トラブルシューティングのアラート

(APP_w207)オートステアリングは一時的に使用できません

オートステアリングは現在使用できません。これは、次のような外部条件による一時的な状態である可能性があります。
  • 車線の境界線がないまたは薄くなっている
  • 極端にせまい道や曲がりくねった道を運転している
  • 雨、雪、霧、その他の気象状況によって視認性が低くなっている
  • 外気温度が極端に高いまたは低い
  • 対向車のヘッドライトや直射日光などの明るい光が当たっている

これらのような一時的な要因がアラートの原因である場合、通常は対応や修理は必要ありません。引き続き目的地まで向かってください。そのような状態がなくなると、アラートが消えオートステアリングが使用可能になります。

車線が視認できる道路を走行中、前方に車両が検出されないときにオートステアリングを起動する場合、特定の車両や道路の条件を満たさない限り、速度は、時速18マイル(時速30キロ)以上である必要があることに注意してください。前方に車両が検出された場合:
  • オートステアリングを時速150 km未満の任意の速度で開始することができます。
  • 他の車両が前方に150 cm以上離れている場合は、たとえお客さまが止まっていても、オートステアリングを開始することができます。

オートステアリング動作中に走行速度が一時的に90 mph(時速150 km)を超えると、このアラートが表示され、その時点の運転においてはオートステアリングが使用できなくなります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ドイツで運転中にこのアラートが起動した場合は、走行速度が90 mph(時速150 km)未満になるとオートステアリングは再び有効になります。
オートステアリングを目的地に到着するまでそして次回車両を使用しているときに利用できない場合は、次のいずれかの問題が発生している可能性があります。
  • 泥、氷、雪などの環境要因により損傷または障害物が発生している
  • 自転車ラックのような物体が車両に取り付けられ、障害となっている
  • 塗料、またはラップ、ステッカー、ラバー コーティングのような粘着性物質など障害物が車両に付けられている
  • バンパーが損傷している、または位置がずれている

洗車するだけで問題が解決できる場合があります。明らかな障害物が見つからない場合、または車両に損傷がある場合は、ご都合の良いときにサービスの予約をしてください。その間は車両を運転することに問題はありません。

詳細は、オートステアリングを参照してください。

(APP_w218)オートステアリングの速度制限を超過自分で操作してください ハンドル

車両がこのドライバー アシスト機能の最高速度制限を超えたため、オートステアリングは利用できません。オートステアリングを利用できる速度は、最高90 mph(150 km/h)までです。

すみやかにハンドルを自分で操作して目的地まで運転してください。車両を運転しても問題はありません。

多くの場合、そのまま運転してもオートステアリングが再び有効になることはありません。オートステアリングをリセットするには、車両を完全に停止して、パーキングにシフトします。ドライブにシフトすると、オートステアリングは次の目的地まで再び有効になります。

車線が視認できる道路を走行中、前方に車両が検出されないときにオートステアリングを起動する場合、特定の車両や道路の条件を満たさない限り、速度は、時速18マイル(時速30キロ)以上である必要があることに注意してください。

前方に車両が検出された場合:
  • オートステアリングを時速150 km未満の任意の速度で開始することができます。
  • 他の車両が前方に150 cm以上離れている場合は、たとえお客さまが止まっていても、オートステアリングを開始することができます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ドイツで運転中にこのアラートが起動した場合は、走行速度が90 mph(時速150 km)未満になるとオートステアリングは再び有効になります。

次の走行時にオートステアリングが引き続き有効にならない場合は、ご都合のよいときにサービスを予約してください。その間は車両を運転することに問題はありません。

詳細な情報は、オートステアリングを参照してください。

(APP_w221)クルーズコントロール利用不可フロントレーダーの視認性が低下

車両のフロント バンパー部分にあるレーダーの視程がまったくないか、ほとんどないため、トラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングは利用できません。引き続き目的地まで向かってください。車両を運転しても問題はありません。

レーダーの十分な視程が得られない限り、トラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングは引き続き使用できません。これは、雪、氷、ほこり、泥などの要因で引き起こされる一時的な障害です。警報がこれらの一時的な要因で引き起こされた場合、特に対応する必要はありません。運転中にその状況は解消されるでしょう。

運転中ずっと警報が解消されない場合、次の運転を予定する前にフロント バンパーを点検して障害を解消してください。
  • レーダーの場所と、車両の該当部分のほこりやちりの除去のために必要な手入れの詳細については、オートパイロットについての「その働き」と「カメラとセンサーの掃除」の項を参照してください。
  • 一般的な掃除の際のヒントと注意事項については、洗車を参照してください。

レーダーによる視程が再び十分に回復すると、警報は解消され、トラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングのいずれも再び有効になります。

レーダーがあるフロント バンパーに障害物がないのに、その後の運転でもこのアラートが解消さない場合は、できるだけすみやかにサービスを予約してください。その間は車両を運転することに問題はありません。

(APP_w222)クルーズコントロール利用不可フロントカメラの視認性が低下

車両の1台以上のフロント カメラが外部条件で妨害されているか視界を遮られていて、トラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングが無効です。引き続き目的地まで向かってください。車両を運転しても問題はありません。

フロント カメラの十分な視程が得られない限り、トラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングは引き続き使用できません。カメラの視界が遮られるあるいは遮断される要因は数多くあります。たとえば、以下のような要因があります。
  • カメラ表面の汚れまたはごみ
  • 雨、霧、雪、露などの悪天候
  • 日光などの眩しい光
  • カメラ表面の結露(水滴または霧)

多くの場合、これは一時的な問題であり、結露が蒸発したときや、特定の環境条件がなくなったときに解消されます。

目的地まで警報が解消されない場合、次回の運転までにウィンドシールドの上部中央のフロント カメラ領域を点検して必要に応じて掃除してください。カメラ表面に結露、ほこり、あるいはその他ちりがないか確認し、障害物は取り除いてください。フロントカメラの場所と掃除のクリーニング際のヒントの詳細については、オートパイロットについての「その働き」と「カメラとセンサーの掃除」の項を参照してください。

フロント カメラのエンクロージャ内部の結露は完全に拭き取ることができませんが、通常は、以下の手順でり簡単にクリーニングを行えます。
  1. 温度を高に設定し、A/Cをオンにして車内の空調を入れます。
  2. 前方の霜取り装置をオンにします。

フロント カメラの視程が再び十分に回復すると、警報は解消され、トラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングのいずれも再び有効になります。

フロント カメラで障害物が見えないのに、その後の運転時にもこのアラートが解消されない場合は、できるだけすみやかにサービスを予約してください。その間は車両を運転することに問題はありません。

(APP_w224)クルーズコントロール利用不可カメラ補正のため運転を続けてください

車両のカメラのキャリブレーションが不十分なためトラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングを利用できません。引き続き目的地まで向かってください。車両を運転しても問題はありません。

カメラのキャリブレーションが完了するまで、トラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングは引き続き使用できません。

トラフィックアウェア クルーズ コントロールやオートステアリングなどの機能が有効なとき、車両は高精度で運転する必要があります。初めてこれらの機能を使用するときは、事前に、カメラの初期セルフキャリブレーションを実施する必要があります。場合によっては、1台以上のカメラがキャリブレーションなしで使用されることがあります。

利便性のために、プログレス インジケータがタッチスクリーンに表示されます。キャリブレーションは通常、20~25マイル(32~40 km)走行後に完了しますが、この距離は道路条件や環境条件によって異なります。たとえば、車線区分線がはっきりと見える直線路を走行すると、カメラは短時間にキャリブレーションできます。

詳細情報については、走行中のカメラキャリブレーションを参照してください。

キャリブレーションが完了したら、トラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングが利用できます。

100マイル(160 km)以上走行後も、アラートが解消されず、カメラ キャリブレーションが完了しない場合、あるいはカメラ キャリブレーションが成功したのにトラフィックアウェア クルーズ コントロールとオートステアリングが利用できない場合は、できるだけすみやかにサービスを予約してください。その間は車両を運転することに問題はありません。

(APP_w304)カメラの視界が遮られているカメラを清掃するか視界復帰するまで待機

外部条件により、1つ以上の車載カメラの視界が遮られているあるいは遮断されています。正確な視覚情報がカメラにより生成できない場合は、オートパイロット機能の一部またはすべてが一時的に使用できなくなる場合があります。

カメラの視界が遮られるあるいは遮断される要因は数多くあります。たとえば、以下のような要因があります。
  • カメラ表面の汚れまたはごみ
  • 雨、霧、雪、露などの悪天候
  • 日光などの眩しい光
  • カメラ表面の結露(水滴または霧)

引き続き目的地まで向かってください。車両を運転しても問題はありません。

多くの場合、これは一時的な問題であり、結露が蒸発したときや、特定の環境条件がなくなったときに解消されます。

目的地に到着するまでにアラートが消えない場合は、カメラの表面に結露、汚れ、またはその他のごみがないか確認してください。

カメラの位置は、オートパイロットについてを参照してください。

次回のドライブをする前に必要に応じてカメラをクリーニングしてください。推奨されるクリーニング手順についてはカメラおよびセンサーのクリーニングを参照してください。

このアラートがカメラのクリーニング後も引き続き表示される場合は、ドアピラーのカメラ筺体内側に結露がないか確認してください。

カメラのエンクロージャ内部の結露は完全に拭き取ることができませんが、通常は、以下の手順で簡単にクリーニングを行えます。
  1. 温度を高に設定し、A/Cをオンにして車内の空調を入れます。
  2. 前方の霜取り装置をオンにします。
  3. 吹出し口をドアピラーのカメラに向けます。

カメラのエンクロージャから結露を取り除く方法に関する詳細情報についてはカメラおよびセンサーのクリーニングを参照してください。

示されたカメラのクリーニングを行ない、結露を取るために推奨される手順を実施したにも関わらず、次回のドライブの終了までにアラートが解消しなかった場合は、次のご都合のよいときにサービスする予約をしてください。その間は車両を運転することに問題はありません。

(CC_a001)充電不可 - アース配線不十分正しい配線またはコンセント接地の検証が必要

このアラートの意味:

ウォールコネクターで接地接続が検出されません。

対応策:

ウォールコネクターを電気技師に検査してもらい、適切に接地されていることを確認してください。サーキット ブレーカーまたは分電盤ボックスが正しく接地され、ウォールコネクターが正しく接続されていることの確認を電気工事士に依頼してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a002)充電不可 - ウォールコネクター漏電を検知プラグを入れ直すか別の充電設備をお試し下さい

このアラートの意味:

漏電。安全でない経路から漏電しています。ラインからアースまたは中性からアースで不良の恐れがあります。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。問題が解決されない場合、電気工事士に相談するか、Teslaまでご連絡ください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a003)充電不可 - ウォールコネクター漏電を検知プラグを入れ直すか別の充電設備をお試し下さい

このアラートの意味:

漏電。安全でない経路から漏電しています。ラインからアースまたは中性からアースで不良の恐れがあります。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。問題が解決されない場合、電気工事士に相談するか、Teslaまでご連絡ください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a004)充電不可 - ウォールコネクターに問題がありますウォールコネクターは整備が必要です

このアラートの意味:

ウォール コネクター ハードウェアの問題。以下の問題が考えられます。
  1. コネクターが機能していません
  2. 内部接地障害監視サーキットの自己診断が失敗しました
  3. 温度センサーが切り離されました
  4. その他のハードウェアコンポーネントの問題

対応策:

ウォール コネクターで内部エラーが検出されました。
  1. ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  2. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにし、10秒待ってから、再びサーキット ブレーカーをオンにします。車両とウォール コネクターの再接続を試してください。
  3. 問題が解消されない場合、電気工事士に連絡して、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の手順に従ってすべてのワイヤーが正しく接続されていて、しっかり締まっていることを確認してください。
  4. 電気工事士がすべての作業を完了し、ウォールコネクタへの電力を回復したら、ウォールコネクタを車両に再接続して充電を再試行します。
  5. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターを点検してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a005)充電不可 - ウォールコネクター漏電を検知プラグを入れ直すか別の充電設備をお試し下さい

このアラートの意味:

