フロントおよびリア シート

正しい運転位置

シート、ヘッドレスト、シートベルト、エアバッグはそれぞれ連動しており、乗員の安全性を最大限に確保するようになっています。これらの機能を正しく使用することで、保護性能を向上させることができます。

運転席でシートベルトを着用し、ハンドルに手を置いて座っている人

シート位置を正しく設定すると、フロントエアバッグからできるだけ離れた位置でシートベルトを正しく装着することができます。

  1. 上体を起こし両足をフロアに着けた状態で着座し、シートのリクライニングが 30°を超えないようにします。
  2. ペダルに足が十分に届き、ハンドルを握ったとき腕が少し曲がることを確認します。胸がエアバッグカバーの中央から 25cm以上離れるようにしてください。
  3. シートベルトの肩ベルトが乗員の首と肩の間を通るようにします。シートベルトの腰ベルトが腹回りに通らず腰回りに密着するように装着します。

Model Y シートには前部にヘッドサポートが組み込まれていますが、これは調整や取り外しができません。

フロント シートの調整

シート側面にある3つの調整ノブ
  1. シートを前後に動かし、シートの高さを調節し、傾斜角を増減させます。
  2. バックレストを調整します。
  3. ランバー サポートを調整する(装備されている場合)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
フロント シートを調整する前に、シートの周りに何もないことを確認してください(人や荷物など)。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
運転中にシートの調整をしないでください。事故につながる恐れがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
走行中にリクライニングしたシートに座っていると、衝突時に乗員が腰ベルトの下に潜り込んだりシートベルトに巻き込まれたりして重傷を負う危険があります。車両走行時は必ず、シートのリクライニングを 30°未満にしてください。

シートのキャリブレーション

(装備されている場合)運転席のキャリブレーションを実行できます。この機能は、シートの可動範囲が制限された場合や、ドライバーのプロフィールによる専用シート調整の自動実行がされていない場合に役立ちます。「コントロール」 > 「サービス」 > 「運転席、ハンドルおよびミラーのキャリブレーション」 の順に移動し、タッチスクリーン上の指示に従ってください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
キャリブレーション中は、運転席の後部や下に何もないことを確認してください。これらを怠ると、重傷を負うおそれがあります。

2列目シート バックの調整

Model Y 2列目シートは最大3名が座れます。シート バックは60対40に分割されており、左側のシート バックを調整すると左席と中央席のシート バックが両方とも動くのに対し、右側のシート バックを調整しても右席のシート バックだけしか動きません。

2列目窓側シートの外側角にある調整ハンドルを使用して対応するシート バックを調整します。ハンドルを引き上げながら背もたれを任意の位置に動かし、ハンドルを離します。シートバックを前後に押して、シートバックがラッチで確実に固定されていることを確認します。

2列目シート外側のボタンを示す2つの矢印

2列目シート バックの折りたたみ

収納スペースを最大にするために、各2列目シートバックを前方に折りたたみフラットにすることができます。ハンドルを引っ張りながら、対応するシートバックを前方に押して完全に倒します。

1つの2列目シートを前に倒した状態(下方向を示す矢印を含む)
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
シートを完全に折りたたむ前に、シートやリアシートの足元スペースから物を取り除いてください。シートバックを前に折りたたんでフラットにするには、フロントシートの前方への移動が必要になる場合があります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
2列目シートを前に折りたたんで走行すると、車両後部(トランク、サスペンションなど)からの騒音や振動が増加する場合があります。

中央のシートバックは単独で前方に折りたたむことができるため、長い荷物(スキー用具など)をModel Yの後部に収納することができます。シート バックの後方にあるハンドルを引いてラッチを外してから、前方に引きます。

中央座席背もたれの青色のハンドル
中央2列目シートを前に倒した状態(下方向を示す矢印を含む)

リアトランク左側にあるスイッチを押すと、対応する2列目のシートバックを前方に倒して折りたたむこともできます。スイッチを押すとシートバックが前方に倒れます。シートバックを押し下げればフルフラットにすることができます。

