メディア

概要

メディア プレイヤーはタッチスクリーンに表示され、さまざまなタイプのメディアからの再生に使用できます。メディアプレイヤーを上にドラッグすると開き(閲覧できるようになります)、下にドラッグすると、小さくなってミニプレイヤー表示になります。ミニプレーヤーは便利にできており、現在再生中のものをタッチスクリーンに最小スペースで表示するとともに、再生に必要な基本機能だけを表示します。

メディアプレイヤーには、アプリ ランチャーから選択した、またはメディアプレイヤーを拡大したときに左側に表示されるドロップダウン リストから選択したアプリ(またはソース)に関するコンテンツおよびオプションが表示されます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
メディア アプリは、販売地域によって異なります。販売地域によっては利用できないアプリがあり、別のアプリで代用されることがあります。
「ラジオ」: 聴取可能なラジオ局のリストから選択するか、または数字キーパッドにタッチして、ラジオ局の周波数を直接入力して選曲します。周波数を次へ (または前へ) 移動させるには、周波数を選んでから、次への矢印あるいは戻るの矢印をタッチします。
「Bluetooth」: Bluetooth接続された電話やUSBデバイスに保存されている音源を再生します(デバイスからメディアを再生参照)。
「ストリーミング」: 販売地域で利用可能なオーディオ ストリーミング サービスを再生します(装備車の場合)。
「Spotify」: Spotifyで利用可能な音源を再生します。
マイク アイコン
Caraoke(装備されている場合): さまざまな曲を歌うことができます(カラオケを参照)。
「TuneIn」: TuneInで利用可能な音源を再生します。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
メディア アプリ/ソースを表示するまたは非表示にすることができます。メディアの設定を参照してください。

インターネット ラジオや音楽ストリーミング サービスを聴く場合、メディア プレイヤーで選択できるオプションは何を視聴するかによって変わります。次に進む(または、前に戻る)矢印にタッチすると、利用可能な次の(または前の)ラジオ局、エピソード、楽曲が再生されます。次の曲を再生、または前の曲を再生の操作は、ハンドル上の左スクロール ボタンでもできます。

ストリーミング サービスはデータ接続(Wi-Fiやプレミアムコネクティビティなど)が利用可能な場合に限って利用することができます。一部のメディア サービスでは、Teslaアカウントがデフォルト設定されています。それ以外は、初回使用時にアカウント認証情報の入力を求められることがあります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
メディア プレイヤー左側にあるドロップダウン リストからソースを選択して、メディア プレイヤー ウィンドウでソースを変更することができるため、さまざまなメディア アプリを起動する必要はありません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
音声コマンドを使用して、音量コントロール、音楽再生、またはメディアソースの切り替えといったメディア設定や好みを調整することができます(音声コマンドを参照)。

音量調節

再生音量を調節するには、ハンドルの左側にあるスクロール ホイールを上下に回します。スクロール ボタンは、メディア、音声コマンド、電話の音量を調節します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model Sは走行速度と空調の設定に基づいて音量を自動調整します。

タッチスクリーン下部コーナーにあるスピーカー アイコンにある矢印にタッチしても、音量が調整できます。

音量をミュートするには、左スクロール ボタンを押してください。もう一回押すとミュートが解除されます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
通話中に左のスクロール ボタンを押すと、サウンドとマイクの両方がミュートされます。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
メディアを再生、あるいは電話を受ける、またはナビゲーション システムが指示を話す場合、聞いているものの音は一時的にミュートされます。

メディアの設定

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
各種設定は、販売地域によって異なります。また、設定が適用されない音源もあります。
メディア プレイヤー アイコン
オーディオ音源スクリーンの表示中に、検索バーにある設定アイコンを押すと、オーディオ設定にアクセスできます。

以下の設定を調整することができます。

  • 「トーン」: スライダーをドラッグすることで、サブウーファーおよび5種類の波長帯域(低音、低中音、中音、中高音、高音)を調節できます。プレミアム オーディオが装備されている場合、お好みに合わせてイマーシブ サウンド スライダーをドラッグすることで、サウンド イマーションのレベルを調整してミュージック エクスペリエンスをより魅力あるものにすることができます。
  • 「バランス」: 聴きたいModel Sの位置に合わせて中央の円をドラッグします。
  • 「オプション」: オプション機能を設定します。たとえば、「DJ コメンタリー」「不適切なコンテンツ」「モバイル コントロールを許可」のオンオフの切り替えができます。
  • 「ソース」: 利用可能なすべてのメディアソースを表示して、それぞれのソースの表示/非表示を選択することができます。使用しないメディアソースは非表示にすることができます。非表示にすると、そのメディアソースはメディアプレイヤーのドロップダウン リストに表示されなくなり、アプリ ランチャーにタッチしてもアプリ トレイに表示されなくなります。いつでもこの設定画面に戻って、非表示になったメディアソースを再度表示させることができます。

