キーおよびドア

キーレスロックとロック解除

Model S のロックやロック解除は簡単に行うことができます。有効なキーフォブを携帯している必要がありますが、必ずしも使用する必要はありません。 Model S1 mの範囲内にキーフォブが存在することを認識できるセンサーが運転席のドア周辺に装備されています。キーフォブをポケットやバッグに入れておけば、Model Sに近づくと検出されます。

パッシブ エントリー(「コントロール」 > 「安全」 > 「パッシブ エントリー」)をオンにしている場合、キーフォブを携帯してModel Sに近づくと、ドアが自動でロック解除されます。ドアハンドルが引っ込んでいる場合は、押すとせり出してきます。オートプレゼント ドアハンドルの設定がオンになっている場合は(外部ドア ハンドルを使用するを参照)、ドアハンドルを触る必要はありません。その代わりに、Model Sに近づくとドアハンドルが自動でせり出します。リア トランクを開けるには、電動リフトゲート外側のハンドル奥にあるスイッチを押します。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model S ドアや電動リフトゲートがロック解除する前に、運転席ドア付近でキーフォブが検出されなければなりません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
パッシブ エントリーがオフになっている場合は、キーフォブを使用してModel Sのロックを解除する必要があります。キーフォブの使用を参照してください。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
キーフォブを携帯してModel Sに近づいた際に、全てのドアのロックを解除するか、もしくは運転席のドアのみを解除するかを選択できます(運転席ドアロック解除モードを参照)。

キーフォブを携帯しているときは、リア トランクもキーフォブを使わずに開くことができます。電動リフトゲート外側のハンドルの下のスイッチを押すだけです。運転席のドアロック解除モード(運転席ドアロック解除モードを参照)をオフに設定し、車両のドア付近でキーフォブを検出してからでないとリア トランクは開きません。

Model S ロックも自動的に行われます。「降車後オートロック」を有効に設定している場合、Model Sはキーフォブを携帯して遠ざかるとロックされます(降車後オートロック機能を参照)。

Model S の車内にいる間に、タッチスクリーンのステータスバーにあるアイコンをタッチして、車両をロックまたはアンロックすることもできます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
製造日および購入時点で選んだオプションによって、自動ロック/アンロックの機能が装備されていない Model S 車両があります。

キーフォブの使用

キーフォブのご使用に慣れるために、キーフォブをModel Sのミニチュア版と考えてください (Teslaのエンブレムのある側が前方です)。キーフォブには3つのボタンがあり、ボタンがある箇所の表面は柔らかくなっています。

Teslaキー(3つの引き出し線を含む)
  1. トランク
    • アンロックするにはダブルクリックします。
    • パワー リフトゲートが搭載されている場合、ダブルクリックしてリアトランクを閉めます。シングルクリックすると、動いているリフトゲートを止めることができます。
    • 充電ポート ドアを開くには、ボタンを 1 ~ 2 秒間押し続けます。
  2. すべてロック/ロック解除
    • シングルクリックしてドアとトランクをロックします (すべてのドアとトランクを閉めておく必要があります)。ハザードランプが 1 回点滅し、ドアハンドルが引っ込みます。ドアまたは電動リフトゲートが開いている場合は、ハザードランプが3回点滅してドアはロックされません。
    • アンロックするにはダブルクリックします。ハザードランプが 2 回点滅し、ドアハンドルがせり出します。ドアまたはリア トランクが開いている場合は、ハザードランプが3回点滅してドアはロックされません。
  3. フロントトランク
    • ダブルクリックしてフロントトランクを開けます。

この場合、キーフォブをModel Sに向ける必要はありませんが、キーフォブの作動範囲内にいる必要があります (作動範囲はキーフォブのバッテリーの強さによって異なります)。

Model Sがキーフォブを検出できない場合は、キーフォブが車内にないことを示すメッセージがタッチスクリーンに表示されます。キーフォブを、Model Sが最も検出しやすい位置である低電圧電源ソケットの下に置きます (キーフォブが車内にないを参照)。

周波数の近い無線機器がキーフォブに影響を与える場合があります。その場合は、キーフォブを他の電子機器 (携帯電話、ノートパソコンなど) から 30 cm以上離してください。キーフォブが動作しない場合は、バッテリーの交換が必要となる場合があります。キーフォブのバッテリーが切れている場合は、以下のアンロックの手順に従ってModel Sを開けることができます。 (キーフォブが動作しないときのアンロックを参照)。

セキュリティを向上するために、ご利用中のキーフォブを定期的にアップデートする必要があります。キーフォブをアップデートするには、「コントロール」 > 「サービス」 > 「キーフォブをアップデートする」へと進み画面上の指示に従ってください。キーフォブをアップデートするには車両を駐車する必要があります。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
運転する際は、必ずキーフォブを携帯してください。キーフォブを携帯していない場合でもModel Sを運転することはできますが、その場合は電源を一度切ると、再度オンにすることができません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
注意
キーフォブを衝撃、高温、液体による損傷から保護してください。溶剤、ワックス、研磨洗浄剤に触れないようにしてください。

