フロントトランク

開く

フロント トランクを開くには、Model 3を確実にパーキングにシフトさせ、次のいずれかの操作でフードを引き出します。

  • タッチスクリーンで、対応する「開く」ボタンをタッチします。
  • キー フォブのフロント トランク ボタンをダブルクリックします。
  • モバイル アプリのフロント トランク ボタンにタッチします。
車両のフロント フードから上方向を向く矢印
ドアを開いた状態の車両アイコン

ドアまたはトランクが開いているとき、タッチスクリーンに「ドアが開いています」のインジケーターが表示されます。タッチスクリーンに表示される Model 3 の画像でフロントトランクが開いた状態を示します。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ボンネットの開け閉めをする前に、ボンネット周囲に障害物 (人や物) がないことを確認してください。これを怠ると重大な怪我や事故につながる恐れがあります。

積載物の重量は、前と後ろのトランクでできる限り均等に配分されるようにしてください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
フロントトランクには絶対に50 kgを超える荷物を積まないでください。この重量を超過して荷物を積むと、車に損傷を与える恐れがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
荷物を載せるときは、必ず車両の技術的に許容される最大積載質量(TPMLM)を考慮してください(車両総重量を参照)。TPMLMは、すべての乗員、フルード、および貨物を含む車両の最大許容総質量です。

閉める

Model 3 ボンネットは自重でラッチがかかるほどの重量はありません。ボンネット フロント端部または中央を無理に押すと損傷することがあります。

ボンネットの正しい閉め方:

  1. フードがラッチに触れるまでボンネットを下げます。
  2. ここで示すように (緑色の箇所) 、両手をフードのフロント部分に置き、しっかりと押し下げてラッチにはめ込みます。
  3. 慎重にフードのフロント端部を持ち上げてしっかりと閉まっていることを確認します。
フロント フードの中央前端の両側にある緑色の四角形を指し示す矢印。フード中央前端の赤い四角形。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
損傷を避けるために:
  • ここで示す緑色の部分以外には力を加えないでください。赤色の領域に無理な力を加えると、損傷することがあります。
  • ボンネットは片手で閉めないでください。片手で閉めると力が一個所に集中し、凹みや波打ちの原因となります。
  • ボンネット前端には圧力をかけないでください。圧力をかけると、前端が曲がる恐れがあります。
  • ボンネットを強く閉めたり、落としたりしないでください。
  • スクラッチを避けるため、手には何も持たないでください(キー)。宝飾品もスクラッチの原因になります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
運転する前に、ボンネット前端をゆっくりと持ち上げてみて、フードが完全に閉じられた位置でラッチがかかり、動かないことを確認してください。
以下の場合、フロントトランクがロックします。
  • タッチスクリーン、キーまたはモバイル アプリを使用してModel 3をロックした場合。
  • キーを携帯してModel 3から離れた場合(降車後オートロック機能はオン状態)。
  • バレーモードが有効な場合(バレーモードを参照)。

内部緊急解除

人がフロントトランクに閉じ込められても、トランク内でリリース ボタンのイルミネーションが点灯するため脱出することができます。

トランクを開いた車の画像を持つ、フロントトランク内のボタン

内部解除ボタンを押して、フロントトランクを開けて、ボンネットを押し上げます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
トランク内のリリース ボタンは、周囲からの光を受けたあと、しばらくの間は点灯します。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
フロントトランクには入らないでください。フロントトランクに人を入れて閉めないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
フロント トランクに荷物を入れるときは、荷物がリリース ボタンに接触してフードが開いてしまうことのないよう注意してください。

電源がない状態でフードを開ける

Model 3低電圧電源が供給されなくなると、タッチスクリーンまたはモバイルアプリを使用してフロントトランクを開けることができなくなります。以下の状況でフロントトランクを開く方法を説明します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model 3がロックされ、なおかつ低電圧の電力が供給されている場合は、以下のステップに従ってもフロント トランクは開きません。
フロント牽引用アイ カバーのクロースアップ
  1. 外部低電圧電源(たとえば、ポータブルのジャンプスターターなど)を用意します。
  2. けん引ボルト カバー周囲の右上を内側に回るまで強く押し、持ち上がった部分をゆっくりと手前に引いてください。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    けん引ボルト カバーは、車両側黒色マイナス(-)端子に接続されています。
  3. 配線 2 本をけん引ボルト用開口部から引き出して、車両側の端子を露出します。
  4. 低電圧電源のプラス側(+)赤色ケーブルをプラス側(+)赤色端子に接続します。
  5. 低電圧電源のマイナス側(-)黒色ケーブルをマイナス側(-)黒色端子に接続します。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    外部低電圧電源をこれらの端子に接続するとボンネットのラッチのみリリースします。これらの端子を使用して低電圧バッテリーを充電することはできません。
  6. 外部電源をオンにします(製造元の取扱説明書を参照)。フードラッチがすぐにリリースされ、フードを開けてフロント トランク部にアクセスすることができます。
  7. 外部電源ケーブルを外すときは、黒色マイナス(-)ケーブルから外してください。
  8. 平ボディトラックに車両を引き上げる場合は、けん引ボルトカバーを交換しないでください。必要な場合は、けん引ボルト開口部にワイヤーを挿入し、けん引ボルトカバーの位置に合わせ、所定の位置に回してけん引ボルトカバーを取り付けます。