車両輸送者向け注意事項

ホイールを接地させた状態で輸送しないでください

ホイールが回転するとModel Yモーター発電をしてしまいます。Model Y を輸送する時は必ず 4 本のタイヤすべてを地面から離してください。輸送中はタイヤが回転しないことを確認してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
タイヤが回転してしまうような状態では絶対に車両の輸送を行なわないでください。重大な損傷または過熱につながる恐れがあります。まれにではありますが、極度に加熱すると周りのコンポーネントに引火する恐れがあります。
リアホイールを接地し、フロントホイールをけん引トラックで持ち上げられてけん引されているときのModel Yで、赤色の「X」は実行すべきではない項目を示します。
RV車の後ろで全4輪を接地して移送されているModel Yで、赤色の「X」は実行すべきではない項目を示します。

Teslaが指定している以外の方法でModel Yの輸送を行わないでください以下のセクションに示す指示に従い、記載されるすべての警告および注意事項を厳守してください。誤った方法で輸送中に発生した車両の損傷は保証対象にはなりません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Teslaでは、Teslaロードサイドアシスタンスによる出動ではないサービスの料金を返済する義務や責任を負いません。

認定された輸送方法

Model Yの輸送に推奨されるのは、平ボディトラックまたは同等の輸送車両です。平ボディトラックを使用時は、前後どちらの方向で載せても構いません。

平ボディトラックに積載された車両。

平ボディトラックを使用しないでModel Yを輸送する必要がある場合は、タイヤスケートを使用してタイヤを地面から離してから輸送を開始してください。この方法は時速55 km以下で行い、絶対にタイヤスケートの製造元が指定する制限速度を超えてはなりません。この方法を使用する場合は、フロントタイヤを浮かせて、リヤタイヤにタイヤスケートを履かせて車両を前向きすることをTeslaは推奨します。

フロントホイールをけん引トラックに持ち上げられ、リアホイールをドーリーに載せてけん引されている車両
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
平ボディトラックにModel Yウィンチで載せる前に、輸送モード(輸送モードの有効化参照)を有効にしてください(車両前方から平ボディトラックの上に引き上げますおよび車両後方から平ボディトラックの上に引き上げます参照)。輸送モードが使用できない、またはタッチスクリーンが利用できない場合は、必ずセルフローディングドーリーまたはタイヤスケートを使用して、認定された輸送位置に車両を積載してください。Teslaは、セルフローディングドリーまたはタイヤスケートを使用したModel Yの輸送が原因となる、個人財産の損害などのいかなる損害についても責任を負いません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
輸送モードは、Model Yをウィンチを使用して平ボディトラックに載せるため、または車両を駐車スペースから移動するためだけに使用されます。輸送モード中は、タイヤをゆっくり(5 km/h未満)、極めて短い距離(10 m未満)回転させることしかできません。輸送モードの有効化を参照してください。これに従わないと、車両に保証の対象とならない重大な損傷および過熱を与える恐れがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
Model Y には、衝突により損傷する可能性のある高電圧コンポーネントが取り付けられています高電圧コンポーネント参照)Model Yを輸送する前に、必ずコンポーネントが通電されている前提で作業することが重要です。緊急対応する専門業者が車両の安全を確認しすべての高電圧システムに電圧がかかっていないことを正確に確認するまで、必ず高電圧安全注意事項(個人保護具の着用など)に従ってください。これらを怠ると重大な事故につながる恐れがあります。

輸送モードの有効化

輸送モードは、Model Yを平ボディトラックにウィンチで巻き上げる際に、パーキングブレーキを解除します。輸送モードが有効になっている時は、車両のサイドブレーキが無効になっていることを知らせるメッセージが表示されます。輸送モードを有効にするために:

  • 低電圧 電源が必要です。Model Yに電源が供給されていないと、タッチスクリーンが使用できないため輸送モードを有効にすることはできません。
  • Model Y はキーを検出しなければなりません。輸送モードはキーが検出されている時のみ有効となります。

輸送モードを有効にする:

  1. Model Yがパーキングに入っていることを確認してください。
  2. タイヤに輪留めをかけるか、Model Yが確実に固定されていることを確認してください。
  3. ブレーキ ペダルを踏み込んだまま、タッチスクリーンで 「コントロール」 > 「サービス」 > 「けん引」の順にタッチします。タッチスクリーンには、Model Yの正しい輸送方法を促すメッセージが表示されます。
  4. 青色に変わるまで輸送モードボタンを押し続けます。 Model Y はブレーキが解除され、押して動かす(歩行する速度以下)またはウィンチで引き上げることができます。

