オートパイロット機能

このトピックでは、以下のドライバー アシスタンス機能を有効にして使用する方法について説明します。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域、車両構成、購入したオプション、ソフトウェア バージョンによっては、以下の機能が装備されていない場合や、その機能が記述通りには作動しない場合があります。
  • トラフィックアウェア クルーズコントロール従来のクルーズコントロールと同様に、トラフィックアウェア クルーズコントロールは設定された走行速度を維持します。ただし、トラフィックアウェア クルーズコントロールは、先行車両からの距離を維持するために、必要に応じてModel 3を減速または加速します。トラフィックアウェア クルーズコントロールが作動している間であっても、Model 3の操縦運転はドライバーの責任です(トラフィックアウェア クルーズコントロールを参照)。
  • オートステアリング: オートステアリングは、トラフィックアウェア クルーズコントロールと同様に、設定速度(目の前に車両がない場合)または設定された車間距離(目の前に車両がある場合)を維持します。さらに、オートステアリングは、車線マーキング、路肩および車両や物体の存在を検出して、インテリジェントにModel 3の走行車線を維持します(オートステアリングを参照)。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    オートステアリングは、ベータ版の機能です。
  • 自動車線変更: オートステアリングが作動しているときにウィンカーを作動させると、自動車線変更によってModel 3は、ウィンカーが示している方向に隣接する車線に移動します(自動車線変更を参照)。
  • ナビゲート オン オートパイロット: ナビゲート オン オートパイロットは、トラフィックアウェア クルーズコントロールおよびオートステアリングの機能の上に構築されています。オートステアリングが作動している場合、ナビゲート オン オートパイロットを使用すると、Model 3が車線を提案し、設定されている場合、車線を自動的に変更して他の車両を追い越し、ナビゲーション ルートをたどることができます(ナビゲート オン オートパイロットを参照)。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    ナビゲート オン オートパイロットはベータ版機能です。
トラフィックアウェア クルーズコントロールおよびオートステアリングは、Model 3のカメラからの情報を使用して車線マーキング、路肩、ならびにModel 3の周囲の他の車両および道路の使用者を検出します。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
それぞれのドライブを開始する前、またはオートパイロットの機能を使用する前に、すべてのカメラが汚れていないこと、および障害物がないことを確認します(カメラのクリーニングを参照)。カメラやセンサー(装備されていれば)の汚れは、周囲状況や消えかかった車線マーキングなどの周囲条件と同様に、オートパイロットのパフォーマンスに影響をもたらします。カメラが遮られている場合、または覆われている場合、Model 3タッチスクリーンにメッセージが表示され、オートパイロット機能が使用できなくなる可能性があります。特定のアラートに関する詳細については、トラブルシューティングのアラートを参照してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
オートパイロットの制限事項およびドライバーの介入が必要となる状況をよく知ることは、ドライバーの責任です。詳細な情報は、制限と警告を参照してください。

オートパイロット設定

オートパイロット機能を使用する前に、「コントロール」 > 「オートパイロット」の順にタッチして機能をカスタマイズします。
  • 設定速度: 現在検出している速度制限と現在の走行速度のどちらでオートパイロットを作動させるかを選択します。「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「設定速度」の順にタッチし、「速度制限」または「現在の速度」を選択します。
  • オフセット: 「速度制限」を選択した場合、「速度オフセットの設定」にタッチしてオフセット量を指定できます。「固定」(すべての道路で特定量だけ巡航速度が調整されます)または「パーセント」(巡航速度は、その道路に対して検出された速度制限のパーセンテージとして調整されます)を選択できます。
  • オートパイロット起動 : オートステアリングを有効にする方法を選択します。「シングルクリック」に設定している場合、右スクロール ホイールを1回押すと、トラフィックアウェア クルーズコントロールとオートステアリングの両方が作動します。「ダブルクリック」に設定している場合、オートステアリングを作動させるためには右スクロール ホイールを2回押す必要があります。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    オートパイロット起動 トラフィックアウェア クルーズコントロールをオートステアリングから独立して使用する場合は、「ダブルクリック」に設定する必要があります。

