歩行者警告システム

(装備している場合) 歩行者警告システムは、33 km/h(21 mph)より低速で走行している場合、または後進している場合に、Model Yを鳴動させます。電気自動車は音がしないため、歩行者に車が接近していることを音で知らせます。この音は、Model Yがパーキング以外にシフトされているときに鳴り、速度が上がるにつれて音量が上がります。

2021年11月ごろ以前に製造された車両の場合: この音をオフにする必要がある場合(渋滞中の高速道路を走行しているときなど)は、「コントロール」 > 「安全」 > 「歩行者警告」 > 「一時停止」の順にタッチします。音がオフになるのは、現行の運転時のみになります。次回の運転では、自動的に音がオンに戻ります。この日付以降に製造された車両ではこの切り替えを利用することはできません。

スピーカー横に「X」の文字のあるグレーの車両アイコン。
歩行者警告システムが一時停止され、有効でない場合、「タッチスクリーン」にこのインジケータが表示されます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
およそ2021年7月1日より前に製造された車両には、歩行者警告システムが搭載されていないことがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
音が聞こえないと、歩行者は近づく車両に気づかない可能性があり、重傷事故や死亡事故につながる恐れがあります。歩行者警告システムが作動しない場合は、直ちに Tesla にご連絡ください。