スピードアシスト

スピードアシストの動作原理

Model S 「インストゥルメントパネル」上に速度制限が表示され、走行速度が速度制限を超えたときの警告の有無、警告方法を選択することができます。また、検出された速度制限を利用せずに、手動で入力する任意の速度制限をもとに警告を出すことができます。

インストゥルメントパネル(速度限度を指し示す矢印を含む)

Model Sが速度制限を判断できない状況、またはスピードアシストが確実でなく別の速度制限が正確であった場合、「インストゥルメントパネル」に速度制限標識が表示されない場合があり、警告が実施されません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
速度制限警告は 10 秒後または Model S が速度制限未満に減速すると解除されます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
適切な速度制限または運転速度を判断するためにスピードアシストに頼らないでください。常に交通と道路の状況に基づいて安全な速度で運転してください。

スピードアシストの制御

制限速度警告を調整するには、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「制限速度警告」の順にタッチして、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • オフ - 速度制限警告は表示されず、警告チャイムが鳴りません。
  • 表示 - インストルメント パネルに速度制限標識が表示され、設定した制限を超えると標識のサイズが徐々に大きくなります。
  • チャイム - 速度制限を超えたら、視覚的な表示に加えて、チャイムを鳴らします。

速度制限をどのように決めるかを指定することもできます。

  • 相対 - 速度制限に指定したオフセット分だけ超えた時に警告を出したい場合は、速度制限のオフセット値(+または-)を設定することができます。たとえば、速度制限を 時速 10 km超えるときだけ警告を出したい場合、オフセット値を時速 10 km 上げます。
    Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
    制限速度からのオフセットは、インストゥルメントパネル の灰色の速度アイコンに表示される数値にも影響を及ぼします。
  • 絶対 - 時速 30 km から 240 km の間で速度制限を手動で指定します。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
スピードアシストが必ずしも正確というわけではありません。道路の位置を誤って計算し、スピード アシストが速度制限の異なる直接隣接した道路の速度を表示する状況が発生する可能性があります。たとえば、Model Sが高速道路または有料道路などアクセスが制限された道路を走行しているとスピードアシストが判断しても、実際には近くの一般道路を走っていることや、その逆となる場合があり得ます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
選択した設定は、手動で変更されるまで維持されます。

制限事項および不正確性

スピードアシストは完全に機能しないことがあり、以下のような場合に不正確な情報を提示することがあります。

  • 視界が悪く、速度制限標識がはっきり見えない (豪雨、降雪、霧など)。
  • 明るい光(対向車のヘッドライトや直射日光)がカメラの視野を妨げている。
  • Model S 走行中前方車両に近づきすぎて、 カメラの視界がさえぎられている。
  • フロント ガラスのカメラの視野に入る部分が覆われている(くもり、汚れ、ステッカーが貼られているなど)。
  • 速度制限標識が何かで隠れている。
  • 地図データベースに保存されている速度制限が不正確であるか、古い情報である場合。
  • Model S がGPSや地図データが利用できない場所や、速度制限標識が検出できない領域を走行している場合。
  • 交通標識が標準的な認識できる形式と一致しない。
  • 道路や速度制限が最近変わった。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
前記のリストはオートパイロットコンポーネントの正常な動作を妨げる可能性のある状況をすべて網羅したものではありません。スピードアシスト警報が正しい警報を発することができなくなる理由は他にも数多くあります。