トラフィックアウェア クルーズコントロール

トラフィックアウェア クルーズコントロールは常に有効になっています。

設定速度を示すアイコン。
トラフィックアウェア クルーズコントロールが利用可能であっても有効となっていない場合、タッチスクリーンに灰色で巡航速度が表示されます。表示されている数値は、トラフィックアウェア クルーズコントロールを有効にしたときに設定される速度を表しています。
設定速度を示すアイコン。
トラフィックアウェア クルーズコントロールを有効にして、設定速度で巡航している場合、速度は青色の文字で強調表示されます。
トラフィックアウェア クルーズコントロールを作動させるには、右スクロール ホイールを押し、アクセル ペダルをゆるめると、トラフィックアウェア クルーズコントロールで巡航速度が維持されます。いつでもアクセル ペダルを踏んで、設定された巡航速度を一時的に無効にすることができます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
オートパイロット起動 「シングルクリック」に設定している場合、右スクロール ホイールを1回押してもオートステアリング(トラフィックアウェア クルーズコントロールを含む)が作動します。 「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「オートパイロット作動」 にタッチして「ダブル クリック」を選択すると、右スクロール ホイールを1回押したときに、オートステアリングから独立してトラフィックアウェア クルーズコントロールを使用することができます。

トラフィックアウェア クルーズコントロールを有効または無効に切り替えた時にチャイムを鳴らしたい場合は、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「トラフィックアウェア クルーズコントロール チャイム」の順にタッチします。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
トラフィックアウェア クルーズコントロールは、運転の快適性と利便性を高めることを目的に設計されたものであって、衝突警告システムや衝突回避システムではありません。常に路上に注意を払い、安全運転を心がけ、車両を制御することはドライバーの責任です。Model 3 を適切に減速させる操作をトラフィックアウェア クルーズコントロールに依存してはいけません。常に道路の前方に注意を払い、修正行動をとれるように準備してください。これらを怠ると重大な事故や死亡事故につながる恐れがあります。詳細な情報は、制限と警告を参照してください。

オートステアリング

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域、車両構成、購入したオプション、ソフトウェア バージョンによっては、オートステアリングが装備されていない場合や、その機能が記述通りには作動しない場合があります。

オートステアリングを有効にするには:

  1. 「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「オートパイロット機能」 > 「オートステアリング(ベータ版)」の順にタッチします。
  2. ポップアップウィンドウをよく読んで理解したら、「はい」をタッチします。
灰色のハンドルのアイコン。
オートステアリングが利用可能である(ただし、Model 3を能動的に操舵してはいない)ことを示すため、タッチスクリーンの上隅のドライビング ギアの隣に灰色のオートステアリング アイコンが表示されます。オートステアリングが一時的に利用できない状況では、オートステアリング アイコンが消えます。(この例としては、運転速度がオートステアリングの作動に必要な速度内にない場合などがあります。)
オートステアリングを開始するには、右スクロール ホイールを押します
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
オートパイロット起動 の設定が「ダブルクリック」になっている場合、右スクロール ホイールを2回押してオートステアリングを作動させる必要があります(オートパイロット設定を参照)。

オートステアリングにすると、作動していることを確認するためにチャイムが鳴り、道路に注意を払い、ハンドルに両手を置いておくことを注意喚起するメッセージが、タッチスクリーンに短い間表示されます。

