通常の作動音

Model Sは驚くほど静かですが、全く音を出さないわけではありません。普段の通常作動において車両から発生する音については、心配は不要です。以下に車両から発生する可能性のある通常作動音を、発生個所ごとに示します。

Informational PurposesAn informational icon, calling your attention
これは通常使用において車両から発生する可能性のある通常音を理解していただくための一般的な指針です。これは車両の診断ではなく、聞こえる可能性のある通常音を網羅したリストを示すものでもありません。何らかの理由でTeslaサービスに予約を取りたい場合は、地域のサービスセンターに連絡してください。

運転中

「ブーン」、「ヒュー」または「ビュー」という音がする

車両をパーキングにシフトしているとき、特に暑い日に屋外で停車している場合に、車両前部のフロントトランクの 近くからブーンまたは微弱なカチカチという音が聞こえることがあります。これは車両が充電中ではないときでも発生することがあります。長距離走行後にModel Sをパーキングにシフトしても、この音が聞こえることがあります。この音は、バッテリーを理想的な温度に維持するために、バッテリーを冷却している音です。この音はキャビンを冷却するためにA/Cコンプレッサーが作動していることを示す音です。これは、車両の冷房要件のすべてを満たすために必要な空調系統への追加の要求によって生じます。最適な温度に近づくにしたがって、音の発生頻度および音量は徐々に低下します。

ハンドルの振動音/振動感覚

この場合、車両が意図せず車線を交差したことを車線逸脱警告警報が知らせるためにハンドルを振動させます。

低速で走行中に「ヒュー」または「ウーン」という音がする(歩行者警告システムが装備されている場合)

車両が低速で走行中に、近くにいる歩行者に対して車両が移動中であることを警告するために、音が鳴ります。Model Sが前進しているか後進しているかに応じて「ヒュー」または「ウーン」という音は若干異なります。

ブレーキを踏んだとき運転席足元スペースからの音

Model Sが停止すると「ホールド」が作動することがあります。これにより車両は、アクセルペダルを踏むまでその場に維持されるので、必要であれば、ブレーキ ペダルから足を外すことができます。最初に「ホールド」を有効にすると、運転席の足元スペースからこの小さな音が聞こえ、さらにブレーキ ペダルが押し込まれる感じがします。インストゥルメントパネルにもホールドアイコンが表示されます。
円の中に「H」の文字が入った灰色のアイコン。

パーキング中

車両の床から「カチカチ」、「ドンドン」または「ドシンドシン」といった音がする

パーキングにシフトしている場合、Model SはHVバッテリーの接点を開いてエネルギーを節約します。この音は、パーキングにシフトしている車両を起動したときに発生し、高電圧接点が車両とバッテリーの間の回路を閉じていることを示すものです。

タイヤまたはブレーキからのきしみ音またはクランキング音

長時間車両をパーキングにしてから、ドライブにシフトするとこの音が出ることがあります。これはパーキングにシフトしている間、車両がディスクブレーキを使用して車輪を保持しているためです。この音はブレーキキャリパーがローターから離れるときに発生し、寒冷気象時や大雨の後は特に大きくなる可能性があります。

充電中

スーパーチャージング中の「ガンガン」、「ドンドン」、「パンパン」、または「ドシンドシン」といった音

この音は車両の床(HVバッテリーがある)からのものであり、車両のHVバッテリーの金属構成品が外気温の変化に応じて自然に膨張または収縮する際に発生します。