踏むか、オートパイロット レバーを短い間押し込みます。インストゥルメントパネル上の巡航速度アイコンが灰色になり、トラフィックアウェア クルーズコントロールが無効になっていることが示されます。

オートパイロット レバーとドライバーから離れる方向を示す矢印の画像

前回の設定速度で巡航を再開する場合は、オートパイロット レバーを少しだけ手前に引きます。

オートパイロット レバーとドライバーの方向を示す矢印の画像

現在の走行速度で巡航を再開するには、オートパイロット レバーを上または下に動かして放します。

オートパイロット レバーの画像、上向き矢印および下向き矢印。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
トラフィックアウェア クルーズコントロールをキャンセルした場合、Model S は慣性走行しません。代わりに、トラフィックアウェア クルーズコントロールが動作していないときにアクセル ペダルから足を放した場合と同様、回生ブレーキによって Model S が減速します(回生ブレーキを参照)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
トラフィックアウェア クルーズコントロールは次のような場合にキャンセルされるか、利用できない場合があります。
  • ブレーキ ペダルを踏んだ場合。
  • 走行速度が最大巡航速度である90 mph(時速 150 km) を超えた場合。
  • Model Sをシフトした場合。
  • ドアが開いた場合。
  • カメラまたはセンサー(装備されていれば)に障害物に覆われている場合。これは汚れ、泥、氷、雪、霧などが原因により発生する場合があります。
  • トラクション コントロールの設定が手動で無効にされた、またはスリップを防ぐため何度も作動している場合。
  • ホイールが回転しているにも関わらずその場から動かない場合。
  • トラフィックアウェア クルーズコントロール システムが故障し、修理を必要としている場合。

トラフィックアウェア クルーズコントロールが利用できない場合またはキャンセルされた場合、Model S は一定の設定速度で走行しなくなり、前方車両との間に指定された車間距離を保たなくなります。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
トラフィックアウェア クルーズコントロールは、予想外の理由により予期せずキャンセルされる可能性があります。常に前方の道路に注意を払い、適切な行動をとれるようにしてください。Model S を常にコントロールできる状態に保つことは、ドライバーの責任です。

クルーズ インジケーターのまとめ

設定速度を示すアイコン。
トラフィックアウェア クルーズコントロールは利用できますが、この機能を有効にするまでは車両の速度をコントロールすることはできません。灰色で表示された数値は、トラフィックアウェア クルーズコントロールを有効にしたときに設定される巡航速度です。
設定速度を示すアイコン。
トラフィックアウェア クルーズコントロールが能動的に巡航を実行し、設定速度を維持している(前方に車両がいない)かまたは前方の車両と設定した車間距離を保ちます(設定速度まで)。
円の中にある「H」の文字と、その円の両側にある半円のアイコン。
Model S が完全に停止したが、ホールド状態にある。安全に行える場合、設定速度で巡航を再開するにはアクセル ペダルを踏みます。

制限事項

トラフィックアウェア クルーズコントロールは、以下の状況下では設計通りに動作しない可能性があります。

  • 道が鋭くカーブしている場合。
  • 視界が悪い場合 (激しい雨、雪、霧など)。
  • 明るい光(対向車のヘッドライトや直射日光)がカメラの視野を妨げている。
  • カメラまたはセンサー(装備されていれば)が障害物に覆われている(霧の発生、汚れ、ステッカーで覆われているなど)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
前記のリストはトラフィックアウェア クルーズコントロールの正常な動作を妨げる可能性のある状況をすべて網羅したものではありません。