レーンアシスト

Model S 走行中の車線のマーカーおよび周囲に車両やその他の障害物がないか監視します。

物体が検出されたことを示す放射ラインのスクリーンショット。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
それぞれのドライブを開始する前、またはオートパイロットの機能を使用する前に、すべてのカメラが汚れていないこと、および障害物がないことを確認します(カメラのクリーニングを参照)。カメラやセンサー(装備されていれば)の汚れは、周囲状況や消えかかった車線マーキングなどの周囲条件と同様に、オートパイロットのパフォーマンスに影響をもたらします。カメラが遮られている場合、または覆われている場合、Model Sインストゥルメントクラスターにメッセージが表示され、オートパイロット機能が使用できなくなる可能性があります。特定のアラートに関する詳細については、トラブルシューティングのアラートを参照してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
レーンアシストは誘導のみを目的としており、運転者の目視による確認の代わりになるものではありません。車線変更前には、必ずサイド ミラーを使用し、適切な肩越しチェックを実行して、車線を変更しても安全で、それが適切であるかを目で確認する必要があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
レーン アシストは、気付かないうちに走行レーンの外側を運転している状態や、 自車のそばや死角に車両がいるなどの状態を知らせてくれるものではありません。レーン アシストのパフォーマンスを損なう外的な要因はいくつかあります(制限事項および不正確性を参照)。警戒を怠らず、走行車線や他の車両に注意を払うのはドライバーの責任です。これらを怠ると重大な事故や死亡事故につながる恐れがあります。

ステアリング介入

レーンアシストは、Model Sが隣の車線に入り込み(近づいて)車両などの物体が検出された場合、操舵に介入します。このような状況では、Model Sは自動的にハンドルを操作して、走行車線内の安全な位置に移動します。このステアリングは、車線区分線がよく見える主要道路をModel S30~85 mph(48~ 140 km/h)で移動しているときのみ作動します。自動的なハンドリングが実行されると、少しの間、インストゥルメント パネルに警告メッセージが表示されます。

車線逸脱防止

車線逸脱防止機能は、Model Sが走行車線から逸脱している、または走行車線の端に接近した場合に警告するように設計されています。

車線逸脱防止機能は、車線区分線がはっきり見える道路を時速40~90マイル (64~145 km)で走行中にのみ作動します。「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「車線逸脱防止」をタッチし、以下のオプションのどちらかを選択すると車線逸脱警告の動作を選択できます。

  • オフ: 車線逸脱や隣接車線の車両との衝突が起こりそうな場合も警告は発せられません。
  • 警告: 前輪が車線区分線を越えると、ハンドルが振動します。フルセルフドライビング(監視付き)を装備している車両の場合:前輪が車線区分線を越えると、ハンドルが振動します。)
  • アシスト: Model Sが隣接車線に入り込むか、道路の端に接近した場合、Model Sを安全な位置に留めるため、ステアリング修正が適用されます。

車線逸脱防止が有効で、トラフィックアウェア クルーズコントロールが機能している場合、該当するウィンカーがオフの場合にModel Sが走行車線を逸脱すると、レーンアシストが、ドライバーの手がハンドルの上にあるかを確認します。ドライバーの手が検知されなければ、インストゥルメント パネルには、オートステアリングで運転するときに使用したものと同様の連続警報が表示されます。手の検知に繰り返し失敗すると、Model Sは速度制限または設定クルージング速度から15マイル(25 km/h)遅い速度まで徐々に減速し、ハザード ライトが点滅し始めます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車線逸脱防止機能では、対応する方向指示器がオンになっていて意図的な車線変更が示されていれば、車線を離れても警告は発生せず、操舵の割り込み動作も発生しません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
車線逸脱防止機能は、安全に走行できるようにアシストすることを目的としたものですが、必ず作動するものではありませんので、ドライバーは注意して車両を運転する必要があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
常に手はハンドルに置いて、慎重に運転してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ステアリング介入は最小限しか行われず、Model S を走行車線外に移動させることはありません。側面衝突を避けるためにステアリング介入に頼ることはしないでください。

緊急車線逸脱防止

緊急車線逸脱防止機能では、以下のような状況で衝突の危険性を回避するため、ハンドルが自動的に切られます:

  • Model S が車線を離れて(方向指示器のステータスとは無関係に)、隣の車線で同じ方向に走行している車両と衝突しそうなとき。
  • Model S が方向指示器がオフで車線を離れて対向車線に入りそうになり、対向車が検知されたとき。
  • Model S が道路から逸脱しそうで、方向指示器がオフのとき(道路端に非常に近寄り過ぎて、衝突する恐れがある場合など)。

この機能をオン、オフするには、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「緊急車線逸脱防止」をタッチします。