漏電。安全でない経路から漏電しています。ラインからアースまたは中性からアースで不良の恐れがあります。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。問題が解決されない場合、電気工事士に相談するか、Teslaまでご連絡ください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a006)充電不可 - ウォールコネクター過電流プラグを入れ直すか別の充電設備をお試し下さい

このアラートの意味:

過電流保護。

対応策:

車両の充電電流設定を下げてください。問題が解消されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a007)充電不可 - 入力電圧が高過ぎますウォールコネクターには定格内電圧が必要

このアラートの意味:

過電圧または減電圧保護。

対応策:

ウォール コネクターのサーキット ブレーカーの正しい電圧について電気工事士にご相談ください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a008)充電不可 - 入力電圧不足ウォールコネクターには定格内電圧が必要

このアラートの意味:

過電圧または減電圧保護。

対応策:

ウォール コネクターのサーキット ブレーカーの正しい電圧について電気工事士にご相談ください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a009)充電不可 - 誤った入力配線ウォールコネクターへの入力配線の修正が必要

このアラートの意味:

入力側誤配線: ラインと中性が反対に接続されている可能性があります。

対応策:

壁側電源とウォールコネクター間の入力配線が誤って接続されています。電気工事士にご相談ください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a010)充電不可 - ウォールコネクターに問題がありますウォールコネクターは整備が必要です

このアラートの意味:

ウォール コネクター ハードウェアの問題。以下の問題が考えられます。
  1. コネクターが機能していません
  2. 内部接地障害監視サーキットの自己診断が失敗しました
  3. 温度センサーが切り離されました
  4. その他のハードウェアコンポーネントの問題

対応策:

ウォール コネクターで内部エラーが検出されました。
  1. ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  2. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにし、10秒待ってから、再びサーキット ブレーカーをオンにします。車両とウォール コネクターの再接続を試してください。
  3. 問題が解消されない場合、電気工事士に連絡して、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の手順に従ってすべてのワイヤーが正しく接続されていて、しっかり締まっていることを確認してください。
  4. 電気工事士がすべての作業を完了し、ウォールコネクタへの電力を回復したら、ウォールコネクタを車両に再接続して充電を再試行します。
  5. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターを点検してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a011)充電不可 - ウォールコネクターが過熱ウォールコネクターが冷えるまでお待ち下さい

このアラートの意味:

加熱防止(ラッチオフ)。

対応策:

ウォール コネクターが何かで覆われていたり、熱源が近くにないことを確認してください。通常の周囲温度(38°C 以下)で問題が解決されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a012)充電不可 - ウォールコネクター接続部が過熱コンセントまたはウォールコネクターの点検が必要

ウォールコネクターによる高温検出アラートは、ウォールコネクターへの建物の配線が非常に高温になったため、配線やウォールコネクターを保護するために充電が停止したことを示しています。

これは通常、車両またはウォールコネクターの問題ではなく、建物の配線の問題です。これは、ウォールコネクターへの建物の配線接続に緩みがあるため発生した可能性があり、電気工事業者により迅速な修理ができます。

正常な充電動作を回復するには、以下の手順に従って操作してください。

ウォール コネクターを壁面コンセントに差し込んだら、以下の事項を確認してください:
  • プラグがコンセントに完全に差し込まれている
  • プラグ/コンセントに異物が詰まっていない/異物で覆われていない
  • 近くに熱源がない

問題が解決しない場合や、ウォール コネクターが固定配線の場合、電気技術者にウォール コネクターまでの建物の建物の配線接続の調査を依頼してください。ウォールコネクターの設置ガイドに従って、すべての配線が正常に接続されしっかり締められている状態にする必要があります。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a013)充電不可 - 充電ハンドルが過熱充電ハンドルまたはポートの異物を確認下さい

このアラートの意味:

加熱防止(ラッチオフ)。

対応策:

コネクターが車両の充電ポートに確実に挿入されていて、それが何かで覆われていたり熱源が近くにないことを確認してください。通常の周囲温度(38°C 以下)で問題が解決されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a014)充電不可 - ウォールコネクターに問題がありますウォールコネクターは整備が必要です

このアラートの意味:

ウォール コネクター ハードウェアの問題。以下の問題が考えられます。
  1. コネクターが機能していません
  2. 内部接地障害監視サーキットの自己診断が失敗しました
  3. 温度センサーが切り離されました
  4. その他のハードウェアコンポーネントの問題

対応策:

ウォール コネクターで内部エラーが検出されました。
  1. ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  2. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにし、10秒待ってから、再びサーキット ブレーカーをオンにします。車両とウォール コネクターの再接続を試してください。
  3. 問題が解消されない場合、電気工事士に連絡して、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の手順に従ってすべてのワイヤーが正しく接続されていて、しっかり締まっていることを確認してください。
  4. 電気工事士がすべての作業を完了し、ウォールコネクタへの電力を回復したら、ウォールコネクタを車両に再接続して充電を再試行します。
  5. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターを点検してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a015)充電不可 - 車両側の接続が不良です充電ハンドルを充電ポートにしっかり挿入

このアラートの意味:

ウォールコネクターと車両の間で通信エラーが発生しました。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  1. 問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。
  2. 問題が解決されない場合、他の充電器がある場合は、他のウォール コネクターまたはモバイル コネクターに車両を接続して、車両が他の充電設備と通信できるかどうかを判断してください。
  3. 問題が解消されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a016)充電不可 - 車両側の接続が不良です充電ハンドルを充電ポートにしっかり挿入

このアラートの意味:

ウォールコネクターと車両の間で通信エラーが発生しました。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  1. 問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。
  2. 問題が解決されない場合、他の充電器がある場合は、他のウォール コネクターまたはモバイル コネクターに車両を接続して、車両が他の充電設備と通信できるかどうかを判断してください。
  3. 問題が解消されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a017)充電不可 - 車両側の接続が不良です充電ハンドルを充電ポートにしっかり挿入

このアラートの意味:

ウォールコネクターと車両の間で通信エラーが発生しました。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  1. 問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。
  2. 問題が解決されない場合、他の充電器がある場合は、他のウォール コネクターまたはモバイル コネクターに車両を接続して、車両が他の充電設備と通信できるかどうかを判断してください。
  3. 問題が解消されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a018)充電不可 - 車両側の接続が不良です充電ハンドルを充電ポートにしっかり挿入

このアラートの意味:

ウォールコネクターと車両の間で通信エラーが発生しました。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  1. 問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。
  2. 問題が解決されない場合、他の充電器がある場合は、他のウォール コネクターまたはモバイル コネクターに車両を接続して、車両が他の充電設備と通信できるかどうかを判断してください。
  3. 問題が解消されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a019)充電不可 - 車両側の接続が不良です充電ハンドルを充電ポートにしっかり挿入

このアラートの意味:

ウォールコネクターと車両の間で通信エラーが発生しました。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  1. 問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。
  2. 問題が解決されない場合、他の充電器がある場合は、他のウォール コネクターまたはモバイル コネクターに車両を接続して、車両が他の充電設備と通信できるかどうかを判断してください。
  3. 問題が解消されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a020)充電不可 - ウォールコネクターに問題がありますウォールコネクターは整備が必要です

このアラートの意味:

ウォール コネクター ハードウェアの問題。以下の問題が考えられます。
  1. コネクターが機能していません
  2. 内部接地障害監視サーキットの自己診断が失敗しました
  3. 温度センサーが切り離されました
  4. その他のハードウェアコンポーネントの問題

対応策:

ウォール コネクターで内部エラーが検出されました。
  1. ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  2. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにし、10秒待ってから、再びサーキット ブレーカーをオンにします。車両とウォール コネクターの再接続を試してください。
  3. 問題が解消されない場合、電気工事士に連絡して、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の手順に従ってすべてのワイヤーが正しく接続されていて、しっかり締まっていることを確認してください。
  4. 電気工事士がすべての作業を完了し、ウォールコネクタへの電力を回復したら、ウォールコネクタを車両に再接続して充電を再試行します。
  5. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターを点検してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a021)充電不可 - マスターウォール コネクターなしマスターがオンで使えることを確認して下さい

このアラートの意味:

ロードシェアリング(サーキットブレーカーの共有)ネットワーク: ウォール コネクターは1台のみをプライマリーに設定してください。

対応策:

1台のウォールコネクターのみがプライマリーとして設定できます。担当した電気工事士は以下を確認します:
  1. ウォール コネクターは1台のみをプライマリーに設定します。
  2. プライマリーユニットにリンクされている他のすべてのウォールコネクターは、ペアの位置(F位置)に設定されます。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a022)充電不可 - マスターが複数ありますマスターのウォールコネクターは1台のみです

このアラートの意味:

ロードシェアリング(サーキットブレーカーの共有)ネットワーク: ウォール コネクターは1台のみをプライマリーに設定してください。

対応策:

1台のウォールコネクターのみがプライマリーとして設定できます。担当した電気工事士は以下を確認します:
  1. ウォール コネクターは1台のみをプライマリーに設定します。
  2. プライマリーユニットにリンクされている他のすべてのウォールコネクターは、ペアの位置(F位置)に設定されます。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a023)充電不可 - ウォールコネクターが多過ぎますマスターとペアできるユニットは3台以下です

このアラートの意味:

ロードシェアリング(サーキットブレーカーの共有)ネットワーク: 4個以上のウォール コネクターが同じプライマリーユニットとペアリングされているます。

対応策:

電気工事士は、1つまたは複数のペアリングされているウォールコネクターを別の回路に移動し、このロードシェアリング(サーキットブレーカーの共有)ネットワークから切断(ペアを解除する)してもらいます。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a024)充電不可 - ウォールコネクター電流低下現在のマスターの設定を上げる必要あり

このアラートの意味:

ロータリー スイッチの設定が不正です。

対応策:

電気工事士に、ウォールコネクターの内部ロータリースイッチを有効な動作電流設定に調整してもらいます。電気工事士は、最初にウォール コネクターに電気がきていないことを確認してください。スイッチ設定と電流の対応関係は、ウォール コネクターの内側に印刷されている場合があります。電気工事士は、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の「動作電流を設定」の項も参照してください。

ウォール コネクターのロード シェアリング (サーキットブレーカーの共有) の設定をし、他のウォール コネクターとのペアリングができたら、プライマリー ユニットのロータリー スイッチは、ペアリングのそれぞれの片方のウォール コネクターが充電電流を 6A 以上受け取る動作電流設定に設定する必要があります。

例: 負荷分散のため、3つのウォール コネクターがペアリングされています。プライマリー ユニットは、3 * 6A = 18A 以上の電流値に設定してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a025)充電不可 - ウォールコネクターに問題がありますウォールコネクターは整備が必要です

このアラートの意味:

ウォール コネクター ハードウェアの問題。以下の問題が考えられます。
  1. コネクターが機能していません
  2. 内部接地障害監視サーキットの自己診断が失敗しました
  3. 温度センサーが切り離されました
  4. その他のハードウェアコンポーネントの問題

対応策:

ウォール コネクターで内部エラーが検出されました。
  1. ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  2. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにし、10秒待ってから、再びサーキット ブレーカーをオンにします。車両とウォール コネクターの再接続を試してください。
  3. 問題が解消されない場合、電気工事士に連絡して、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の手順に従ってすべてのワイヤーが正しく接続されていて、しっかり締まっていることを確認してください。
  4. 電気工事士がすべての作業を完了し、ウォールコネクタへの電力を回復したら、ウォールコネクタを車両に再接続して充電を再試行します。
  5. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターを点検してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a026)充電不可 - ウォールコネクターに問題がありますウォールコネクターは整備が必要です

このアラートの意味:

ウォール コネクター ハードウェアの問題。以下の問題が考えられます。
  1. コネクターが機能していません
  2. 内部接地障害監視サーキットの自己診断が失敗しました
  3. 温度センサーが切り離されました
  4. その他のハードウェアコンポーネントの問題

対応策:

