エアバッグ

エアバッグの位置

エアバッグは以下のように適切な位置に設置されています。エアバッグについての注意事項は、サンバイザーに表示されています。

Model 3 は、前席の両座席にエアバッグと肩および腰ベルトを装備しています。エアバッグは、これらの座先位置での補助拘束装置です。事故が起きたときの大けがや死亡のリスクを最小限に減らすため、座席にエアバッグが装備されているかどうかに関わらず、ドライバーを始めすべての乗員は、必ずシートベルトを着用してください。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
右ハンドル車では、助手席と運転席のエアバッグの位置が逆になります。
各エアバッグを引き出し線で示した車両
  1. フロント エアバッグ
  2. シート搭載サイドエアバッグ
  3. カーテン エアバッグ

エアバッグの動作

エアバッグはセンサーが衝撃を検知して展開開始値を超えると膨張します。これらの展開開始値により、エアバッグが乗員を保護するタイミングで開けるよう衝撃の重大度を予想します。エアバッグは、大きな力で瞬時に展開し、大きな音を立てます。展開したエアバッグは、シートベルトとともに乗員の体の動きを制限し、けがのリスクを低減させます。

通常、フロント エアバッグは追突、横転、側面衝突、急ブレーキ、悪路の走行では展開しないように設計されています。同様に、フロントエアバッグは軽度の正面衝突、乗り上げ衝突、細い物体(ポールや樹木など)への軽度の衝突など、すべての正面衝突で展開するわけではありません。車体の外見が大きく変形してもエアバッグが展開しないことがあったり、逆に構造的な損傷の場合には比較的軽微な破損でもエアバッグが展開することがあります。したがって、衝突後の車両の外観から、フロント エアバッグが膨らんだかどうかを判断することはできません。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
障がいをお持ちの方のために、エアバッグシステムに影響が及ぶような改造を行う前に、Teslaまでご連絡ください。

エアバッグの種類

Model 3 は、次のような種類のエアバッグを装備しています。

  • フロントエアバッグ: フロントエアバッグは、助手席に乗車した大きなお子さまや大人を最大限に保護できるように設計されています。すべての注意事項や指示に従って、助手席にお子さまを乗せてください(地域で許可されている場合)。チャイルドシートを参照してください。
  • シート搭載式サイドエアバッグ前席に取り付けられたサイドエアバッグは、骨盤と胴の胸部を守るのに役立ちます。車両の衝突側と非衝突側の両方のシートに取り付けられたサイドエアバッグは、重度の側面衝突または重大なオフセット正面衝突の場合に膨らみます。
  • カーテン エアバッグ: カーテンエアバッグは頭部を保護します。車両の衝突側と非衝突側の両方に取り付けられているカーテン エアバッグは、重度の側面衝突を受けた場合、または車両が横転した場合のみに膨らみます。

助手席エアバッグの状態

助手席フロントエアバッグの状態は、タッチスクリーン上部に表示されます。

助手席エアバッグ オプション アイコン
お子さまを助手席に乗せて運転する前に(地域で法的に許可されている場合)、助手席フロントエアバッグのステータスがOFFになっていることを必ず慎重に確認してください。助手席側のフロントエアバッグがOFFの場合、衝突が起きてもエアバッグは展開しません。このインジケーターは、座席に乗員がいないときでも表示されます。
助手席エアバッグ オプション アイコン

お子さまを助手席に乗せて運転する前に(地域で法的に許可されている場合)、助手席フロントエアバッグのステータスがOFFになっていることを必ず慎重に確認してください。助手席側のフロントエアバッグがOFFの場合、衝突が起きてもエアバッグは展開しません。このインジケーターは、座席に乗員がいないときでも表示されます。

助手席に大人が座る場合は、必ず助手席フロントエアバッグを有効にしてください。助手席フロントエアバッグがONの場合、衝突が起きるとエアバッグが展開します。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまを助手席に座らせることが地域で法的に許可されている場合、ドライバーが責任を持って、助手席フロントエアバッグがOFFになっていることを確認してください。チャイルドシートやブースター シートを使用する場合でも、エアバッグが作動する状態の助手席にお子さまを座らないでください。お子さまが重傷を負ったり死亡事故につながる危険性があります。