青色のハンドルのアイコン
オートステアリングが有効であることを示すために、タッチスクリーンにオートステアリング アイコンが青色で表示されます。

オートステアリングが車線マーキングを検出できる場合、走行車線の端がタッチスクリーン上に青色で表示されます。

オートステアリングが作動しているときは常に、トラフィックアウェア クルーズコントロールも作動します。

オートステアリングが起動していて制限速度を検出できない場合、巡航速度はオートステアリングによって70 km/hに制限されます。手動で加速して制限速度を超えることはできますが、アクセル ペダルを踏んでいる間は、障害物を検知してもModel 3はブレーキをかけません。アクセルペダルから足を離すと、オートステアリングはこの制限速度まで減速させます。その道路から離れるか、またはハンドルを使用してオートステアリングをオフにすると、必要に応じて再度、設定速度を上げることができます。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
オートステアリングが有効になると、ハンドル操作が制限されます。そのため、Model 3は急カーブを回りきれないことがあります。いつでも車両の運転を引き継げるようにしておいてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
オートステアリングはハンズオンのアシスタンス機能です。常にハンドルの上に手を置き、道路状況や周囲の交通状況に注意し、常にすぐに行動できるように準備してください。これらの指示に従わない場合、損傷、重傷、または死亡の原因となる可能性があります。オートステアリングの制限事項および予測通りに作動しない状況をよく知ることは、ドライバーの責任です。詳細な情報は、制限と警告を参照してください。

自動車線変更

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域、車両構成、購入したオプション、ソフトウェア バージョンによっては、車両に自動車線変更が装備されていない場合や、その機能が記述通りには作動しない場合があります。

オートステアリング作動中にウィンカーを作動させると、次の条件が満たされている場合、Model 3はウィンカーが示す方向にある隣の車線に移動します。

  • ウィンカーを作動させている。
  • この車線区分線は車線変更が行えることを示しています。
  • 自動車線変更機能は、手がハンドルに置かれていることを検知しています。
  • 車線変更の途中で、Model 3 は目標車線の外側車線マーカーを検出する必要があります。車線区分線を検出できない場合は、車線変更は中止され、Model 3は元の車線に戻ります。
  • カメラの視野が遮られていない。
  • Model 3 死角にある車両、または目標車線の中心まで車両や障害物を検出しません。車両またはその他の障害物が目標の車線に検知された場合、その障害物はタッチスクリーンの視覚化において赤色で表示され、車線変更が安全になるまで、Model 3は車線変更を完了しません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車線変更を5秒以内に完了しない場合、自動車線変更はキャンセルされます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
オートパイロットは、隣接する車線の車両や障害物を検知するように設計されていますが、常に目視点検を実施して、目標の車線に安全かつ適切に移動できることを確認する責任がドライバーにはあります。データが不十分なためにオートパイロットが車線変更できない場合、タッチスクリーンに一連の警告が表示されます。そのため、自動車線変更機能の使用中は、常にタッチスクリーンに注意を払い、Model 3のハンドルを手動で制御できるように準備しておく必要があります。

オートパイロットが車線変更を実行する最小速度は、地域、隣接する車線の速度、およびその他の要因によって異なる場合があります。いつでも手動でハンドルを操作して、必要に応じて車線変更をする準備をしておいてください。自動車線変更を実行中に、追い越し加速が作動し Model 3 が前方の車両に近づくように加速します(追い越し加速を参照)。

ウィンカーを作動させると、オートパイロットによってModel 3は一度に1車線ずつ移動します。さらに車線を変更するためには、最初の車線変更が完了した後にウィンカーを再度作動させる必要があります。

Model 3で車線変更を行う際は、前方の運転経路と周囲の状況を注視することで、自動車線変更機能の動作を監視することが重要です。いつでもハンドルを引き継げるように準備しておいてください。隣の車線に入ると、Model 3が進入した車線の場所がタッチスクリーンに表示されます。

ナビゲート オン オートパイロット

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域、車両構成、購入したオプション、ソフトウェア バージョンによっては、車両にナビゲート オン オートパイロットが装備されていない場合や、その機能が記述通りには作動しない場合があります。