ウォール コネクターで内部エラーが検出されました。
  1. ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  2. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにし、10秒待ってから、再びサーキット ブレーカーをオンにします。車両とウォール コネクターの再接続を試してください。
  3. 問題が解消されない場合、電気工事士に連絡して、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の手順に従ってすべてのワイヤーが正しく接続されていて、しっかり締まっていることを確認してください。
  4. 電気工事士がすべての作業を完了し、ウォールコネクタへの電力を回復したら、ウォールコネクタを車両に再接続して充電を再試行します。
  5. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターを点検してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a027)充電不可 - ウォールコネクターに問題がありますウォールコネクターは整備が必要です

このアラートの意味:

ウォール コネクター ハードウェアの問題。以下の問題が考えられます。
  1. コネクターが機能していません
  2. 内部接地障害監視サーキットの自己診断が失敗しました
  3. 温度センサーが切り離されました
  4. その他のハードウェアコンポーネントの問題

対応策:

ウォール コネクターで内部エラーが検出されました。
  1. ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  2. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにし、10秒待ってから、再びサーキット ブレーカーをオンにします。車両とウォール コネクターの再接続を試してください。
  3. 問題が解消されない場合、電気工事士に連絡して、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の手順に従ってすべてのワイヤーが正しく接続されていて、しっかり締まっていることを確認してください。
  4. 電気工事士がすべての作業を完了し、ウォールコネクタへの電力を回復したら、ウォールコネクタを車両に再接続して充電を再試行します。
  5. 問題が解消されない場合は、ウォール コネクターを点検してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a028)充電不可 - 誤ったスイッチ設定ウォールコネクターロータリースイッチの調整が必要

このアラートの意味:

ロータリー スイッチの設定が不正です。

対応策:

電気工事士に、ウォールコネクターの内部ロータリースイッチを有効な動作電流設定に調整してもらいます。電気工事士は、最初にウォール コネクターに電気がきていないことを確認してください。スイッチ設定と電流の対応関係は、ウォール コネクターの内側に印刷されている場合があります。電気工事士は、『ウォール コネクター取り付けマニュアル』の「動作電流を設定」の項も参照してください。

ウォール コネクターのロード シェアリング (サーキットブレーカーの共有) の設定をし、他のウォール コネクターとのペアリングができたら、プライマリー ユニットのロータリー スイッチは、ペアリングのそれぞれの片方のウォール コネクターが充電電流を 6A 以上受け取る動作電流設定に設定する必要があります。

例: 負荷分散のため、3つのウォール コネクターがペアリングされています。プライマリー ユニットは、3 * 6A = 18A 以上の電流値に設定してください。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a029)充電不可 - 車両側の接続が不良です充電ハンドルを充電ポートにしっかり挿入

このアラートの意味:

ウォールコネクターと車両の間で通信エラーが発生しました。

対応策:

ウォール コネクターを車両から外し、再接続してから充電をやり直してください。
  1. 問題が解決されない場合、ウォール コネクターのサーキット ブレーカーをオフにして 10 秒間待ってからもう一度サーキット ブレーカーをオンにした後、ウォール コネクターを車両に接続してください。
  2. 問題が解決されない場合、他の充電器がある場合は、他のウォール コネクターまたはモバイル コネクターに車両を接続して、車両が他の充電設備と通信できるかどうかを判断してください。
  3. 問題が解消されない場合は、サービスが必要です。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a030)充電不可 - マスター/ユニットペアの不一致現在のウォールコネクターの定格が一致する必要あり

このアラートの意味:

ロードシェアリング(サーキットブレーカーの共有)ネットワーク: ペアリングしたウォール コネクターの最大電流容量が異なります。

対応策:

ロードシェアリング(サーキット ブレーカーの共有)ネットワークにペアリングできるのは同じ最大電流容量のウォール コネクターのみです。電気工事士は、ウォール コネクターのタイプ ラベルで、電流容量がマッチしていることを確認してください。また、電気工事士は、同じ部品番号のウォール コネクターでペアリングすることを推奨します。ペアリング対象ユニットが互換性があることを簡単に確認できるからです。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a041)充電レート低下 - 壁側接続の加熱コンセントまたはウォールコネクターの点検が必要

ウォールコネクターによる高温検出アラートは、ウォールコネクターへの建物の配線が非常に高温になったため、配線やウォールコネクターを保護するために充電が低速になったことを示しています。

これは通常、車両またはウォールコネクターの問題ではなく、建物の配線の問題です。これは、ウォールコネクターへの建物の配線接続に緩みがあるため発生した可能性があり、電気工事業者により迅速な修理ができます。

充電速度を正常な状態に戻すには、電気工事業者に連絡し、ウォールコネクターへの建物の配線接続調査をご依頼ください。ウォールコネクターの設置ガイドに従って、すべての配線が正常に接続されしっかり締められている状態にする必要があります。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CC_a043)ウォールコネクターの設定を完了する必要あり設置ガイドを参照して充電を有効にしてください

このアラートの意味:

ウォールコネクターの設定が未完了です。

対応策:

ウォールコネクターを試運転して、サーキット ブレーカーのサイズと保護アースの接続タイプを正しく設定する必要があります。

詳細についてはウォールコネクターの設置マニュアルにある試運転手順を参照してください。問題が解決しない場合、電気工事業者に連絡してウォール コネクターまでの建物の配線接続調査をご依頼ください。業者は電力出力およびアース接続が、ウォールコネクターの設置ガイドに従って正しく設定されているかを確認する必要があります。

詳細については、ウォール コネクターの設置ガイドをご参照ください。

(CP_a004)充電機器が認識されません再試行または別の機器をお試しください

充電ケーブルが挿入されているかどうか、または接続されている充電ケーブルの種類を充電ポートが検知できない。

充電ケーブルが接続されているときにこのアラートが表示された場合、充電機器または車両の原因による問題かを判断することができます。別の外部重電機器(充電ケーブル、充電ステーション、充電ポイントなど)を使用して車両の充電を試してみます。

  • 車両が充電を開始したら、機器の問題であることが確認できます。
  • 車両が充電を開始しないようなら、車両に問題があることが考えられます。

充電ケーブルが接続されていないときにこのアラートが表示された場合、または車両に問題があることが疑われる場合は、充電ポート口と充電ケーブルのコネクターに異物がないかどうか点検します(必要に応じてフラッシュライトを使用します)。ごみや湿気、異物が充電ポート入口または充電ケーブルのコネクターに入り込むと充電ポートは充電ケーブルを検知することができなくなります。

ごみ/異物はすべて取り除き、湿気は乾燥させることをお勧めします。その後、充電ポートにケーブルを挿入し直します。充電が開始するかどうかを確認します。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。
  • 充電ポート口の障害物が取り除かれていることを確認してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

(CP_a010)充電機器に通信エラーが発生しました再試行または別の機器をお試しください

外部充電機器と有効な通信ができないために車両を充電できません。充電機器からの有効なコントロール パイロット信号を検知できません。

まず、有効な通信がない原因が、外部充電機器によるもので、車両の問題ではないことを確認してください。一般的にはこれが当てはまります。

別の外部重電機器を使用して車両の充電を試してみます(充電ケーブル、充電ステーション、充電用駐車場など)。

  • 車両が充電を開始したら、機器の問題であることが確認できます。
  • 車両が充電を開始しないようなら、車両に問題があることが考えられます。

車両に問題があることが疑われる場合は、充電ポート入口と充電ケーブルのコネクターに異物がないかどうか点検します(必要に応じてフラッシュライトを使用します)。ごみや湿気、異物が充電ポート入口または充電ケーブルのコネクターに入り込むと充電ポートは充電機器と正しく通信することができなくなります。

ごみ/異物はすべて取り除き、湿気は乾燥させることをお勧めします。その後、充電ポートにケーブルを挿入し直します。充電が開始するかどうかを確認します。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。
  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。
  • 充電ポート口の障害物が取り除かれていることを確認してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

(CP_a043)充電ポート ドア センサー故障充電ポートが作動しない場合があります

充電ポート ドア センサーの1つが正常に機能していません。この故障が発生すると、充電ポートは充電ポート ドアの位置を正確に検知することができなくなり、充電ポートは予定通りに作動しなくなる可能性があります。

  • 充電ポート ドアが開いているときに、充電ポート ラッチが断続的にかかったままになります。
  • 充電ポート ドアが開いているとき、充電ポートのライトが断続的しか点灯しなくなる可能性があります。

アラートが出ているときにこの事象または類似する事象に遭遇した場合、充電ポート ドアを閉じてからまた開いて、正常機能に復帰しないか試してください。

詳細な情報は、充電ポートを開けるを参照してください。

充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

(CP_a046)充電機器の通信が失われました電源と充電機器を確認してください

車両と外部充電機器との間の通信が中断したため充電が停止した。

外部充電機器のステータスライト、画面、またはインジケーターなどを確認して電源が入っているかどうかを確認します。

機器の電源が入っていない場合、外部充電機器の電源が復旧できるかどうか試みます。

  • 公共の充電ステーションで充電する場合で電源が復旧できない場合、その充電ステーションの管理者に連絡します。
  • 専用の充電ステーション(自宅など)で充電する場合で電源が復旧できない場合、電気工事業者に連絡します。

機器の電源が入る場合、別の外部充電機器を使用して車両の充電を試みます。

  • 車両が充電を開始したら、機器の問題であることが確認できます。
  • 車両が充電を開始しないようなら、車両に問題があることが考えられます。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 外部充電器の電源が入っていることを確認してください。
  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(CP_a051)押したときに充電ポートが開かない可能性別の方法で充電ポートを開いてください

充電ポート ドア センサーの1つが正常に通信していません。これにより充電ポート ドアが押されたときに充電ポートが開リクエストを認識しない可能性があります。

また、次のような一般的方法を使用して、充電ポート ドア開くこともできます。

  • 車両のタッチスクリーンを使用して充電ポート ドアを開くように要求する。
  • Teslaモバイル アプリを使用して充電ポート ドアを開くように要求する。
  • 車両のロックを解除した状態で、ウォール コネクター、モバイル コネクタ、またはスーパーチャージャーを含むT充電ケーブルの充電ハンドル ボタンを押す。
  • キーフォブのトランク ボタンを押し続ける。

詳細な情報は、充電ポートを開けるを参照してください。

(CP_a053)充電不可 - 充電ステーションが停止しています充電ポストを確認するか、別の充電ポストをお試しください

充電機器の準備ができていないため、充電を開始できません。充電ハンドルが検出されましたが、充電ステーションは車両と通信していません。この問題の想定原因:
  • 充電ステーションに電力が供給されていません。
  • 充電ステーションと車両との間の制御パイロット信号が中断されました。

別の充電機器あるいは別の充電ステーションで充電をお試しください。

別の機器で車両が充電が開始された場合は、外部の充電機器に問題があったと考えられます。

モバイル コネクターまたはウォール コネクターを使用している場合は、まず前面にあるステータス ライトを確認します。ステータス ライトが表示されない場合は、電源を確認し、電気工事士に連絡して、壁のコンセントにつながる建物側の配線接続を調べて、すべての配線が正しく接続され、しっかり締めつけられていることを確認します。

他の外部充電機器を使用している場合は、ステーションに電源が供給されていることを確認するために、製品のオーナーズマニュアルを参照してください。必要に応じて、電気工事士に連絡して、建物側の配線と充電機器を点検してください。

車両が充電を開始しないようなら、車両に問題があることが考えられます。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 複数の異なるタイプの充電器/充電ステーションで充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(CP_a054)充電ポート ラッチが接続されていません充電ケーブルを完全に差し込むか障害物を確認

充電ポート口で充電ポート ラッチが充電ケーブルを固定しない。ラッチがはまらない場合は、AC充電(Teslaモバイル コネクターまたはウォール コネクターでの充電など)では電流が16Aに制限され、DC充電/スーパーチャージャー充電の場合はそれを利用できません。

AC充電中にこのアラートが表示されると、充電ポート ライトが黄色で点滅し、DC充電/スーパーチャージャー充電を試みたときにこのアラートが表示されると、黄色が点灯します。

充電ポート口に充電ケーブルをしっかりと挿入します。

車両が充電を開始し、充電ポート ライトが緑色で点滅を開始した場合、充電ケーブルがしっかりと挿入されていなかったことが考えられます。ケーブルが完全に挿入されなかったために前に試したときにラッチが掛かっていかなった可能性があります。AC充電は制限されておらず、DC充電/スーパーチャージャー充電は利用可能な状態になりました。

