部品とアクセサリー

部品、アクセサリー、改造

Tesla 正規品の部品/アクセサリーのみをお使いください。Tesla は部品に厳しい試験を実施し、その適合性、安全性、信頼性を確認しています。これらの部品は Tesla から購入してください。Tesla では、専門的な経験を積んだプロがこれらの部品の取り付けを行い、また Tesla からは Model Y の改造について専門的なアドバイスを受けることができます。アクセサリーは、Tesla ストアまたは www.tesla.comのオンラインでご購入いただけます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
アクセサリーによってはお住いの地域で利用できない場合があります。

Model Y に Tesla 製ではない部品を使用する場合、Tesla は他の業者が製造した部品を評価することができず、したがって一切責任は負いません。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
無認可の部品/アクセサリーの取り付け、または無認可の改造を行うことにより、Model Y の性能やその乗員の安全が損なわれる可能性があります。無認可の部品の使用または取り付け、あるいは無認可の改造によって生じた損害は、保証の対象となりません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
無認可のアクセサリーの使用または取り付け、あるいは無認可の改造があった場合の死亡、負傷、または損害について、Tesla は一切責任を負いません。

車体の修理

Model Y が衝突した場合は、必ず Tesla の純正部品で修理できるように Tesla または Tesla 認定ボディショップにご連絡ください。Tesla は、訓練、設備、仕事の質、顧客満足度などの厳しい要求水準を満たすボディ ショップを選定しています。

場合によっては、費用節約のため、修理業者や保険会社が正規部品以外の使用や破損した車体の中でまだ使える部品の再利用を勧めることがあります。しかし、それらの部品は品質、適合性、耐腐食性などの面で Tesla の高い基準に適合しません。また、正規部品以外の部品や再利用した部品は (それらによって生じる損害または故障とともに) 保証の対象とはなりません。

キャビン フィルターの交換

Model Yは、花粉、産業降下物、道のほこり、その他の粒子などが通気口からキャビンに侵入することを防止するエア フィルターを備えています。これらのフィルターは2年ごとに交換してください (中国市場は毎年)。キャビン フィルターはTeslaショップで購入できます。

キャビン フィルターを交換するには

  1. 空調システムをオフにします。
  2. 助手席を後方いっぱいまで移動させ、助手席のフロアマットを取りはずします。
  3. トリムツールを使用して右側パネルをセンター コンソールから上から下の順で慎重に取り外します。
  4. キャビン フィルター カバーを暖房、換気、およびエアコン (HVAC) モジュールに固定する6 mmネジを取り外したら、キャビン フィルター カバーを取り外して横に移動します。一部の車両では、6 mmネジの代わりにタブが使用されています。人差し指と親指を使用して、キャビン フィルター カバーの底部にある2つのタブをつまみます。カバーを外側に倒して外します。
  5. 上側キャビン フィルターのプルタブを外側に折りたたみます。
  6. 上側キャビン フィルターのタブを持ち、上側フィルターをHVACモジュールから引き出します。
  7. 下側キャビン フィルターのタブを持ち、下側フィルターを引き上げHVACモジュールから取り出します。
  8. 両方の新しいフィルターの矢印が車両後方に向いていることを確認して、下キャビン フィルターをHVACフィルターに挿入したら所定位置に下げます。次に、上部キャビン フィルターをその上に挿入します。
  9. キャビン フィルター カバーが挿入できるようタブを内側に曲げます。
  10. 下側カバー タブをはめてキャビン フィルター カバーを取り付け、6 mmネジで固定します。ネジを1.2 Nm/0.89 ft-lbsで締め付けます。6 mmネジの代わりにタブが使用されている車両の場合、キャビン フィルター カバーの上部ノッチを所定位置に移動し、HVACモジュールの底部でタブを固定します。
  11. 右側パネルをセンター コンソールのフロントおよびリアのロケーター スロットに合わせたら、圧力を掛けてすべてのクリップをはめます。
  12. 助手席フロアマットを取り付け、助手席シートを元の位置に戻します。

低電圧鉛バッテリーの交換

この手順は北米向け車両だけを対象としています。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
保証の対象外となる損傷を防止するためには、現在の低電圧鉛バッテリーを同じタイプのバッテリーと交換します。北米車両の低電圧鉛バッテリーはAtlasBX / Hankook 85B24LS 12V 45Ahです。車両と互換性のある新しい低電圧鉛バッテリーは地域のサービスセンターで購入できます。