ナビゲート オン オートパイロットを有効にするには、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「ナビゲート オン オートパイロット(ベータ版)」の順にタッチします。次に、ナビゲート オン オートパイロットの操作をカスタマイズするため、「ナビゲート オン オートパイロットのカスタマイズ」にタッチします。

  • 毎回運転開始時に有効にする: ナビを実行する時にナビゲート オン オートパイロットを自動的に有効にするかどうか選択します。有効にすると、運転を開始するたびに「ナビゲート オン オートパイロット」ボタンが経路案内リストに表示されます。
  • 速度に応じた車線変更: ナビゲート オン オートパイロットは、経路に応じた車線変更と速度に応じた車線変更の両方を実行できるように設計されています。速度に応じた車線変更はオプションです。この設定を使用して、速度に応じた車線変更を無効にすることや、設定した巡航速度を達成するために、ナビゲート オン オートパイロットでの車線変更をどの程度積極的に行うか(「マイルド」「平均値」、または「マッドマックス」)を指定することができます。

「運転開始時に有効にする」がオンになっているとき、次の場合にナビゲート オン オートパイロットは自動的に作動します。

  • オートステアリングが作動している。
  • ドライバーが目的地に向かって移動しています。
  • アクセスが管理された高速道路を走行しています。

有効になると、ナビゲーション ルートが有効になっていて、ルートに少なくとも1つの進入制限されている道路が含まれる場合、「ナビゲート オン オートパイロット」ボタンが常に地図の経路案内リストの上部に表示されます。

「運転開始時に有効にする」がオフになっている場合、経路案内の上にある「ナビゲート オン オートパイロット」ボタンにタッチすると、有効になります。「ナビゲート オン オートパイロット」を選択すると、オートステアリングが作動するたびに作動します。

有効ではない場合のハンドル付きのナビゲート オン オートパイロット アイコン
目的地に移動中に、「ナビゲート オン オートパイロット」が使用可能ではあるがアクティブではない場合、「ナビゲート オン オートパイロット」アイコンが経路案内リストに表示されます。
有効な場合のハンドル付きのナビゲート オン オートパイロット アイコン
「ナビゲート オン オートパイロット」が有効な場合、アイコンは青色になります。「運転開始時に有効にする」がオンになっている場合、ナビゲーションを開始する際に「ナビゲート オン オートパイロット」アイコンが選択されます。アイコンにタッチすると、「ナビゲート オン オートパイロット」がキャンセルされ、「オートステアリング」に戻ります。

「ナビゲート オン オートパイロット」が作動しているとき、「ナビゲート オン オートパイロット」ボタンは青色になり、走行車線は、Model 3の前にある1本の青い線として、タッチスクリーンに表示されます。

経路案内には、オートパイロット ナビ走行によって誘導される地点(高速道路出口など)の隣に、オートステアリング アイコンが表示されます。

ナビゲート オン オートパイロットが作動すると、Model 3ドライバーの確認後に速度に応じた車線変更と経路に応じた車線変更の両方を行います。

  • 速度に応じた車線変更: ナビゲート オン オートパイロットでは車線を変更することで、目的地までの走行時間を短縮します。例えば、Model 3が設定した巡航速度よりも低い速度で走行する車両の後ろを走行している場合、ナビゲート オン オートパイロットによって、追い越し車線に移動して追い越します。速度に応じた車線変更はオプションです。
  • 経路に応じた車線変更: ナビゲート オン オートパイロットは車線を変更して目的地までドライバーを誘導します。たとえば、Model 3がナビゲーション ルートで指定している出口に近づくと、ナビゲート オン オートパイロットによって出口車線に移動します。

タッチスクリーンが車線変更の確認を求めるメッセージを表示したら、該当するウィンカーを作動させます。3秒以内に車線変更の確認を行わない場合、ナビゲート オン オートパイロットで車線変更の確定が必要であることを知らせるチャイムが鳴ります。車線変更を5秒以内に完了しない場合、自動車線変更はキャンセルされます。