充電がまだ制限される、または車両の充電ができない場合は、充電ポート入口および充電ケーブル コネクターに障害物がないか点検します(必要に応じてフラッシュライトを使用します)。ごみや異物が充電ポート入口または充電ケーブルのコネクターに入り込むと、充電ケーブルを完全に挿入することができなくなります。ケーブルが完全に挿入されていない場合、充電ポートのラッチが掛かりません。

ごみ/異物をすべて取り除くことをお勧めします。その後、充電ポート入口にケーブルを挿入し直します。AC充電は制限されておらず、DC充電/スーパーチャージャー充電は利用可能な状態になりました。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 充電時には、充電ケーブルが確実に接続されていることを確認してください。
  • 充電ポート口の障害物が取り除かれていることを確認してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

(CP_a055)充電機器の通信が失われました電源と充電機器を確認してください

車両と外部充電機器との間の通信が中断したため充電が停止した。

外部充電機器のステータスライト、画面、またはインジケーターなどを確認して電源が入っているかどうかを確認します。

機器の電源が入っていない場合、外部充電機器の電源が復旧できるかどうか試みます。

  • 公共の充電ステーションで充電する場合で電源が復旧できない場合、その充電ステーションの管理者に連絡します。
  • 専用の充電ステーション(自宅など)で充電する場合で電源が復旧できない場合、電気工事業者に連絡します。

機器の電源が入る場合、別の外部充電機器を使用して車両の充電を試みます。

  • 車両が充電を開始したら、機器の問題であることが確認できます。
  • 車両が充電を開始しないようなら、車両に問題があることが考えられます。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 外部充電器の電源が入っていることを確認してください。
  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(CP_a056)充電が停止しました - 充電ケーブルが外れています充電ポートを閉じる - ブレーキペダルを踏み再試行

充電ポートと充電ケーブルの接続が不意に遮断されたことを車両が検知したために充電が停止しました。

充電ケーブルを外す前に、充電を停止したことをまず確認してください。

一部の外部充電機器を使用した場合、充電ハンドルのボタンを押すと充電が停止する可能性があります。

また、車両のタッチスクリーン、Teslaモバイル アプリ、または充電ステーションからも充電を停止することができます。

詳細な情報は、充電の停止を参照してください。

充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

(CP_a057)充電機器がエラーを報告しました機器のエラー コードまたはメッセージを確認

外部充電機器の故障により、車両の充電が中断されました。

外部充電機器のステータスライト、画面、またはステータスインジケーターなどを確認します。その他のトラブルシュートの指示についてはオーナーズマニュアルを確認してください。

別の充電機器あるいは別の充電ステーションで充電をお試しください。

  • 別の機器で車両が充電が開始された場合は、外部の充電機器に問題があったと考えられます。
  • 車両が充電を開始しないようなら、車両に問題があることが考えられます。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 複数の異なるタイプの充電器/充電ステーションで充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(CP_a058)充電不可 - プラグを外して再試行またはDC急速充電/スーパーチャージングを試してみる

車両が以下の状態の1つを検出したためにAC充電はできません。また、充電しようと多数試みたが成功しませんでした。
  • 充電ケーブルが挿入されているかどうか、または接続されている充電ケーブルの種類を充電ポートが検知できません。
  • 車両が充電ステーションからの有効なパイロット コントロール信号を検知することができず、外部充電機器との有効な通信を行なうことができません。
  • 車両と外部充電機器の通信が遮断されています。
  • 外部充電機器が、車両の充電を阻止するエラーを報告しました。

このアラートが存在している場合、より具体的な状態を示すアラートが少なくとも1つ必ず存在します。

詳細情報およびトラブルシューティングの提案については、車両のタッチスクリーンで「コントロール」>「サービス」>「通知」にタッチして充電に関わるその他の最新アラートを確認することを推奨します。

(CP_a066)充電機器準備未完了機器の説明書を見て充電を開始してください

充電ステーションが車両と通信中で、その外部充電機器の準備が完了していないか、充電が認証されていないために充電を開始できません。充電ステーションと車両の間のコントロール パイロット信号は、充電を開始することを車両が許可されていないことを示します。これが発生するのは以下が理由です。
  • 充電ステーションが能動的に充電の遅延を生じている。例えば、ステーションが予約充電機能を有効にしているためにこの状態が生じます。
  • 充電セッションを開始できるようになるためには充電ステーションをさらに有効にする必要があります。ステーションが車両の充電を開始する前に、追加の認証が必要になる場合があります。
    • 例: 充電カード、モバイル アプリ、またはクレジット カードが必要になる可能性があります。

充電を可能にするために必要な手順について述べている指示について、充電ステーションを点検します。例えば、タッチスクリーン端子、LEDステータス インジケータ、印刷された説明書、指針となる支払インターフェースを探します。現在の充電ステーションに充電することができない場合、他の充電機器を使用するか、他の充電ステーションにおいて、車両を充電してください。

  • 別の機器で車両が充電が開始された場合は、外部の充電機器に問題があったと考えられます。
  • 車両が充電を開始しないようなら、車両に問題があることが考えられます。
このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。
  • 複数の異なるタイプの充電器/充電ステーションで充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

(CP_a078)ケーブル閉塞 - 充電ポートのラッチが凍結したおそれモバイル アプリの「車の霜取り」ボタンを使用してみてください

充電ポート ラッチが充電ケーブルのラッチの解除をすることができず、低い外気温が検出されました。

ケーブルのひずみを取り除くため、充電ポート口に充電ケーブルをしっかりと挿入します。もう一度実行して充電ケーブルのラッチを解除します。

依然、充電ケーブルを取り外すことができない場合、充電ポートのラッチが凍結する可能性があります。

Tesla モバイル アプリの「車の霜取り」ボタンを押して、車両を約30~45分間霜取りしてください。これにより、充電ポート ラッチの氷が溶けて、充電ケーブルの抜き差しができるようになります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両の霜取りには、モバイル アプリの「車の霜取り」を確実に使用してください。車両のタッチスクリーンで空調設定を調節しても効果はありません。
充電ケーブルを取り外すことが依然としてできない場合、車両のトランク内にある手動取り外しケーブルを試してみてください。
  1. 車両が能動的な充電をしていないことを確認してください。
    • 車両のタッチスクリーンの下側のメニュー エリアにある充電アイコンを押して、充電画面を表示します。
    • 必要に応じて、「充電を停止」にタッチします。
  2. リア トランクを開きます。
  3. 充電ポート取り外しケーブルを下向きに引き、充電ケーブルのラッチを外します。
    • 注記: 取り外しケーブルはリア トランクの左側にあります。トランクのインテリアトリムの開口部内にはまっている場合があります。
  4. 充電ケーブルを充電ポートから引き抜きます。

手動取り外しケーブルの使い方に関する詳細については、手動で充電ケーブルを外すを参照してください。

充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

(CP_a079)充電速度低下 - 充電ポートのが凍結したおそれモバイル アプリの「車の霜取り」ボタンを使用してみてください

充電ポート入口で充電ポート ラッチが充電ケーブルを固定できず、低外気温を検知しています。ラッチがはまらない場合は、AC充電(Teslaモバイル コネクターまたはウォール コネクターでの充電など)では電流が16Aに制限され、DC充電/スーパーチャージャー充電の場合はそれを利用できません。

AC充電中にこのアラートが表示されると、充電ポート ライトが黄色で点滅し、DC充電/スーパーチャージャー充電を試みたときにこのアラートが表示されると、黄色が点灯します。

充電ポート口に充電ケーブルをしっかりと挿入します。

車両が充電を開始し、充電ポート ライトが緑色で点滅を開始した場合、充電ケーブルがしっかりと挿入されていなかったことが考えられます。ケーブルが完全に挿入されなかったために前に試したときにラッチが掛かっていかなった可能性があります。AC充電は制限されておらず、DC充電/スーパーチャージャー充電は利用可能な状態になりました。

充電がまだ制限される、または車両の充電ができない場合は、充電ポート入口および充電ケーブル コネクターに障害物がないか点検します(必要に応じてフラッシュライトを使用します)。ごみや異物が充電ポート入口または充電ケーブルのコネクターに入り込むと、充電ケーブルを完全に挿入することができなくなります。ケーブルが完全に挿入されていない場合、充電ポートのラッチが掛かりません。

ごみ/異物をすべて取り除くことをお勧めします。その後、充電ポート入口にケーブルを挿入し直します。AC充電は制限されておらず、DC充電/スーパーチャージャー充電は利用可能な状態になりました。

ごみや異物がないか点検して取り除いたけれども充電に依然制限がある場合、または車両がまったく充電しない場合、充電ポートのラッチが凍結している可能性があります。Tesla モバイル アプリの「車の霜取り」ボタンを押して、車両を約30~45分間霜取りしてください。これにより、充電ポート ラッチの氷が溶けて、充電ケーブルを正しく挿入できるようになります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両の霜取りには、モバイル アプリの「車の霜取り」を確実に使用してください。車両のタッチスクリーンで空調設定を調節しても効果はありません。
このアラートは一般に、低い外気温による一時的な状態または充電ポート入口に支障があることを示しており、サービスの予約で対応できる車両の問題では通常ないため、以下の対応をお薦めします。
  • 充電時には、充電ケーブルが確実に接続されていることを確認してください。
  • 充電ポート口の障害物が取り除かれていることを確認してください。
  • 充電を再び試す前に、Tesla モバイル アプリの「車の霜取り」ボタンを押して、車両を約30~45分間霜取りしてください。

このアラートが依然存在する場合でも、制限されたAC充電は依然として使用できるようになっています。

充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

(CP_a101)充電レート低下 - 壁側接続の加熱コンセントまたはウォールコネクターの点検が必要

ウォールコネクターによる高温検出アラートは、ウォールコネクターへの建物の配線が非常に高温になったため、配線やウォールコネクターを保護するために充電が低速になったことを示しています。

これは通常、車両またはウォールコネクターの問題ではなく、建物の配線の問題です。これは、ウォールコネクターへの建物の配線接続に緩みがあるため発生した可能性があり、電気工事業者により迅速な修理ができます。

充電速度を正常な状態に戻すには、電気工事業者に連絡し、ウォールコネクターへの建物の配線接続調査をご依頼ください。ウォールコネクターの設置ガイドに従って、すべての配線が正常に接続されしっかり締められている状態にする必要があります。

ウォール コネクターの設置ガイドはここから入手できます。

(CP_a102)充電不可 - ウォールコネクター接続部が過熱コンセントまたはウォールコネクターの点検が必要

ウォールコネクターによる高温検出アラートは、ウォールコネクターへの建物の配線が非常に高温になったため、配線やウォールコネクターを保護するために充電が停止したことを示しています。

これは通常、車両またはウォールコネクターの問題ではなく、建物の配線の問題です。これは、ウォールコネクターへの建物の配線接続に緩みがあるため発生した可能性があり、電気工事業者により迅速な修理ができます。

充電を正常に行えるようにするには、電気工事業者に連絡し、ウォールコネクターへの建物の配線接続調査をご依頼ください。ウォールコネクターの設置ガイドに従って、すべての配線が正常に接続されしっかり締められている状態にする必要があります。

ウォール コネクターの設置ガイドはここから入手できます。

(CP_a143)充電アダプターにアーク放電の危険あり別の充電装置を使用してください

車両が、複合充電システム(CCS)の充電ハンドルを車両の充電ポートに接続するために使用されたサードパーティの充電アダプターにアーク放電の危険を検出したため、充電ができなくなっています。

このサードパーティの充電アダプターを使用して充電している時にプラグを抜こうとすると、アーク放電が発生し、重傷や物的損害が発生する可能性があります。

以下の手順に従ってリスクを軽減してください。
  1. 充電が完全に停止していることを確認します。
    1. 車両のタッチスクリーンを使用して、充電が停止していることを確認し、必要に応じて充電を停止させます。
    2. 充電ステーションのディスプレイとコントロールを使用して充電が停止していることを確認し、あるいは実行中の充電セッションを終了します。
  2. 車両の充電ポートで緑色または青色のライト(LED)が点滅していないことを確認します。
  3. 充電アダプターを車両の充電ポートから外します。
  4. 実行中の充電セッションがないことが充電ステーションに表示されていることを再度確認します。
  5. 充電アダプターを充電ハンドルから外します。

