チャイルドシート

お子様を乗せるときのガイドライン

乳幼児や小さなお子さまは年令、体重、身長に合ったチャイルドシートで身体を固定する必要があります。助手席にお子さまを座らせることが法律で許されている販売地域では、チャイルドセーフティシートまたはブースターシートを使用したとしても助手席のエアバッグが有効になっているときは助手席にお子さまを絶対に座らせないでください。(エアバッグを参照)。お子さまが大けがをしたり死亡事故につながる危険性があります。

サンバイザーに貼付されるラベルを参照してください。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
以下に示す画像は見本であり、実際の車両のラベルとは異なる場合があります。
サンバイザーのエアバッグ警告ラベル。1) 助手席のチャイルドシートと赤色の丸に斜線が描かれています。2) 展開した後ろ向きエアバッグとお子さまが描かれています。3) 開かれた本を指し示す手と「I」が描かれています。

助手席フロントエアバッグの状態は、タッチスクリーン上部に表示されます。

エアバッグの付いた乗員のアイコンとテキスト: 助手席エアバッグOFF
チャイルドシートを助手席に取り付けて運転する場合(地域で許可されていれば)、助手席フロントエアバッグのステータスがOFFになっていることを必ず慎重に確認してください。
チャイルドシートに座ったお子さまのアイコンに丸に斜線とテキストが付いたもの: 助手席エアバッグON
次回助手席に大人が乗る場合は、フロント助手席のエアバッグを必ずONに戻してください。

助手席フロントエアバッグのコントロール方法詳細については、エアバッグを参照してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
運転席の後方のシートにチャイルドシートを取り付けている場合に運転席を自動で最後位置に動かすために「イージーエントリー」ドライバープロフィールに記載の通り、)を使用しないでください。後列座席との間隔が狭くなると、運転席を動かしたときにお子さまの足に当たってしまったり、チャイルドシートを押し除けてしまう場合があります。

チャイルドシートの選択

シートベルト固定式のチャイルドシートおよびISOFIX/i-サイズチャイルドシートの種類はお子さまの体重に合わせて選ぶ必要があります。以下の表を目安として参照してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
Model Sを運転する地域の現行の規則に従うことは、運転者の責任です。地域によっては乳児や子供を助手席に乗せてることを禁止しています。

シートベルト保持式チャイルドシート

質量グループ 助手席 後部窓際席 後列中央席C
グループ0 10 kg以下 X U U
グループ0+ 13 kg以下 LA U U
グループ I 9~18 kg UFB U、UF U、UF
グループII 15~25 kg UFB U、UF U、UF
グループIII 22~36 kg UFB U、UF U、UF

U: 汎用後ろ向きチャイルドシート。

UF: 汎用前向きチャイルドシート。

L: 推奨するチャイルドシート - Maxi-Cosi Cabrio/Cabriofix E4 04443517 または Takata Mini E4 04443717

X: シート位置がこの質量グループのお子さまには不適切です。

Aシートは最後部かつ最も低い位置にしなければなりません。

Bシートは最後部かつ最も高い位置にしなければなりません。

CModel Sにエグゼクティブリアシートがオプションで装備されている場合、後部中央座席はありません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ブースター シートは必ずシートベルトで取り付けてください(ISOFIX/i-サイズは使用しないでください)。

ISOFIXチャイルドシート

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ISOFIX/i-サイズは、乗用車内にチャイルドシートを取り付ける方法に関する国際標準規格です。
質量グループ サイズ等級 固定具 後部窓際ISOFIX位置
グループ0 10 kg以下 E R1
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
補助シートは必ずシートベルトで取り付けてください(ISOFIXは使用しないでください)。
IL
グループ0+ 13 kg以下 E R1 ILA、C
D R2 ILA、C
C R3 ILA、C
グループ I 9~18 kg D R2 ILB
C R3 ILB
B F2 IUF、ILB、D
B1 F2X IUF、ILB、D
A F3 IUF、ILB、D

IL: 準汎用チャイルドシート(支持脚付きの後ろ向きまたは前向きシート)に最適

IUF: 汎用チャイルドシート(テザー付き前向きシート)に最適

A推奨: Takata Mini E4 04443717。

B推奨: Takata Midi E4 04444204。

C推奨: Maxi-cosi Cabriofix/Easyfix E4 04443517。

D推奨: Maxi-cosi Pearl/Familyfix E4 043908。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまの体重とチャイルドシートの重量を合わせて33 kgを超えるような状況で、ISOFIX/i-サイズのアンカーをチャイルドシートやシートベルト内蔵のブースター シートに使用しないでください。