ルートベースの車線変更推奨を無視する(高速道路の右側の出口車線に向かっているが左車線を運転している場合など)と、ナビゲート オン オートパイロットでは出口へ誘導することができなくなるため、目的地に向かって再度ルート設定を行います。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
ナビゲート オン オートパイロットでは、ナビゲーション ルートによって退出や車線変更が決められている場合でも、オフランプでの退出や車線変更を試みない可能性があります。オフランプに向けて手動でハンドルを切ることや、オフランプまたはインターチェンジで必要な車線変更を行ったり出る方向に進むことができるように、常に警戒を怠らずに、準備をしておいてください。

ナビゲート オン オートパイロットは、走行中の道路の種類に応じて、有効または無効に切り替わります。ナビゲート オン オートパイロットが有効で、経路案内に従ってオフランプまたはインターチェンジに近づくと、該当するウィンカーが作動して、オートステアリングによりModel 3がオフランプまたはインターチェンジに誘導されます。

アクセス管理されている高速道路から降りると、ナビゲート オン オートパイロットがオートステアリングに戻ります。チャイムが鳴り、タッチスクリーンに、走行車線が(Model 3の前にある青色の線に代わって)青色の複数の線で表示されます。ナビゲート オン オートパイロットが無効になった時でも、オートステアリングは有効なままです。常に適切に対応できるように準備してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ナビゲート オン オートパイロットはハンズフリー機能ではありません。常にハンドルの上に手を置き、道路状況や周囲の交通状況に注意し、常にすぐに行動できるように準備してください。これらの指示に従わない場合、損傷、重傷、または死亡の原因となる可能性があります。ナビゲート オン オートパイロットの制限事項および予測通りに作動しない状況をよく知ることは、ドライバーの責任です。詳細な情報は、制限と警告を参照してください。

オートパイロットのキャンセル

トラフィックアウェア クルーズコントロールは以下の場合にキャンセルされます。

  • ハンドルの右スクロールホイールを押した場合。
  • ブレーキ ペダルを踏んだ場合。
  • 150 km/hを超えている。
  • リバース、パーキング、ニュートラルにシフトした場合。
  • ドアが開いた場合。
  • 自動緊急ブレーキが作動したとき(衝突回避アシスト参照)。
  • 運転者のシートベルトが解除されるか、または運転者が座席から離れたとき。

トラフィックアウェア クルーズコントロールがキャンセルされると、タッチスクリーン上の巡航速度アイコンが灰色になり、トラフィックアウェア クルーズコントロールが無効になっていることを知らせます。

上記のいずれかの操作が実行されると、オートステアリングはキャンセルされます。さらに、オートステアリングは次の場合にキャンセルされます。

  • 140 km/hを超えている。
  • (わずかな量でも)ハンドルに回転力を掛けます。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    警告
    オートパイロット起動 「ダブルクリック」に設定されている場合に、ドライバーがハンドルに回転力を掛けて、オートステアリングがキャンセルされても、トラフィックアウェア クルーズコントロールは有効なままになります。 オートパイロット起動 「シングルクリック」に設定されている場合に、ドライバーがハンドルに回転力を掛けて、オートステアリングがキャンセルされると、トラフィックアウェア クルーズコントロールもキャンセルされます。
  • ドライバーがタッチスクリーンに表示される、ハンドルに手を置いたままにするように指示する反復的なリマインダーおよび後続のメッセージに応答しません(ドライバーの注意力を参照)。

オートステアリングをキャンセルすると、チャイムが鳴り、アイコンが灰色になって、オートステアリングが無効になっていることを示すか、アイコンが完全に消えて、オートステアリングが現在利用できないことを示します。

前述のように、オートステアリングをキャンセルすると、ナビゲート オン オートパイロットもキャンセルされます。さらに、以下の場合、ナビゲート オン オートパイロットがキャンセルされます。
  • 地図の経路案内リストで、「ナビゲート オン オートパイロット」ボタンにタッチします。この場合、オートステアリングはまだアクティブです。
  • アクセス管理されている高速道路から離れます。この場合、オートステアリングはアクティブのままです。