別の充電装置を使用して車両を充電します。 充電に関する情報は、充電方法を参照してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

(DI_a175)クルーズコントロール利用不可

トラフィックアウェア クルーズ コントロールなどのクルーズ コントロールは、現在使用できません。車両の各種操作や運転は手動で行ってください。

引き続き目的地まで向かってください。車両を運転しても問題はありません。

以下に示すさまざまな要因によって、クルーズ コントロールが使用できなくなることがあります:
  • ドライバーの入力操作や動作:
    • 運転席シート ベルトのバックルが外れている
    • ドア、フロント トランク、トランクが開いている
    • クルーズ コントロール リクエストをキャンセルした
    • 18mph(30km/h)未満の速度でクルーズ コントロールを起動しようとした
  • 環境条件/外部条件
  • 車両システムの制約:
    • カメラの撮影不能やレーダー探知不能が含まれる場合があります
  • バレー モードが有効である:

Performance Model 3でトラック モードが有効なときもクルーズ コントロールは使用できないことがあります。詳細な情報は、トラック モードを参照してください。

クルーズ コントロールの起動を妨げている条件が解消されると、クルーズ コントロールは使用できます。

このアラートがその後の運転時にも発生する場合は、都合のよいときにサービスを予約してください。その間は車両を運転することに問題はありません。

詳細な情報は、トラフィックアウェア クルーズコントロールを参照してください。

(DI_a184)オートパーキングがキャンセルされました制御する

オートパーキングがキャンセルされました。駐車操作の開始、完了は手動で行ってください。

駐車操作が完了したら、ブレーキをかけて、シフトをパーキングに入れておいてください。そうしないと、車両が動き出すおそれがあります。

以下に示すさまざまな要因で、オートパーキングはキャンセルされることがあります:
  • ドライバーの入力操作や動作
    • シフト レバーの操作
    • 移動 ハンドル
    • アクセル ペダルを踏む
    • ブレーキペダルを踏む
    • ドアを開く動作と車両を降りる動作のいずれか、または両方を実行する
    • タッチスクリーンの「キャンセル」ボタンを押す
  • 環境条件/外部条件
    • 急坂/急勾配
    • 視界やセンサーの機能に影響のある天候条件
    • カーブを検知できない
  • トレーラーが連結されている
  • 車両システム上の制約

次回運転時には、オートパーキングは使用できます。

このアラートがその後の運転時にも発生する場合は、早急にサービスを予約してください。その間は車両を運転することに問題はありません。

詳細については、パーキングをキャンセルする制限事項を参照してください。

(DI_a185)オートパーキングが中断されました

オートパーキングが停止し、電子パーキング ブレーキがかかりました。駐車操作の開始、完了は手動で行ってください。

駐車操作が完了したら、ブレーキをかけて、シフトをパーキングに入れておいてください。そうしないと、車両が動き出すおそれがあります。

以下に示すさまざまな要因で、オートパーキングは停止します:
  • ドライバーの入力操作や動作
    • シフト レバーの操作
    • 移動 ハンドル
    • アクセル ペダルを踏む
    • ブレーキペダルを踏む
    • ドアを開く動作と車両を降りる動作のいずれか、または両方を実行する
    • タッチスクリーンの「キャンセル」ボタンを押す
  • 環境条件/外部条件
    • 急坂/急勾配
    • 視界やセンサーの機能に影響のある天候条件
    • カーブを検知できない
  • トレーラーが連結されている
  • 車両システム上の制約

次回運転時には、オートパーキングは使用できます。

その後の運転時にもこのアラートが解消されない場合は、できるだけすみやかにTeslaサービスにお問い合わせください。その間は車両を運転することに問題はありません。

詳細については、パーキングをキャンセルする制限事項を参照してください。

(DI_a190)タイヤの摩耗が不均一 - リア タイヤのトレッド深さが浅すぎタイヤの点検とローテーションのサービスを予約してください

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
このアラートは、タイヤのパンクを示すものでは「ありません」。

車両で、リア タイヤの摩耗がフロント タイヤより大きく、その摩耗量の差異は推奨される量を超過していることが検出されました。

すべてのタイヤのトレッド深さを点検することが推奨されます。通常の運転でタイヤは摩耗し、リア タイヤはフロント タイヤよりも早く摩耗するのが普通です。タイヤのローテーションを行うことで、すべてのタイヤをバランスよく摩耗させることができます。​

推奨された通りにタイヤをローテーションさせないと、ハイドロプレーニング現象が発生し、濡れた路面で車両をコントロールできなくなる恐れがあります。タイヤのローテーションを行わないと、タイヤの寿命も短くなり、交換が必要な日も早くなります。。

Teslaモバイル アプリまたは最寄りのタイヤショップでサービスを予約し、次の場合にタイヤのローテーションを行うことが推奨されます。
  • フロント タイヤとリア タイヤのトレッド深さの差が1.5mmを超える
  • 車両は、前回のローテーションから6,250マイル(10,000 km)以上走行した

タイヤのトレッドの深さを定期点検せずに、このアラートだけに依存することは推奨されません。このアラートは、タイヤがローテーションされているかどうか確認することのみ目的とします。

このアラートは、Teslaタイヤ用に調整されており、種類またはサイズが異なるタイヤで正しく測定することはできません。Teslaが推奨していないタイヤでは、設定されないか、不十分な設定になってしまう恐れがあります。推奨されるタイヤに関する詳細については、ホイールとタイヤを参照してください。

タイヤの定期点検に関する詳細情報については、タイヤのお手入れとメンテナンスをご参照ください。

(DI_a201)アクセルを解除したときに減速が制限される運転しても問題ありません - 必要に応じてブレーキ ペダルを使用してください

回生ブレーキの性能が一時的に制限されます。運転中にアクセル ペダルから足を離したときに、予定されている自動減速の量が利用できません。

車両を運転しても問題はありません。

ガソリン エンジンを搭載した非電気自動車(自動減速を提供するための回生ブレーキを装備していない車両)でブレーキをかける場合と同様にして、必要に応じてブレーキ ペダルを使用して車両を減速します。

次の場合アラートが発生する可能性があります。
  • 高電圧バッテリーがフル充電された状態に近い場合:
    • バッテリーが95%以上充電されている場合、回生ブレーキが制限されます。
  • 高電圧バッテリーの温度が低い場合:
    • バッテリーが完全な回生ブレーキ性能を発揮するのに十分な温度まで温められていない可能性があります。
    • これは運転の初期段階で発生する可能性があります。寒冷気象時に頻発する可能性があります。

車両を走行させると、バッテリー充電量が95%未満になり、バッテリーが十分に温まるので、通常このアラートはクリアされます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
より寒冷な気候では、車両を運転しても自動減速機能の性能が完全に回復するほどバッテリーが暖まらず、このアラートがいつまでも消えず、自動減速が制限されたままになる可能性があります。このアラート自体は通常、サービスが必要な状態を示すものではありません。

詳細な情報については、「回生ブレーキ」を参照してください。

(DI_a245)車両ホールド機能利用不可停車中はブレーキを踏み続けてください

システム上の制約のため、現在、「車両ホールド」を使用できません。停止時には、ブレーキ ペダルを踏んで、車両を完全に停止させ、車両を停止した状態を維持してください。

引き続き目的地まで向かってください。車両を運転しても問題はありません。

次回の運転時に「車両ホールド」を使用できない場合、Teslaサービスにお問い合わせください。その間は車両を運転することに問題はありません。

詳細な情報は、オートブレーキ ホールドを参照してください。

(ESP_a118)ブレーキ性能低下アシストが起動停止するには、ペダルを強く踏み続けてください

油圧フェード補正が有効です。このブレーキアシスト機能は、車両がブレーキ性能の低下を検出した場合にブレーキ能力を確保するために一時的に作動します。

ブレーキペダルは通常どおり使用してください。ペダルを「ポンピング」(繰り返し押して離す)すると機能が中断されます。

このアラートは、車両が停止するか、ブレーキペダルを踏んでいないときに解除されます。解除後、アラートは最大5秒表示される場合があります。

このアシスト機能が作動すると、ブレーキペダルが足から離れるのを感じ、ブレーキ圧力が大幅に増加することに気付く場合があります。また、車両前部にあるブレーキ油圧ユニットからポンピング音が聞こえる場合があります。これは通常、路面と車速に応じて数秒間続きます。これは正常な状態であり、車両の問題を示すものではありません。

通常、ブレーキ性能の低下は一時的なものであり、急ブレーキによるブレーキ温度上昇、極端な低温または雨天時の運転など、さまざまな理由で発生する可能性があります。また、ブレーキパッドまたはローターが摩耗し、定期交換が必要なことを示している場合もあります。

しばらく時間が経過してもブレーキ性能の低下が改善されない場合は、Tesla サービスに連絡してブレーキの点検を依頼してください。

詳細な情報は、油圧フェード補正を参照してください。

(PCS_a016)充電できません - グリッド電力が低品質の可能性あり再試行するか他の充電場所やスーパーチャージングを試してください

車両をAC電源で充電することを阻む条件があるため、充電が停止しました。DC充電/スーパーチャージャー充電はまだ通常通り機能しています。

この状態は、外部充電器または電力網によって引き起こされる電力障害が原因で発生する場合があります。場合によっては、この状態は、近くにある大量の電力を消費する電気機器の電源を入れたことで発生することもあります。

このような考えられる原因を除外できる場合は、車両自体がAC充電に影響を与えている可能性があります。

このアラートには、AC充電に影響を与える状態を指定する別のアラートが伴うことがあります。その場合、アラートの調査することから開始することを推奨します。

その他の機器タイプ別トラブルシューティングのヒント:
  • モバイル コネクターを使用する場合は、別の壁面コンセントで車両の充電をお試しください。
    • 車両が充電を開始し、期待通りに充電を継続していれば、当初の壁面コンセントに問題があった思われます。電気技術者に連絡し、建物から電源への配線接続を点検してもらうことを推奨します。
    • 車両がまだ充電を開始しないか、期待通りに充電を継続しない場合、モバイル コネクターまたは電気グリッドに問題がある可能性があります。
  • ウォール コネクターを使用している場合は、別の壁面コンセントから電源を得ているモバイル コネクターなど、別の充電機器で車両の充電をお試しください。
    • 車両が充電を開始し、期待通りに充電を継続していれば、壁面コンセントに問題があった思われます。電気工事業者に連絡し、ウォール コネクターまでの建物の配線接続調査をご依頼ください。ウォールコネクターの設置ガイドに従って、すべての配線が正常に接続されしっかり締められている状態にする必要があります。
このアラートは、外部の充電装置や電源によって表示される可能性があるので、次のようにすることを推奨します。
  • 別の壁面コンセントで充電を試してください。
  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

複数の場所で異なる充電装置を使用して充電しようとしてもアラートが消えない場合、サービスを予約することを推奨します。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(PCS_a017)充電停止 - 充電中に停電電源と充電機器を確認してください

充電途中で電源が切れました。充電機器の電源(壁面コンセントなど)損失か、充電器の問題が原因と考えられます。

このアラートは、しばしば問題を特定し、トラブルシューティングするのに役立つ他のアラートを伴っていることがあります。充電問題に関連して表示された他のアラートを調査開始します。

あるいは、モバイル コネクターやウォール コネクタ-のステータス ライトをチェックして、装置までの電源を確認し、さらに点滅コードに従って製品のオーナーズ マニュアルでトラブルシューティング情報を参照してください。他の(Tesla以外の)外部充電器を使用している場合は、トラブルシューティングの助けになるディスプレイや他のユーザーインターフェイスを確認してください。