キー フォブのバッテリーを交換する

キーフォブのバッテリー寿命は通常使用で約1年です。バッテリー残量が低下すると、インストゥルメントパネルにメッセージが表示されます。以下の手順に従ってバッテリーを交換します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
テスラではすべてのキーフォブのバッテリーを同時に交換することを推奨しています。
Teslaキー
  1. ボタン面を下にしてキーフォブを柔らかい面に置き、小さなマイナスドライバーか爪を使って底面のカバーを開きます。
  2. フロント側の固定クリップから慎重にバッテリーを持ち上げて取り外します。
  3. プラス (+) 面を上にして新しいバッテリー (CR2032) を挿入します。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    Teslaでは、PanasonicCR2032電池を使用することを推奨します。これらの電池は、オンライン販売店、地域のスーパーマーケット、ドラッグストアで購入することができます。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    バッテリーはきれいに拭いて、平らな面に指を触れないようにして挿入します。バッテリーの平らな面に指紋が付いていると、バッテリーの寿命が短くなることがあります。
  4. カバーは、フロント側をキー本体に付け、横に付いているタブとキーフォブ本体側のスロットの位置を合わせて、パチンという音がするまで押し込んで固定します。
  5. 車両のロック解除およびロックを行い、キーフォブが動作するかテストします。

キーフォブを追加する

キーフォブを紛失した場合または追加のキーフォブが必要な場合は、テスラにご連絡ください。 Model S 最大 3個のキーフォブを認識することができます。

Model Sの新しいキーフォブを注文したときは、お手持ちのキーフォブすべてをプログラミングし直してください。

外部ドア ハンドルを使用する

モデルSが近くにある有効なキーフォブを検出し、パッシブ エントリーがオン(「コントロール」 > 「安全とセキュリティ」 > 「パッシブ エントリー」)になっていると、ドア ハンドルを軽く押すだけでハンドルがせり出します。

キーフォブを携帯して運転席側に近づくと自動的にドア ハンドルがせり出すように設定することができます。タッチスクリーンで、「コントロール」 > 「車両」 > 「オートプレゼントドアハンドル」の順にタッチします。

ハンドルを内側/外側にスライド

ハンドルに手を入れてハンドルを手前に引くとドアが開きます。

ドアハンドルがせり出してから 1 分以内にハンドルを使用しない場合、ハンドルが引っ込みます。ハンドルを押せば再びせり出します。最後のドアが閉まって1分が経過したり、Model S が動き始めたり、Model S をロックした場合も、ドアハンドルは引っ込みます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
バッテリーを長持ちさせるため、Model S は以下の場合に「オート プレゼント ドアハンドル」機能が一時的に無効になるように設計されています。
  • キーフォブが48時間以上、作動範囲外にある場合。
  • すべてのドアが閉まった後、キーフォブが作動範囲内に5分間とどまった場合。

これらの場合は、いずれかのドアハンドルに触れるか、キーフォブのロック解除ボタンを押すことでハンドルがせり出します。設定をリセットする必要はありません。上記の条件に該当しない場合は、次に Model S に近づいたときにハンドルが自動的にせり出します。

ドアが開いている赤色の車
ドアが開いていると、インストゥルメントパネルに「ドアが開いています」インジケーターが表示されます。また、タッチスクリーンの「コントロール」 ウィンドウの Model S 画像も、開いているドアやトランクを視覚的に表現します。

車内からドアを開ける

ドアを開くためには、インテリア ドアハンドルを内側に向かって引っ張ってください。

ドアの開き方を示す矢印
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
お子さまが内部ドアハンドルを使用してリアドアを開けることがないようにするには、タッチスクリーンで「コントロール」 > 「車両」 > 「チャイルドロック」の順にタッチしてチャイルド ロックを有効にします(チャイルド ロック参照)。

内部からのロックとアンロック

Model S の車内に有効なキーがある場合、タッチスクリーンで車内からドアとトランクをロック/ロック解除することができます。タッチスクリーンのステータスバーの ロック アイコンにタッチします。

停車してModel Sパーキングにシフトした時に、ドアをロック解除するか、ロックしたままにするかを選択できます。これを行うには、「コントロール」 > 「車両」 > 「パーキング時のロック解除」の順にタッチします。有効になっていると、パーキングにシフトした時にドアが自動的にロック解除されます。

また、シフトレバー端にあるパーキング ボタンを(パーキングにシフトするために一度を押した後などに)もう一度押して、ドアをロック解除してハンドルをせり出すこともできます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model S をロックする際にドアまたはトランクがまだ開いている場合は、それを閉じたときにロックがかかります。

運転席ドアロック解除モード

キーフォブを携帯して車両に近づく場合、運転席側のドアだけをロック解除するように選択することができます。これを行うには、「コントロール」 > 「車両」 > 「運転席のドアロック解除モード」の順にタッチします。残りのドアのロックを解除するには、タッチスクリーンを使用するか、キーフォブをもう一度押します。