オーディオ コンテンツの検索

検索アイコン
特定の曲、アルバム、アーティスト、ポッドキャスト、ステーションを検索するにはメディアプレーヤーの虫眼鏡アイコンをタッチします。音声コマンドを使用してハンズフリーで検索することもできます(音声コマンドを参照)。

カラオケ

様々なストリーミングサービスに加え、カラオケも備わっています。カラオケにアクセスするには、メディアプレイヤーに移動して、ドロップダウンメニューを選択してメディアソースをカラオケに変更します。または、カラオケをアプリランチャーのアプリとして追加します。様々な曲を検索して、歌いたい曲を選択します。マイクアイコンをタッチして曲のメインボーカルを有効/無効にします。マイクを無効にすると、曲の演奏やバックコーラスのみが流れます。歌詞アイコン(マイクアイコンの隣)をタッチして曲の歌詞を有効/無効にします。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
車両の設定や地域により、お客様の車両ではカラオケを利用できない場合があります。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
運転中には絶対にカラオケの歌詞を読まないでください。常に道路状況や交通状況に注意を払ってください。運転時には、他の乗員がカラオケの歌詞を見ることを目的としています。

最近の履歴とお気に入り

もっとも直近に使用したコンテンツは、最近の履歴でもお気に入りでも、使いやすいようにトップに表示されます。

お気に入りアイコン(選択解除された状態)
現在再生中のラジオ局、ポッドキャスト、オーディオファイルをお気に入りリストに追加するには、メディア プレイヤー上の「お気に入り」アイコンをタッチします。
お気に入りアイコン(選択された状態)
ある項目をお気に入りから削除するには、強調表示された「お気に入り」アイコンにタッチします。複数のお気に入りを削除するには、メディア プレイヤーを展開して、適用できるソース コンテンツのタイプごとにすべてのお気に入りを表示します。そしてお好きなお気に入りを押し続けます。「X」はすべてのお気に入り項目上に表示されます。お気に入りリストから削除したい項目の「X」にタッチします。
最近の履歴アイコン
最近再生した選択は継続的に更新されるため、それらを削除する必要はありません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
FMラジオ局で再生する選択局は「最近の履歴」リストには表示されません。

デバイスからメディアを再生

Bluetooth 接続されたデバイス (電話など)や USB 接続されたフラッシュ ドライブにあるオーディオ ファイルを再生することができます。BluetoothまたはUSBデバイスに接続すると、メディア プレイヤーが当該デバイスをメディア ソースとして登録します。

USB 接続されたフラッシュ ドライブ

フロントのUSBポートにフラッシュ ドライブを挿入します(USBポート参照)。「メディアプレイヤー」 > 「USB」をタッチし、再生したい曲が含まれているフォルダーの名前をタッチします。USB 接続されたフラッシュ ドライブのフォルダー内のコンテンツが表示されたら、リスト内の曲をタッチできます。または、メディア プレーヤーの戻る矢印か進む矢印で楽曲をスクロールします。次の楽曲に進む、または前の楽曲にスクロールする操作は、ハンドルの左スクロール ボタンでもできます。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
USB 接続したメディアを再生する場合、Model S が認識できるのはフラッシュ ドライブのみです。iPodなど別のタイプのデバイスからメディアを再生するには、当該デバイスをBluetooth接続します。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
メディアプレーヤーは、exFATでフォーマットされたUSBフラッシュドライブに対応しています(NTFSには現在対応していません) 。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
センター コンソール前にあるUSBポートを使用します。コンソールのリア側にある USB 接続は充電専用です。

Bluetooth 接続された機器

電話などの Bluetooth 接続可能なデバイスを Model S とペアリングして接続した場合、そこに格納されているオーディオ ファイルを再生できます (Bluetooth 対応の携帯電話の接続を参照)。メディア プレイヤーの 「電話」ソースを選択して、Bluetooth接続したデバイスの名前にタッチしてから、「接続」にタッチします。

Bluetoothデバイスによって、お使いのデバイスで現在使用中のオーディオ ファイルの再生が開始されます。オーディオ ファイルが再生されていない場合は、聴きたいオーディオ ファイルを選択してください。選択したファイルの再生が開始されると、メディア プレイヤーの進むアイコンと戻るアイコン(またはハンドルの左スクロール ボタン)を使用して、さまざまな楽曲を再生できるようになります。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Bluetooth 接続された機器でメディアを再生するには、メディアへのアクセスが機器でオンになっていることを確認してください(Bluetooth 対応の携帯電話の接続 を参照)。