ワイパーとウォッシャー

ワイパー

ワイパー設定にアクセスするには以下のいくつかの方法があります。
  • ウィンカー レバーの先端にあるボタンを押します。
  • 「コントロール」 > 「ワイパー」の順にタッチします。
  • 下部バーにワイパーを追加します。マイ アプリをカスタマイズを参照してください。

ワイパー設定を調整するには、ハンドルの左スクロール ホイールを左または右に押すか、タッチスクリーンを使用するか、または音声コマンドを使用します(音声コマンド参照)。

ウィンカーレバーの先にあるボタンには2つのレベルがあります。軽く押すとワイパーが1回作動しウォッシャー液は噴射されません。ワイパーとウォッシャーの両方をしっかり押します。

I - 間欠、遅い

- 間欠、速い

- 連続、遅い

- 連続、速い

オート: Model Y は雨が降っているかどうかを検出します。ワイパーが自動に設定されフロントガラス上に水滴が検出されると、Model Yはワイパーを動かす最適な頻度を判断します。Model Yのフロントガラスに水滴が検出されなくなるとワイパーは止まります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
オートパイロットでは、ワイパーを自動に設定する必要があります。この設定は自動で、変更はできません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
現時点では、自動設定はベータ版です。ベータ版で自動設定を使用することに抵抗を感じる方には、必要に応じてワイパーを手動で動作させることをお勧めします。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
ワイパーの損傷を避けるために、Model Y を洗車する前に必ずワイパーをオフにしてください。

ワイパーブレードのエッジを定期的にチェックし、きれいに清掃してください。ブレードが損傷している場合は、すぐに交換してください。ワイパーブレードの点検と交換についての詳細は、フロント ガラスのワイパー ブレード、ジェットおよびウォッシャー液を参照してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
ボンネットの損傷を避けるため、ワイパーを使用する前に、ボンネットが完全に閉じていることを確認してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
厳しい寒冷下では、ワイパーブレードが凍結していたり、フロントガラスに張り付いていないことを確認してください。フロントガラスに着氷がある場合は、氷を取り除いてからワイパーを使用してください。氷の角が尖っていてブレードのゴムを傷める可能性があります。

フロント ガラス ウォッシャー

方向指示器レバー先端のボタンを押すと、フロント ガラスにウォッシャー液が噴射されます。このボタンには2つのレベルがあります。軽く押すとワイパーが1回作動しウォッシャー液は噴射されません。ワイパーとウォッシャーの両方をしっかり押します。フロント ガラスを洗っている間、ワイパーが作動します。ウォッシャー液を噴霧している間、ワイパーが作動します。ボタンから手を離した後、ワイパーはさらに 2 回動作し、車両および環境的な条件によっては、その後数秒おいてから 3 回目の動作を行います。

ヒントを示す矢印のあるウィンカー

ウォッシャー液は定期的に補充してください(フロントガラス ウォッシャー液を補充を参照)。