明らかに充電機器に電源が切れている場合は、壁面コンセントやウォール コネクタ-のサーキット ブレーカーが切れていないか確認してください。

その他の機器タイプ別トラブルシューティングのヒント:
  • モバイル コネクターを使用する場合は、別の壁面コンセントで車両の充電をお試しください。
    • 別の機器で車両の充電が開始された場合は、元の壁付けコンセントに問題があったと考えられます。電気技術者に連絡し、建物から電源への配線接続を点検してもらうことを推奨します。
    • それでも車両が充電を開始しないようなら、モバイル コネクターに問題があることが考えられます。
  • ウォール コネクタ-を使用している場合は、別の壁面コンセントから電源を得ているモバイル コネクターなど、別の充電機器で車両の充電をお試しください。
    • 別の機器で車両の充電が開始した場合は、ウォール コネクターに問題があったと考えられます。電気工事業者に連絡し、ウォール コネクターまでの建物の配線接続調査をご依頼ください。ウォールコネクターの設置ガイドに従って、すべての配線が正常に接続されしっかり締められている状態にする必要があります。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 別の壁面コンセントで充電を試してください。
  • 別の充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(PCS_a019)電力系統または車両の問題によってAC充電が制限されるプラグを抜いてから再試行/別の充電現場を試す

車両のAC充電に悪影響を与える条件があるため、充電速度が制限されています。DC充電/スーパーチャージャー充電はまだ通常通り機能しています。

この状態は、外部充電器または電力網によって引き起こされる電力障害が原因で発生する場合があります。場合によっては、この状態は、近くにある大量の電力を消費する電気機器の電源を入れたことで発生することもあります。

このような考えられる原因を除外できる場合は、車両自体がAC充電に影響を与えている可能性があります。

このアラートには、AC充電に影響を与える状態を指定する別のアラートが伴うことがあります。その場合、アラートの調査することから開始することを推奨します。

その他の機器タイプ別トラブルシューティングのヒント:
  • モバイル コネクターを使用する場合は、別の壁面コンセントで車両の充電をお試しください。
    • 充電速度が低下しなくなった場合は、元の壁面コンセントに問題があった可能性があります。電気技術者に連絡し、建物から電源への配線接続を点検してもらうことを推奨します。
    • それでも充電速度が制限される場合は、モバイルコネクターまたは電力網に問題がある可能性があります。
  • ウォール コネクターを使用している場合は、別の壁面コンセントから電源を得ているモバイル コネクターなど、別の充電機器で車両の充電をお試しください。
    • 充電速度が制限されなくなった場合は、ウォールコネクターに問題がある可能性があります。電気工事業者に連絡し、ウォール コネクターまでの建物の配線接続調査をご依頼ください。ウォールコネクターの設置ガイドに従って、すべての配線が正常に接続されしっかり締められている状態にする必要があります。
このアラートは、外部の充電装置や電源によって表示される可能性があるので、次のようにすることを推奨します。
  • 別の壁面コンセントで充電を試してください。
  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

複数の場所で異なる充電装置を使用して充電しようとしてもアラートが消えない場合、サービスを予約することを推奨します。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(PCS_a032)グリッド電源の品質低下を検出他の充電設備または場所で再試行

車両のAC充電に悪影響を与える条件があるため、充電速度が制限または中断されています。DC充電/スーパーチャージャー充電はまだ通常通り機能しています。

車両の車載充電器が、電力網の電力障害を検出しました。これらの障害は、車両の充電プロセスと干渉します。

これらの電力障害の一般的な原因は次のとおりです。
  • 建物側の配線または壁面コンセントの異常。
  • 外部充電器の異常。
  • 洗車機や空調ユニットといったその他の大型電気機器が、一時的に大きな電力を消費し、電力網を阻害した場合。
  • 電力網に影響を与える外的条件。
このアラートは、一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両問題とは異なります。したがって、以下の対応をお薦めします。
  • 別の壁面コンセントで充電を試してください。
  • その他の大型電気機器が電力を消費していない場合、充電を再度試みてください(いったん外してから再接続して再試行)。
  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(PCS_a052)外部充電機器が給電不可電源を確認するか、別の機器で再試行

車両をAC電源で充電することを阻む条件があるため、充電を開始することができませんでした。DC充電/スーパーチャージャー充電はまだ通常通り機能しています。

車両が外部充電器にAC電源を要求しましたが、車載充電器は外部充電器からの供給電圧を検出していません。

これは、外部充電器固有のハードウェア問題が原因である場合があります。これにより、要求されたときに充電器が車両の充電をオンまたはオフに切り替えることができなくなります。外部充電器に影響を与える別の問題、または車両自体に影響を与える問題が原因で発生する可能性もあります。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、サービス予約を必要とする車両の問題ではないため、複数の異なる充電器で再試行することが推奨されます。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(PCS_a053)充電速度低下 - 不測の電圧降下延長コードを外します/配線の点検が必要

充電中に大きな電圧降下を検出したため、車載充電器が充電速度を下げました。

これには以下のような理由が考えられます。
  • 建物側の配線または壁面コンセントの異常。
  • 求められる充電電流に対応していない延長コードまたはその他の配線。

この問題は車両の充電中に、電気機器が同じ分岐回路から大きな電力を消費している場合も起こる可能性があります。

普段よく充電する場所で同じ問題が何度も発生する場合は、電気工事士に連絡して電気設備の点検を依頼してください。電気工事士が確認すべき点は次の事項です。
  • 接続されている充電機器およびそこから建物までの接続。
  • モバイル コネクターを接続するすべての壁面コンセントを含む建物側の配線。
  • 配電網から建物に引き込まれる電気系の接続。

車両の充電電流を下げる必要があるか、またはより高い充電電流に対応するように設備をアップグレードする必要があるか、電気工事士にご相談ください。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。
  • 電気工事業者に連絡し、通常の充電場所における配線と機器の検査を依頼してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(PCS_a054)大幅な電圧降下のため充電停止延長コードを外します/配線の点検が必要

車載充電器が異常な電圧降下を検出したため、充電が中断されました。

これには以下のような理由が考えられます。
  • 建物側の配線または壁面コンセントの異常。
  • 求められる充電電流に対応していない延長コードまたはその他の配線。

この問題は車両の充電中に、電気機器が同じ分岐回路から大きな電力を消費している場合も起こる可能性があります。

普段よく充電する場所で同じ問題が何度も発生する場合は、電気工事士に連絡して電気設備の点検を依頼してください。電気工事士が確認すべき点は次の事項です。
  • 接続されている充電機器およびそこから建物までの接続。
  • モバイル コネクターを接続するすべての壁面コンセントを含む建物側の配線。
  • 配電網から建物に引き込まれる電気系の接続。

車両の充電電流を下げる必要があるか、またはより高い充電電流に対応するように設備をアップグレードする必要があるか、電気工事士にご相談ください。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。
  • 電気工事業者に連絡し、通常の充電場所における配線と機器の検査を依頼してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(PCS_a073)外部充電器にエラーを検知他の充電器で再試行してください

車両をAC電源で充電することを阻む条件があるため、AC充電を開始することができませんでした。DC充電/スーパーチャージャー充電はまだ通常通り機能しています。

車両の車載充電器は、外部充電器から電力が要求されていないときに充電ポートで入力電圧を検出しています。これは、外部の充電器が通常どおりに機能していないことを示しています。

これは、外部充電器固有のハードウェア問題が原因である場合があります。これにより、要求されたときに充電器が車両の充電をオンまたはオフに切り替えることができなくなります。また、外部充電器に影響を与える別の問題、または車両自体に影響を与える問題が原因で発生する可能性もあります。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、複数の異なる充電器で再試行することが推奨されます。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(PCS_a090)充電制限 - 一部のAC相で電力なし電源と充電機器を確認してください

車両のAC充電に悪影響を与える条件があるため、充電速度が制限されています。DC充電/スーパーチャージャー充電はまだ通常通り機能しています。

車両の車載充電器が、1台または複数の電力コンバーターに必要なAC入力電圧がないことを検出しました。例:三相充電中に、外部ソースから供給されるAC入力電力から1つの相が欠落している可能性があります。これは、外部充電器に影響を与える条件、接続している電源、または車両自体が原因で発生する可能性があります。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、サービス予約を必要とする車両の問題ではないため、複数の異なる充電器で再試行することが推奨されます。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターおよびウォールコネクターのステータスライトに関するトラブルシューティングの詳細は、充電およびアダプター製品ガイドにある製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。他社の外部充電機器を使用されている場合は、製造者の取扱説明書にあるトラブルシューティングをご参照ください。

(UI_a006)整備が必要です今すぐサービスを予約してください

この警告は、サービスが必要な状態が車両に検出されると、Teslaがリモートで設定します。

この警告はさまざまな状況によって設定される可能性があります。サービスを予約すると、より詳細な情報を入手することができます。

この警告は車両のサービスが完了した後に、サービス技術者によってしかクリアすることができません。

この警告はさまざまな状態で発生するおそれがありますので、できるだけ早くサービスを予約することをお勧めします。

(UI_a013)タイヤの空気圧が低すぎます安全に車両を駐車し、パンクを確認してください

このアラートは、車両の1つ以上のタイヤの空気圧が極端に低いか、またはパンクしていることを示しています。

タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)は、1つ以上のタイヤ空気圧が推奨された低温時のタイヤ空気圧より著しく低下していることを検知しました。

注意しながらすぐに車両を路肩に停車させてください。安全な場所でパンクしていないかを確認してください。

必要に応じて、Teslaロードサイドアシスタンス オプション(出張タイヤ交換サービス、レンタルホイール、けん引)をご依頼いただけます。さらなる詳細は、Teslaロードサイドアシスタンスに連絡するをご参照ください。

緊急時以外であれば、地域のタイヤ販売店を訪れて支援を求め、Teslaモバイル アプリを使用してサービス予約することを推奨します。

車両のタイヤの寒冷時推奨圧力値(RCP)の記載箇所、タイヤ空気圧の点検方法、およびタイヤ空気圧の正しい維持方法に関する詳細な情報については、「タイヤ空気圧の維持」を参照してください。

TPMSがタイヤ空気圧測定を行い、各タイヤの空気圧力が寒冷時推奨値の誤差3 psi以内であることが確認されると、アラートは解除されます。
  • タイヤに推奨低温時圧力まで空気を入れた直後は、このアラートがまだ存在し、タイヤ空気圧インジケーター ライトがまだ点灯している可能性がありますが、これら両方は短い距離を運転した後には解消します。
  • タイヤ空気圧モニタリング システムが更新されたタイヤ空気圧を測定して報告するには、15 mph(25 km/h)を超えて10分以上運転する必要がある場合があります。

タイヤ空気圧および保守に関する詳細は、タイヤのお手入れと保守をご参照ください。

(UI_a014)タイヤの空気圧が推奨値以下空気圧を確認してください

このアラートは、タイヤのパンクを示すものでは「ありません」。

タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)は、1つ以上のタイヤ空気圧が推奨された低温時タイヤ空気圧より少なくとも20%低下していることを検知しました。

車両のタイヤの寒冷時推奨圧力値(RCP)の記載箇所、タイヤ空気圧の点検方法、およびタイヤ空気圧の正しい維持方法に関する詳細な情報については、「タイヤ空気圧の維持」を参照してください。

タイヤの空気は冷えると自然に収縮して、タイヤ空気圧は減少するので、このアラートは寒冷気象の際に発生する可能性があります。
  • 寒冷時にはタイヤ空気圧が低下するため、推奨された低温時タイヤ空気圧を維持できるよう空気を入れてください。
  • 車両が走行するとアラートが消えることがあります。これはタイヤが暖まることで、タイヤ空気圧が増加するためです。
    • アラートが消えても、冷却後にタイヤに空気を入れてください。車両の動作の最適化のために、推奨低温時タイヤ空気圧を常に維持してください。
それぞれのタイヤが推奨低温時圧力まで加圧されていることを、タイヤ空気圧モニタリングシステムが検知するとこのアラートは解消されます。
  • タイヤに推奨低温時圧力まで空気を入れた直後は、このアラートがまだ存在し、タイヤ空気圧インジケーター ライトがまだ点灯している可能性がありますが、これら両方は短い距離を運転した後には解消します。
  • タイヤ空気圧モニタリング システムが更新されたタイヤ空気圧を測定して報告するには、15 mph(25 km/h)を超えて10分以上運転する必要がある場合があります。

