荷室容量と電気系統

グローブボックス

グローブボックスを開けるには、タッチスクリーンの横にあるスイッチを押します。キーまたは降車後オートロック機能でModel Sを外部からロックすると、グローブボックスもロックされます。Model S がバレーモードにある時もロックされます(バレーモードを参照)。タッチスクリーンのステータスバーにあるロックアイコンを使用してModel Sをロックしたときには、ロックされません。

グローブボックスのセキュリティを強化するには、「コントロール」 > 「安全」 > 「グローブボックスPIN」にタッチして4桁のPINを設定します(グローブボックスPIN参照)。

グローブボックスの開き方を示す矢印を含む画像。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
グローブボックスを開いたままにすると、しばらくするとそのライトは消えます。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
走行時はグローブボックスを閉め、衝突発生時や急停車時に乗員が負傷しないようにしてください。

USBポート

Model S にはセンター コンソールの前面に 2 つの USB ポートがあります。これらのポートに接続された USB ドライブに保存されているオーディオ ファイルを再生する方法については、デバイスからメディアを再生を参照してください。これらのポートを使用して USB 機器を充電することもできます。

センター コンソール前部のUSBポートの場所を示す拡大図および矢印。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
USB ハブを使用して複数の機器を接続しないでください。複数の機器を接続すると、接続されている機器が充電されなかったり、メディアプレイヤーによって認識されないことがあります。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
電源は車両が起動状態だと認識されている時に利用できますが、車両は様々な理由により起動状態になります。たとえば、サモンなどの機能の使用時や、「プレコンディショニング」、「キャビン過熱保護」、「エアコンをONのままにする」、「ドッグ モード」、「セントリーモード」などの機能が有効なときです。低電圧バッテリーが充電されているか使用中の時、HV充電中、車両がモバイルアプリと通信中の時にも、車両が起動状態になります。アクセサリープラグを差し込んだままにしても低電圧バッテリーは放電しません。

ワイヤレス電話充電器

Model Sのワイヤレス電話充電器(搭載されている場合)は、最大7.5Wの電力でQi対応の電話を充電できます。センター コンソールを開けて電話を容器カバーの奥にある充電器の中に入れるだけです。ワイヤレス電話充電器は、正面のUSBポートを使用します。充電中のスマートフォンは暖かく感じることがありますが、これはインダクティブ方式充電で通常起きる現象です。

ワイヤレス電話充電器の画像。

Model S 車両の電源が入っているとき(タッチスクリーンが有効で車内にいるとき)のみお使いの電話を充電します。降車後は、電話の充電は行われません。 Model S は、車両のバッテリーが放電している場合には充電されません。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
電話がインダクティブ方式充電をサポートしていることを確認してください。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
電話ケースが大きすぎる場合や金属製の場合、ワイヤレス電話充電器は動作しません。電話をケースから取り出し、充電器の上に置いてください。

低電圧 電源ソケット

Model S のセンター コンソールの前面に電源ソケットがあります。インストゥルメントパネルとタッチスクリーンがオンになっていれば、電源を利用できます。

電源ソケットを示す矢印。

低電圧電源ソケットは、11Aまでの連続通電(最大15A)または最大150持続W(最大180 W)までのアクセサリーが適合します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
電源は車両が起動状態だと認識されている時に利用できますが、車両は様々な理由により起動状態になります。たとえば、サモンなどの機能の使用時や、「プレコンディショニング」、「キャビン過熱保護」、「エアコンをONのままにする」、「ドッグ モード」、「セントリーモード」などの機能が有効なときです。低電圧バッテリーが充電されているか使用中の時、HV充電中、車両がモバイルアプリと通信中の時にも、車両が起動状態になります。アクセサリープラグを差し込んだままにしても低電圧バッテリーは放電しません。
Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
Model Sが(バッテリー電圧低下、電波干渉などのために)キーフォブを認識できない場合は、Model Sが最もキーを検出しやすい低電圧電源ソケットの真下にキーフォブを置いてください。
Warning IconA warning icon, calling your attention to a possibly risky situation
警告
電源ソケットやアクセサリー端子は熱くなることがあります。

カップホルダー

フロント カップ ホルダーを出すにはアームレストを後ろにスライドします。

アームレストを後ろにスライドする方向を示す矢印。

リア カップ ホルダーを出すには(装備されている場合)、センター コンソール後部にあるカップ ホルダーのフェース プレートを押して離します。

カップ ホルダーを開く方向を示す矢印。