けん引モードをキャンセルするには、Model Yをパーキングに入れてください。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両に低電圧鉛バッテリーが装備されている場合(低電圧バッテリーのジャンプスタートを参照): 輸送モードを有効にした後でModel Y低電圧電力を喪失すると、輸送モードはキャンセルされます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
電気系統が故障している場合、タッチスクリーンを使用して輸送モードを有効にすることができないため、セルフローディング ドリーまたはタイヤスケートを使用します。車両をドーリーに積載する前に、必ずドーリーの製造元による仕様および推奨積載重量を確認してください。

車両前方から平ボディトラックの上に引き上げます

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model Yに電源から低電圧電力の供給がない場合にボンネットを開く、またはタッチスクリーンを使用するには、外部の低電圧電源が必要になります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
損傷を避けるために、車両を平ボディ トラックに引き上げるときは、適切に取り付けられたけん引アイを使用してください。シャーシ、フレーム、またはサスペンション コンポーネントを使用して引っ張ると、車両を損傷する恐れがあります。
  1. けん引用アイボルトを見つけます。けん引フックはフロントトランクに収納されています。
    フロントトランクにあるけん引アイボルトを示す矢印。
  2. けん引ボルトカバー周辺部右上を内側に向くまで強く押し、持ち上がった部分をゆっくりと手前に引いてください。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    けん引ボルトカバーは、車両の黒色マイナス(-)端子に接続されています。
    車両のけん引ボルト カバーを指し示す矢印。
  3. けん引ボルトをしっかりと挿入し、確実に固定されるまで反時計回りに回します。
    けん引ボルトを取り付けた状態(反時計回りに回すことを示す矢印を含む)。
  4. けん引ボルトにウィンチ ケーブルを取り付けます。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    注意
    引く前に、けん引ボルトがしっかりと締まっていることを確認します。
  5. 輸送モードを有効にします。
  6. Model Yをゆっくりと平ボディトラックの上に乗せてください。

車両後方から平ボディトラックの上に引き上げます

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model Yに電源から低電圧電力の供給がない場合にボンネットを開く、またはタッチスクリーンを使用するには、外部の低電圧電源が必要になります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
損傷を避けるために、車両を平ボディ トラックに引き上げるときは、適切に取り付けられたけん引アイを使用してください。シャーシ、フレーム、またはサスペンション コンポーネントを使用して引っ張ると、車両を損傷する恐れがあります。
  1. けん引用アイボルトを見つけます。けん引フックはフロントトランクに収納されています。
    フロントトランクにあるけん引アイボルトを示す矢印。
  2. けん引ボルトカバー周辺部右上を内側に向くまで強く押し、持ち上がった部分をゆっくりと手前に引いてください。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    ヒッチレシーバー搭載車両は、後部のけん引ボルトでけん引できません。平ボディトラックに載せる際など、車を安全な場所までけん引する場合は、けん引バーまたはヒッチ レシーバーのみを使用してください。タイヤを接地させた状態で輸送しないでください
    車両のけん引ボルト カバーを指し示す矢印。
  3. けん引ボルトをしっかりと挿入し、確実に固定されるまで反時計回りに回します。
    けん引ボルトを取り付けた状態(反時計回りに回すことを示す矢印を含む)。
  4. けん引ボルトにウィンチ ケーブルを取り付けます。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    注意
    引く前に、けん引ボルトがしっかりと締まっていることを確認します。
  5. 輸送モードを有効にします。
  6. Model Yをゆっくりと平ボディトラックの上に乗せてください。

タイヤの固定

8 点留めタイダウン法で車両のタイヤをトラック上で固定する必要があります。

  • 固定用ストラップの金属部品が、車輪の塗装面または面に接触しないようにしてください。
  • ボディパネル上または車輪を介して固定用ストラップを配置しないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
固定用ストラップを車両ボディのシャーシ、サスペンション、その他の部品に取り付けると、車に損傷を与える可能性があります。
固定用ストラップを取り付けた状態のリアホイールの図。

低電圧バッテリーのジャンプスタート

他の車両を使用してModel Yをジャンプ スタートさせるときは、その車両のメーカーの取扱説明書を参照してください。以下の説明では、外部低電圧電源(ポータブル ジャンプ スターターなど)を使用していることを想定しています。

車両に鉛バッテリーとリチウムイオン バッテリーのどちらが装備されているかを確認するには、「コントロール」 > 「ソフトウェア」 > 「追加車両情報」の順に進みます。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
Model Y 他の車両のジャンプ スタートに使用することはできません。故障の原因となることがあります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
Model Y のジャンプ スタート時に短絡させないでください。間違った端子にケーブルを接続したり、リード同士を接触させたりすると、Model Y の損傷につながる可能性があります。