より大きなお子さまを乗せるとき

お子さまの体格が大きくてチャイルドシートに収まらない、しかし車両のシートベルトで安全に固定するには小さすぎるという場合は、年齢・体格に合ったブースターシートを使用してください。ブースターシートを取り付けるときは、製造元の説明書に従ってください。

2つの取り付け方法

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
必ずチャイルドシート製造元の説明書に従ってチャイルドシートを取り付けてください。

たくさんバリエーションがありますが、一般的にチャイルドシートには座席への固定方法により2種類あります。

一部のチャイルドシートは、どちらの方法でも取り付けられます。チャイルドシートの製造元が提供する説明書を参照して、取り付け方法とその詳細を確認してください。

Model Sの座席には、シートベルトで固定するチャイルドシートを取り付けられます。また、ISOFIX/i-サイズのシートも後列の窓際座席に取り付けられます。各座席に使用できるチャイルドシートのタイプに関する詳細情報は次に記載しています。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
ISOFIX およびi-サイズは、乗用車内にチャイルドシートを取り付ける方法に関する国際標準規格です。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまの体重とチャイルドシートの重量を合わせて33 kgを超えるような状況で、ISOFIX/i-サイズのアンカーをチャイルドシートやシートベルト内蔵のブースター シートに使用しないでください。

シートベルト保持式チャイルドシートを取り付ける

まず、チャイルドシートがお子さまの体重、身長、年齢に適していることを確認します。

お子さまに厚い生地の服を着せるのは避けて、お子さまとチャイルドシートの間には何も置かないでください。

お子さまに合わせて毎回ハーネスを調整します。

チャイルドシートを取り付ける際は、必ずチャイルドシートメーカーの指示に従ってください。以下に一般的なガイドラインを示します。

  1. チャイルドシートを Model Sの中に置き、シートベルトを限界まで伸ばします。チャイルドシートの製造元の指示に従ってシートベルトを通し、バックルで固定します。
    車両のシートベルトを使用して助手席にバックル止めされるチャイルドシート。
  2. シートベルトを巻き込み、チャイルドシートを Model S の座席にしっかり押し込みながらシートベルトの緩みを完全に取り除きます。
  3. チャイルドシート製造元の指示通りに上部テザーストラップを取り付けます(トップテザーストラップを取り付ける参照)。

ISOFIX対応チャイルドシートの取り付け

下側のISOFIX/i-サイズアンカーは、後列の窓際座席に用意されています。座席の背もたれとクッションの間にあります。各アンカーの正確な位置は、下図に示すようにチャイルドシート識別ボタンによって識別されます。このボタンは座席の背面にあり、対応アンカーの真上に位置しています。

ISOFIXアイコンおよびISOFIXラッチの位置を示す矢印。

ISOFIX/i-サイズチャイルドシートは後列の窓側座席にだけ取り付けてください。シート中央にはシートベルト保持式のシートだけを使用します。

2列目シート窓側座席の2つの緑色のチェックマークおよび中央座席の赤色のX印

ISOFIX/ i-サイズのチャイルドシートを取り付けるには、チャイルドシートメーカーの取扱説明書をよく読み、その指示に従ってください。取り扱い説明書には、チャイルドシートを座席アンカーバーに所定の位置まで「カチッ」というまでスライドさせる方法が記載されています。チャイルドシートをシートの背もたれにしっかりと押し付け、ぴったりと収まるようにする必要があります。

ISOFIXアンカーバー上の正しいチャイルドシート位置
チャイルドシートをスライドさせて「!」マークの付いた吹き出しに合わせ、アンカーバーの方に向ける

座席の背もたれに密着して離れないようにチャイルドシートを調節します。チャイルドシートが座席にぴったりと固定されていることを確認してください。

シートベルトを引っ張る手の付いたチャイルドシート

お子さまを座らせる前に、チャイルドシートの取り付けに緩みがないことを必ず確認してください。片手でチャイルドシートの前面を掴んで、次を行ってください。

  • チャイルドシートを横方向に揺らします。
  • チャイルドシートを前後方向に揺らします。

チャイルドシートが座席から動いて離れるようだと、両方のラッチがシートのアンカーバーにしっかりと取り付けられていません。再度付け直してください。チャイルドシートのあるラッチの両方が完全に取り付けられていることを必ず確認してください。

