スマート サモン

この機能は、およそ2024年2月中旬以降に製造された車両用の将来のソフトウェア アップデートで有効になるまで、一時的に制限される、または無効にされることがあります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
販売地域、車両構成、購入したオプション、ソフトウェア バージョンによっては、車両にスマート サモンが装備されていない場合や、その機能が記述通りには作動しない場合があります。

スマート サモンは、Model Yがドライバーのいる場所(携帯電話のGPSを設定目的地として)まで、または選択した場所まで、必要に応じて物体を避けながら走行できるように設計されています。スマート サモンは、携帯電話がModel Yから約6メートル以内にあるときに、Teslaモバイルアプリを使って操作します。

スマートサモンは、駐車スペースからの車両の出し入れを行い、自分がいる近くの場所までModel Yを運転します。狭い駐車場の外へModel Yを移動させるとき、水溜りを通るとき、荷物を運んでいる最中に車を呼び寄せるのに役立ちます。お客様とModel Yの間に障害物のない見通しの良い場所を選び、車両やその周囲を常にしっかりと監視するようにしてください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
スマートサモンは、周囲環境をよく知っていて予測できる駐車場および私有地内の車道で使用することを目的として設計されています。スマート サモンを公道で使用しないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
スマート サモンは、舗装道路でのみ使用してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
スマート サモンは、ベータ版の機能です。継続して車両とその周囲を監視し、いつでもすぐに対応できるようにしてください。ドライバーには、スマート サモンを責任をもって安全に、意図したとおりに使用する責任があります。スマート サモンの制限事項を理解するのは、お客様の責任です(制限と警告を参照)。

スマート サモンを使用する前に

  • 最新版のTeslaモバイルアプリを携帯電話にダウンロードして、必ず携帯電話のサービス圏内にあるようにし、GPSを有効にしてください。
  • 車両から約6メートル以内で携帯電話をModel Yに接続してください。
  • 車両のカメラを正しくキャリブレーションしてください(走行中のカメラキャリブレーションを参照)。
  • Model Yまで障害物なく見渡せるように視界を保ってください。
  • Model Y を充電中の状態ではなく駐車状態にしてください。そして、すべてのドアとトランクを閉めてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
カメラ、センサー類すべてに汚れがないことを確認してください。汚れたカメラやセンサーは、雨天や消えかかった車線マークなどの環境条件と同様にオートパイロットのパフォーマンスに影響をもたらします。

スマート サモンを使用する

  1. Teslaモバイルアプリを開き、「サモン」にタッチします。
  2. Model Yの画像中央にあるスマート サモンアイコンをタッチします。スマート サモンが起動するまで数秒かかります。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    スタンバイモードを使用して、スマート サモンの起動時に発生する遅れを解消することができます(スタンバイ モード参照)。

    モバイルアプリの地図に6メートルという使用可能範囲を示す青い円が表示されます。Model Yから携帯電話までの距離がこの範囲内となるような場所で使用してください。地図上の青い点がお客様の現在地を表し、赤い矢印が車両を表しています。

  3. 障害物がなくModel Yをはっきりと見渡せる、青い円内の場所で使用してください。
  4. 以下のモードのどちらを使用してもスマート サモンを操作することができます。
    • 「ここに来る」モード: 「ここに来る」ボタンを長押しします。 Model Y GPSが検知されている場所まで車両が移動します。お客様が動くと、Model Yも後を着いて行きます。お客様の場所にModel Yがたどり着くと停車し、ギアをパーキングに切り替えます。
    • 「指定地に進む」モード: 十字アイコンをタッチしてから地図をドラッグして、選択する目的地にピンを置きます。「指定地に進む」ボタンを長押しします。 Model Y は目的地へ移動します。場所に到着したら、Model Yは停止し、パーキングにギアを切り替えます。また、モバイルアプリにサモンが終了した旨のメッセージが表示されます。
      Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
      続けて場所を変更したい場合、指を放してから地図に再度ピンを置き、「指定地に進む」をもう一度長押しします。
    「ここに来る」または「指定地に進む」ボタンから指を話せばいつでもModel Yを停車させることができます。
十字アイコン
地図の十字アイコンが「指定地に進む」「ここに来る」モード間で切り替わります。「ここに来る」モードが選択されているときには、アイコンが青色になります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
地図には、衛星画像を表示/非表示できるアイコンもあります。