オートパイロットでナビゲーションがキャンセルされてもオートステアリングがアクティブのままの場合、チャイムが鳴り、運転レーンの1本の青色の線が、車線の両側にある2本の青い線に視覚化されます。

トラフィックアウェア クルーズコントロールまたはオートステアリングキャンセルした場合、Model 3は慣性走行しません。代わりに、トラフィックアウェア クルーズコントロールが動作していないときにアクセル ペダルから足を離した場合と同様、回生ブレーキによってModel 3が減速します(回生ブレーキを参照)。

オートパイロット使用時

トラフィックアウェア クルーズコントロールが作動していて、オートパイロットが設定速度を維持している場合、タッチスクリーンに青色のテキストで速度が強調表示されます。

オートステアリングが有効な場合、ハンドルアイコンは青色で表示され、車線マーキングはその視覚化において青色で強調表示されます。ナビゲート オン オートパイロットも作動している場合、「ナビゲート オン オートパイロット」ボタンは青色になり、タッチスクリーンには、走行車線がModel 3の前にある1本の青い線として表示されます。

路面標示、赤信号、障害物(ゴミ箱、柱など)といった車道およびその周辺の詳細情報を表示するには「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「フルセルフドライビングの表示プレビュー」の順にタッチします。

オートステアリングが車線マーカーを検知できない場合、先行車両を元に車線を決定します。オートステアリングは通常、Model 3に走行車線の中央の位置を維持させようとします。ただし、オートステアリングが車線の中心から外れた走行経路に従う場合があります(たとえばガードレールが検出された場合)。

設定速度の変更

オートパイロットが有効な場合、前方に他の車両が検出されていないのであれば、Model 3は設定巡航速度を維持します。車両の後ろで巡航する場合、Model 3は必要に応じて加速および減速して、選択した車間距離を維持します(「車間距離の調整」を参照)。

アクセルペダルを踏み込むことで、いつでも手動で加速することができますが、ペダルをゆるめると、Model 3は設定速度での巡航を再開します。

Model 3 カーブに進入または退出する際も巡航速度を調整します。

先行車両からの選択した距離を維持するため、Model 3が積極的に減速すると、ブレーキランプが点灯します。ブレーキ ペダルのわずかな動きに気付くことがあります。ただし、Model 3が加速をしているときは、アクセル ペダルは動きません。

設定速度の変更

右のスクロール ホイールを上(加速)または下(減速)に回して、設定速度を変更します。

右スクロール ホイールの拡大図およびスクロール ホイールの上下を示す矢印の画像。

Model 3が新たな設定速度に達するまで数秒かかる場合があります。

車間距離の調整

Model 3と前方を走行する車両との車間距離を調整するには、ハンドルの右スクロール ボタンを左または右に押します。

最も短い追従距離は2です。

各設定は、Model 3が現在の位置から先行車両のリアバンパーの位置に到達するまでにかかる時間に基づいた距離に相当します。オートパイロットは、再度変更するまで設定を保持します。

車間距離を調整すると、タッチスクリーンに現在の設定が表示されます。

2台の車とそのあいだに測定値および数値「3」のあるスクリーンショット。

停止とスローダウン

隣接する車線を走行する車両より著しく速い速度で走行しているとき、Model 3は自動的に走行速度を減速します。これは、交通量が多い場合や他の車両が頻繁に車線変更するような状況などにとても効果的です。Model 3が他の車両が非常に低速であることを検知すると、タッチスクリーンには隣の車線が矢印でハイライト表示され、検知された車両は灰色に表示されて、Model 3は適宜減速します。一時的にこの機能を無効にするためには、アクセル ペダルを踏み込みます。