緊急車線逸脱防止がステアリングに適用されると、チャイムが鳴り、インストゥルメント パネルには警告が表示されて車線区分線が赤色で強調表示されます。

緊急車線逸脱防止機能は、Model Sが車線区分線や縁石などで区分がはっきりしている道路を時速40~90マイル (64~145km)で走行中にのみ作動します。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
緊急車線逸脱防止機能があるからといって、注意深い運転や適切な判断が不要になるわけではありません。運転時は道路を注視し、緊急車線逸脱防止機能で衝突が回避できるとは思わないでください。運転パフォーマンスを低下させ、損なう要因がいくつかあります。緊急車線逸脱防止機能で衝突が回避できると考えてしまうと、重傷事故や死亡事故につながるおそれがあります。

ブラインドスポット インジケータ

ブラインドスポット衝突警告チャイム

死角に他の車両があり衝突の危険が検知されたときにチャイムがなるよう設定するには、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「ブラインドスポット衝突警告チャイム」の順にタッチします。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ブラインドスポット カメラが搭載されていても、車線変更するときは周囲に注意を払い、肩ごしから後方確認を必ず行ってください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ブラインドスポット衝突警告チャイムは、すべての衝突を検出できるわけではありません。車線変更するときは、注意を怠らず、肩越しから後方確認を行うことはドライバーの責任です。

制限事項および不正確性

レーン アシスト機能は、必ずしも常に車線区分線を検出できるわけではなく、以下の場合、不必要な警告または不正警告が発生することがあります。

  • 視界が悪く、車線区分線がはっきり見えない場合(豪雨、降雪、濃霧など)。
  • 明るい光(対向車のヘッドライトや直射日光)がカメラの視野を妨げている。
  • Model S の前の車両がカメラの視野を妨げている。
  • フロント ガラスのカメラの視野に入る部分が覆われている(くもり、汚れ、ステッカーが貼られているなど)。
  • 車線区分線が摩耗しすぎている、以前の車線区分線が見える、または道路工事のために変更されている、または(車線が分岐、交差、合流しているなど)急激に変化している場合。
  • 道路がせまく、曲がりくねっている場合。
  • 車線区分線上に影を落とすような物体や景観物がある場合。

以下の場合、レーンアシストが警告を出さなかったり、誤った警告を出したりすることがあります。

  • 1つ以上のセンサー(装備されている場合)またはカメラが損傷を受けたり、汚れたり(泥、氷、雪、車両のブラ、過剰なペンキ、またはラップ、ステッカー、ゴムコーティングなど接着製品により)、遮られたりしている場合。
  • 気象条件(豪雨、降雪、霧、または極端な高温や低温)が、センサーの動作を妨げている場合。
  • センサー(装備されていれば)が超音波を発する他の電子機器の影響を受けている場合。
  • Model Sに取り付けられている物体(バイクラックやバンパーステッカーなど)がセンサーに干渉していたり、センサーを遮っている場合。

さらに、以下の状況では、 レーンアシストはModel Sを隣の車両から離れるようにステアリング操作しなかったり、不要または不適切なステアリング制御をする場合があります。

  • Model S が急カーブを走行中か、比較的高速でカーブを曲がっている。
  • 明るい光(対向車のヘッドライトや直射日光)がカメラの視野を妨げている。
  • 隣のレーンにふらついたが、物体(車両など)が存在しない。
  • 隣のレーンにいる車両が前に割り込むかあるいは自分の車線にふらついてきた。
  • Model S レーン アシスト機能が動作する設計上の速度範囲内で走行していない。
  • 1つ以上のセンサー(装備されていれば)が損傷を受けたり、汚れたり(泥、氷、雪、車両のブラ、過剰なペンキ、またはラップ、ステッカー、ゴムコーティングなど接着製品により)、遮られたりした時。
  • 気象条件(豪雨、降雪、霧、または極端な高温や低温)が、センサーの動作を妨げている場合。
  • センサー(装備されていれば)が超音波を発する他の電子機器の影響を受けている場合。
  • Model Sに取り付けられている物(自転車ラックやバンパーステッカーなど)がセンサーに干渉していたり、センサーを遮っている場合。
  • 視界が悪く、車線区分線がはっきり見えない場合(豪雨、降雪、濃霧など)。
  • 車線区分線が摩耗しすぎている、以前の車線区分線が見える、または道路工事のために変更されている、または(車線が分岐、交差、合流しているなど)急激に変化している場合。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
トラック モードがオンの場合、ドライビングアシスト機能は自動的に無効になります。どのような場合にも(サーキット走行時を含みます)、安全運転と車両の制御維持はドライバーの責任です。トラック モードをオフにすると、ドライビングアシスト機能が自動的に再有効化されます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
上記のリストは、レーン アシスト機能を妨げるすべての状況を表しているわけではありません。レーン アシスト機能が想定どおり機能しない理由はさまざまです。衝突を回避するために、万が一の場合にできるだけ早く反応できるよう走行する道路に注意を払ってください。