いずれのモードでもスマート サモンを開始するとすぐに、ハザードランプが点滅し、ミラーが格納され、Model Yはドライブまたはリバースにシフトします。 Model Y その後、(「ここに来る」モードでは)自分のいる位置の 1メートル範囲内まで、(「指定地に進む」モードでは)選択した場所まで、必要に応じて障害物を避けながらゆっくりと移動します。Model Yが移動すると、地図上で対応している赤い矢印も動き車両の位置を示します。お客様が動くと、対応している青い点も動き、お客様の位置を示します。

いずれのモードでも、以下の状況ではModel Yが移動を停止しパーキングに切り替わります。

  • モバイルアプリのボタンから指を離したとき。
  • 携帯電話とModel Y間の最大範囲を超えた場合(車両をドライバーの位置から離れていくように目的地に移動させる場合、ドライバーはこの利用範囲内を維持するために車両の後についていく必要があります)。
  • 走行経路が遮られているとき。
  • Model Y が、スマート サモンの使用を開始してから、移動最長距離の20メートルを移動している場合。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    スマート サモンがModel Yを3メートル前方に動かしてから2メートル後方へ動かす場合、5メートルの移動距離となります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
モバイルアプリを見る必要はありませんので、常にModel Yやその走行経路を注視しながらボタンを押し続けてください。また、必要に応じて車両を停車させられるようにボタンから指を放すことができるようにしておいてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ボタンから指を離してModel Yを停止させる時、車両の停止までわずかに遅れが出ます。そのため、常に車両の走行経路に細心の注意を払い、前もって車両が検知できない可能性のある障害物を予測することが重要です。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
障害物の動きが予測できない環境でスマート サモンを使用する時、厳重に注意してください。例:人、子供、または動物がいる場所。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
スマート サモンはすべての物体(特に縁石などの非常に低い物体、または棚などの非常に高い物体)を検知して停止するわけではなく、すべての対向または縦断交通状況に反応するわけでもありません。モバイルアプリ上のボタンを放して、常にModel Yを停止できるように注意を払ってください。

スタンバイ モード

Model Yでサモンを開始できるようにしてウォームアップ時間を短縮するためには、スタンバイモードをオンにします。「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「スタンバイモード」の順にタッチします。スタンバイモードがオンのとき、以下の場所でスタンバイモードを無効にしてバッテリーを省エネモードにすることができます。

  • 自宅を除く- お気に入りリストに自宅として設定した場所でスタンバイモードを無効にします。
  • 勤務先を除く- お気に入りリストに勤務先として設定した場所でスタンバイモードを無効にします。
  • お気に入りを除く- お気に入りリストに登録した場所でスタンバイモードを無効にします。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
省エネのため、スマート サモンは深夜から午前6時まで自動的にスタンバイモードでなくなります。この時間帯は、スマート サモンの起動には少し時間がかかります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
スタンバイ モードが有効になっている間は、バッテリー電力が多く消費されます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
目的地を自宅、勤務先、またはお気に入りとして設定する方法の詳細は、自宅、勤務先、お気に入りの目的地を参照してください。

スマート サモンを停止またはキャンセルする

モバイルアプリ上のボタンを放すと、スマート サモンはModel Yを停止させます。スマート サモンは、「ここに来る」または「指定地に進む」をもう一度押すだけで再開できます。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
常にModel Yを停車させる必要があるかどうかを予測してください。携帯電話とModel Y間の通信接続状況により、ボタンから指を放してから車が停車するまでに多少の遅れが生じる場合があります。

次の場合は、スマート サモンをキャンセルをして再開が必要です。

  • ドア ハンドルが押されている、またはドアが開いている場合。
  • ハンドル、ブレーキ ペダル、アクセル ペダル、シフトのいずれかを操作している場合。
  • Model Y が障害物で遮られている場合。
  • スマート サモンがModel Yを最大距離まで移動させました。この距離よりも遠くに移動させるには、Model Yをドライブまたはリバースに切り替えてから、スマート サモンの操作をはじめから再開します。
  • お使いの携帯電話がスリープモードになっているか、Model Yへの接続が途切れた場合。