前方に他の車両がある場合、Model 3が完全停車したとしても、オートパイロットは低速において有効となったままとなります。たとえば、高速道路での著しい渋滞時に、Model 3が完全またはほぼ完全な停止まで減速しても、オートパイロットは有効なままです。交通の流れがより速くなりだすと、オートパイロットによって再び設定速度まで加速します。

Model 3が完全に停止している場合、オートパイロットがホールド状態になります。その場合、アクセル ペダルを短い間踏み込むと、巡航を再開します。

円の中にある「H」の文字と、その円の両側にある半円のアイコン。
ホールド状態が有効な場合、タッチスクリーンにはホールドアイコンとメッセージが表示され、クルーズコントロールを再開する必要があることを示します。

Model 3 は、以下の状況でオートパイロットがアクティブな場合、ホールド状態になります。

  • Model 3 が5分間停車していた場合。
  • Model 3 が歩行者を検出した場合(歩行者が検出されなくなるとホールド状態は解除されます)。
  • Model 3 の前方にいた車両が突然視界からいなくなった場合。
  • Model 3の前方に障害物を検出した場合。

高速道路出口またはその付近で巡航する

アクセス管理された道路(高速道路や自動車専用道路など)の出口付近を巡航しているときに、オフランプに向かってウィンカーを入れると、オートパイロットはドライバーが出口から退出しようとしているものとみなしてModel 3を減速させます。オフランプに向かって走行していない場合、オートパイロットは設定速度での巡航を再開します。

右側通行の地域の場合は、最も右側の車線を走行している時に出口の50 m手前で右ウィンカーを出したときに限ってこれが行われます。同様に左側通行の地域の場合は、最も左側の車線を走行している時に出口の50 m手前で右ウィンカーを出したときにこれが行われます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
「ナビゲート オン オートパイロット」が有効な場合、Model 3は経路ベースの車線変更を実行して出口車線に入り、必要に応じてオフランプを通ってナビゲーション ルートをたどります。

進入制限のある道路(高速道路や自動車専用道路など)に進入するとき、オートパイロットは、高速道路の速度制限にユーザーが指定したオフセットを反映した走行速度に自動的に調整します。「ナビゲート オン オートパイロット」が作動している場合、アクセス管理された高速道路を出ると解除されます(オートパイロットのキャンセルを参照)。この場合、オートステアリングはアクティブのままです。

追い越し加速

ウィンカーを一時的に作動させ、前方車両に向かってModel 3を加速します。以下の場合、一瞬だけウィンカー に保持すると、アクセル ペダルを踏まなくても、設定速度まですばやく加速することができます。

  • トラフィックアウェア クルーズコントロールが作動中で前方に車両を検出している場合。
  • 追い越し車線上に障害物または車両が検出されていない場合。
  • Model 3 が、設定速度を下回り、かつ45 mph(72 km/h)を上回る速度で走行している場合。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
オートステアリングが作動しているときに、ウィンカーを完全に作動させると、Model 3は自動的に車線を変更します(自動車線変更を参照)。

Model 3 は、車線変更に時間がかかりすぎている場合、またはModel 3が先行車両に近すぎる場合、設定巡航速度に達したときに、加速を停止します。 Model 3 は、ウィンカーを解除すると、加速も停止します。

赤信号と一時停止標識の警告

オートステアリングの使用中に、赤信号や一時停止標識を通過しそうな事象を検出した場合、Model 3タッチスクリーン上に警告を表示し、チャイム音を鳴らします。これが表示されたら、直ちに是正措置を取ってください。

2、3秒後、またはドライバーがブレーキ ペダルを踏んだ時のいずれか早い時点で、視覚および音声警告はキャンセルされます。

赤信号および一時停止標識の警告これにより、赤信号、一時停止標識、路面標示などでModel 3は減速や停止することはありません。信号機/一時停止標識コントロール装備車の場合は、この機能を有効にすることで信号機や一時停止標識でModel 3が自動的に停止します(信号機と一時停止のコントロールを参照)。