リア トランクの左側にあるスイッチを示す引き出し線

シート バックを直立ポジションに戻すには、ロックのかかる位置まで引き上げます。シートバックを前方へ引き、直立位置でロックされていることを確認します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
リアシートを引き上げて元の位置に戻す前に、シートベルトがバックレストの裏側に引っかかっていないことを確認します。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
シートバックを直立位置に戻した際には、前後に押してロックされているか確認します。これを怠ると怪我をする危険が増します。

ヘッドレスト

前列シートには一体式のヘッド サポートがあり、ユーザーがこれを調整することはできません。

2列目の窓側の席似装備されている調整式のヘッド サポートは、上昇、下降または取り外しが可能です。チャイルドシートを装備していないこれらの座席のどれかに乗客が座ると、該当するヘッド サポートは(ヘッド サポートの中心が乗員の頭の中央に合うように)調整され、その位置でロックされます。2列目窓側の座席のヘッド サポートを上げる場合、希望する位置まで上方向に引き上げます。下げる場合は、ヘッド サポートを下に押し込みながら、外側ポストのベースにあるボタンを押し続けます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域や製造国によっては、車両に調整または取り外し可能なヘッドレストが装備されていない場合があります。
ヘッド サポートのベースにあるボタンを示す矢印およびヘッド サポート クッションを示す下向き矢印

2列目中央座席にはヘッド サポートを上げるためのオプションが装備されています。ヘッド サポートは当初シートの背もたれに収納されていますが、上方向に引き上げると使用することができます。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
チャイルドシートを2列目の座席に取り付ける場合、ヘッド サポートを下げる必要があります。リア中央座席に着座するときはヘッドレストを所定位置まで上げてロックする必要があります。

2列目中央座席のヘッド サポートを収納する場合、ポストのベースにあるボタンを押したまま、ヘッド サポートを最後まで押し下げてください。

ヘッド サポートのベースにあるボタンを示す矢印およびヘッド サポート クッションを示す下向き矢印
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
衝突時の重傷や死亡の危険を最小限にするため、運転前にヘッド サポートを正しく配置するようにしてください。

ヘッドサポートの取り外し/取り付け

2列目座席のすべてのヘッドサポートは取り外し可能です。ヘッドサポートの取り外し方法:

  1. ヘッドサポートを引っ張り上げて外します。
  2. ポスト底部にあるボタンを押し続けます。
  3. 反対側のポストの内側底部にある開口部に小さなマイナスドライバーなど短くて平らな物体を挿入し、ヘッドサポートを上に引きます。
    ヘッド サポートのベースにあるボタンを示す矢印(ヘッド サポート ベース内にドライバーを配置)およびヘッド サポート クッションを示す上向き矢印

ヘッドサポートの取り付け方法:

  1. ヘッドサポート前側を前方向に向け、両方のポストをシートバックの対応する穴に挿入してください。
  2. カチッとはまるまでヘッドサポートを押し下げてください。
  3. ヘッドサポートを持ち上げてしっかり固定されていることを確認します。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
後部中央座席に人を乗せる前に、ヘッドサポートが正しく取り付けられていることを確認してください。シートベルトを正しく着用しないと、衝突事故が発生した場合にけがや死亡事故につながる恐れがあります。

シートヒーター

フロントおよび2列目のシートには、ヒーター パッドがあり、3(強)から1(弱)の3つのレベルで動作します。シート ヒーターの操作方法については、温度調整を参照してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
長時間の使用によるやけどを防止するために、末梢神経障害を患っている方、糖尿病、加齢、神経損傷、その他の症状が原因で痛みを感じる機能が低下している方は、空調システムやシート ヒーターの使用の際に十分注意してください。

シートカバー

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
Model Y にシート カバーを使用しないでください。使用すると衝突発生時にシート搭載サイド エアバッグの膨張が制限される可能性があります。また、車両に助手席フロントエアバッグのステータスを判断するために使用される乗員検知システムが搭載されている場合に、シートカバーを使用すると検知システムの障害になってしまいます。