助手席のフロントエアバッグをコントロールする

お子さまが助手席に乗っている場合(チャイルドシートまたはブースター シートでも)、衝突時にお子さまが怪我しないように助手席のフロントエアバッグを無効にしなければいけません「コントロール」 > 「安全」 > 「助手席フロントエアバッグ」の順にタッチして、運転前に、タッチスクリーン上部の助手席エアバッグのステータスがOFFと表示されていることを確認してください(助手席エアバッグの状態参照)。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model 3 は静電容量式のタッチスクリーンを搭載しており、手袋をしている場合は、タッチしても反応しないことがあります。タッチスクリーンが反応しない場合は、手袋を外すか、指先に導電性の素材を使った専用の手袋を着用してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お住いの地域で合法的に助手席にお子さまを乗車させられる場合、エアバッグを有効にしたままでチャイルドシートやブースター シート でお子さまを助手席に乗せないでください。大けがまたは死亡事故につながる可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
助手席のフロントエアバッグが機能していないと思われる場合(エアバッグをOFFにしてもエアバッグがONになっている場合、またはその逆の場合など)、助手席に人を乗車させないでください。ただちにTeslaにご連絡ください。

エアバッグ展開の影響

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
エアバッグが展開するときは微粉末が放出されます。この粉末には皮膚に刺激を与える成分が含まれるため、目、切り傷や擦り傷に付着した際は、流水で完全に洗い流すようにしてください。

展開したエアバッグは収縮し、乗員にクッション効果を及ぼすと同時に、ドライバーの前方の視界が遮られないようにします。

エアバッグが膨張した場合、または車両が衝突した場合、電源を入れる前に車両のサービスを受ける必要があります。これに加え、エアバッグ、シートベルト プリテンショナーおよび関連するすべてのコンポーネントを必ず点検し、必要があれば交換してください。直ちにTeslaサービスにご連絡ください。

衝突時には、エアバッグの膨張に加えて以下のようなことが起こります。

  • ドアのロックが解除されます。
  • ハザード警告灯が点灯します。
  • 室内灯が点灯します。
  • 高電圧系統がOFFになります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
衝突によっては、エアバッグが膨張していなくても、車両が高電圧回路を遮断し電源が入らなくなり運転することができなくなります。直ちにTeslaサービスにご連絡ください。

エアバッグ インジケーター

人の輪郭と開いたエアバッグ
エアバッグシステムが故障している場合、タッチスクリーンのエアバッグインジケーターが点灯したままになります。このインジケーターが点灯するのは本来 Model 3 を始動したときだけで、そのときは数秒で消灯します。点灯したままの状態の場合は、運転するのを控え、ただちに Tesla にご連絡ください。

エアバッグについてのご注意

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
衝突時の大けがや死亡のリスクを最小限に減らすため、座席にエアバッグが装備されているかどうかに関わらず、ドライバーを始めすべての乗員は、必ずシートベルトを着用してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
フロントシートの乗員は、展開したエアバッグが破裂してけがをすることがありますので、エアバッグモジュールの上に腕を載せないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
Model 3 にシートカバーを使用しないでください。使用すると衝突発生時にシート搭載サイド エアバッグの膨張が制限される可能性があります。乗員感知システムが装備されている場合は、その精度が低下する恐れもあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
エアバッグはかなりの速度と力で展開し、それによってけがをすることがあります。けがを減らすため、乗員は必ずシートベルトを着用し、できるだけシートを後ろへ引いて正しく座るようにしてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
地域の法令で許可されていない限り、助手席にお子さまを乗せないでください。地域のすべての法令に従い、お子さまの体重、身長、年齢に適した方法でお子さまを座らせてください。後列座席に乳幼児や小さなお子さまを安全に座らせてください。エアバッグが作動するシートには、後ろ向きのチャイルドシートで乳幼児やお子さまを座らせないでください。エアバッグが展開したときに、重傷や死亡につながる可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
前方でエアバッグが作動するシートでは後ろ向きのチャイルドシートの使用を控えてください。エアバッグが展開したときに、けがや死亡事故につながる可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
サイドエアバッグが正しく展開するように、乗員の胴体と Model 3 の側面の間のすきまをふさがないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
助手席に座る人はドアに頭をもたれかけないでください。カーテンエアバッグが展開したときに、けがをすることがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
乗員は、エアバッグの上または近くに足、ひざなど、体の一部を置いてエアバッグの作動を遮らないようにしてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ヘッドエアバッグの上または近く、フロントシートの横、車両側面のヘッドライナー、エアバッグカバーなどには、物を取り付けたり置いたりしないでください。エアバッグの展開が妨げられる可能性があります。また、エアバッグが作動するほどの重大な衝突事故のときは、それらの物によって大けがをする可能性もあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
展開したエアバッグは部分的に熱くなっています。熱がさめるまで、手で触れないでください。