低電圧(鉛)バッテリーのジャンプ スタート

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
ドアを開閉すると窓は自動で少しだけ下がるので、車両に電力がない場合は、ドアを開く前に必ず外部の低電圧電源に接続して、窓が壊れないようにしてください。
その後の手順を示すアニメーション
  1. ボンネットを開きます電源がない状態でフードを開ける参照)
  2. メンテナンス パネルを取り外すには、パネル後方の端を上方へ引いて、パネル固定用のトリム クリップを外してください。
  3. HEPAフィルターを装備している場合、HEPAフィルター ガスケットを車両の前面に向かって慎重に折り曲げて、低電圧バッテリーにアクセスします。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    低電圧バッテリーにアクセスするためのスペースには限りがあります。アクセス性を良くするために、プッシュ クリップをリア カウルから取り外すことを検討してください。
    手袋をした手がHEPAフィルター ガスケットをつかんでいる画像。
  4. 低電圧電源のプラス側(+)赤色ケーブルを低電圧バッテリーのプラス側(+)赤色端子に接続します。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    注意
    Model Yの損傷を防ぐために、電源供給側のプラス側ケーブルが12Vバッテリー上部のバッテリー締め付けブラケットなどの金属製コンポーネントに触れないよう注意を払ってください。
  5. 低電圧電源のマイナス側(-)黒色ケーブルを低電圧バッテリーのマイナス側(-)黒色端子に接続します。
  6. 外部電源をオンにします(製造元の取扱説明書を参照)。タッチスクリーンをタッチして起動します。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    タッチスクリーンに充分な電力を供給するまで数分程度かかる場合があります。
  7. 外部低電圧電源の取り外し時は、バッテリーはマイナス側(-)黒色端子から始めて両方の端子からケーブルを外します。
  8. キャビン インテーク トリムを元の位置に合わせて固定されるまで押し付けながら取り付けてください。
  9. メンテナンス パネルを元の位置に合わせて固定されるまで押し付けながら取り付けてください。
  10. フードを閉じます。

低電圧(リチウムイオン)バッテリーのジャンプ スタート

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
ドアを開閉すると窓は自動で少しだけ下がるので、車両に電力がない場合は、ドアを開く前に必ず外部の低電圧電源に接続して、窓が壊れないようにしてください。
  1. ボンネットを開きます電源がない状態でフードを開ける参照)
  2. メンテナンス パネルを取り外すには、パネル後方の端を上方へ引いて、パネル固定用のトリム クリップを外してください。
  3. HEPAフィルター ガスケットを車両の前面に向かって慎重に折り曲げて、低電圧のジャンプ ポストにアクセスします。
    手袋をした手がHEPAフィルター ガスケットをつかんでいる画像。
  4. 黒色のシールを引き戻して、プラス側ジャンプ ポストを出します。赤色のカバーを取り外し、外部低電圧電源の赤色プラスのプラス(+)側ケーブルを赤色のプラス(+)側ジャンプ ポストに接続します。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    注意
    車両の損傷を避けるため車両、このプラス側ケーブルを他の金属部に接触させないようにしてください。
    プラス側ターミナルに接続している低電圧電源のプラス側ケーブル。
  5. HEPAフィルター ボルト(以下の図の右側)はマイナス側ジャンプ ポストとして使用されます。外部低電圧電源の黒色マイナス(‐)側ケーブルを黒色マイナス(-)側ジャンプ ポストに接続します。
    マイナス側ターミナルに接続している低電圧電源のマイナス側ケーブル。
  6. 外部電源を20~30秒オンにします(製造元の取扱説明書を参照)。
    Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
    注意
    電源を30秒を超えてオンのままにすると、低電圧バッテリーが自己復旧できなくなり、車両がドライブにシフトできなくなる可能性があります。電源および低電圧バッテリーを切り離して、別のバッテリーによる自己復旧を試行できるようにしてください。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    (ウィンチを使用して車両をボディ トラックに積載するために)輸送モードを有効にしようとする場合、低電圧バッテリーを使用して自己復旧する必要はありません。車両を固定するまで、電源をつないだままにしてください。
  7. 運転席ドアを開いて2分間待ちます。
  8. 車両をドライブにシフトできることを確認します。
  9. メンテナンス パネルを元の位置に合わせて固定されるまで押し付けながら取り付けてください。
  10. フードを閉じます。