緊急車両

市場地域で利用可能な場合、高速道路で夜間オートステアリングを使用しているときに緊急車両からのライトが検出されると、Model 3は自動的に車速を下げます。この際、タッチスクリーンには減速を知らせるメッセージが表示されます。また、チャイムが鳴り、ハンドルに手に置くようにリマインダーが表示されます。検出したライトが通過するか、見えなくなると、オートパイロットは巡航速度を再開します。または、アクセルを踏んで巡航速度を再開することもできます。

緊急車両の有無を判断するのにオートパイロット機能に依存しないでください。 Model 3 緊急車両からのライトを検出できるとは限りません。進行方向に注意を払い、常に即座に反応できるよう準備をしてください。

ドライバーの注意力

オートステアリングは、Model 3の最適な操縦方法を決定します。オートステアリングが有効になっている時は、ハンドルを握っておく必要があります。ハンドルの上に手が置かれていることを一定期間検知しなかった場合、タッチスクリーンの車両の状態セクションの最上部に青色ライトが点滅表示され、次のメッセージが表示されます。

ハンドルを握ってください
ハンドルを少し回してください

手が検知されると、警告メッセージは消え、オートステアリング機能は通常動作に戻ります。オートステアリングは、ハンドルを回したときにわずかな抵抗を認識すること、またはドライバーがハンドルを(操舵をとって代わるために十分なほどの力を掛けることなく)手で回したことを認識することで、ドライバーの手を検知します。ウィンカー レバーの操作や、ハンドルのボタンやスクロール ホイールの使用を検知した場合も、オートステアリングはドライバーの手を認証します。

またオートステアリング使用時は、ドライバーは周囲に注意を配り、すぐに運転を代われるように備えていなければなりません。それでもオートステアリングがハンドル上に置かれている手を検出しない場合、タッチスクリーンの車両ステータス セクションにあるライトの点滅が速くなり、チャイムが鳴ります。

ハンドルにわずかな力をかけるように促すオートステアリングの注意を繰り返し無視すると、残りの運転でオートステアリングは無効となり、以下に示すように自分で運転することを求めるメッセージが表示されます。

三角形の中の感嘆符
オートパイロットは現在の走行では利用不可です。オートパイロットの強制解除 - 注意力警告の無視のため。

次の運転まで、オートステアリングを使用することはできません。オートステアリングは、次回の運転でも再び利用できます(停車しModel 3をパーキングに切り替えた後)。

手動で運転を再開しないと、オートステアリングは連続してチャイム音を鳴らし続け、警告灯を点滅し、走行速度を落として停止させます。

オートパイロットの一時停止

不適切な使用が検出された場合、オートステアリングの使用は一時停止されます。

オートパイロットの「強制解除」が5回に達すると、オートステアリングの使用は1週間停止されます。強制解除とは、ドライバーが不注意のため音声および表示による警告を数回受けた後、現在の走行サイクルでそれ以降、オートパイロットシステムが解除されることを指します。

オートパイロットへのアクセスが一時停止されるまでの強制解除回数の残数は、「コントロール」 > 「オートパイロット」の順にタッチして確認できます。

強制解除は、再度強制解除を受けない限り、7日後に免除されます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
オートステアリングへのアクセスが一時停止されても、トラフィックアウェア クルーズコントロールを使用でき、アクティブ セーフティ機能はすべて有効なままです。

ドライバーの介入が必要な場合や、安全な走行を続けるためにすばやく運転を引き継ぐ必要がある場合があります。ドライバー側からの解除は、ドライバーの想定される操作であり、不正利用としてはカウントされません。

ただちにステアリング操作を代わる

オートステアリングがModel 3を操作できない状況では、オートステアリングは警告チャイムを鳴らし、インストゥルメントパネルにメッセージを表示します。

三角形の中の感嘆符
オートステアリングが停止します

このメッセージに気づいたら、今すぐ運転を引き継いでください