低電圧鉛バッテリーを交換するには以下の手順を実施します。適切な個人保護具を着用します(鉛バッテリーを取り扱う場合は、安全眼鏡、皮手袋など)。

取り外し:

  1. 低電圧鉛バッテリーを取り外すために以下の通りに車両を準備します。
    1. 車両がパーキングになっていることを確認します。
    2. すべての窓を下げます。
    3. フロントトランクを開きます。
    4. ドアを開いたままにして、必要な場合に車両に戻ることができるようにします。
    5. 充電ケーブルを充電ポートから外します。
  2. フロントトランクで、傷をつけることのない小さな工具または指をパネルの下に差し込んで、車両のアンダーフード エプロンを取り外します。クリップが緩むまで引っ張り、アンダーフード エプロンを脇に寄せておきます。
    フロントトランクを開き、リア アンダーフード エプロンを強調表示した車両の画像
  3. 装備されていればHEPAフィルターを取り外します。
    1. 10 mmのソケットを使用してウォッシャー フルード リザーバーのネックをアンダーフード ストレージ ユニットに取り付けているボルトを取り外します。
      ウォッシャー フルード リザーバーのネックをアンダーフード ストレージ ユニットに取り付けているボルトの拡大図
    2. ウォッシャータンクのネックを車両から取り外します。フロント ガラス ウォッシャー リザーバーが満杯の場合ウォッシャー液が漏れる可能性があります。
      Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
      ホースをネックから取り外す必要はありません。
      ウォッシャー タンクのネックを固定しているタブの拡大図
    3. 10 mmのソケットを使用してHEPAフィルター アセンブリを車両に取り付けているボルト(2本)を取り外します。
      強調表示されているHEPAフィルター アセンブリのボルト(2本)
    4. HEPAフィルター アセンブリの後端をブレーキ液リザーバーの上に傾けてフィルター アセンブリを取り外します。他の構成部品にぶつけたり、他の構成部品を損傷したりしないように気を付けながら、車両からフィルター アセンブリを持ち上げて外します。
      HEPAフィルターを持ち上げて車両から外しているところを示す画像
  4. タッチスクリーンで「コントロール」 > 「安全」 > 「電源オフ」の順に移動して車両の電源をオフにします。
  5. 赤色のロック タブを手前にスライドさせて黒色のタブを押すことで、高電圧遮断回路を切断します。
    高電圧遮断回路が切断されていることを示す矢印
  6. 10 mmソケットを使用してマイナス端子クランプを鉛バッテリーのマイナス ポストに固定しているナットを緩めます。端子クランプをマイナス ポストから外します。
    マイナス端子クランプが強調表示された低電圧鉛バッテリーの拡大図
  7. 10 mmソケットを使用して端子カバーおよびプラス端子クランプを鉛バッテリーのプラス ポストに固定しているナットを緩めます。端子クランプをプラス ポストから外し、端子クランプを乾いたウェスで覆います。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    注意
    プラス端子クランプを、鉛バッテリーのホールドダウン ブラケットやA/C冷却ラインといった付近の構成部品に接触させないでください。
    プラス端子クランプが強調表示された低電圧鉛バッテリーの拡大図
  8. 鉛バッテリーのマイナス端子側からベントチューブを外します。
    ベントチューブホースが強調表示された低電圧鉛バッテリーの拡大図
  9. 鉛バッテリーの上部にあるバッテリー ホールド ダウンのナットを10 mmソケットを使用して緩めます。バッテリー ホールド ダウンを緩めるためには、ストラップのフックを外して後方へスライドさせます。必要に応じてバッテリー ホールド ダウンを後方へ傾け、滑って車両に入らないようにします。
    ナットを緩めることおよびホールド ダウンを上に引いて外すことを示す矢印
  10. バッテリー ハンドルを使用して、周囲の構成部品に触れたり損傷を与えたりしないように注意しながら、鉛バッテリーを慎重に取り外します。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    警告
    鉛バッテリーを持ち上げて外す際は、車両の前方に立って正しい持ち上げ手法を用いてください。鉛バッテリーは約25 lb(12 kg)の重量があります。これらを怠ると、重傷を負うおそれがあります。
    低電圧鉛バッテリーの例
  11. 新しい鉛バッテリーを点検して、プラス端子側のケーシングに赤色のプラグがあることを確認します。新しい鉛バッテリーに赤色のプラグがない場合、小さなトリム工具を使用して、古いバッテリーから新しいバッテリーへ赤色のプラグを移してください。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    注意
    バッテリーのリサイクル施設に引き渡すなど地域の法律に従って、古い鉛バッテリーを廃棄します。輸送の際は、鉛バッテリーを立てた状態で維持し、タオルや段ポール紙の上に置いてください。
    赤色のプラグが強調表示された低電圧鉛バッテリーの拡大図

