ドライバープロフィール

運転席シート、ハンドルポジション、またはドア ミラーの調整を初めて行う際は、これらの調整を保存するためのドライバー プロフィールを作成することを促すメッセージがタッチスクリーンに表示されます。ドライバープロフィールでは、Model Yをカスタマイズする際に実施したさまざまな設定の保存もします。クラウドにプロフィール設定を保存して複数のTesla車に簡単にアクセスできるように方法について詳しくは、Teslaプロフィールの使用を参照してください。

半円形とその上にあるより小さな丸印
新しいドライバー プロフィールを追加するには、タッチスクリーン上部にあるドライバー プロフィール アイコン をタッチします。「ドライバープロフィールの設定」 > 「ドライバーを追加」をタッチして、ドライバーの名前を入力し、「プロフィールを作成」をタッチします。画面の指示に従い、ドライバー プロフィールにミラーおよびハンドル位置を保存します。ドライバーに合わせて運転席とハンドルを自動的に調整してModel Yへの出入りをより便利にするイージー エントリー設定を保存(または既存のものを使用)する場合は、「イージーエントリーを使用」チェックボックスにチェックを入れます。

ドライバー プロフィールの保存または選択後、運転席シート、ハンドル、またはサイドミラーの位置を変更すると、新しい位置を保存するか、または前回保存した位置へと元に戻すことを促すメッセージがタッチスクリーンに表示されます(その他の設定は自動的に保存されます)。保存や復元せずに設定を変更するには、そのメッセージを無視して構いません。

ドライバーのプロフィールを削除するには、タッチスクリーンの上部にあるドライバー プロフィールのアイコンをタッチし、「ドライバーのプロフィール設定」をタッチして、削除するドライバー プロフィールを選択します。選択すると、ドライバーのプロファイルを「削除」するオプションがあります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
バレーモードは、速度制限およびModel Yの一部の機能へのアクセスを制限する場合に使用するビルトイン ドライバー プロフィールです(バレーモードを参照)。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ドライバー プロフィールに基づいて実行されている自動調整を停止するには、ドライバーのプロフィールのドロップダウンメニューにある「停止」をタッチします。手動でシート、ミラー、ハンドルを調整すると、自動調整も停止します。

ドライバー プロフィールの選択

半円形とその上にあるより小さな丸印
ドライバー プロフィールに従ってModel Yを調整するには、「コントロール」スクリーン最上部にあるドライバー プロフィール アイコンにタッチします。続いてドライバーを選択すると、そのドライバー プロフィールで保存されている設定に合わせてModel Yが調整されます。クラウドにプロフィール設定を保存して複数のTesla車に簡単にアクセスできるように方法について詳しくは、Teslaプロフィールの使用を参照してください。

Teslaプロフィールの使用

シート調整、温度設定、ナビの最近の履歴やお気に入り、メディア設定およびデータ共有設定といったドライバーのプロフィール設定をTeslaプロフィールに保存し、Teslaアカウントでサポートされている車両で同期させることができます。これにより、サポートされているすべてのTesla車で、プロフィール設定に簡単にアクセスすることができます。

Teslaプロフィールをセットアップするには「ドライバーのプロフィール設定」に移動してTeslaアカウント名を選択します。新しいプロフィールとしてセットアップするか、以前に使用していた既存のドライバーのプロフィールから設定をコピーすることができます。

追加のドライバーに対してTeslaプロフィールをセットアップするには、モバイル アプリから車両をドライバーたちと共有し、「セキュリティ」 > 「ドライバーの追加」の順に移動します。Teslaアカウントからの招待を完了すると、ドライバーのプロフィール設定にTeslaプロフィールが表示されます。モバイル アプリのアクセス権付与に関する詳細については、2人目のドライバーへのアクセス許可を参照してください。さらに、Teslaモバイル アプリからプロフィールの写真を変更することができます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
シート、ミラー、ハンドルおよび通気口の位置といった一部の車両設定は、同じ車両モデル間でしか同期しません。シートやステアリングの位置が、期待するようには元に戻らない場合、該当する車両で「コントロール」 > 「サービス」 > 「シートおよびステアリングのキャリブレーション」の順にタッチします。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Teslaプロフィールは、ソフトウェアバージョン2022.24以降を搭載する車両でサポートされています。

ドライバーのTeslaプロフィールは、ドライバーのTeslaアカウントに関連付けされていない車両からは削除されます。

保存されている設定

Model Yをカスタマイズするために指定した設定の一部は、ドライバー プロフィールに自動的に保存されます。保存されると、タッチスクリーンのドライバー プロフィール アイコンの隣に緑色のチェックマークが表示されます。自動的に保存されるドライバー プロフィールの例としては、
  • ナビゲーション、温度、ライトおよびディスプレイ設定があります。
  • オートパイロットおよびドライブの好み。