チャイルド ロック

Model S お子さまが内部ハンドルを使用してリアドアやリフトゲートを開けることがないよう、リア ドアとリフトゲートにチャイルドロックを備えています。タッチスクリーンを使用してチャイルド ロックをオンまたはオフにします。「コントロール」 > 「車両」 > 「チャイルド ロック」の順にタッチします。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
後部座席にお子さまを乗せている場合は、チャイルドロックをONにすることをお勧めします。

走行後オートロック

Model S 走行速度が時速 8 kmを超える場合は、必ずすべてのドア (トランクを含む)を自動的にロックします。

降車後オートロック機能

ドアやトランクは、降車後キーフォブを持って車から離れるか、車がキーフォブを検出しなくなると(キーフォブがない、バッテリー切れなど)、自動的にロックされます。

この機能をオンオフにするには、「コントロール」 > 「車両」 > 「降車後オートロック」の順にタッチします。

自宅として設定した場所にModel Sを駐車する際、キーフォブを持って車から離れたときにドアがロックされないようにするには、自宅を除くチェックボックスにチェックを入れます。場所を自宅として設定する方法の詳細については、自宅、勤務先、お気に入りの目的地を参照してください。

モバイル アプリでModel Sをアンロックした場合、すべてのドアを閉じたままであれば短時間の後に自動的にロックされます。屋内駐車場など携帯電話サービス圏外で駐車するときは、接続済みのキー フォブをお持ちくださいModel S

降車して、すべてのドアを閉めてから5分間、Model Sが認証済みのキーフォブを検出すると、降車後オートロック機能は無効になり、キーフォブを持って車両を離れてもロックされません。次に運転するまでは、手動でModel Sをロックする必要があります。

さらに、すべてのドアが閉まっているときにキーフォブを使用してModel Sのロックを解除すると、「降車後オートロック」機能は1分間無効になります。この1分以内にドアを開けた場合は、その後にすべてのドアが閉まってからキーフォブを持って車から離れるまで、ドアは再びロックされません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
降車後オートロックが有効な場合であっても、車両がロックされていることを確認するのは、最終的にドライバーの責任です。

キーフォブが動作しないときのアンロック

Model Sに近づいたり、キーフォブのアンロックボタンを押したりしてもロックが解除されない場合は、キーのバッテリーが切れている可能性があります。その場合でも、キーフォブを使用してアンロックし、Model Sを運転することができます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
キーフォブをまだ使用できても、モバイルアプリを使用して遠隔でアンロックして車両を始動することを考える必要があります。その後都合のよいときに、キーフォブのバッテリーを交換してください。

キーフォブを使用してModel Sをアンロックする(同時にセキュリティアラームを無効にする)には、まずキーフォブを助手席側のフロントガラスのワイパーの根元付近に置きます。次に、車両の助手席側のドアハンドルを押します。Model Sがアンロックされない場合は、キーフォブの位置を調整して再度試してください。車両のロックを解除するには、キーフォブを正しい位置に置く必要があります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
以下の図は左ハンドル (LHD) 車両の例です。右ハンドル (RHD) 車両では、反対側の位置になります。
フロント ガラスのキーフォブ センサー

乗車後にModel Sを運転するには、キーフォブをセンターコンソールの低電圧電源ソケットの真下に置いてから、ブレーキを踏み込んでModel Sを始動させます。

キーフォブをセンター コンソールに置く
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
上記の方法でModel Sのロックを解除すると、降車後オートロック機能は無効になります。この場合、キーフォブのバッテリーを交換した後、降車後オートロック機能を手動で再び有効にする必要があります。

電源が切れた状態で内部からドアを開く

Model S の電源が切れている場合、フロント ドアは通常どおり内部ドアハンドルで開きます。リアドアを開けるには、後部座席の下のカーペットの端をめくり、機械式解除ケーブルを見つけ、機械式解除ケーブルを車両の中心に向かって引いてください。

ラッチを押して座席をたたむ

電波干渉

心臓ペースメーカーを使用している方は、キーレスシステムのキーフォブ アンテナからの電波によるペースメーカーへのあらゆる影響を防ぐために、Model S に取り付けられた任意のキーフォブ アンテナから少なくとも 22 cm離れるようにしてください。アンテナは以下の場所に設置されています。

キーフォブ アンテナの場所
  1. リアバンパーの中央。
  2. リアシートの下。
  3. センターコンソール。
  4. ダッシュボードの左端。
  5. ダッシュボードの右端。
  6. 左側(助手席)フロントガラスのワイパー根元(右ハンドル車のみ)。
  7. 右側(助手席)フロントガラスのワイパー根元(左ハンドル車のみ)。
  8. フロントトランクの中央。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
電波は医療用電気機器に悪影響を及ぼすことがあります。植込み型ペースメーカーを使用している方は、想定される影響について使用前に医療用電気機器の製造元にお問い合わせ下さい。