取り付け:

  1. 付近の構成部品に触れたり、付近の構成部品を損傷させたりしないように注意しながら、新しい鉛バッテリーを所定位置に置きます。
  2. 鉛バッテリー ホールド ダウンを取り付け、ホールド ダウンを12 Vバッテリーに固定しているナットを10 mmソケットを使用して締め付けます。ナットを6 Nm(4.4 ft-lb)のトルクで締めます。
    バッテリー ホールド ダウンの拡大図と強調表示されたナット
  3. 高電圧遮断回路を再接続します。
    高電圧遮断回路の接続を示す矢印
  4. 新しい低電圧鉛バッテリーのプラスおよびマイナス ポストから保護キャップを取り外します。
  5. クランプをプラス ポストの上に配置することでプラス端子を接続します。10 mmソケットを使用してナットを6 Nm(4.4 ft-lb)のトルクで締めます。
    プラス端子クランプが強調表示された低電圧鉛バッテリーの拡大図
  6. プラス端子カバーを取り付けます。
  7. クランプをマイナス ポストの上に配置することでマイナス端子を接続します。10 mmソケットを使用してナットを6 Nm(4.4 ft-lb)のトルクで締めます。
    マイナス端子クランプが強調表示された低電圧鉛バッテリーの拡大図
  8. 鉛バッテリーのマイナス端子側にベントチューブを接続します。
    ベントチューブホースが強調表示された低電圧鉛バッテリーの拡大図
  9. 1つの車両ドアを開いて、電力が正常に復旧したことおよびタッチスクリーンの電源がオンになることを確認します(数分かかることがあります)。
  10. 装備されていればHEPAフィルターを取り付けます。
    1. 付近の構成部品に触れたり、付近の構成部品を損傷させたりしないように注意しながら、HEPAフィルターを所定位置に置きます。
      車両にセットし直すことでHEPAフィルターを再取り付けすることころを示す画像
    2. 10 mmソケットを使用してボルト(2本)を締め付け、5 Nm(3.7 ft-lb)のトルクを掛けます。
      強調表示されているHEPAフィルター アセンブリのボルト(2本)
    3. ウォッシャー タンク ネックのOリングが完全に装着されていることを確認してから、ウォッシャー タンク ネックをウォッシャー タンクに挿入して取り付けます。
      ウォッシャー タンク ネックの拡大図と、ウォッシャー タンクを示す矢印
    4. ホースの配管は、タブにより固定されるように行ってください。
      ウォッシャー タンクのネックを固定しているタブの拡大図
    5. 10 mmのソケットを使用してウォッシャー フルード リザーバーのネックをアンダーフード ストレージ ユニットに取り付けているボルトを取り付けます。ボルトを5 Nm(3.7 ft-lb)のトルクで締めます。
      ウォッシャー フルード リザーバーのネックをアンダーフード ストレージ ユニットに取り付けているボルトの拡大図
  11. フロントトランクの開口部にクリップを合わせて、アンダーフード エプロンを交換します。下方向に押して所定位置でロックします。クリップを固定するとカチッという音がします。
    フロントトランクを開き、リア アンダーフード エプロンを強調表示した車両の画像
  12. フロントトランクを閉じます。低電圧バッテリー交換の警告が以前タッチスクリーンに表示されていた場合は、その警告が表示されないことを確認します。

RFIDトランスポンダーの利用

Model Y の車内に RFID トランスポンダー (多くの自動料金所システムで使用される) を取り付けるときは、リア ビュー ミラーの助手席側に図のようにトランスポンダーを取り付けてください。これによって、運転時の視界を妨げる要因が最小化できます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
防水トランスポンダーをフロント ライセンスナンバープレート。
トランスポンダーの推奨取付位置 - フロント ガラスからリア ビュー ミラーの右側までを強調表示。