ドライバー プロフィールとキーのリンク

ドライバープロフィールを特定のキーにリンクさせて、そのキーを持って車両に近づき運転席側ドアを開くとModel Yが正しいドライバープロフィールを自動的に選択できるようにできます。ドライバーのプロフィールをキーにリンクさせるには、最初に必ずリンクを希望するドライバープロフィールを使用していることを確認してから、「コントロール」 > 「ロック」 > 「キー」の順にタッチします。ドライバー アイコンを切り替えると、キーのドライバープロフィールをリンクまたはリンク解除できます。リンクされると、キーの下にドライバー プロフィール名が表示されます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model Y 最大10件のドライバーのプロフィールをサポートします。ドライバー プロフィールに複数のキーをリンクさせることができますが、1つのキーに複数のドライバー プロフィールをリンクさせることはできません。

イージーエントリー

イージー エントリー設定を定義すると、Model Yへの出入りを容易にするようにハンドルと運転席を動かすことができます。ドライバーは自分のドライバーのプロフィールに関連付けることで、イージーエントリー設定を使用することができます。イージー エントリー設定がドライバーのプロフィールに関連付けられると、パーキングにシフトして、運転席シート ベルトが外されたときに、ハンドルと運転席が自動的に調整され、Model Yからの降車が楽にできるようになります。車両に戻りブレーキペダルを踏むと、設定は自動的に前回のドライバープロフィールで使用された(またはドライバーのプロフィールがリンクされている場合はキーに基づく)設定を使用します。

ドライバーのプロフィールで イージーエントリーを使用するには、「イージーエントリーを使用」ボックスにチェックが入っていることを確認してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
運転席の後ろの後列シートにチャイルドシートを取り付けているときには、運転席を自動で最後位置に動かすために「イージーエントリー」を使用しないでください。後列座席との間隔が狭くなると、運転席を動かしたときにお子さまの足に当たってしまったり、チャイルドシートを押し除けてしまう場合があります。

バレーモード

Model Y がバレーモードになっているときは、次の制限が適用されます。

  • 速度は時速 113 km 以下に規制されます。
  • 最大加速と最大出力は制限されます。
  • フロントトランクとグローブボックスはロックされます。
  • 自宅および職場のロケーションはナビゲーション システムで使用できません。
  • 音声指示が無効になります。
  • オートパイロットの便利な機能が無効になります。
  • 「モバイル アクセスを許可」設定は変更できません。
  • ドライバープロフィールにアクセスできません。
  • Model Y にアクセスできるキーのリストはタッチスクリーンに表示されません(キーの管理を参照)。
  • Wi-FiとBluetoothが無効になります。Model Y がバレーモードにあるときは、新しい Bluetooth 機器をペアリングしたり、接続済みの機器を閲覧したり削除したりすることはできません。しかし通信エリア内にBluetoothでペアリングした機器または既知のWi-Fiネットワークがある場合は、Model Yは接続を行ないます。

バレーモードの開始

Model Yをパーキングにして、「コントロール」スクリーン最上部にあるドライバー プロフィール アイコンにタッチしてから、「バレーモード」にタッチします。

バレーモードを初めて使用する場合は、バレーモードをキャンセルするときに使用する4桁の暗証番号を作成するようにタッチスクリーンから求められます。

バレーモードが動作している場合、タッチスクリーン上に「バレー」の文字が表示され、タッチスクリーンでドライバーのプロフィールが「バレーモード」に変わります。

また、モバイル アプリを使って、バレー モードを開始またはキャンセルすることもできます(Model Yのギアがパーキングに入っている必要があります)。モバイル アプリを使用している場合は、アプリにログインする際、すでにTeslaアカウント認証情報を使ってログインしているので、PINを入力する必要はありません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
「ドライブ用 PIN」の設定がオンになっている場合(ドライブ用PINを参照)、ドライブ PIN を入力しないとバレー PIN を定義または入力できるようになりません。バレーモードになると、Model Y は、ドライブ用 PIN の入力なしに車両を運転することが可能になります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
「ドライブ用 PIN」の設定は、バレーモードが有効のときは利用できません。

PIN を忘れた場合は、Model Y 内で Tesla アカウント認証情報を入力するとリセットできます(バレーモードもキャンセルされます)。モバイル アプリを使って PIN をリセットすることもできます。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
トレーラーをけん引しているときにはバレーモードを使用できません。バレーモードのトルクの限界により、Model Y ではトレーラーを引きながら坂道を登ることが困難になることがあります。

バレーモードのキャンセル

Model Yをパーキングにして、「コントロール」スクリーン最上部にあるドライバー プロフィール アイコンにタッチしてから、「バレーモード」にタッチして4桁のPINを入力します。

バレーモードをキャンセルすると、直前まで使用していたドライバー プロフィールと温度調整の設定に関連するすべての設定が回復し、すべての機能が使用可能になります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
バレーモードをキャンセルするにはモバイル アプリから PIN を入力する必要はありません。