同じタイヤでこのアラートが繰り返し表示される場合は、タイヤの空気漏れがないかを点検してください。最寄りのタイヤ販売店を訪問するか、Tesla モバイル アプリを使用してサービス予約をすることができます。

タイヤの空気圧と空気注入に関する詳細情報については、タイヤのお手入れとメンテナンスを参照してください。

(Ui_a137)車両にアクティブ車両へのサービス接続は有効ですサービスによりリモート診断実行中

サービス技術者がお客様の車両に遠隔でログインし、診断または修理を行います。接続中にインフォテイメント機能の一部が使用できなくなる場合がありますが、このアラートは車両の問題を示すものではありません。

車両を運転しても問題はありません。

このアラートは、技術者が車両の診断または修理を完了すると自動的にクリアされます。アラートがクリアされた後、完全なインフォテインメント機能を復元するには、タッチスクリーンを再起動する必要がある場合があります。詳細の情報は、車両の「DIYガイド」にある「タッチスクリーンの再起動」を参照してください。

このアラートが24時間経過してもクリアされない場合は、Teslaモバイルアプリを介して、または地元業者にサービスを依頼することが推奨されます。地元業者の選択は、車両の構成やお住いの場所により異なります。

(UMC_a002)充電不可 - モバイルコネクター漏電を検知充電ポートから充電ハンドルを外して再試行します

モバイル コネクターの漏電遮断器(GFCI)が落ちたため、車両は充電を行えません。

壁付けコンセントのGFCI同様、この機能は、問題がある時に電気の流れを遮断するように設計されています。充電を中断して車両と充電機器を保護します。

これは、さまざまな要因により発生します。充電ケーブル、充電ハンドル、充電ポート、または車載コンポーネントに問題が発生しています。

水が溜まっていたり、いつもより結露が多く付着していないか、充電ポートと充電ハンドルを点検します。
  • 過剰な結露に気づいたら、もう一度試す前に、待機して、充電ポートの内側と充電ハンドルの露出部分の両方を十分に乾かします。
充電機器に損傷がないか点検してください。
  • ケーブルに何か損傷があるか、ケーブルが劣化している場合、使用しないでください。別の充電機器をお試しください。
  • ケーブルが良好な状態である場合、同じモバイル コネクターを使用して充電を再度お試しください。

問題が解決しておらず充電できない場合、別の充電機器を使用して充電をお試しください。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 複数の異なるタイプの充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターのステータスライトおよび充電上の問題に関するトラブルシューティングの詳細については、製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。

(UMC_a004)モバイルコネクタを使用した充電はできません電圧超過 / 別の壁面コンセントをお試しください

モバイル コネクターが以下のいずれかに該当するため、車両を充電できないか、充電が中断されています。
  • 壁付けコンセントの電圧が異常に高い。
または
  • 壁面コンセントで想定外の供給電圧上昇が検出されている。

別の壁付けコンセントを使用して、車両の充電をお試しください。

別の機器で車両の充電が開始された場合は、元の壁付けコンセントに問題があったと考えられます。電気技術者に連絡し、建物から電源への配線接続を点検してもらうことを推奨します。

別の壁付けコンセントを試しても車両が充電されない場合、別の場所で充電をお試しください。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 別の壁面コンセントで充電を試してください。
  • 別の充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターのステータスライトおよび充電上の問題に関するトラブルシューティングの詳細については、製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。

(UMC_a005)モバイルコネクタを使用した充電はできません電圧低下 / 別の壁面コンセントをお試しください

モバイル コネクターが以下のいずれかに該当するため、車両を充電できないか、充電が中断されています。
  • 壁付けコンセントから十分な供給電圧を検知していない。
または
  • 壁付けコンセントから予期せぬ供給電圧の低下が検出されている。

別の壁付けコンセントを使用して、車両の充電をお試しください。

別の機器で車両の充電が開始された場合は、元の壁付けコンセントに問題があったと考えられます。電気技術者に連絡し、建物から電源への配線接続を点検してもらうことを推奨します。

別の壁付けコンセントを試しても車両が充電されない場合、別の場所で充電をお試しください。

このアラートは一般に、外部充電器と電源に特有のもので、一般整備で対応できる車両の問題ではないため、以下の対応をお薦めします。

  • 別の壁面コンセントで充電を試してください。
  • 別の充電器で充電を試してください。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターのステータスライトおよび充電上の問題に関するトラブルシューティングの詳細については、製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。

(UMC_a008)充電不可 - 壁プラグが高温壁コンセントおよび配線の点検を推奨

モバイル コネクターによる高温検出アラートは、充電に使用するコンセントが非常に高温になったため、コンセントを保護するために充電が停止したことを示しています。

これは通常、車両またはモバイル コネクターの問題ではなく、コンセントの問題です。コンセントに高温が発生している原因は、プラグが完全に差し込まれていないこと、コンセントへの建物の配線に緩みがあること、コンセントが摩耗し始めていることが考えられます。

充電を正常に行うには、アダプタがコンセントに完全に差し込まれていることを確認してください。充電速度が正常な状態に戻らない場合は、電気工事業者に連絡し、コンセントおよび建物の配線を調査して必要な修理を行ってください。

コンセントが古くなっている場合は、品質の高いコンセントと交換してください。Teslaウォールコネクターのアップグレードを検討してください。利便性および充電速度をさらに向上できます。

(UMC_a013)壁プラグ アダプター エラー - 充電速度を低下アダプターをモバイル コネクタに挿入し再試行

モバイル コネクターが壁プラグ アダプターと通信できません。モバイル コネクターは壁プラグ アダプターの温度を監視できないため、充電電流は自動的に8Aに減少します。

次のトラブルシューティング手順を試すことをお勧めします。
  1. 壁のコンセントから、壁プラグ アダプターを含むモバイルコネクターを完全に抜きます。
  2. 壁プラグ アダプターとモバイル コネクター本体の間の接続がしっかりしていることを確認してください。
    1. モバイルコネクター本体から壁プラグ アダプターを完全に外します。
    2. 壁プラグ アダプターを、所定の位置にカチッと収まるまでソケットに押し込んで、モバイルコネクター本体に完全に再挿入します。
  3. 壁プラグ アダプターを含むモバイル コネクターを壁コンセントに完全に差し込んで、もう一度充電してみてください。
  4. 警告が解消されない場合は、別の壁コンセント アダプターを使用してみてください(アダプターがモバイルコネクターに完全に接続されていることを確認するには、上記の手順を参照してください)。
    1. アラートが表示されなくなった場合は、以前に使用していたACアダプターに問題がある可能性があります。
    2. アラートが続く場合は、モバイルコネクターに問題がある可能性があります。

上記のトラブルシューティング手順に基づき、必要な場合は別のACアダプターまたはモバイル コネクターを購入することをお勧めします。

それまでは、同じ機器で充電を続けることができます。この状態が続く限り、充電電流は8Aに制限されるため、充電速度は低下します。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターのステータスライトおよび充電上の問題に関するトラブルシューティングの詳細については、製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。

(UMC_a014)壁プラグ アダプター エラー - 充電速度を低下アダプターをモバイル コネクタに挿入し再試行

モバイル コネクターが壁プラグ アダプターと通信できません。モバイル コネクターは、ACアダプターが接続されているコンセントの種類を識別できないため、充電電流は自動的に8Aに減少します。

次のトラブルシューティング手順を試すことをお勧めします。
  1. 壁のコンセントから、壁プラグ アダプターを含むモバイルコネクターを完全に抜きます。
  2. 壁プラグ アダプターとモバイル コネクター本体の間の接続がしっかりしていることを確認してください。
    1. モバイルコネクター本体から壁プラグ アダプターを完全に外します。
    2. 壁プラグ アダプターを、所定の位置にカチッと収まるまでソケットに押し込んで、モバイルコネクター本体に完全に再挿入します。
  3. 壁プラグ アダプターを含むモバイル コネクターを壁コンセントに完全に差し込んで、もう一度充電してみてください。
  4. 警告が解消されない場合は、別の壁コンセント アダプターを使用してみてください(アダプターがモバイルコネクターに完全に接続されていることを確認するには、上記の手順を参照してください)。
    1. アラートが表示されなくなった場合は、以前に使用していたACアダプターに問題がある可能性があります。
    2. アラートが続く場合は、モバイルコネクターに問題がある可能性があります。

上記のトラブルシューティング手順に基づき、必要な場合は別のACアダプターまたはモバイル コネクターを購入することをお勧めします。

それまでは、同じ機器で充電を続けることができます。この状態が続く限り、充電電流は8Aに制限されるため、充電速度は低下します。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターのステータスライトおよび充電上の問題に関するトラブルシューティングの詳細については、製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。

(UMC_a015)壁プラグ アダプター エラー - 充電速度を低下アダプターをモバイル コネクタに挿入し再試行

モバイル コネクターが壁プラグ アダプターと通信できません。モバイル コネクターは、ACアダプターが接続されているコンセントの種類を識別できないため、充電電流は自動的に8Aに減少します。

次のトラブルシューティング手順を試すことをお勧めします。
  1. 壁のコンセントから、壁プラグ アダプターを含むモバイルコネクターを完全に抜きます。
  2. 壁プラグ アダプターとモバイル コネクター本体の間の接続がしっかりしていることを確認してください。
    1. モバイルコネクター本体から壁プラグ アダプターを完全に外します。
    2. 壁プラグ アダプターを、所定の位置にカチッと収まるまでソケットに押し込んで、モバイルコネクター本体に完全に再挿入します。
  3. 壁プラグ アダプターを含むモバイル コネクターを壁コンセントに完全に差し込んで、もう一度充電してみてください。
  4. 警告が解消されない場合は、別の壁コンセント アダプターを使用してみてください(アダプターがモバイルコネクターに完全に接続されていることを確認するには、上記の手順を参照してください)。
    1. アラートが表示されなくなった場合は、以前に使用していたACアダプターに問題がある可能性があります。
    2. アラートが続く場合は、モバイルコネクターに問題がある可能性があります。

上記のトラブルシューティング手順に基づき、必要な場合は別のACアダプターまたはモバイル コネクターを購入することをお勧めします。

それまでは、同じ機器で充電を続けることができます。この状態が続く限り、充電電流は8Aに制限されるため、充電速度は低下します。

また、Teslaスーパーチャージャーまたはデスティネーション チャージングを使用して車両の充電を試すこともできます。これらの場所はどれも、車両のタッチスクリーン画面の地図で見つけることができます。詳細についてはマップとナビゲーションを参照してください。問題の切り分けのため、お住まいの地域にサードパーティの充電ステーションが利用できる場合もあります。

モバイル コネクターのステータスライトおよび充電上の問題に関するトラブルシューティングの詳細については、製品のオーナーズマニュアルをご参照ください。

(UMC_a017)充電速度が低下 - 壁プラグが高温壁コンセントおよび配線の点検を推奨

モバイル コネクターによる高温検出アラートは、充電に使用するコンセントが非常に高温になったため、コンセントを保護するために充電が低速になったことを示しています。

これは通常、車両またはモバイル コネクターの問題ではなく、コンセントの問題です。コンセントに高温が発生している原因は、プラグが完全に差し込まれていないこと、コンセントへの建物の配線に緩みがあること、コンセントが摩耗し始めていることが考えられます。

充電速度を正常な状態に戻すには、アダプタがコンセントに完全に差し込まれていることを確認してください。充電速度が正常な状態に戻らない場合は、電気工事業者に連絡し、コンセントおよび建物の配線を調査して必要な修理を行ってください。

コンセントが古くなっている場合は、品質の高いコンセントと交換してください。Teslaウォールコネクターのアップグレードを検討してください。利便性および充電速度をさらに向上できます。

(VCFRONT_a180)電力システムの電力減少車は突然シャットダウンされることがあります

電気系が車両の全機能をサポートする電圧を維持できません。

運転中にこのアラートが発生した場合、車両が突然停止する可能性があります。最後のドライブの後に車両を再始動させることができない可能性もあります。

車両がパーキング レンジにあるときまたは最初に起動したときにアラートがある場合、ドライブを開始するために十分な電力がない可能性がある場合があります。個々の車両アラートはその状態を示すためにあるのかも知れません。