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまの体重とチャイルドシートの重量を合わせて33 kgを超えるような状況で、ISOFIX/i-サイズのアンカーをチャイルドシートやシートベルト内蔵のブースター シートに使用しないでください。

トップテザーストラップを取り付ける

トップテザーストラップがある場合は、そのフックを後部座席の背にあるアンカーポイントに取り付けます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
アンカーの位置はすぐに目の付くところにないため、シート布地の切れ目を探してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
チャイルド シートの製造元の説明書に従い、トップテザーストラップを締め付けてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
シートベルト保持式シートは必ず中央席に取り付けてください。

デュアルストラップ テザーでは、ヘッドサポートの両脇にストラップを通します。

ヘッド サポート3個の両側にあるストラップを、矢印がシート背面のアンカー フックに向くように配置する
シングルストラップテザーは常にヘッドサポートの上を通すようにしてください。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
シングル ストラップ テザーが横方向に動くのを防ぐため、ヘッドサポートの上部が変形します。
ストラップがヘッド サポートの上を通っている3個のヘッド サポート(シート背面のアンカー ポイントに向けられた矢印を含む)

チャイルドシートをテストする

チャイルドシートにお子さまを座らせる前に、チャイルドシートの取り付けに緩みがないことを必ず確認してください。

  1. ベルトごとチャイルドシートをつかみ、前後左右にスライドさせてください。
  2. シートが 2.5 cm 以上動く場合は、取り付けが不十分です。ベルトの長さを調節するか、ISOFIX/i-サイズチャイルドシートの場合は取り付けをやり直します。
  3. 緩みが残る場合は、取り付け位置を変えるか、または別のチャイルドシートに替えてください。

チャイルドシート警告

Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
助手席ヘッドエアバッグがONになっているときは、お子さまを乳幼児用または小児用チャイルドシートで助手席に乗車させないでください。大けがまたは死亡事故につながる可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
作動可能状態のエアバッグで保護されている座席上で後ろ向きチャイルドシートを使用するのは絶対に避けてください。大けがまたは死亡事故につながる可能性があります。サンバイザーにある警告ラベルをお読みください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
チャイルドシートシステムは、膝ベルト、あるいは3 点式シートベルトの腰部分で車両のシートに固定するように作られています。チャイルドシートが適切に車両に固定されていないと、衝突時にお子さまが危険になります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
衝突事故に関する統計によると、前席よりも後席で正しくシートベルトをしている方がより安全です。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまが体重 9 kg 以下で自分一人では座れない場合は、前向きチャイルドシートの使用は避けてください。2歳以下のお子さまは背骨と首の発達が十分でなく、正面からの衝撃による負傷を避けることができません。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
小さいお子さまを膝上に乗せるのは避けてください。常にお子さまに合ったチャイルドシートで保護する必要があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまの安全な着座を確実にするため、本書およびチャイルドシートの取扱説明書に記載されている全ての指示に従ってください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまはできるだけ長い間、5点式統合ハーネス使用の後ろ向きチャイルドシートに着座させる必要があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
チャイルドシートまたは補助シートの取り付けに使用されているシートベルトに対して、シートベルトエキステンダーは使用しないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
より大きいお子さまを着座させる場合は、頭部が支持され、シートベルトが適切に調整され、しっかり着用されていることを確認してください。肩ベルトは顔および首から離れている必要があります。また、腰ベルトが腹部にかからないようにする必要があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
2つのチャイルドシートを1つのアンカーポイントに取り付けることは絶対に避けてください。万一衝突事故が発生した場合、1つのアンカーポイントでは2つのシートを支えきれない可能性があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
チャイルドシート固定アンカーは、チャイルドシートが正しく取り付けられた状態で受ける荷重にのみ耐えられるように設計されています。大人用のシートベルトやハーネスとして使用したり、他の物や機器を固定するためには使用しないでください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
ハーネスやテザーストラップが損傷したり摩耗したりしていないか、必ず点検してください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
お子さまがチャイルドシート内にしっかり固定されている場合でも、お子さまのそばから離れないようにしてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
衝突事故の際に使用していたチャイルドシートは絶対に再使用しないでください。チャイルドシートの検査や取り替えはチャイルドシートの取扱説明書に従って実施してください。