必須ではない機能の使用をやめるか減らすことを推奨します。こうすると車両が必須機能のために十分な電力を維持することを支援することができます。

このアラートが有効なままになっている場合、サービスの予約を直ちにしてください。整備を行わない場合、車両が走行しなくなる、突然シャットダウンする、または再起動しなくなるおそれが生じます。

(VCFRONT_a182)サービスを予約し低電圧バッテリーを交換するバッテリーを交換するまでソフトウェア更新不可

低電圧バッテリーの性能が劣化しているため、交換する必要があります。低電圧バッテリーを交換するまで、車両ソフトウェアのアップデートはできません。

できるだけ早急に低電圧バッテリーを交換することを推奨します。

サービス予約はTesla モバイル アプリからや、車両の低電圧バッテリーの交換を提供する独立系サービス プロバイダーで実施することができます。独立系サービス プロバイダーの選択は、車両の構成やお住いの場所に基づいて異なる可能性があります。

このアラートがあっても車両を運転することに問題はありません。ただし低電圧バッテリーの交換が遅れた場合、最後にドライブした後に車両の起動や、走行ができなくなる恐れがあります。

低電圧バッテリーの著しい低下により、車両の電源を入れることができない場合やドアが開かなくなっている場合は、低電圧バッテリーのジャンプスタートの指示に従ってください。

バッテリーシステムに関する詳細情報については、高電圧バッテリーに関する情報をご参照ください。

(VCFRONT_a191)電力システムの電力減少車はシャットダウン中

低電圧バッテリーは、ドライブまたはドライブの継続に必要な電力を供給することができません。車両をシャットダウンして、ドライブ以外の重要な機能に使用するためのエネルギーを節約します。

この状態が継続している間は、車両を運転することやドライブを継続することはできません。

運転中にこのアラートが発生した場合、車両を直ちに停止させる必要があります。以下のとおりにしてください。
  • 直ちに安全を確かめて車両を停めてください
  • モバイル アプリを使用して、Teslaのロードサイドアシスタンスに直ちに連絡するか、希望するのであればその他のロードサイドアシスタンスをリクエストします。

すぐに安全な場所に停車できない場合、車両は突然シャットダウンする可能性があります。また、一旦駐車すると、車両を再始動させることができない可能性もあります。

このアラートが発生した場合、電気系は車両の全ての機能をサポートするために必要な電圧を維持できません。車両の多くの機能が作動しなくなる可能性があります。

車両がすべての電力を喪失する可能性があります。このような状況に陥った場合でも、手動ドア解除を使用することで、車両から降りることができます。詳細な情報は、車内からドアを開けるを参照してください。

このアラートはさまざまな車両の状況によって発生する可能性があります。詳細情報およびその他の推奨されるアクションについては、その他の能動的車両アラートを確認してください。

このアラートが依然として存在している場合、サービスの予約を直ちにしてください。整備を行わない場合、車両が走行しなくなる、突然シャットダウンする、または再起動しなくなるおそれが生じます。

(VCFRONT_a192)電気系はすべての機能をサポートすることができない機能をシャットダウンしてエネルギーを節約する

電気系はすべての車両の機能をサポートすることはできません。車両は必須ではない機能をシャットダウンして必須機能のためのエネルギーを保持します。

このアラートが出たときに走行している場合、不意に車両がシャットダウンする可能性があります。また、一旦駐車すると、車両を再始動させることができない可能性もあります。

必須ではない機能は使用できない可能性があり、これにはシート ヒーター、キャビン環境コントロール、および車両内のエンターテイメントが含まれます。これは、車両が必須機能(ヘッドライト、ウィンドウ/ドア、ハザード ランプおよびフロント トランク(フランク)の操作機能 など)に対して十分な電力を維持するための予測される挙動です。

車両がすべての電力を喪失する可能性があります。このような状況に陥った場合でも、手動ドア解除を使用することで、車両から降りることができます。詳細な情報は、車内からドアを開けるを参照してください。

このアラートはさまざまな車両の状況によって発生する可能性があります。詳細情報およびその他の推奨されるアクションについては、その他の能動的車両アラートを確認してください。

(VCFRONT_a220)電気系はすべての機能をサポートすることができないサービスの予約

低電圧バッテリーを使用できないため、車両機能への電気的サポートを提供できません。

車両が予期せずシャットダウンするおそれがあります。最後のドライブの後に車両を再始動させることができない可能性もあります。

必須ではない機能の一部が使用できなくなっている可能性があります。これは、車両が必須機能に対するエネルギーを維持するための予測される挙動です。

必須ではない機能の使用をやめるか減らすことを推奨します。そうすることで、整備が完了するまでの間、運転以外の重要機能に対して、車両が十分な電力を保持することが可能になります。

このアラートが依然として存在している場合、サービスの予約を直ちにしてください。整備を行わない場合、車両が走行しなくなる、突然シャットダウンする、または再起動しなくなるおそれが生じます。

(VCFRONT_a402)電気系バックアップ電力利用不能アイドリング中車両はより多くのエネルギーを消費します

電気系のバックアップ電源である低電圧バッテリーを利用できません。または車両のすべての機能をサポートするために必要な電圧を提供できません。

一次電力源である高電圧バッテリー システムは車両がアイドリング状態であっても、車両の機能をサポートし続けます。高電圧バッテリーに関する詳細情報については、高電圧バッテリーについてを参照してください。

運転中以外に、車両が普段よりも多くのエネルギーを消費していることや、充電後に通常予測するよりも短い予測航続距離が車両に表示されていることに気付くことがあります。このアラートが発生した場合、このは車両の通常の挙動であり、バックアップ電源を回復するまでこの状態を継続します。

また、必須ではない機能の一部が使用できなくなっている場合があります。これは、車両が必須機能に対するエネルギーを維持するための予測される挙動です。

必須ではない機能の使用を制限するか、やらないようにするを推奨します。こうすると車両が必須機能のために十分な電力を維持することを支援することができます。

一次電源に影響を及ぼす問題によって、車両が突然シャットダウンする可能性があります。

できるだけ早急にサービスを予約し、電気系のバックアップ電源のサービス予約をして、電気系のバックアップ電源が回復するようにすることを推奨します。

(VCFRONT_a478)バッテリー低電圧に対するサービスが必要サービスの予約 - 車両が再起動しない可能性

電圧の低下したバッテリーは、ドライブするためまたはドライブを継続するために必要な電気の支援を提供することができません。

運転中にこのアラートが発生した場合、車両を直ちに停止させる必要があります。できるだけ早く、安全を確かめて車両を停めてください。

車両が予期せずシャットダウンするおそれがあります。最後のドライブの後に車両を再始動させることができない可能性もあります。

必須ではない機能の一部が使用できなくなっている可能性があります。これは、車両が必須機能に対するエネルギーを維持するための予測される挙動です。

必須ではない機能の使用をやめるか減らすことを推奨します。そうすることで、整備が完了するまでの間、運転以外の重要機能に対して、車両が十分な電力を保持することが可能になります。

このアラートが依然として存在している場合、サービスの予約を直ちにしてください。整備を行わない場合、車両が走行しなくなる、突然シャットダウンする、または再起動しなくなるおそれが生じます。

(VCFRONT_a496)車両はシャットダウンの準備中安全を確かめて車を止めてください

電気系はドライブのためのまたはドライブを継続するための十分なサポートを提供できません。車両は、ドライブ以外の重要な機能のためのエネルギーを確保するためにシャットダウンする準備をしています。

この状態が継続している間は、車両を運転することやドライブを継続することはできません。

運転中にこのアラートが発生した場合、車両を直ちに停止させる必要があります。以下のとおりにしてください。
  • できるだけ早く、安全を確かめて車両を停めてください
  • モバイル アプリを使用して、Teslaのロードサイドアシスタンスに直ちに連絡するか、希望するのであればその他のロードサイドアシスタンスをリクエストします。

すぐに安全な場所に停車できない場合、車両は突然シャットダウンする可能性があります。また、一旦駐車すると、車両を再始動させることができない可能性もあります。

車両がすべての電力を喪失する可能性があります。このような状況に陥った場合でも、手動ドア解除を使用することで、車両から降りることができます。詳細な情報は、車内からドアを開けるを参照してください。

このアラートはさまざまな車両の状況によって発生する可能性があります。詳細情報およびその他の推奨されるアクションについては、その他の能動的車両アラートを確認してください。

(VCSEC_a221)タイヤの空気圧が推奨値以下空気圧を確認してください

このアラートは、タイヤのパンクを示すものでは「ありません」。

タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)は、1つ以上のタイヤ空気圧が推奨された低温時タイヤ空気圧より少なくとも20%低下していることを検知しました。

車両のタイヤの寒冷時推奨圧力値(RCP)の記載箇所、タイヤ空気圧の点検方法、およびタイヤ空気圧の正しい維持方法に関する詳細な情報については、「タイヤ空気圧の維持」を参照してください。

タイヤの空気は冷えると自然に収縮して、タイヤ空気圧は減少するので、このアラートは寒冷気象の際に発生する可能性があります。
  • 寒冷時にはタイヤ空気圧が低下するため、推奨された低温時タイヤ空気圧を維持できるよう空気を入れてください。
  • 車両が走行するとアラートが消えることがあります。これはタイヤが暖まることで、タイヤ空気圧が増加するためです。
    • アラートが消えても、冷却後にタイヤに空気を入れてください。車両の動作の最適化のために、推奨低温時タイヤ空気圧を常に維持してください。
それぞれのタイヤが推奨低温時圧力まで加圧されていることを、タイヤ空気圧モニタリングシステムが検知するとこのアラートは解消されます。
  • タイヤに推奨低温時圧力まで空気を入れた直後は、このアラートがまだ存在し、タイヤ空気圧インジケーター ライトがまだ点灯している可能性がありますが、これら両方は短い距離を運転した後には解消します。
  • タイヤ空気圧モニタリング システムが更新されたタイヤ空気圧を測定して報告するには、15 mph(25 km/h)を超えて10分以上運転する必要がある場合があります。

同じタイヤでこのアラートが繰り返し表示される場合は、タイヤの空気漏れがないかを点検してください。最寄りのタイヤ販売店を訪問するか、Tesla モバイル アプリを使用してサービス予約をすることができます。

タイヤの空気圧と空気注入に関する詳細情報については、タイヤのお手入れとメンテナンスを参照してください。

(VCSEC_a228)タイヤの空気圧が低すぎます安全に車両を駐車し、パンクを確認してください

このアラートは、車両の1つ以上のタイヤの空気圧が極端に低いか、またはパンクしていることを示しています。

タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)は、1つ以上のタイヤ空気圧が推奨された低温時のタイヤ空気圧より著しく低下していることを検知しました。

注意しながらすぐに車両を路肩に停車させてください。安全な場所でパンクしていないかを確認してください。

必要に応じて、Teslaロードサイドアシスタンス オプション(出張タイヤ交換サービス、レンタルホイール、けん引)をご依頼いただけます。さらなる詳細は、Teslaロードサイドアシスタンスに連絡するをご参照ください。

緊急時以外であれば、地域のタイヤ販売店を訪れて支援を求め、Teslaモバイル アプリを使用してサービス予約することを推奨します。

車両のタイヤの寒冷時推奨圧力値(RCP)の記載箇所、タイヤ空気圧の点検方法、およびタイヤ空気圧の正しい維持方法に関する詳細な情報については、「タイヤ空気圧の維持」を参照してください。

タイヤ空気圧モニタリングシステムがタイヤ空気圧測定を行い、各タイヤの空気圧力が30 psiであることが確認されると、アラートは解除されます。
  • タイヤに推奨低温時圧力まで空気を入れた直後は、このアラートがまだ存在し、タイヤ空気圧インジケーター ライトがまだ点灯している可能性がありますが、これら両方は短い距離を運転した後には解消します。
  • タイヤ空気圧モニタリング システムが更新されたタイヤ空気圧を測定して報告するには、15 mph(25 km/h)を超えて10分以上運転する必要がある場合があります。

タイヤ空気圧および保守に関する詳細は、タイヤのお手入れと保守をご参照ください。